あなたにピッタリの家具・インテリアを

家具用語集

ドローリーフテーブルとは

2013/04/15

ドローリーフテーブル
(どろーりーふてーぶる / ドローリーフテーブル)

天板が左右に片方ずつスライドさせて、引き伸ばして使うことが出来る伸張式のテーブルのことである。エクステンションテーブルの一番基礎的な構造ともいえるテーブルである。

普段はメインの天板の下の隙間部分に、引き出す方の天板が収納されていて、必要な時にだけストッパーの部分まで引き出して、広くテーブルを使うことが出来るのである。16世紀の後期にイギリスで登場し、17世紀にかけて人気が広まっていったのは、大勢で食事するスタイルから家族だけで食事するスタイルに変化したからである。狭い家の中で食事をする際だけ、テーブルを広げられるというのは画期的なシステムだったのである。

現在では英国調のアンティーク家具として、レトロな空間を演出するのに人気を集めている。

類義語
ドローテーブル、エクステンションテーブル