カタログ500冊分の家具情報から、あなたにピッタリの家具を

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

ミナ ペルホネンが6日限りの「小さなデパート」をオープン! 特別アイテムも登場

2018/03/27

mina-perhonen_ISETAN-SHINJUKU_201803_01
会場デザインは初コラボの小泉誠氏

2018年3月28日(水)から4月2日(月)まで、東京新宿の「伊勢丹新宿店 本館7階 催物場」にて「Dear Friend, Department」が開催されます。

minä perhonen(ミナ ペルホネン)が小さなデパート「Dear Friend, Department」を期間限定でオープン。アーカイブテキスタイルの中からプリントや織りに刺繍を重ねたスペシャルファブリックを用意し、ファッションやフード、キッチン、インテリア、ベビー&子ども用品と、日々の暮らしに寄り添う幅広いアイテムを取り揃えます。

注目アイテムは、特別なファブリックを使用したマルニ木工HIROSHIMA アームチェア」。

また、ミナ ペルホネンとは初のコラボとなるテザイナー・小泉誠氏が手掛ける会場も見所です。素材を大切にするブランドの思想を受け継ぎ、再利用できるダンボールや発泡スチロールを什器に使用。「tambourine」など、ミナ ペルホネンを代表する絵柄をモチーフに曲面が会場全体を包み込む優しい空間に仕上がっています。

「周囲の人々を思いやり、環境を豊かに彩るモノの大切さを伝えたい」というミナ ペルホネンデザイナー・皆川 明氏の思いから生まれたイベントです。作り手の思いを感じながら、大切な人への贈り物を選んでみてはいかがでしょうか。

mina-perhonen_ISETAN-SHINJUKU_201803_02

張地と樹種(それぞれ3種)から自由に選びカスタムオーダーできる「HIROSHIMA アームチェア landscape series」。
価格:ビーチ材14万400円(税込)、オーク材17万7120円(税込)、ウォルナット材19万1160円(税込)

mina-perhonen_ISETAN-SHINJUKU_201803_03

ロンドンの老舗テキスタイルブランド・リバティとミナ ペルホネンが初コラボ。リバティのプリントにミナ ペルホネンの刺繍で重ねたものを生地として販売。
価格:9720円(税込)/m~

mina-perhonen_ISETAN-SHINJUKU_201803_04

独自の世界観が人気の愛らしいぬいぐるみたち「nuno*ito asobi × ミナ ペルホネン」
価格:1万6200円(税込)~

mina-perhonen_ISETAN-SHINJUKU_201803_05

左:こちらも初コラボ。「tambourine」柄をまとったPORTERのバッグは機能性も十分です。
「デイパック」価格:3万6720円(税込)
「ポーチ」価格:8640円(税込)
右:アンティパストとのコラボ靴下はポップな色合いが気持ちを明るくしてくれます。各2970円(税込)

mina-perhonen_ISETAN-SHINJUKU_201803_06

左:「hoshi*hana + land theater」
アーカイブテキスタイルの中から、代表的なプリントや織りを厳選。そこに刺繍を重ねることで新鮮で躍動的ながらも、どこか懐かしさを感じるデザインが生まれました。こちらはリネン100%で着心地の軽いコート。8万4240円(税込)
右:「セレモニードレス セット」
ミナ ペルホネンのドレスなどの衣類を大人と同じく子ども用にもオリジナルで展開し、親子でお揃いのスタイリングが楽しめるようなラインナップを用意。極細の糸で織られたコットンシルクの素材に「flower cake」の総刺繍。8万6400円(税込)

mina-perhonen_ISETAN-SHINJUKU_201803_07

とらや「光雲」
フードでは「とらや」や「ピエール・エルメ・パリ」など、国内外のトップブランドとのコラボ商品を販売。あるがままの美しさを感じる「雲」と、すべてのものに寄り添う「光」を表現した特製羊羹。3888円(税込)

mina-perhonen_ISETAN-SHINJUKU_201803_08

ミナ ペルホネンが運営する青山のショップ「call」で取り扱うさまざまな食材も紹介。素材の旨味をそのままに閉じ込めた瓶詰め「家と庭のスパイス」
810円(税込)~。
minä perhonen × ISETAN SHINJUKU Dear Friend, Department
会期:2018年3月28(水)~4月2日(月) 10:30~20:00(2日~18:00) 会期中無休
会場:伊勢丹新宿店 本館7階 催物場
入場:無料
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔

関連記事