カタログ500冊分の家具情報から、あなたにピッタリの家具を

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

デビュー当時の仕様を再現!スペシャルなバタフライスツールとヘロンロッキングチェア発売

2017/01/06

tendomokko-revival-edition_001
資材倉庫に保管されていた希少素材を使用

天童木工から「周年記念特別モデル バタフライスツール&ヘロンロッキングチェア」が数量限定で発売されます。

1956年にデビューした柳宗理デザインのバタフライスツール、そして1966年に登場したヘロンロッキングチェア。半世紀の時を超えてロングセラーであり続け、日本と天童木工を代表する家具として知られています。

今回発売となるのは、発売当時の仕様をほぼ再現した特別モデル。素材や製法で当時のデザインをリバイバルしました。

記念モデルのバタフライスツールは、現在では希少木材となってしまったインドローズウッド製。天童木工の資材倉庫に保管されていた素材を特別に使用しています。また、椅子の裏側には60年代の天童木工エンブレムが刻印されます。

Heron(シラサギの英訳)ロッキングチェアは当時天童木工が開発した技術「コマ入れ成形」によって作られており、シンプルで美しいラインが魅力。記念モデルではシートのステッチを入れる間隔が現行のものより狭く、クラシカルな雰囲気に仕上がっています。

それぞれ120脚の限定で、天童木工の窓口と企画協賛店から販売されます。天童木工の窓口は2017年1月27日(金)から申込みスタート。申込み数が限定数を超えた場合は抽選となります。

時代に合わせて少しずつ仕様を進化させてきた2つのチェアですが、発売当時の仕様はやはり特別なもの。戦後日本の住文化を作ってきた名作の原点を、インテリアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

tendomokko-revival-edition_002

周年記念特別モデルのバタフライスツール(左)とヘロンロッキングチェア(右)。

tendomokko-revival-edition_003

60年代に仕様されていたエンブレム。

tendomokko-revival-edition_004

特別モデルのヘロンロッキングチェアはステッチを入れる間隔が狭いのがポイント。

tendomokko-revival-edition_005

発売当時も今も、職人によって1脚1脚作られます。

tendomokko-revival-edition_006

ヘロンロッキングチェアで用いられるコマ入れ成形。
天童木工 60周年 Revival Edition
購入申込:2017年1月27日(金)13:00~2017年3月中旬ころ
申込方法:特設サイト https://tendo-mokko.tumblr.com にて
 
バタフライスツール 60周年 Revival Edition R-0521IR-ST
デザイン:柳 宗理
素材:インドローズウッド、真鍮
サイズ:W425mm × D310mm × H387mm × SH340 mm
重量:2.2kg
価格:7万円(税抜)
限定数:120 脚
 
ヘロンロッキングチェア 50周年 Revival Edition R-5042NA-ST
デザイン:天童木工インハウスデザイナー 菅澤光政
素材:ナラ
サイズ:W582mm × D853mm × H930mm × SH428mm
重量:9kg
価格:11万2000円~19万6000円(税抜)
   ※ファブリック、合成皮革、レザーなど張地のグレードによって異なります
限定数:120脚
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔

関連記事