あなたにピッタリの家具・インテリアを

※掲載価格・表記は掲載当時のものです。

RSSフィード

プラウド × ユナイテッドアローズの家具コレクション! 一般販売スタート

2015/08/25

proud-with-unitedarrows_01
 
野村不動産とユナイテッドアローズの共同プロジェクト「PROUD with UNITED ARROWS」より、家具シリーズ「PROUD with UNITED ARROWS FURNITURE」が発表され、2015年6月から東京渋谷区のユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館のほか、野村不動産の住宅オーナー向け販売会などで販売が開始されています。

「PROUD with UNITED ARROWS」は「着心地のいい家」をコンセプトに、新しいインテリアプランを考案していくプロジェクト。これまで第1弾・第2弾として「プラウドタワー東雲キャナルコート」の見せる収納に特化したインテリアオプションや「プラウド船橋」のゲストルームをそれぞれ手がけてきました。

その第3弾として、プロジェクトオリジナルの家具シリーズ「PROUD with UNITED ARROWS FURNITURE (プラウド ウィズ ユナイテッドアローズ ファニチャー)」をリリース。北欧デザインをベースにミッドセンチュリーテイストをプラスした「TYPE-PA001」と北欧家具に和の要素を融合させた「TYPE-PA002」の2ラインを用意しています。

アイテムはそれぞれソファ、キャビネット、オットマン、リビングテーブル、ダイニングテーブル、チェアの6種類。

無垢材やレザー、ファブリックのセレクトに、プラウドのグレード感とユナイテッドアローズのセンスの融合を感じます。デザインは、北欧モダン家具の正統なフォルムを継承したスタンダードでシンプルな仕上がり。ファーストコレクションながら、衣と住のプロフェッショナルたちがタッグを組んだ本シリーズは高い完成度を誇ります。

ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館で展示されていますので、ぜひ実物を見に店舗に足を運んでみてください。

proud-with-unitedarrows_02

TYPE-PA002のアイテムを使った、リビングとダイニングのコーディネート。
PROUD with UNITED ARROWS FURNITURE (プラウド ウィズ ユナイテッドアローズ ファニチャー)
発売:2015年6月中旬~
取扱店舗:ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館
     東京都渋谷区神宮前2-31-12 B1・1階
     ※その他、野村不動産の住宅オーナー向け販売会など
アイテム:
 ▽TYPE-PA001(北欧デザイン+ミッドセンチュリー)
  SOFASF-1/FABRIC A 36万円(税抜) FABRIC B 39万円(税抜)
  CABINETCN-1/19万5000円(税抜)
  OTTOMANSF-2/ FABRIC A 9万2000円(税抜) FABRIC B 10万6000円(税抜)
  LIVING TABLELT-1/12万円(税抜)
  DINING TABLEDT-1/17万円(税抜)
  CHAIRCH-1/FABRIC A 5万4000円(税抜) FABRIC B 5万8000円(税抜)
 
 ▽TYPE-PA002(北欧家具+和)
  OFASF-1/FABRIC A 48万000円 (税抜) FABRIC B 58万6000円 (税抜)
  CABINETCN-1/28万円 (税抜)
  OTTOMANSF-2/FABRIC A 10万5000円 (税抜) FABRIC B 12万円 (税抜)
  LIVING TABLELT-1/16万円 (税抜)
  DINING TABLEDT-1/28万円 (税抜)
  CHAIRCH-1/FABRIC A 5万8000円(税抜) FABRIC B 6万2000円(税抜)
仕上げ:ニューオイルフィニッシュ
ウッド:
 TYPE-PA001:ホワイトオーク ナチュラル/ホワイトオーク ブラウン
 TYPE-PA002:ホワイトオーク ナチュラル/ホワイトオーク ブラック
ファブリック:FABRIC A 5種類/FABRIC B 2種類 (撥水・防汚加工)
PROUD with UNITED ARROWS プロジェクトメンバー
クリエイティブディレクター:鴨志田 康人 Yasuto Kamoshita UA本部 副本部長 兼 クリエイティブディレクター
デザイナー:佐々木 一也 Kazuya Sasaki SMALLCLONE 代表/インテリアデザイナー
プロジェクトマネージメント:佐藤 信仁 Nobuhito Sato 野村不動産株式会社 住宅事業本部 インテリア営業部 部長
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事