あなたにピッタリの家具・インテリアを

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

36年ぶり!「Poetry of lighting」第2弾で前衛建築集団の照明作品公開中

2014/12/11

The Light that hang and whistles / 宙を舞い笛を吹く明かり
Designer: COOP HIMMELB(L)AU / コープ・ヒンメルブラウ
写真協力:株式会社YAMAGIWA

伝説的照明エキシビション以来の一般公開

2014年12月13日(土)から12月21日(日)まで、東京恵比寿のデザインアートギャラリー・SOMEWHERE にて「Poetry of lighting Vol.2」展が開催されます。

本企画は、2014年秋のデザインウィーク中に開催され好評だった展示の第2弾です。前回は新旧の照明を織り交ぜた展示で注目を集めましたが、今回はオーストリアの前衛的建築集団・COOP HIMMELB(L)AU(コープ・ヒンメルブラウ)による、よりアート・インスタレーション的な要素が強い照明が登場します。

1988年、YAMAGIWAが主催した伝説的照明エキシビション「IN・SPIRATION」展のために制作された照明で、同展以来じつに36年ぶりの一般公開となるそう。

コープ・ヒンメルブラウ(ドイツ語で「青空」の意味)は1968年に設立されたモダニズム建築の一翼を担う建築事務所。建築に非直角や曲線を好んで取り入れる脱構築主義建築というスタンスで、ヨーロッパを中心に数々の作品が建てられています。

一般概念を問い直すかのような設計やデザインで、今なおアヴァンギャルドでありつづけるコープヒンメルブラウの貴重な照明作品です。いつも刺激的なエキシビションを企画しているSOMEWHEREですが、今回の展示会も見逃せません。  

Poetry of lighting Vol.2
会期:2014年12月13日(土)~12月21日(日) 13:00~19:00 ※金・土・日は~20:00
会場:SOMEWHERE(サムウェア)
入場:無料

関連記事