カタログ500冊分の家具情報から、あなたにピッタリの家具を

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

漆 + ガラス = 漆硝子!? 美しくて丈夫なテーブルウェア「百色(hyakushiki)」登場

2014/12/29

漆とガラスの特性が融合した「漆硝子」

「漆硝子」のテーブルウェアブランド「百色(hyakushiki/ひゃくしき)」より、15種類のアイテムが発売されています。

百色は、長野で木曽漆工房を構える丸嘉小坂漆器店が2014年にスタートさせたテーブルウェアブランド。1994年に漆硝子の先駆けとなる製品開発に成功してから、さらに研究を重ね漆とガラスの新しい融合製品「百色」を完成させました。

漆硝子は、「漆」の深みのある艶や日本的な色彩と、「ガラス」の耐久性の両方を有しています。光を通せば万華鏡のように輝く、軽やかで透明感のある質感が百色の特徴です。

盃、ボウル、プレートなど15種類のアイテムを展開。漆工芸の伝統を受け継ぎ日本的な美しさを表現しながら、現代のライフスタイルに沿った使い勝手のテーブルウェア「百色」をぜひチェックしてみてください。

木曽漆器の職人が1つひとつ絵付け・蒔絵を行います。


 

クリスタルボウルの「蕾」シリーズ。
Lサイズ(W131mm × D131mm × H51mm):1万2900円(税別)
Sサイズ(W82mm × D82mm × H44mm):6900円(税別)


 

薄作りボウルの「千重菊」シリーズ。
Lサイズ(W160mm × D160mm × H50mm):1万8900円(税別)
Mサイズ(W138mm × D138mm × H45mm):1万7200円(税別)
Sサイズ(W120mm × D120mm × H38mm):1万5500円(税別)


 

プレートの「葉輪」(210mm × D210mm × H25mm)。1万2300円(税別)。

「蕾」シリーズの「盃・線」(W570mm × D570mm × H61mm)。7900円(税別)。
漆硝子ブランド「百色」
生産:丸嘉小坂漆器店
問合せ:0264-34-2245/info@maruyoshi-kosaka.jp
展開アイテム:カップ&ソーサー、プレート、盃、クリスタルボウル、薄作りボウル
価格:5300~8万7000円(税別)
詳細:www.kiso-hyakushiki.jp

関連記事