あなたにピッタリの家具・インテリアを

家具用語集

茶だんすとは

2013/04/15

茶だんす
(ちゃだんす / チャダンス)

茶器や菓子器、食器などを収納するための、袋棚、違棚やいくつもの引き出しを備えた和風の家具のこと。

茶の間に置かれ活用されることが多い家具である。元々は茶道において、茶器などを置く棚から発達した。クワやキリ、ケヤキなど木目が美しい素材が使われることが多く、匠の技が光る日本伝統の家具として知られている。洋風の建築物、洋間が増える中、和のデザイン、伝統、木の温もりを感じさせる茶箪笥は、未だに根強い人気を誇っている。

茶箪笥の持つ落ち着いた雰囲気は和室にベストマッチするが、国内外問わずアジアン家具が人気ということもあり、洋風の中に茶箪笥を合わせるなど、様々なバリエーションの使われ方が昨今なされている。また、アンティークの人気も高い。

類義語
茶箪笥