石巻工房の写真
  • 石巻工房
  • イシノマキコウボウ

東日本大震災による津波で被害を受けた宮城県石巻市沿岸部の商店街で、2011年に誕生。東京のデザイナーを中心とした有志が補修道具や木材を提供し、復旧・復興のための公共的な施設としてスタートした。

ワークショップなどを行う「ものづくりを介したコミュニティの場」としても運営され、製作された家具は地域に提供された。そうした手作りの石巻工房の家具に、若手デザイナーがデザインを提供。「石巻工房」をブランド名に冠したオリジナル製品として地域内外に販売されるようになり「DIY(Do It Yourself)」メーカーとなった。

石巻工房の製品は主に耐候性の高い2×4規格のレッドシダーを使用。「スモール・アウトドア」というコンセプトを掲げ、屋内外で活躍するコンパクトで軽やかなデザインが特徴。トラフ建築設計事務所による「SKYDECK」や芦沢啓治氏による「ISHINOMAKI STOOL」など、実力あるデザイナーによる家具のラインアップを増やしている。

一連の取り組みが広く注目され、2012年度には「グッドデザイン賞」を受賞。いまや、復興のためだけでなく、継続的に発展する石巻の小さな産業へと成長しつつある。

石巻工房の家具

  • 検索結果:16件
  • 表示件数:
  • 並び替え: