オーナーズレビュー

  • 使用歴5年 Hamarさん 投稿日:2016-10-07 16:32:09.0

    参考になった0

    家づくりを進めるなかで、知り合った多くのブログ仲間から「椅子はいいものを!」と勧められました。

    その中でも、Herman Miller社のアーロンチェアが一番のおすすめでした。

    パソコンを使っての仕事や趣味のプラモデルを作ったりすることを考えると、長時間座っていても大丈夫なものを選びたい!って気持ちはありました。そもそも、扱ってるお店があるのかな、試し座りできるのかなって調べていたら、偶然にも、近いところのお店で扱ってるではないですか。早速にお店にお伺いし、事情を話すと快く実物を見せていただき、座らせていただくことができました。感想は、、、「感激」でしたね。

    店員さんに無理もお願いして、想定される自分の動きを、机なんかを見立てて、いろいろ試しました。お店の中なので、時間は限られますが、座る時間をいただいて、腰の負担も検討しました。疲れは感じないですね。以前に使っていたものは、ホームセンターで買ったもので、1時間以上の作業は正直、つらいものがありました。

    何度もお店に通わせていただき、その都度、店員さんとも確認を行いました。さすがに、高価なものなので、熟考しましたが、「疲れにくい」というのが購入の決め手です。

    使用は5年以上になります。最初の調整は、店員さんの協力を得ました。椅子に座って、数時間の作業を行うことも少なくありませんが、腰、肩に対しての負担は極めて軽いと感じています。以前のようにしょっちゅう、休憩してストレッチ、というのも減りました。作業に集中できます。今でも、よい買い物をしたと自負しています。

    このレビューは参考になりましたか?

  • 使用歴17年 ミカナさん 投稿日:2014-09-08 08:36:24.0

    参考になった0

    (購入の決め手)
    パソコン作業のための椅子を探していて、多機能デスクチェアとして定評のあるアーロンチェアを検討しました。

    当初、Meda Chairとどちらにするか迷っていたのですが、ニューヨーク近代美術館において「永久コレクション」とされていることが決め手となりアーロンチェアに決定しました。

    (お気に入りポイント)
    初めて座った時、このチェアのエアサスペンションのような感覚のリクライニング機能に驚きました。40数キロの体重では、普通に座っていてはその存在を感じることはないのですが、深く座って背もたれに寄りかかると、心地良い反発力に包まれます。

    トランポリンのような弾力のあるメッシュ素材の座面。これまで、様々な椅子を使用してきましたが、まったく初めての感覚。通気性が良く、長時間の作業でも、強度のあるメッシュ座面が広い面積で体重を吸収するので、お尻が痛くなることもありません。

    平日は仕事から帰ってきてからの7~8時間、休日は12時間以上、17年間ほぼ毎日このチェアに座っていますが、座面や背面のメッシュ部分の破れやほつれ、一般的なオフィスチェアにありがちな、リクライニング、アームなど可動部の軋みや不具合、座面やキャスターの回転の鈍り、ビスの緩みなども一切ありません。

    (使い心地)
    使用する前の搬入時にまず、カーボン製のチェアの重さに驚きました。それはしっかりした構造とあいまって、回転時やリクライニング時においても全くガタつきのない安定感を予感させました。移動時にうっかりキャスターの下に足を入れてしまったりすると相当痛いので注意が必要です。

    あくまでもデスクワークに対する高機能ということで、単にリラックスするには不向きのようです。このチェアは、きちんとした姿勢を想定して作られているので、正しい姿勢を保っている限り長時間でも疲れず、作業効率を向上させてくれますが、音楽を聴いたり、姿勢を崩した時には、座面のフレームが身体にフィットしなくなり、座り心地が途端に悪くなります。こういった意味で、デスクワークを主体とする職場では最高のツールになるでしょう。アーロンチェアを使用するようになって、長時間のデスクワークを考えるなら、椅子は最も重要な条件となることを実感しています。

    (普段のお手入れ)
    手入れも、ホコリがついたら拭く程度しかしていません。形状的にホコリはたまり易いです。メッシュ部分は、ある程度力を入れて拭いても、伸びたりすることもないです。

    (反省)
    購入するときに、大中小3種類のアーロンチェアがあることは知らなかったので、もっと体にあったサイズがあったかもしれません。これから購入する方は、実際に座ってみて、サイズを確かめてから購入することをお勧めします。

    このレビューは参考になりましたか?

  • 使用歴3年 Low*さん 投稿日:2014-08-28 08:36:24.0

    参考になった0

    私がアーロンチェアを購入したのは、ごめんなさい。正直、見た目に惚れました。本当は違うチェアを買いにいったのですが、まず、どう考えてもカッコいい!!どっからどう見ても妥協が無く、座り心地もどのチェアと比べても最高品質でした。

    その後、3年間座った感想は、まず、「丈夫!!」80kgはあった私が気遣い無くドスン(実際はぐわーんという感じ)と、乗っても優しく受け止めてくれる。夏は蒸れず、冬は「冷やっ」とした感触がなく、一年中快適なアーロン。

    そして、通常は座位姿勢で座るのがあたり前かもしれませんが、私はどうしても長時間座っていると「あぐら」をかきたくなる。そういう、ユーザーにも細かい調整が利き座面を広めに設定することができる。

    こんなカスタマイズ性が、買った後も納得できるところです。

    本当は長年の腰痛と太腿痛があった事がキッカケで、ちょっと高級なチェアを選びにいったのですが、いつの間にか治っていてどのくらいで治ったなどのレビューがかけませんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

  • 使用歴14年 haomeiさん 投稿日:2014-08-17 08:36:24.0

    参考になった0

    アーロンチェアの最大の魅力は座り心地の良さですね。メッシュのシートが固すぎず柔らかすぎず長時間座っていても坐骨が痛くなったりしません。長時間のデスクワークに適した椅子だと感じます。

    私は、肘掛けの高さを調整して、肘掛けに腕をのせて、キーボードを打っています。肘をサポートしていると、肩こりも軽減されますし、仕事をする姿勢もよくなっていると感じています。

    以前は(アーロンチェアを使う前は)ひどい肩こりに悩まされていましたが、肘をちょうど良い高さに置いて仕事をするようになってから肩こりは軽減されました。

    アーロンチェアは、各パーツごとに微調整できますから自分の身体に合わせて高さはもちろん、座面・背面・肘掛け・腰のサポートカスタマイズできる点も満足度がUP。知らず知らずに使い続けて14年になります。

    夫のアーロンチェアを修理してもらったときに保証期間が12年だったということに気づきました。この保証期間の長さを見ても壊れない椅子と分かりますね。

    良いものは長く使えます!

    普段のお手入れも簡単です。乾いた布でほこりを払う程度です。メッシュの座面下は掃除機が入らないのでダスキンで拭いてます。

    このレビューは参考になりましたか?

  • 使用歴10年 ジョリさん 投稿日:2014-08-01 08:36:24.0

    参考になった0

    ■使い心地
    ・座面ペリクルの適度な反発、包み込む感覚は短時間でも、長時間でも、評判通りあまり疲労感を感じることなく使えます。

    ■お気に入りのポイント
    ・座面・背面ペリクルの機能と、高級感のあるデザイン(見た目)が共に良く感じ、座って良し、インテリアとしてもスタイリッシュで良しの点が気に入ってます。
    ・座面のムレが無い点が快適に感じます。

    ■購入の決め手
    ・長時間座って腰の疲労が少ない・腰痛が防げることを購入検討時に評判で聞いたこと
    ・デザインを気に入ったことが決め手です。

    ■普段の手入れ
    ・座面、フレーム共に固く絞った布で水拭きしてます。思ったより丈夫なつくりで、やさし過ぎず強過ぎずで拭いています。
    ・座面ペリクルとフレームの継目・合わせ目にホコリがたまりやすく、掃除も多少手間に感じることがあります。

    ■その他感想等
    ・使用モデルはランバーサポート、フル装備、Bサイズだったと思います。
    ・使用しているのは初期モデル(?)のランバーサポートモデルのみの使用で、ポスチャーフィットモデルを使用したことはないです。
    ・ランバーサポートをセットして使用しても、数日経つと下の方へ自然とズレて来てしまい、その都度セットし直さなければいけない点があります(少し手間に感じる)。
    ・猫背での使用でなく、深く腰掛け姿勢良く座ると、腰など長時間疲労無く座れるが、代わりに背筋を伸ばした姿勢をキープし続ける必要があるため、人によってはそれが大変だと感じることもあるかもしれません。
    ・リクライニングを固定することで姿勢をキープし続けることができる機能が個人的には長時間の使用で役立ちます。
    ・読書で使うこともありますが、主に固定した姿勢で机に向かう作業(PC作業、手書き書類作成、製図等)の方が向いていると感じました(個人的に読書は寝椅子等でリラックスしながら読むため)。
    ・例えば座面が高めに設定されて座り続けた時、姿勢良く座り続けるため、体重が真っ直ぐかかり、太腿裏が座面に多少圧迫され血流が悪く感じることがあります。座面の高さを適切な位置に調節しないと、かえって疲労してしまうことも出てくるかもしれません。よって座面の位置や前傾の位置などは、自分に合った位置を探し当てるまで多少時間がかかるかもしれません。
    ・本体重量が重いので持ち運ぶことがあれば大変ですが、座りながらキャスターで移動するのには問題ありません。
    ・使用しているモデルでは、キャスターのつくりが本体に比べ貧相な(安っぽい)ため、わずかですがホコリたまりが気になります。
    ・座面高さ上下調節等で長期間経つと、支柱フレームの金属部分と脚の接合部に油圧オイル(?)のリング状の汚れが気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

  • 使用歴3年 nonoblogさん 投稿日:2014-07-28 08:36:24.0

    参考になった0

    仕事で長時間机に向かうため腰に負担の少ない椅子を探してきた。知人やネット口コミなど様々な情報からアーロンチェアが良いらしいとの情報が。実際ショールームで座ってみた。デザインはシンプルだが男性的フォルムで少し躊躇したが、自分の動きに椅子が完璧に同調をなした瞬間即断した。事務用椅子としては価格が高いほうだが、長く生きているとどこに投資すべきか、どこを剪除すべきかが見えてくる。あれから3年余り、埃取り以外特別の掃除も手入れもしていないが、購入時とまったく変わりなく快適に腰を守ってくれている。   

    このレビューは参考になりましたか?

  • 使用歴10年 nanoha3さん 投稿日:2014-07-25 08:36:24.0

    参考になった0

    ・使い心地
    見た目のかっこよさや、ふわっとした座り心地が目立ちやすいが、アーロンのもっとも良い点は純粋な椅子としての性能、つまり姿勢を制御して疲れないようにするデザインが極めて優秀なところだ。アーロンは体を正しい姿勢にキープしてくれる椅子なのだ。深く腰掛けて、ゆったりと体を預ければメッシュが体を受け止めて背中を上手くカーブさせてくれる。そのまま長時間座り続けても背中や腰が痛くなることはない。また、より作業に集中したいときは前傾モードにすることで、適度な前傾姿勢で作業に集中することが可能となる。

    ・比較
    購入当時はアーロン以外にも他社の椅子、リープチェア、コンテッサ、エルシオ、レビーノなどを3~5時間程度家具屋や各社のショールームに座りに行った。最終的にレビーノかアーロンという選択になったが、メッシュによる通気性、ボスチャーフィットによる腰部サポート、ふんわりした座り心地を決め手としてアーロンに決めた。また、脚の素材がグラファイト、アルミ、チタンと選べるが、グラファイトだと冬場に素足をのせても冷やっこくないというメリットがあることを付け加えておく。

    ・手入れ
    月に1回程度キッチンペーパーを濡らして座面や座面下のユニットの埃を拭いている他、2-3ヶ月に1度エアダスターでその他細かい部分の埃を吹き飛ばしている。それぞれ1分程度の手入れなので気にならない。

    ・故障/保証
    一度体重がかかりすぎたせいかボスチャーフィットが割れてしまったことがあったが、ハーマンミラーに連絡したところ数日後に修理訪問に来て頂けた。保証期間中だったので修理費用は無料となった。保証が12年(ガス圧シリンダーは2年)なので、その点は大変安心できる。ガス圧シリンダーは10年目の今でも、ちょっと上昇する勢いが落ちた程度で安定して稼働してくれている。

    ・ヘッドレスト
    リラックスしてモニタを見る時のために、別売り・別メーカーのヘッドレストを使っている。1.7万程度でそれなりに良い感じなので、ヘッドレストがないためアーロンを候補から外している人も検討してみてはいかがだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

  • 使用歴1年6ヶ月 Danielさん 投稿日:2014-07-18 08:36:24.0

    参考になった0

    アーロンチェア歴1年半です

    最初は何でオフィスチェアってこんな高いの?という疑問だらけでしたが試座した時、その疑問はいっきに吹っ飛びました。今までに感じたことのない座り心地。座った時、お尻にかかる圧力が分散されているのがわかります。そして深く座り込まないように腰をサポートしてくれるので良い姿勢でデスクワークが出来ています。PCと向き合うと自然と首を突き出して首を痛める癖があるのですが、アーロンチェアには前傾チルトという機能が搭載されています。自分が前傾するのでなくチェア自体がお辞儀するような状態になるので首への負担は軽減されます、執筆もするので快適です。

    お手入れは繊維の少ない布でケアしています。アーロンチェアにした理由のもうひとつがメーカー保証期間が12年という長さ!でも一向に壊れる気配もないです頑丈ですしメッシュ部分は最初は硬いですが徐々にほぐれてきて更に快適になります。長時間デスクワークする方や自室で使う方にオススメしたです。

    このレビューは参考になりましたか?

  • 使用歴6ヶ月 みけたさん 投稿日:2014-07-16 08:36:24.0

    参考になった0

    お尻に汗をかきやすい体質なので、座面がメッシュのイスが欲しかったのです。そして、きちんと座って腰の負担が楽なもの、リクライニング出来てリラックス出来るものを探していました。

    どんな姿勢でもきちんとサポートしてくれて腰痛になりません。

    ある程度以上の高級チェアでは、条件をクリアして、座り心地の良さそうな物はたくさんあります。その中で、最も値段が安いのがアーロンチェアと言っていいと思います。要するに、コストパフォーマンスが良い、高機能チェアです。メーカーの保守の評判も良いです。

    このレビューは参考になりましたか?

  • 使用歴2年 ti01さん 投稿日:2014-06-15 08:36:24.0

    参考になった0

    これまでに座ったどの椅子とも違う座り心地。

    背面と座面がメッシュだが、単に通気性のためではない。そもそも購入前は背面がメッシュであるとは認識していたが、座面がメッシュであることは認識していなかった。最初に見た時は「えっ!このネットの上に座るの??」という感じだった。「こんな薄い布に座ったらすぐ伸びちゃうでしょ」と半信半疑で、「12年保証」というフレーズがなかったら安心して座るのは無理だった。それでもやはり半信半疑で座ってみた。

    これまでの発想では「高級=フカフカ・気持ちいい」という感じだったが、そういう椅子ではなかった。そういう意味の高級感は皆無だった。正直そのとき「うーん、この買物は早まったかな」と思った。絵に描いたような高級感を求めていたわけではないが、その瞬間とその後しばらく価格を納得させるような魅力が見つからなかったからだ。次第に分かってきたことだが、この椅子の良さは座った瞬間に感じる幸福感などではなく、どれだけ長時間座っていても普通でいられることだった。

    どうしてこの椅子は長時間座っても疲れないのだろう?硬いフレームにはられたネットは最初トランポリンを連想させた。そのネットの中央に座れば伸縮性のあるメッシュ地がお尻全体に貼り付いて均等に全体を支えてくれる。座ってから連想したのはハンモックだ。座っているというより、フレームとメッシュで吊られている感じだと思った。深く腰掛けることで、座面だけでなく背面のメッシュも背中にまんべんなく貼り付き、リクライニングにすると更にハンモック感が高まる。

    そして通気性のあるメッシュだから、こんなに体に密着しても全く蒸れない。このように、伸縮性のあるメッシュは体に貼り付いて体重を広い面で支え、どこも痛くなったりしない。だから正しい姿勢をずっとキープでき、それが疲れない原因だろう。また、背もたれへの体重のかけ具合を変化させる時、他の椅子の背もたれでは押し返されないところを押し返してくれるのがマッサージ効果となって地味に気持ちいい。

    このようにメッシュ素材の通気性と伸縮性の両方があって初めてアーロンチェアの良さが生まれているわけだ。

    ただ、このアーロンチェアは、定位置を外れて座ると途端に座り心地が悪くなる。硬いフレームが当たるのだ。いろんな姿勢でくつろぐためのソファーとは根本的に異なるものである。アーロンチェアはあくまでもワーキングチェアであり、定位置に正しい姿勢で座るときに効果が現れ、つまりその効果とは、その定位置で正しい姿勢でいることをずっと続けられることなのだ。

    長時間座って仕事をする人に是非お勧めしたい椅子である。

    普段の手入れは、清潔のためには掃除機を使ったり、布で拭いたりしているが、メカニカルな意味での手入れは今のところしていない。複雑な構造のところは清掃しにくいかもしれない。

    お気に入りのポイントは、仕事に集中しやすいこと。前の椅子(ゆったりした「なんちゃって重役椅子」)ではすごく姿勢が悪くなっていることが多かったが、この椅子では姿勢が悪くなりにくい。良い物に触れることは良いこと。

    このレビューは参考になりましたか?

このアイテムに付けられた人気のタグ

タグとは?

ユーザーが付与したテキストです。
マイクリップ機能を使うと付けることができます。