あなたにピッタリの家具・インテリアを

※消費税率引上げ前の金額が表示されている場合があります。

RSSフィード

ジノ・サルファッティの名作照明5アイテムがFLOSより復刻

2014/06/25

フォルムはそのままにLEDを採用して復刻

照明メーカー・FLOS(フロス)より、Gino Sarfatti(ジノ・サルファッティ)の名作5アイテムが復刻されました。

Gino Sarfatti(ジノ・サルファッティ)は、イタリア・ベニス生まれの照明デザイナー。1939年に照明器具メーカー・Arteluce(アルテルーチェ)社を設立し、生涯で600以上ものランプをデザインしました。それぞれのプロダクトにおいて、その時代における最新の光源を採用したデザインを生み出してきたことが知られています。

2012年秋、ミラノトリエンナーレミュージアムにてジノ・サルファッティ生誕100周年を記念した回顧展が開催されたことをうけ、1950年代から70年代に発表されたプロダクトの復刻が決定。オリジナルデザインを尊重しながら、今の時代における最新の光源であるLEDを採用することで、氏のデザインポリシーを踏襲した復刻が実現されています。

なお、今回の5アイテムの復刻は第一弾として発表されたもの。続く今後のリリースにも注目です。

写真:1951年デザインの「Model 548」。光がディフューザーに反射することで柔らかい光を放つ、テーブルランプです。

写真左:1968デザインの「Model 1095」。アルミ製のスリムな支柱の先から間接光が放たれるフロアランプ。高さは3サイズがラインナップされています。
写真右:1954デザインの「Model 1063」。間接および直接照明として使用することができるフロアランプ。ベースのアルミ製ボックスに電源があり、中心を外したユニークなバランスで、シャープで美しい佇まいをみせています。

写真左:1971デザインの「Model 607」。直接照明で調光機能のあるテーブルランプ。異なる要素がつなぎ合わせられた、ユニークなデザインです。
写真右:1969年デザインの「Model 2129」。天井取付型で、水平に360度回転するペンダントライト。描かれたアーチがインテリアに優美な空気感をもたらします。

All pictures by Frank Hülsbömer

RE-LIGHTING-GINO-SARFATTI-EDITION No.1
Model 548
 デザイン:Gino Sarfatti (1951)
 サイズ:H500mm、Diffuser Φ500mm
 重さ:3.1kg
 色:brass(black) / orange, brass(gold) / blue
 素材:aluminum、brass、methacrylate
 光源:1LED、2700K、730lm、Ra90、11W
 価格:18万円(税別) ※受注発注品
Model 1095
 デザイン:Gino Sarfatti (1968)
 サイズ:H1700 / 1850 / 2000 、ベースΦ200mm
 重さ:5.0 / 5.15 / 5.3kg
 素材:aluminum
 光源:1LED、2700K、1850lm、Ra93、34W
 価格:27万円(税別) / 28万円(税別) / 29万円(税別) ※受注発注品
Model 1063
 デザイン:Gino Sarfatti (1954)
 サイズ:H2150 × W350 × D460 mm
 重さ:10kg
 色:white / black
 素材:aluminum、 steel
 光源:360LED、2500lm(max)、Ra90、57W ※調光および色温度変換可(2700K-4000K)
 価格:36万円(税別) ※受注発注品
Model 607
 デザイン:Gino Sarfatti (1971)
 サイズ:H310 × W390 、Diffuser Φ250mm
 重さ:6.1kg
 色:white、black
 素材:aluminum
 光源:42LED、2700K、1200lm、Ra85、18W
 価格:17万5000円(税別) ※受注発注品
Model 2129
 デザイン:Gino Sarfatti (1969)
 サイズ:Φ1450mm、Diffuser Φ400mm、DiffuserH170mm
 重さ:4.6kg
 色:white / grey
 素材:aluminum, brass, methacrylate
 光源:355LED、2700K、1600lm、Ra90、25W
 価格:31万円(税別) ※受注発注品

イタリアのブランドの家具を見る
イタリア製の家具を見る
→関連キーワードから家具を探す:照明 / オレンジ / ホワイト

関連記事