※掲載価格・表記は掲載当時のものです。

HOUSE OF FINN JUHL(ハウス オブ フィン ユール) Pelican Chair with buttonsの写真HOUSE OF FINN JUHL(ハウス オブ フィン ユール) Pelican Chair with buttonsの写真HOUSE OF FINN JUHL(ハウス オブ フィン ユール) Pelican Chair with buttonsの写真HOUSE OF FINN JUHL(ハウス オブ フィン ユール) Pelican Chair with buttonsの写真HOUSE OF FINN JUHL(ハウス オブ フィン ユール) Pelican Chair with buttonsの写真HOUSE OF FINN JUHL(ハウス オブ フィン ユール) Pelican Chair with buttonsの写真HOUSE OF FINN JUHL(ハウス オブ フィン ユール) Pelican Chair with buttonsの写真

脚:ウォールナット材 生地:Hallingdal65 #100 and #457

 / 

オーナーズレビュー

  • 使用歴1年 gouさん 投稿日:2015/3/3

    参考になった0

    あるだけで部屋の雰囲気が変わり心が和むフォルム。しかし、ただデザインが良いだけではありません。背面からアームまで十分な厚みを持ったクッションで、座っているとまるで包み込まれているような心地よさ。座面は購入当初は厚みがありフワフワします。それでも、長いこと座り続けると、きっとしっくり馴染みもっと包み込まれるような感覚が増すと思っています。また、大人の男の人が座っても横幅に余裕があるので座り方はいろいろできます。横を向いてアーム部分に頭と足を上げ乗せて座ることだってできます。どちらかというと横向きに座って読書することの方が多かったりします。ポエトソファを先に購入していたこともあり、ペリカンチェアを買うならボタン付きと思っていました。ボタンがあるとクッションの張りが背中で心地よく感じるように思います。多分。ボタンが全体のいいアクセントになってとても気に入っています。座ってなくても、部屋に用がなくても、ついついのぞきに行ってしまう愛らしさがこの椅子にはあります。高価な買い物ですが、他にはないデザインの美しさと愛らしさと座り心地があります。

    購入の決め手は、一目見たら欲しくなる。それだけです。人生のお供に一緒にいたいと思える贅沢な椅子、いや贅沢なソファです。

    このレビューは参考になりましたか?

カラー: