カタログ500冊分の家具情報から、あなたにピッタリの家具を

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

「妖しのインテリア」再び!圧倒的に「妖しい」独自空間が再来します

2014/12/09


 
2014年12月12日(金)~14日(日)の3日間、東京表参道のスパイラルガーデンにて展覧会「妖しのインテリア」が開催されます。

昨年5月、東京にて初開催された本展は3日間で3000人を動員。その反響の大きさから大阪名古屋での巡回まで行われました。

2013年5月に東京にて初開催された「妖しのインテリア」
東京開催時の会場レポート
2013年11月に開催された「妖しのインテリア in 大阪」
2014年8月に開催された「妖しのインテリア in 名古屋」

約1年半ぶりとなる今回の東京展では、前回の日本初上陸で強烈な印象を放った「FREDERIQUE MORREL」(フレデリック・モレル)、「BOKJA」(ボクジャ)の2組のアーティストに加え、新たな注目ブランドの作品も展示。

動物をモチーフとしたユニークな作品を手掛けるフランスのプロダクトブランド「ibride」(イブリッド)や、ハイメアジョン(Jaime Hayon)ら著名デザイナーを起用し展開するイタリアのセラミックブランド「bosa」(ボーサ)など、再び話題を呼びそうなブランド群の上陸が予定されています。

異なる才能を「妖し」というテーマでまとめた前回でしたが、今回はどういった空間構成になるかも楽しみの1つ。

会期は短めの3日間。ぜひお見逃しなくおでかけください。



前回に引き続きの出展となる「BOKJA(ボクジャ)」による作品。地中海に面するレバノンの首都・ベイルートに拠点を置くHoda Baroudi(ホダ・バロウディ)とMaria Hibri(マリア・ヒブリ)にデザインデュオです。


こちらも前回から引き続きとなる「FREDERIQUE MORREL(フレデリック・モレル)」の作品。パリでスタートしたアバンギャルドなインテリアブランドです。


初お披露目となるイタリアのブランド「bosa」。セラミックの新たな表現を探求しています。


ファンタジックな世界観で人気を博すフランスの「ibride」。今回は、棚やクローゼットの機能を持った絵画のようなオブジェを展示します。

妖しのインテリア
会期:2014年12月12日(金)~14日(日) 11:00~20:00
会場:スパイラルガーデン(東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F)
主な展示内容:家具、インテリアオブジェ、キッチン、照明、フラワーベースなど
展示予定アーティスト:FREDERIQUE MORREL、BOKJA
展示予定ブランド:ibride、Jaime Hayon by bosa、gufrum 他
主催:トーヨーキッチンスタイル

関連記事