このイベントは終了しました。開催予定・開催中のセール・イベント一覧はこちら

株式会社多慶屋 主催

家具インテリアプレミアムバーゲン東京都

国内外の有名ブランドや厳選された商品が最大65%オフに。総来場者数20万人以上、品揃え1,000点以上のビックイベントが東京ドーム プリズムホールで開催されます。当日は特選家電が特別価格で販売される「特選家電フェア」や「学習机・ランドセル大展示即売会」が同時開催されます。

会期:
2017-09-23 00:00:00.0~2017-09-24 00:00:00.0
場所:
東京ドームシティ プリズムホール
東京都文京区後楽1-3-61 

イベント参加には入場パスが必要になります。

入場パスを申し込む

イベント特徴

Point 1
1,000点以上の豊富な品揃えが「最大65%」オフ
Point 2
家具の国内最低価格保証
※インターネット・無店舗販売は除きます。詳細は係員にご確認ください。
Point 3
「特選家電フェア」「学習机・ランドセル大展示即売会」を同時開催
Point 4
5万円以上のお買い上げで「2時間無料駐車券」進呈
※指定パーキングのみ有効です。満車時はご使用いだけません。
Point 5
多慶屋メンバーズカードポイント還元(現金払いは2%クレジットカード払いは1%)
※イベント会場成約時のみ有効です。詳細は係員にご確認ください。
Point 6
1回のお申込みで1組何名様でも会期中何度でも入場可能

【特記事項】特典の内容は、予告なく変更する場合があります。

出展ブランド

  • アーリー・タイムス (アーリータイムス)

    家具産地・北海道旭川市に1952年に設立した家具メーカー・アーリー・タイムスアルファによる木製家具のオリジナルブランド。五線譜を象ったロゴマークには「生活の中に”音楽”があるように、家の中に”家具”があって欲しい」という想いが込められている。 アーリー・タイムスを表すのに欠かせないキーワードが「フェアウッド」と「ユニバーサルデザイン」だ。素材として使う木は、適切に管理された森林の間引き伐採材である”フェアウッド”。ぶつかっても安心な角丸なフォルムなど、赤ちゃんから高齢者まで安心して使える”ユニバーサルなデザイン”にも定評がある。毎日の生活に寄り添う家具は、社会や人への優しさを感じるブランドのものだと安心だ。

    続きを読む

  • イバタインテリア (イバタインテリア)

    1943年、岐阜県飛騨市に設立以来、木製家具一筋に歩んできたブランド。 伝統の家具産地・飛騨高山の代名詞である「曲木」を磨き、現在では3次元の曲木も可能に。職人の手仕事と、最新機械の加工技術の融合にも力を入れ、リビング・ダイニングをトータルでコーディネートできるシリーズを複数展開する。 1993年には中国大連市に日中合弁企業を作り、工場を設立。飛騨の本社で企画・設計・試生産した製品を中国大連工場で製造することで、日本国内と同等の品質を保ちながらリーズナブルな価格帯のラインナップも実現している。

    続きを読む

  • erpo (エルポ)

    1952年創業。ドイツの職人魂を今に受け継ぐソファ専門メーカー。人間工学に基づき、首をサポートするヘッドレストやリクライニングする背もたれ、スライドするシートといった、体形や動きに合わせて変化する機能を搭載。1985年に開発された「レバー操作を必要としないリクライニング機能」は、当時のヨーロッパのインテリア業界に衝撃を与えた。その機能を搭載した製品がロングセラーを続け、現在ではシステムソファのメーカーとしてグローバルに名高い。 機能重視のシステムソファにありがちなデザイン軽視の傾向は、erpoの製品には皆無だ。ドイツブランドらしいクラフトマンシップにより、厳選した素材を使ったモダンデザインなソファに仕上げている。機能、素材、デザインが高次元でバランスされているのがerpoの最大の特徴だ。

    続きを読む

  • 小島工芸 (コジマコウゲイ)

    明治19年(1886年)に江戸指物師だった初代が東京・浅草三筋町で創業、1世紀をゆうに超える歴史を持つ老舗家具メーカーのオリジナルブランド。現在は東京都江戸川区に本社を、茨城県取手市に工場を置き、学習机や本棚を中心とした木製家具を製造する。 使用する人、特に子供の健康を最優先し、国内で生産する製品の塗料にはシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを放出しないものだけを採用するなど、使用する材料も厳選。耐震補助具を備えた家具をラインナップするなど、安全には最大限のこだわりを持つ。歴史あるメーカーとしての誇りを持ったもの作りにより、”メイド・イン・ジャパンの安心感”を提供してくれるブランドだ。

    続きを読む

  • S'ACCOMODI (サコモディ)

    イタリア語で「お掛けください」「くつろいでいって」といった意味を持つ「S'ACCOMODI」。日本のライフスタイルを熟知するフランスベッド社のプロデュースの元、イタリアの提携工場が素材の手配から生産、出荷に至るまでの全ての工程を一括管理し「100% MADE IN ITALY」にこだわった製品を生み出している。 主力商品であるレザーソファーには、全てイタリア産の原皮をイタリア国内で鞣した皮革を使用。生産拠点を国外に置くイタリアのメーカーも多い中、製造から出荷に至るまですべての工程がイタリアにて完結される。ソファ内部に使う木材も、イタリア環境保護団体と取り決め環境影響の少ないモミの木を使用。徹頭徹尾、イタリアの伝統に敬意と誇りを持った気高い姿勢でモノづくりが行われている。

    続きを読む

  • Serta (サータ)

    全米売上No.1のアメリカを代表するマットレスブランド。アメリカやカナダに27の製造拠点を有し、世界60か国に販売網を持つ。 始まりは1931年。13社のマットレスメーカーが共同会社を設立し、当時、世界で最も快適なマットレスと称された「タフトレス・インナースプリングマットレス」を開発。その後、社名およびブランド名をSertaに変更し、ベッド業界に革新を起こすさまざまな技術開発を行ってきた。2003年には業界初となる難燃仕様マットレスを開発し、全商品に採用している。 一流ホテルの採用実績が多いことも、品質の高さの証明の1つ。プロも認めた最高品質の寝心地が手に入る。

    続きを読む

  • shirakawa (シラカワ)

    1960年から続く、岐阜県高山市の家具メーカー・シラカワが展開するオリジナルブランド。ダイニングやリビング向けの家具をメインに扱い、特にダイニングセットのラインナップは圧巻。バラエティに富み、ロングセラーモデルも多く抱える。 SHIRAKAWAのデザインコンセプトは、「日本のモダン」。西洋に学ぶだけでなく、日本独自の文化のエッセンスを盛り込み、リビングやダイニングに和の感性を運ぶ家具を作る。世界展開にも積極的で、各国の国際家具見本市や展示会にたびたび出展。日本ならではの家具が高い評価を受け、納入実績や輸出取引が生まれている。

    続きを読む

  • シーリーベッド (シーリーベッド)

    1881年、テキサス州シーリータウンで設立。綿を詰めたマットレスから始まり、たゆまぬ研究開発によって多く特許を取得、現在では世界30か国以上で愛されるマットレスのトップブランドに成長した。 成功の理由は、業界に先駆けて整形外科医の協力をあおぎ、科学的な視点から眠りを追求したこと。「柔らかなマットレス」が人気だった当時の流行に反して発売した「サポート力の高いマットレス」が大ヒット。1989年に開発した体型・体重を問わず理想的な寝姿勢にサポートする新コイルは、ベッド業界の革命として世界に衝撃を与えた。 現在も、業界最大規模の研究開発費を投じ、常に最先端技術を追求、進化し続けている。日本ではテンピュール・シーリー・ジャパンが販売。

    続きを読む

  • トーア (トーア)

    1940年設立、森林資源豊富な兵庫県宍粟市に拠点を置く東亜林業のオリジナル家具ブランド。 製作するのは主にダイニングチェア。発表された椅子には「62号」「490号」と作り始めてからの通し番号が名前として付けられ、その番号はそろそろ600番台に突入するという。椅子を作り続けて半世紀、日本の家庭の椅子を作り続けてきた老舗ブランドだ。 日本の森と林業をもっと活性化させたいという想いから、日本の森林面積の大部分を占めながら強度や耐久性の面であまり家具には使われないスギやヒノキを積極的に活用。家具材としての価値を高める独自の加工技術を開発し、その意を組むデザイナーとの協同で魅力的な商品開発につなげている。

    続きを読む

  • NAGANO INTERIOR (ナガノインテリア)

    1946年創業の家具メーカー・ナガノインテリア工業が手掛けるオリジナル家具のブランド。福岡県朝倉市に工場・本社ショールームを構え、横浜、大川、仙台にもショールームを展開する。 NAGANO INTERIORの家具作りは、樹齢50年以上の丸太を製材し、約6カ月間、屋外で自然乾燥させるところからスタート。加工、組み立て、塗装はもちろん、ソファや椅子の張地の裁断・縫製まで自社の熟練した技能者が行う、徹底した一貫生産体制を採る。生み出される製品は、木の素材感を生かした温かみのあるものが多い。日常生活にすっと馴染むナチュラルな雰囲気を持った家具が幅広い層から人気を集めている。

    続きを読む

  • フランスベッド (フランスベッド)

    言わずと知れた日本を代表する老舗ベッドブランド。 ブランド名「フランスベッド」は、元は1959年に開発された分割式ソファベッドの商品名(国のフランスとは無関係)。日本の狭い住宅事情にマッチして大ヒット商品となり、以後も薄型ヘッドボードのベッドフレームや通気性の高いマットレスなど、独自の製品を次々と開発。日本人の体型、生活スタイルをとことん追求した「日本人に合うベッド」を模索し続けている。 帝国ホテルやホテルオークラなど日本を代表するホテルへの導入実績も多く、2000年以降はミラノサローネをはじめとする国際的な家具見本市にも積極的に出展。その影響力は世界へと広がり始めている。

    続きを読む

  • 綾野製作所(アヤノセイサクジョ)
  • Ozzio(オッジオ)
  • SIMMONS(シモンズ)
  • dream bed(ドリームベッド)
  • Nicoletti(ニコレッティ)

※掲載のブランドは一部です。予告なく変更する場合があります。

詳細画像

  • 「NAGANO INTERIOR」LD3点セット。日本製で材質にもこだわりがあるため、様々なシーンに対応できます。木材、サイズ、張地の選択可能。特別価格は会場発表

  • シェーズロングタイプのカウチソファ。背もたれが外れる分解式で搬入も簡単です。クッション2個付き。会場特別価格 ¥138,000(税込)

  • 「SIMMONS」質の高い眠りと目覚めをお届けするシモンズのベッド。秘密は、独自の「ポケットコイルマットレス」。最良の眠りを会場特別価格で手に入れるチャンスです。

  • 「S‘ACCOMODI」日本のライフスタイルを熟知するフランスベッド社のプロデュースの元、100% MADE IN ITALYにこだわったブランドです。イタリアの伝統と品質を是非会場で体感してください。

  • 「Ozzio」慢性的なスペース不足に応え、ライフスタイルを充実させてくれるブランド。数多くの特許の賜物であるスペースセーブ機能に、デザイン性も兼ね備えています。

  • 同時開催される「特選家電フェア」では選別された洗濯機・冷蔵庫・テレビなどの生活家電が特別価格で提供されます。家具と家電を同時に揃えられるチャンスです。

※写真は展示色と異なる場合があります。

イベント参加には入場パスが必要になります。

入場パスを申し込む

開催概要

日時 2017-09-23 00:00:00.0~2017-09-24 00:00:00.0
10:00~19:00 ※最終日のみ18:00まで
場所

東京ドームシティ プリズムホール
〒112-0004
東京都文京区後楽1-3-61 

アクセス 電車でお越しの場合
・JR中央線・総武線各駅停車「水道橋」駅より徒歩約6分
・都営大江戸線「春日駅」より徒歩約9分
・東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」より徒歩約9分
駐車場 有り・400台 ※共通駐車場
配送 都内近郊配送無料
※その他の地域は有料配送にて承りますので、ご相談ください。
組立設置 無料
※クレーン搬入など特殊要因につきましては別途有料にて承ります。(事前下見必須)
お支払方法 現金支払 / クレジットカード / 銀行振込 / 代金引換 / VISAデビットカード / ショッピングローン
お問い合わせ先
電話
  • 03-3835-7777
主催会社から 商品のお預かりは6ヶ月まで無料で対応いたします。

イベント参加には入場パスが必要になります。

入場パスを申し込む

このイベントは終了しました。