あなたにピッタリの家具・インテリアを

家具用語集

民芸家具とは

2013/04/15

民芸家具
(みんげいかぐ / ミンゲイカグ)

日本各地の技術を持つ職人によって、主に日本国内産の材木などで作られている、日用品や美術工芸などの家具のこと。民芸とは民衆的工芸の略。民芸品とは有名な職人が作る、高級でわずかにしか手に入らないものではなく、無名な職人が作る、庶民が日常に使う実用品であり、大量に生産が可能なもののことである。

柳宗悦(1889〜1961)らが、日常の暮らしの中で使われている、生活に即した手仕事の日用品に「用の美」があるとし、1926年(大正15年)に「日本民芸美術館設立趣旨書」を発刊し、無名の職人が作る日常使いの工芸品の美しさを見出そうと起こしたものが民芸運動であり、民芸という言葉自体も柳らによって作られた造語である。

類義語
民衆的工芸