カタログ500冊分の家具情報から、あなたにピッタリの家具を

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

トーヨーキッチンスタイル、ブランドルーツのオールステンレス包丁を復刻

2015/01/15

創業当時のプロダクトを復刻・リデザイン

2014年12月12日(金)より、TOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル)からオールステンレス包丁「SARUBO(サブロー)」シリーズが発売されています。

「キッチンに住む」をコンセプトに、ハイデザインなステンレスキッチンのトップメーカーとしての地位を確立したトーヨーキッチンスタイルですが、そのスタートは、刃物産地の岐阜県関市に誕生したステンレス洋食器メーカーでした(当時の社名は東洋食器製作所)。

「SABURO」は、トーヨーキッチンスタイルが創業80周年を記念して、創業当時のステンレス包丁を復刻、リ・デザインしたもの。原点となるモデルを復刻した「SABURO 『Origin』(サブロー・オリジン)」シリーズ、現在のトーヨーキッチンスタイルの要素を集約した新たにデザインした「SABURO 『Element』(サブロー・エレメント)」シリーズを展開。2シリーズで合計4型をラインナップしています。

オールステンレスの落ち着いた美しい輝きと使いやすい形状はまさに一級品。自分用にはもちろん、ギフトとしてもきっと喜ばれる逸品です。

今やキッチンだけでなく暮らし全般を提案するトーヨーキッチンスタイルですが、最先端の技術と職人による手仕事で創造性を追求してきたものづくりの精神は80年前も今も同じ。

新しい未来を切り拓く、というトーヨーキッチンスタイルの強い決意が表れたプロダクトです。

(左から)SABURO「Origin」、SABURO 「Element」の牛刀、SABURO 「Element」の菜切り包丁、SABURO 「Element」のペティナイフ。

SABURO「Origin」はトーヨーキッチンのファーストプロダクトの復刻版。刃部分は三徳包丁を採用。握りやすく軽い使い心地でマルチに使えます。

SABURO 「Element」(サブロー・エレメント)シリーズは「創業から現在にいたるまでの軌跡」がテーマ。切り刃には、ワンランク上の素材「粉末ステンレス刃物鋼」を使用しています。

握りやすいように計算された変形五角形のハンドルはどこか宝石の様な煌めきすら感じさせます。
オールステンレス包丁「SABURO(サブロー)」
発売:2014年12月12日(金)
展開ライン:
 復刻モデル SABURO 「Origin」(サブロー・オリジン) 
  サイズ:ブレード177.8mm / ハンドル132mm × ø28.23mm
  材質:VG10ステンレスクラッド複合材
  切り刃:ハイカーボンステンレス刃物鋼
  側金:ステンレススチール
  価格:2万1000円(税抜)
 SABURO 「Element」(サブロー・エレメント) 
  材質:VG10ステンレスクラッド複合材
  切り刃:粉末ステンレス刃物鋼
  側金:ステンレススチール
  展開アイテム:
   牛刀 価格:4万1000円(税抜)
      サイズ:ブレード210mm / ハンドル130mm × ø27mm
   菜切り 価格:4万3000円(税抜)
        サイズ:ブレード210mm / ハンドル130mm × ø27mm
   ペティ 価格:3万4000円(税抜)
        サイズ:ブレード94mm / ハンドル115mm × ø23.5mm
サービス:研ぎ直しをトーヨーキッチンメンテナンスにて受付

関連記事