あなたにピッタリの家具・インテリアを

TBROOMSTORE 公式家具通販
家具用語集

ちゃぶだいとは

2013/04/15

ちゃぶだい
(ちゃぶだい / チャブダイ)

日本で用いられている短い四脚の食事用のテーブルで、床座式で複数の人間が囲んで使用する。一般的に円形、正方形、長方形が多い。

上座、下座という上下関係をあまり感じさせないという特徴を持っている。使用においては、移動を前提としているため脚が折り畳み式になっている。ちゃぶ台で食事をする以前は、箱膳という個人用のお膳で食事をしていたという。ちゃぶ台を使用すると、一人当たりの使用スペースが箱膳を用いた場合よりも狭くなるが、皿の共有化がなされるため結果的にゆとりが生じる。

ちゃぶ台が一般家庭に広まったのは昭和初期と見られ、そのため昭和初期の家族の団欒の象徴にもなっている。その後、椅子式のダイニングテーブルが普及し、ちゃぶ台の利用家庭は減少。

「ちゃぶだい」で家具を探す

類義語
ちゃぶ台、卓袱台