カール・ハンセン&サン CH07のメイン写真
  • カール・ハンセン&サン CH07の写真

  • カール・ハンセン&サン CH07の写真

  • カール・ハンセン&サン CH07の写真

  • カール・ハンセン&サン CH07の写真

  • カール・ハンセン&サン CH07の写真

  • カール・ハンセン&サン CH07の写真

オーナーズレビュー

  • 使用歴4年 couporaさん 投稿日:2014-09-06 08:36:27.0

    参考になった0

    現在の感覚をもってしてもエキセントリックに感じる造形。その見た目とは裏腹なウェグナーらしい安定感のある素晴らしい座り心地。このギャップに大きなショックを受けまして、それが購入動機になりました。

    チェアに座るという動作は、身体を屈折させて特定の部位だけで体重を支えることになりますので、身体にストレスをかける行為だと思います。ですがウェグナーのチェアは、どれも例外なく座った瞬間にフッと軽くなるような心地良さに気付きます。中でもこのイージーチェアは、座り心地が判断できないアクロバティックな造形ゆえ、座り心地の「気付き」が「驚き」に倍加するように感じます。言い過ぎかもしれませんが、座ることがちょっとしたアート体験になる、私にとってそんな椅子です。デザインの意味とか深さを教えてくれます。

    心地が良いと書きましたが、見てのとおり座面と背面のクッションはフカフカというほど分厚くありませんので、沈み込むような心地良さはありません。クッションとか表面的な意匠からではない、身体の姿勢からもたらされる心地良さがあります。

    この特徴的な造形を活かして、座面の張地などでポップな味付けにしたりエキセントリックにスペースエイジ風にまとめたりですとか色々な味付けが可能かと思います。「北欧家具」というイメージに囚われないポテンシャルがあると思います。販元も張地に様々なバリエーションを用意していますので、どのようにイメージして作り上げるかというところも楽しめるイージーチェアだと思います。

    私は本体はウォールナット、座面と背面は黒のアニリン革というオーソドックス且つシンプルな組み合わせにしました。モダンなテイストのインテリアが好きでして(北欧というのは特に好きではありません)、このチェアはクッションや張り地に大きく覆われたイージーチェアと異なり構造が露わになっておりますので、そこからくる素っ気なさ/飾らなさがモダンなテイストによく通じると考えました。素っ気なさを崩さないように派手な布地は避けてシンプルな組み合わせで、造形そのものを見せるようなイメージです。仕上がりは期待以上でして、かなり男前です。モダンなテイストに対するポテンシャルは高いと思います。

    もし、張り地を私のように革にされるのなら一番価格の高いアニリン革をオススメします。恐ろしいほどに上質です。デリケートに思われるかもしれませんが、通常使用において傷や劣化は生じてませんし、子供の鼻水跡とかできてもクリーナーなどでケアすれば回復可能です。コスト的にも、このチェアは見ていただいたとおり張り地の面積が少ないので、グレードを上げたとしてもそこまでアップしませんのでオススメします。(全面革張りのチェアと比べればです)

    設置ですが、360度どこから見ても隙のないデザインなので、壁際から少し離したいところです。壁にピッタリだと折角のデザインを殺してしまう気がします。また、デザインを見て楽しむには一定の距離が必要です。(これは全てのインテリアに言えることだと思いますが)少し空間の広さが必要になるかと思います。

    コーヒーテーブルを添わせる場合ですが、どこに置いても着席者とテーブルに距離が生じますので、テーブルに手を伸ばす際に少し身体を起こしたりヒネったりする必要があります。着席してリラックスしてる際は、身体を動かしたくないという方は気になるかもしれませんので、確認をされた方がよろしいかと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

ありがとうございます。
よろしければSNSにも投稿をお願いします。

閉じる

このアイテムに付けられた人気のタグ

タグとは?

ユーザーが付与したテキストです。
マイクリップ機能を使うと付けることができます。