カタログ500冊分の家具情報から、あなたにピッタリの家具を

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

京都の職人による贈り物100選!「京都、100の贈りもの」展、開催

2017/01/31

sanchigototen_vol8_01
職人によるワークショップも開催

2017年2月1日(水)から12日(日)まで、東京青山coto mono michi at TOKYO(コト・モノ・ミチ)で、「~京都、100の贈りもの~ 産地ゴト展 vol.08 “京都”」が開催されます。

産地をまるごと伝える体感イベントとして、ものづくりの産地に特化して定期的に開催している「産地ゴト展」。今回は「贈りもの」をテーマに、京都の職人が真心込めて作った品々を展示販売します。

会場には、プチギフトから大切な節目を飾るものまで、職人がさまざまな相手や場合をイメージして作り上げた100個の贈り物が並びます。アクセサリーや「山ぐるみ」をつくるワークショップも。2月、3月、4月は、バレンタインデーやホワイトデー、卒業や入学、引越しなど人生の節目となるイベントが目白押し。大切な人への贈り物を本イベントで探してみてはいかがでしょうか。

sanchigototen_vol8_02

左上:加藤美樹「花紋マグカップ」6000円(税別)
右上:菊地ルイ「ペンダント」1万5000円(税別)
左下:イノイエハナエ「櫛」16万円(税別)
右下:金井悠「plasticbag 花器」2万円(税別)

sanchigototen_vol8_03

左上:山口直人「夫婦茶碗」6000円(税別)
右上:真下彰宏「竹ボトルスタンド」1万5000円(税別)
左下:西紗苗「シールドストーンブレスレット」5800円(税別)
右下:千葉晃治「新年扇子」1600円(税別)

sanchigototen_vol8_04

左上:竹中大輔「金彩箸置き」4500円(税別)
右上:藤田美智「饅頭喰い人形」7000円(税別)
左下:米原康人「金彩扇子」5000円(税別)
右下:追立睦「紙胎螺鈿キハクピアス」8500円(税別)
~京都、100の贈りもの~ 産地ゴト展 vol.08 “京都”
会期:2017年2月1日(水)~12日(日) 11:00~19:00 ※最終日は~17:00
会場:coto mono michi at TOKYO(コト・モノ・ミチ)
出展協力:
イノイエハナエ(銀製かんざし) / 上仲昭浩(京友禅 金彩工芸) / 追立睦(漆) / 加藤美樹(陶芸) / 金井悠(陶芸)/ 菊地ルイ(ジュエリー) / 竹中大輔(金彩デザイン) / 千葉晃治(京扇子) / 西紗苗(アクセサリー) / 藤田美智(陶芸) / 真下彰宏(竹工芸) / 益田亜矢子(和裁) / 益田健太郎(御朱印帳) / 村田紘平(金箔押)/ 山口 直人(陶芸) / 山さきあさ彦(ぐるみ) / 山元桂子(型友禅) / 横田武裕(型友禅) / 米原康人(金彩扇子) / 涌波まどか(陶芸)
共催:京都職人工房
ワークショップ
▽金彩でアクセサリー&コンパクトづくり
金彩加工部分を実際に体験し、その生地を使ったアクセサリー作りです。「型紙」を使ってのりを置き、箔や金属粉を接着する一連の行程を体験できます。
日時:2017年2月4日(土) 13:00~(満員) / 15:00~ / 17:00~ 全3回
参加費:4000円(材料費・税込)
定員:4名(各回)
所要時間:1時間程度
講師:竹中大輔氏(竹中金彩)
 
▽MYぐるみづくり
アーティスト・山さきあさ彦氏が制作する、マヌケでキュートなオリジナルぬいぐるみ=「山ぐるみ」。小学校の「家庭科」レベルの裁縫技術で制作される山ぐるみの制作マニュアルを基に、自分だけのMYぐるみを作ってみませんか?
日時:2017年2月5日(日) 13:00~ / 15:00~ 全2回
参加費:2000円(材料費・税込)
定員:6名(各回)
所要時間:2時間程度
講師:山さきあさ彦氏(アーティスト)
※道具や材料はすべて用意しますが、使いたい布があればご持参ください。
※ぬいぐるみのサイズは体長約10cmとなります。
 
▽組紐アクセサリーづくり
日本製の組紐「ブレードワイヤー」と、イタリア製金属「フリーメタリコ」を使用した、naecloseデザインのブローチを作ります。予約時に「花」か「蝶」かモチーフをお選びください。
日時:2017年2月12日(日) 13:00~ / 15:00~ 全2回
参加費: 「花」2500円 / 「蝶」4500円(材料費・税込)
定員:5名程度(各回)
所要時間:40~80分程度
講師:西紗苗氏(naeclose)
※モチーフの変更は当日でも可能ですが、予約優先。
 
予約・詳細:予約は http://coto-mono-michi.jp/event/exhibition/kyoto-3/
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔

関連記事