あなたにピッタリの家具・インテリアを

家具用語集

黒檀とは

2013/04/15

黒檀
(こくたん / コクタン)

カキノキ科カキノキ属の常緑高木。英名は「ebony」。インドネシアなど東南アジアに広く分布している。心材に黒と淡い赤色が交互に縞を作っている。芯材が真っ黒なものを「本黒」または「真黒」といい、縞杢が見られるものを「縞黒檀」「マッカーサーエボニー」という。

材質は硬く、耐久性に優れており、その性質を活かし正倉院の宝物やピラミッドの副葬品にもなるなど、古くから重宝されている。また、多量の油分を含んでいるので経年変化や磨きをかけることで美しい光沢を出すことができる。加工は困難で釘打ちは不可能。家具材・唐木細工・仏壇・楽器などに用いられる。

成長が非常にゆっくりで希少価値が高く、日本では入手が難しい。

「黒檀」で家具を探す

類義語
黒木、烏木