ZUIUN本店

販売店

ズイウンホンテン

JR北陸本線野々市駅

JR北陸本線野々市駅より徒歩7分(店舗の地図を見る)

口コミ(1)

展示家具数:

31~100点

主要価格帯:

ソファ・ソファー:20.0~50.0万、チェア・椅子:3.0~6.0万、テーブル:10.0~20.0万、照明器具:1.0~3.0万

  • ソファ
  • チェア
  • テーブル
  • デスク
  • ベッド
  • 収納家具
  • 照明器具
  • カーテン ブラインド
  • ラグ・マット カーペット
  • 時計
  • キッチン用品 テーブルウェア
  • ファブリック クッション
  • 生活雑貨
  • インテリア雑貨

この店舗からのお知らせ

  • [2016/04/24]  ZUIUNのネットショップがOPENしました! 楽天市場 http://www.rakuten.co.jp/zuiun7/ ヤフーショッピング http://store.shopping.yahoo.co.jp/zuiun/ ぜひのぞいてみてください! 

家具からはじまる家づくり

おすすめ口コミ(1件)

おすすめ口コミを投稿する

ここが良かった

  • 商品の質

    1

  • 雰囲気

    1

  • 素敵な雰囲気

    参考になった:0

    家を建てた友達と家具を探しに行きました。お店はあまり大きくはないですが、私の知っている一般的な家具屋さんと違って、素敵な雰囲気のお店でした。魅力的な家具が沢山あり、どれもこだわって作られたんだろうなと感じるものばかりでした。決して安いわけではありませんが、いい物に出会えると思います(^^)友達も好みのソファを見つけていました。

    ここが良かった

    • 商品の質
    • 雰囲気

    このレビューは参考になりましたか?

    ゆうゆうさん

    2013/01 訪問 (2016/03/08)

    投稿

基本情報

店舗名 ZUIUN本店 (ズイウンホンテン)
電話 076-213-5505
住所 〒921-8804 石川県野々市市野代1-8 
最寄り駅 JR北陸本線 野々市駅
アクセス

JR北陸本線野々市駅より徒歩7分

営業時間 11:00〜20:00
土日祝 10:00~20:00火曜日が祝日の場合は営業いたします
定休日 火曜日
年末年始休業あり
取り扱いアイテム ソファ(1人掛けソファ、2人掛けソファ、3人掛けソファ、カウチソファ、オットマン)

チェア(スツール、ダイニングチェア、リビングチェア、カウンターチェア、ベンチ、座椅子、子供椅子・キッズチェア、オットマン)

テーブル(リビングテーブル、サイドテーブル)

デスク(パソコンデスク、子供机・キッズデスク)

ベッド(ベッド・ベッドフレーム、マットレス)

収納家具(テレビ台、キャビネット、本棚、チェスト、シェルフ、リビングボード、食器棚)

照明器具(シーリングライト、ペンダントライト・ペンダント照明、スポットライト、スタンドライト、デスクライト、フロアスタンド・フロアライト、ダウンライト、LED電球)

カーテン ブラインド(カーテン、オーダーカーテン、遮光カーテン、遮熱カーテン・断熱カーテン、防音カーテン、ブラインド・ブラインドカーテン、ロールスクリーン・ロールカーテン、カフェカーテン、レースカーテン)

ラグ・マット カーペット(ラグ・ラグマット、カーペット、玄関マット、フロアマット、バスマット)

時計(掛け時計・壁掛け時計、置き時計)

キッチン用品 テーブルウェア(洋食器、カトラリー、やかん・ケトル・ポット、キッチン用品・キッチン雑貨)

ファブリック クッション(タオル、ソファーカバー、クッション、クッションカバー、ベッドカバー・ベッドリネン、布団カバー、枕カバー)

生活雑貨(バス用品・バスグッズ、トイレ用品・トイレ収納、掃除用具・掃除道具、ゴミ箱・ごみ箱、スリッパ、ルームシューズ、文房具・文具)

インテリア雑貨(カレンダー・卓上カレンダー、額縁・ポスターフレーム、ファブリックパネル、モビール、ハンガー、フォトフレーム・写真立て、ミラー、マガジンラック、花瓶、傘立て、観葉植物、オブジェ)
主要価格帯 ソファ:  20.0 〜 50.0万
チェア:  3.0 〜 6.0万
テーブル:  10.0 〜 20.0万
照明器具:  1.0 〜 3.0万
展示家具数 31~100点
クレジットカード 利用可能 (VISA、マスター、JCB、アメックス、DINERS、UC、DC、NICOS、UFJ)

設備

店舗面積 660m²
駐車場 あり

特徴・関連情報

URL http://www.zuiun.jp/
Facebookページ https://www.facebook.com/zuiun

※掲載内容は、最新の情報と異なる場合がございます。

取り扱いアイテム一覧

※展示・取り扱いアイテムは、色・素材などが異なる場合がございます。
  • ZUIUN本店の画像10
  • ZUIUN本店の画像13
  • ZUIUN本店の画像21

取り扱いブランド一覧

  • ACME FURNITURE (アクメファニチャー)

    アメリカンヴィンテージ家具を中心に展開する目黒通りの老舗家具店・ACME FURNITUREのオリジナル家具ブランド。

    1930~70年代のアメリカ西海岸のテイストを丁寧に抽出し、現代日本の住宅ニーズに合わせたサイズ感と実用性を持つ家具にリデザインしたプロダクトが揃う。懐かしさが残る色合いやデザインに仕上げられているため、アメリカンヴィンテージ家具との組み合わせは抜群。トラディショナルな中にも遊び心を併せ持った世界観は、年代や性別を問わず多くの人を魅了し続けており、その技術とセンスの高さは、日本に滞在するアメリカ人も多く足を運ぶことからもうかがえる。

    続きを読む

  • AJIM (アジム)

    造船の街・長崎で、船舶用家具を手掛けるメーカーがスタートさせたオリジナル家具のブランド。

    船舶での使用に耐えうる家具を作るべく培った技術を生かし、中身まで丁寧に作り込み、中身から滲み出る風合いにまでこだわった家具作りが行われている。一方で、洗練された美しいデザインの外観を備える点が、ただただ歴史が長いだけのブランドと一線を画す。モダンで斬新なラインで削り出されながら、しっかり木の温もりが残るフォルムは、国産木製家具の新しい形の1つと言っていいだろう。

    なお、ブランド名の「アジム」は、「海人族」を指す古語。海人族は、九州地方で活動した海や水を司る古代豪族で、ここにも「造船の街・長崎」の歴史へのこだわりが込められている。

    続きを読む

  • Artek (アルテック)

    1935年、建築家アルヴァ・アアルトら4人の若者によってフィンランドで設立。北欧モダンを代表するブランドとして、家具はもちろん、インテリア雑貨、ファブリック、文具まで、ライフスタイルのあらゆる場面で高い人気を誇る。

    フィンランド産の木材を活用するため、アアルト特有のL-leg(エルレッグ)という曲げ技法を開発。安定した品質での大量供給を可能とし、Stool 60をはじめとする名作家具を次々と輩出してきた。シンプルで洗練されたフォルムの家具は用途・場所を選ばず、本国フィンランドではあちらこちらでArtekの家具を目にすることができる。今やその人気は海を越え、“世界の定番”としてグローバルに評価を高め続けている。

    社名でもブランド名でもある「Artek」は、Art + Techの造語。感性と技術を両立するというブランドコンセプトがそのまま名前に宿っている。

    続きを読む

  • karf (カーフ)

    1985年の創業以来人気を博す目黒通りの代表的インテリアショップ・KARFが手掛けるオリジナルの家具ブランド。デザインはKARF、製造はKARFが選定した北は旭川、南は福岡の協力工場が行い、クオリティに定評のある製品を提供している。

    シンプルであることを基本的なデザインコンセプトとするが、テイストの異なる多彩なシリーズを展開し、守備範囲は広い。ショップではビンテージ家具をはじめとした「古いモノ」を多く扱うKARFだけに、オリジナル家具もビンテージの家具や食器、照明と好相性。KARFのモノづくりには、古いモノから得た普遍的なエッセンスが散りばめられている。

    続きを読む

  • KOKOROISHI (ココロイシ)

    広島県福山市に本社工場を置く1966年設立のソファ専門メーカー・心石工芸のオリジナルブランド。良質で耐久性のある革と布張りのソファを専門に扱う。

    革へのこだわりは徹底的。国産牛革をオリジナルでなめし、通常は不向きとされるソファ用に仕上げた「ヌメ革」と、このヌメ革をベースにオイルを含ませた「オイルレザー」を用意。染色には広大な設備と手間を要する昔ながらの職人技「タンニン仕上げ」を採用し、使い込むほど味わいが増すレザーソファを作り上げている。

    KOKOROISHIのソファは、全製品、製造日が刻印されて届けられる。製造履歴を追い、メンテナンスを可能とする職人の責任と自信の証だ。長く使うことを前提とし、品質を追求された製品であることは、体を預ける物として何より頼もしい。

    続きを読む

  • TEORI (テオリ)

    竹製家具の専門ブランド。竹の産地である岡山県倉敷市真備町で1994年に設立された。

    割れやすく加工がしにくい竹を、3積層のクロス集成材にすることで家具製造に利用。竹の硬さに耐えるためダイヤ製の刃を用いるなどの試行錯誤を繰り返し、竹独特の風合いが楽しめるオリジナルな家具のラインナップを作り上げた。

    竹製と聞き安易に純和風をイメージするのは早計だ。シンプルでモダンな現代的デザインと竹の持つ清潔感がマッチし、新しいジャンルというべきプロダクトが生まれている。

    竹は、調湿性、抗菌性、殺菌性、脱臭性を持ち、木材に比べて格段に成長が早い。TEORIの家具は、加工技術とデザインが素材のポテンシャルを引き出したモノづくりの好例と言える。竹の先入観にとらわれず、その美しい家具にぜひ触れてみて欲しい。

    続きを読む

  • 日本ベッド (ニホンベッド)

    1926年創業、国内最古参の老舗ベッドブランド。日本に「ベッドで寝る」というスタイルを持ち込み、国産ベッドメーカーのパイオニアとして日本のベッドの歴史そのものを作り続けてきた。帝国ホテルをはじめとする全国各地の一流ホテルで導入され、迎賓館や宮内庁にも納入実績を持つ。

    展開するマットレス製品は、日本人が最も好むと言われる「ポケットコイル式」がメイン。メインアイテムの「シルキーポケットマットレス」にはシングルサイズで1200個のポケットコイルが使われており、この数は一般的なポケットコイルマットレスの倍以上だ。とろけるような「絹の寝心地」を実現している。

    続きを読む

  • 広松木工 (ヒロマツモッコウ)

    家具の産地・福岡県大川市に拠点を置く1950年創業の家具メーカー・広松木工が展開するブランド。「自分達が良いと思うもの、美しいと感じるものを作り続ける」という信念のもと、家具から生活雑貨までを幅広く手掛ける。

    流行にとらわれない普遍的で飽きのこないデザインの製品が多いが、これは19世紀アメリカのシェーカー家具(簡潔で実用性に徹した家具)の影響を受け、その考え方を継承しているため。無駄な装飾は排除し、機能性を徹底的に追及。日本国内はもちろん世界でも評価を受け、イギリス王室ご用達の百貨店・ハロッズへの納入実績もある。洗練された家具が多くの人を魅了してやまない実力派ブランドだ。

    続きを読む

  • BENCA (ベンカ)

    家具産地・福岡県大川市にて無垢材を使った家具を製造する立野木材工芸によるオリジナル家具ブランド。2015年1月にスタートした。

    無垢材を使った温かみのある家具をラインナップ。シンプルながらどこか優しさを感じるデザインが魅力だ。突板を斜めに貼り合せる技法・矢貼で仕上げたり、ツマミに伝統工芸品・小石原焼を使用したりと、工芸が持つ魅力をデザインに取り入れているのが特徴の一つ。それゆえ、過度な装飾はないけれどしっかり表情と存在感を持った家具が多い。

    ブランド名の「BENCA(ベンカ)」は、筑後地方の言葉で「美しい」という意味を持つ。

    続きを読む

  • 宮崎椅子製作所 (ミヤザキイスセイサクショ)
    1969年創業。宮崎椅子製作所は、椅子という成果を実らせる一本の木であることをめざす、木の椅子づくり専門の家具メーカーです。
    家具デザイナーの村澤一晃と小泉誠を中心に、Inoda+Svejeほか幾人かのデザイナーとのワークショップ方式のデザイン開発に取り組んでいます。
    最近のプロジェクトで特徴的なのは、ノックダウンチェアやスタッキングチェアの開発に積極的だということ。機能性や利便性といった価値を椅子にそなえると同時に、こうした取り組みの中からさまざまなチャレンジやアイデアが生まれ、新しい方向性を見つけだせる手ごたえを感じています。
    めざすのは、「他社には真似のできない椅子づくり」です。

    続きを読む

  • estic (エスティック)
    「エスティック(estic)」は1982年、リビングセット・ダイニングセットの販売を専業として設立されました。イタリアンモダンを全体のテーマに設 定した「エスティック(estic)」は、「Life Design from estic」をコンセプトとして掲げ、モダンファニチャー界のリーディングブランドのひとつとして認知されています。「カバーリングソファ」を日本で初め て開発し、10年経ってもソファの着せ替えが可能です。

    続きを読む

  • graf (グラフ)
    建築家、プロダクトデザイナー、大工、家具職人、芸術家、調理師の
    6人によって生活空間を舞台とする全てに対してのデザイン提案を行うために結成された。発想からデザイン、製
    作までを共同製作のもとで行っている。専門の違うもの同士の共同作業により「生活」といったものを扱う時に欠
    く事のできない、身体・時間とそれらが存在する空間に対する関連性といったものをより有機的な視点でながめる
    ことが可能となる。「建築」の問題を「芸術」的な発想の元に「デザイン」し、「料理」の為の「家具」のある空
    間を「大工」が形作るのである。

    続きを読む

  • flame (フレーム)
    flameは、灯りを通して豊かな暮らしを送って欲しいという思いから、照明作りをはじめ20年。
    当初は街なかに店を構え、何の不便も感じない毎日を送っていました。
    そんな中、訪れた北欧。そこには家族との時間や何気ない日常の生活を慈しむ、人々の暮らしがありました。
    その暮らしにふれたことが“豊かさ”の本質を見つめ直すきっかけとなったのかもしれません。
    “豊かな暮らし”の為の灯り。それを作る者として、まずは自分達の生活を見直し、実践することが先決だと気づき、
    2011年春、自然に囲まれたここ芦屋にお店と住まいを移転しました。
    照明が、明るさを得るためだけのものではなく、
    暮らしの中になくてはならない“豊かな灯り”であってほしい。
    そんな思いを込めてflameは灯りを作っています。

    続きを読む

  • STUDIO PREPA (スタジオプレパ)
    スタジオプレパは長野県中川村において、夫婦2人で営む吹きガラス工房です。
    スウェーデンやベネチアの技法を取り入れながら、硝子そのものの素材感を活かした至ってシンプルで生活に馴染むガラスの器を作られています。確かな技術と細やかな感覚で、デザインから製作のみならず、ガラスの溶解窯の製作に至るまで全て手作りで行い、思い描いたあらゆるディテールを仕上げるために工房レベルでの製作を行う徹底したもの作りの姿勢は、色ガラスの美しい発色やガラスの持つ透明感、素材感、温度など、どんなに小さな器の一つを取っても硝子という物質の持つ様々な魅力や可能性が作品のひとつひとつに表れています。

    続きを読む

  • 伝統工芸株式会社 (デントウコウゲイカブシキガイシャ)
    日本には美しい風土があり、各地方の人々がそこに適した伝統・文化・芸術を創り出してきました。日本人の先人を思いやる心・美意識・感性の豊かさによって、それらが現代まで生き続けています。また、日本各地に古来から卓越した技があり、現在まで受け継がれてきました。

     他の国にはない「日本らしさ」という伝統・文化・芸術を、私たちは、その技を通して木材を使用し新しい価値に再生していきます。また、木が持っている様々な魅力をその価値と融合させて商品を創っていきます。

     日本の方、世界の方と求めるモノは多種多様であります。しかし、共通していえる事は、その時代時代で価値は変化していきます。その変化に私たちは目をむけ新しい視点で商品を創りだし提案していきます。日本から世界に向けて、新しい日本の魅力を発信していき、世界中でその素晴らしさを感じて頂きます。そして、伝統・文化・芸術が盛り込まれた永く愛される商品を創っていきます。

    続きを読む

  • HAY (ヘイ)
    HAYは、Rolf Hay(ロルフ・ヘイ)が2002年に設立し、2003年のケルンフェアで
    デビューしたデンマークのインテリアプロダクトブランドです。
    50年代、60年代の偉大なデンマーク家具デザインを大切にしながらも、
    新しいデザインを取り入れた商品開発を行っています。
    北欧デザインというカテゴリーにこだわらず、インターナショナルな視点を持ち、
    家具、インテリアアクセサリーからデコレーションアイテム、ステーショナリーなど、
    ライフスタイル全体をコーディネートすることが出来るコレクションを展開しています。
    また、ホームユースのプロダクトだけでなく、
    ホテルやレストラン、教育施設など多くのプロジェクトも手掛けています。

    続きを読む

  • 松井木工 (マツイモッコウ)
    箪笥の町、府中。松井木工も婚礼箪笥を主に製造している工場でした。その技術を活かした新しい製品を生み出したいという気持ちから、現代の収納家具のスタンダーを目指した開発が2010年よりはじまりました。
    日本の家具の原点でもある箱モノの歴史をふまえつつ、残したい事と変化してゆく事を見極める開発が続いています。

    続きを読む

  • MARK (マーク)
    “Mark”は、兵庫県西宮市でアトリエとショップを構え、オリジナル家具、別注・特注家具を製作しています。
    お客様の声に丁寧に耳を傾けられる環境の中で、生活に必要な道具として、笑顔が集う、その中心にあるような
    身近な存在であり続けられる家具づくりを心がけています。

    造作家具及び店舗什器等のデザイン・設計製造も行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

    続きを読む

  • Maison Marceau (メゾンマルソー)
    Maison Marceau(メゾン・マルソー)は日本有数の家具産地
    福岡県大川市の家具メーカー・有限会社丸惣による
    モダンファニチャーレーベルです。

    福岡県の優秀技能者表彰を受けた職人が、
    婚礼家具製造で培った技術と経験を活かし
    天然木を使った上質でモダンな家具を製造しています。

    続きを読む

  • イストク (イストク)
    徳島で半世紀に渡り、木の椅子を中心に特注家具を作り続けて来た椅子徳製作所。
    そこで培われた技術が上質なデザインと出会い、生まれたブランドがイストクです。
    イストクはその名の通り椅子を得意としていますが、作る家具は椅子だけではありません。
    ソファやテーブル、キャビネットからカウンターまで、専門性の高い職人が一つ一つ丁寧に加工をしています。
    イストクはその技術とデザインで、作る人も使う人もナットクできる家具を作っていきます。

    続きを読む

  • 伊千呂 (イチロ)
    日常空間と家具の関係を、もう一度新しい切り口から考え直して、
    家やオフィスといった大きな空間の中にもうひとつ別の空間を持てるものとか、
    空間を自分なりにつくりかえられる「道具」となるようなものとか、
    組み合わせることによって、使う人が思い思いにアレンジできるものとか、
    そして、いままでの「家具」というものと人との関係も、さらに新しくなるようなものをつくりたい。
    そんな思いをかたちにしようと、議論や施策を重ねてきました。

    それが「イチロのイーロ」プロジェクト。
    ”イーロ(ilo)”とは、エスペラント語で「道具」という意味。
    第一弾として、トラフ建築設計事務所のデザインによる「コロロデスク」と「コロロスツール」をつくりました。
    ”コロロ”という名称も、エスペラント語で「色」を意味する”コローロ(Koloro)”という言葉から来ており、
    伊千呂が得意とするカラフルなポリエステル化粧板を活かしています。
    さらに、トラフ建築設計事務所によるスタンドやマグネット、ダボブロックなどの小物や、
    プロダクトデザイナー角田陽太のデザインによる「スコラデスク」と「スコラスツール」も発売しています。

    日常生活の中で自分が自分らしくあるために使っていただけるツール、
    「生活のための道具」を、伊千呂はこれからもお届けしていきたいと思います。

    続きを読む

ありがとうございます。
よろしければSNSにも投稿をお願いします。

閉じる