残りの項目を入力してお申し込みを完了してください。

残り5項目

このイベントは終了いたしました。

開催中・開催予定のイベントはこちら

本ページの掲載内容はイベント開催当時のものであり、金額・商品内容等は現時点と異なる場合がございます。

株式会社村内ファニチャーアクセス 主催

家具は村内八王子「ビッグフェア~特別割引でご招待~」東京都

「家具は村内八王子」のキャッチフレーズでおなじみの、村内ファニチャーアクセス八王子本店でビッグフェアが開催されます。新館OKAYと合わせて敷地面積12,000坪、約6,000坪の売り場には、約450台の展示台数を誇るベッドフロアをはじめとし、国内外の一流ブランドを一堂に展示。タブルームにてお申し込みの方には、特別ご優待価格でご提供。その他にもお得な特典が付いてきます。お得に家具選びを楽しめるこの機会にぜひご来店ください。

会期:
2022年6月18日(Sat)~2022年7月18日(Mon)
※毎週水曜日は休業
※会期中6/22(水)・6/29(水)・7/6(水)・7/13(水)
場所:
村内ファニチャーアクセス 八王子本店
東京都八王子市左入町787 
GoogleMapsを開く

【会期】2022年6月18日(Sat)~2022年7月18日(Mon)

申し込み終了

取り扱いカテゴリ

  • ソファ
  • チェア
  • テーブル
  • ダイニングセット
  • デスク
  • ベッド
  • 布団・寝具
  • 収納家具
  • 子供家具
  • 照明器具
  • カーテン ブラインド
  • ラグ・マット カーペット
  • 時計
  • キッチン用品 テーブルウェア
  • ファブリック クッション
  • 生活雑貨
  • インテリア雑貨
  • キッチン

出展ブランド

  • カリモク家具 (カリモクカグ)

    愛知県に本社を置く、国内最大手の総合家具メーカー。実績ある国産家具のトップブランドとして、幅広い年代層から長きに渡り絶大な支持を獲得している。 1940年に木工所・刈谷木材工業として創業し、1962年より国産家具の自社製品生産を開始。「100歳の木を使うなら、その年輪にふさわしい家具をつくりたい」を合言葉とし、木の魅力を最大限に生かした家具作りを徹底。独自の工業規格を作りグループ企業間で統一するなど、「品質至上」を企業理念としている。 住まいのトータルコーディネートを可能にする多様な商品ブランドを展開。国産家具メーカーの雄として、デザインにも品質にも最大限の企業努力を行い続けている。

    続きを読む

  • maruni (マルニ)

    広島県に本社を置くマルニ木工が手がける家具ブランド。マルニ木工の前身「昭和曲木工場」の創業は1928年で、業界では最古参。創業当時より「工芸の工業化」を掲げ、歴史に裏打ちされた高い技術力と、時代時代を飾った数多くの実績を誇る。 近年は、国内外の著名なデザイナーと共に木工技術とデザインがハイレベルに融合した次代の名作家具を次々と発表。中でもプロダクトデザイナー・深澤直人と作り上げた「HIROSHIMA」(ヒロシマ)シリーズは、普遍的な魅力を持った傑作として、世界中から高い評価を受けている。ミラノサローネ国際家具見本市への出展をはじめ海外展開にも積極的で、その影響力は国内にとどまらない。 デザイナーと技術者が向き合い、木の魅力を引き出すデザインと職人による精緻なモノづくりによって、100年後も世界の定番として愛されるような家具を作り続ける。「日本から世界へ発信する家具」を掲げ、着実にその歩みを進めている国内最重要ブランドの1つだ。

    続きを読む

  • MASTERWAL (マスターウォール)

    岡山県に拠点を置く家具メーカー・アカセ木工が2006年に立ち上げたブランド。「100年後のアンティーク家具へ」のコンセプトのもと、世界三大銘木の1つ・ウォールナットの無垢材を使った家具を専門として追及する。 高級材であるウォールナットの中でも、稀少な北米産のブラックウォールナットのみを、さらにアメリカ広葉樹協会が定めた最高ランクのものだけを厳選して使用する。豊富なラインナップを誇るが、そのデザインはいずれも極めてシンプル。まさに100年後も通用する、普遍的な美しさを持ったプロダクトが揃う。比較的若いブランドながら、その知名度は全国区。ウォールナット家具を探すにおいて外すことのできないブランドの1つだ。

    続きを読む

  • CALLIGARIS (カリガリス)

    1923年、イタリア北東部のマンザーノにアントニオ・カルガリスが設立した家具ブランド。家族経営の小さな工房からスタートし、現在は世界90か国、1万以上の店舗で販売されるグローバルなブランドへと成長した。 多数のデザイナーとのコラボレーションによって生み出される製品は800モデルを超え、シンプルなものからコンテンポラリーなものまで、あらゆるニーズに対応する。機能的で都会的な表情を持つアイテムは、日本のミニマムな部屋とも好相性だ。その一方、世界各地に独自の販売ルートを開拓し、ユーザーが納得できる価格の実現を目指しているのも高い支持を得ている理由。世界が認めるイタリアンホームファニチャーとして、確実に名前が挙がる存在だ。

    続きを読む

  • Serta (サータ)

    全米売上上位を誇るアメリカを代表するマットレスブランド。アメリカやカナダに製造拠点を有し、世界100か国以上に販売網を持つ。 始まりは1931年。13社のマットレスメーカーが共同会社を設立し、当時、世界で最も快適なマットレスと称された「タフトレス・インナースプリングマットレス」を開発。その後、社名およびブランド名をSertaに変更し、ベッド業界に革新を起こすさまざまな技術開発を行ってきた。2003年には業界初となる難燃仕様マットレスを開発し、全商品に採用している。 一流ホテルの採用実績が多いことも、品質の高さの証明の1つ。プロも認めた最高品質の寝心地が手に入る。

    続きを読む

  • シーリー (シーリー)

    1881年、テキサス州シーリータウンで設立。綿を詰めたマットレスから始まり、たゆまぬ研究開発によって多く特許を取得、現在では世界60か国以上で愛されるマットレスのトップブランドに成長した。 成功の理由は、業界に先駆けて整形外科医の協力をあおぎ、科学的な視点から眠りを追求したこと。「柔らかなマットレス」が売れ筋だった当時の流行に反して発売した「サポート力の高いマットレス」が大ヒット。1989年に開発した体型・体重を問わず理想的な寝姿勢にサポートする新コイルは、ベッド業界の革命として世界に衝撃を与えた。 現在も、業界最大規模の研究開発費を投じ、常に最先端技術を追求、進化し続けている。日本では株式会社スリープセレクトが販売。

    続きを読む

  • フランスベッド (フランスベッド)

    言わずと知れた日本を代表する老舗ベッドブランド。 ブランド名「フランスベッド」は、元は1959年に開発された分割式ソファベッドの商品名(国のフランスとは無関係)。日本の狭い住宅事情にマッチして大ヒット商品となり、以後も薄型ヘッドボードのベッドフレームや通気性の高いマットレスなど、独自の製品を次々と開発。日本人の体型、生活スタイルをとことん追求した「日本人に合うベッド」を模索し続けている。 帝国ホテルやホテルオークラなど日本を代表するホテルへの導入実績も多く、2000年以降はミラノサローネをはじめとする国際的な家具見本市にも積極的に出展。その影響力は世界へと広がり始めている。

    続きを読む

  • TEMPUR (テンピュール)

    福祉大国デンマーク製の安眠を追求するブランド。 テンピュールが用いる素材の原形は、1970年に宇宙飛行士にかかる負荷の緩和のために開発された。その後、デンマークの工場で一般向けに製品化され、マットレス、ベッド、枕、クッションなど多くのプロダクトに展開。今や世界98の国と地域で販売され、アメリカではベッド・マットレスのトップブランドとして認知されている。宿泊施設でも好評で、日本国内におけるホテル・旅館での導入数は3万5000軒超。世界が認めた極上のくつろぎを提供し続けている。

    続きを読む

  • ligne roset (リーンロゼ)

    1860年に傘とステッキを製作する木工所としてスタートし、現在では6つの工場と世界70か国1500店舗の販売拠点を持つまでとなったフランス有数の家具ブランド。現在、ligne rosetに関わるデザイナーは約90名。トップデザイナーとコラボレーションしたハイクオリティな製品を生み出し続ける、コンテンポラリー家具の代表的存在だ。 同ブランドのアイコンと言えるのが、1973年に発表された「TOGO」。オールウレタン構造という当時としては革命的な製品で、瞬く間に世界中の家具デザインに大きな影響を与え、ligne rosetの名を世に知らしめた。発表から45年以上を経た今も、その最高級の座り心地は変わらぬ支持を得ている。

    続きを読む

  • Pamouna (パモウナ)

    愛知県に本社、岐阜県に工場を構える国産キッチンボードメーカーの雄。商品開発から製造、販売店への出荷までを一貫して手掛ける。 小さな町工場からスタートし、1990年代に現在では標準となっている食器棚の原型を開発。収納性、耐久性、清潔性、メンテナンス性、デザイン性を高める様々なアイデアを業界に先駆けて食器棚に搭載し、今ではキッチンボードの国内トップクラスシェアを誇る。機能性に優れた高い品質を最大の特長としながら、商品のデザインはシンプルでスタイリッシュ、またバリエーションやオプションの選択肢が豊富でインテリアテイストを選ばない。圧倒的な総合力でトップランナーとして業界をけん引する。 壁面収納やテレビボード、さらにはソファ、テーブルも展開。パモウナブランドのファンを中心にその影響範囲を拡大している。

    続きを読む

  • MARUICHI (マルイチセーリング)

    カジュアルソファをメインに展開する、1974年設立の国産ブランド。福井県越前市に本社工場を構え、100%国産のソファにこだわる。常に安定した品質と商品管理を行なうため、海外工場から部品を仕入れて再加工するといったことは一切行わない。 ソファを通じて新しい暮らし方の提案をし続けており、「床に暮らす。」をコンセプトに生み出した低い座面のソファ「SKIP」(近日掲載予定)は、30年以上のロングセラーを誇る同ブランドの代表作。床に近い生活に馴染みを持つ日本人はもとより、海外からも高い評価を受けている。 「人にとって快適な座り心地とはどういうものか」を追求し、大学や様々な専門家とのコラボレーションによる商品開発にも積極的に取り組む。

    続きを読む

  • ストレスレス (ストレスレス)

    北欧最大規模の家具メーカー・ノルウェーのEKORNES(エコーネス)社が手掛けるリクライニングチェアの専門ブランド。 初代「ストレスレスチェア」が発売されたのは1971年。国際特許取得の独自のリクライニングシステムを開発し、体の動きをサポートする初めてのリクライニングチェアとしてたちまち多くの支持を獲得。「究極のリクライニングチェア」として世界中で愛用者を獲得した。現在は50か国以上に展開され、その販売台数は累計1,000万台を突破している。 一人用のチェアだけでなく同じシステムを採用したソファーやダイニングチェアも展開。デザイン、機能、サイズの異なる幅広いラインナップを有する。すべての製品をノルウェーの自社工場で生産し、機能性、快適性、品質を全て兼ね備えた極上の座り心地を提供し続けている。2021年にブランド誕生から50年を迎え、さらに快適な座り心地を目指す。

    続きを読む

  • NAGANO INTERIOR (ナガノインテリア)

    1946年創業の家具メーカー・ナガノインテリア工業が手掛けるオリジナル家具のブランド。福岡県朝倉市に工場・本社ショールームを構え、横浜、大川、仙台にもショールームを展開する。 NAGANO INTERIORの家具作りは、樹齢50年以上の丸太を製材し、約6カ月間、屋外で自然乾燥させるところからスタート。加工、組み立て、塗装はもちろん、ソファや椅子の張地の裁断・縫製まで自社の熟練した技能者が行う、徹底した一貫生産体制を採る。生み出される製品は、木の素材感を生かした温かみのあるものが多い。日常生活にすっと馴染むナチュラルな雰囲気を持った家具が幅広い層から高い評価を得ている。

    続きを読む

  • CondeHouse (カンディハウス)

    1968年創立。日本を代表的する家具産地・北海道旭川にあり、旭川ブランドの中心的存在と言うべき総合家具ブランド。素材、構造、デザインにこだわり、ロングユースの家具作りを行う。 卓越した技術を背景に、実力派デザイナーとタッグを組んで世界に通じるデザインの家具を次々と発表。新しいデザインソースを貪欲に求め、デザインコンペの作品の製品化を積極的に行うなど、作り手としての挑戦を止めない姿勢こそ、同社の特筆すべきところ。作品が世に出るたび、優れたデザインとともに、そのデザインを具現化する技術力の高さに賞賛が集まっている。 海外拠点も展開し、製品は海外でも高評価。日本のグッドプロダクトを世界に送り出す、日本人が誇るべきブランドだ。

    続きを読む

  • ITOKI (イトーキ)

    株式会社イトーキのオリジナルブランド。 1890年に伊藤喜商店として創業、事務機器やオフィス家具の製造を手掛け高いシェアを誇る。1962年から学習机の製造を開始し、当時はちゃぶ台で勉強する家庭が多かった中、日本ではじめて学習机を作ったメーカーと言われている。当初はオフィス家具のノウハウを踏襲したスチール製学習机からスタートし、時代の要請に合わせ現在は天然木を使用したモデルを展開。学習机市場においての販売シェアは国内トップクラスだ。 近年では、「働き方改革」「学び方変革」を支援する商品づくりを強化。働くと学ぶがクロスする現代の家庭空間にフィットする商品開発を進めている。

    続きを読む

  • イバタインテリア (イバタインテリア)

    1943年、岐阜県飛騨市に設立以来、木製家具一筋に歩んできたブランド。 伝統の家具産地・飛騨高山の代名詞である「曲木」を磨き、現在では3次元の曲木も可能に。職人の手仕事と、最新機械の加工技術の融合にも力を入れ、リビング・ダイニングをトータルでコーディネートできるシリーズを複数展開する。 1993年には中国大連市に日中合弁企業を作り、工場を設立。飛騨の本社で企画・設計・試生産した製品を中国大連工場で製造することで、日本国内と同等の品質を保ちながらリーズナブルな価格帯のラインナップも実現している。

    続きを読む

  • INTERLIVAX (インターリバックス)

    創業は1929年、85年以上の歴史を有する家具メーカー・馬場家具が展開するブランド。群馬県高崎市に拠点を置き、特注家具の製造からスタート。応接セット専門メーカーへの転換を経て、現在はソファ専門メーカーとして展開する。 本革、布張りのスタンダードなソファの他、リクライニング機能付きソファやスピーカー内蔵ソファなど特殊な機能を持ったソファも展開するのが特徴だ。「アシストソファ」と呼ぶ、立ち上がりや移動を介助する機能を持った製品も展開。ニーズの拡大するシニア向け商品も積極的に開発している。 完全受注生産。手仕事にこだわりながら長く使えるソファを作り続けている。ベトナム・ハノイにショールームを構えるなど、海外展開にも積極的だ。

    続きを読む

  • WATER WORLD (ウォーターワールド)

    1986年にブランド誕生。オリジナルブランド「ドリームベッド」のほか国内外の有名ベッドブランド製品を手掛けるドリームベッド社が展開するウォーターベッドの専門ブランド。 スプリングの反発力で体を支える一般的なスプリングベッドと異なり、内蔵する水の浮力で体を支えるウォーターベッド。WATER WORLDは、1980年代後半の日本のウォーターベッドブームの火付け役であると同時に、ブームに乗じて増えた低品質の他社製品と一線を画し世界基準の品質を保ち続けた業界の良心的存在だ。 過剰なブームが過ぎ去ったあとも高品質な製品を提供し続けて30数年、現在は全国に約150店舗の取扱店を展開する規模にまで拡大。日本におけるウォーターベッドのリーディングプレイヤーとして市場をけん引している。

    続きを読む

  • Ergohuman (エルゴヒューマン)

    妥協なき座り心地へのこだわりで進化し続けるオフィスチェアの専門ブランド。 ブランド名でもある看板シリーズ「エルゴヒューマンシリーズ」は、腰への負担軽減とオールメッシュにこだわり、発想から 2 年もの歳⽉を費やして考案。デビュー以来、世界各国から称賛を受け、2009 年には上位バージョンの「Ergohuman PRO」も登場した。現在では4 機種をラインナップし、世界 50 か国以上に展開。コストパフォーマンスの高さも相まって、オフィスチェアマーケットでの存在感を日増しに強めている。 2014 年 4 月には待望の東京ショールームがオープン。座れば分かるその快適性を、ぜひ体感してみてほしい。

    続きを読む

  • オカムラ (オカムラ)

    1945年創業、オカムラのファニチャーブランド。「よい品は結局おトクです」をモットーに、高品質なオフィス家具のリーディングカンパニーとして業界をけん引しトップクラスのシェアを誇る。 航空機の技術者によって設立され、1950年代には自動車も開発。生粋のモノづくりメーカーとしてのDNAは家具作りへ継承され、高品質を誇るメイドインジャパンブランドの代表格としてその名を馳せている。日本のオフィス環境の進化はオカムラとともにあったと言っても過言ではなく、グローバルで競争の激しいオフィス家具市場でも日本の働き方にマッチした商品群で存在感を発揮。「やっぱりオカムラ」と日本のオフィスでの最良の選択肢に挙げる声は俄然多い。グッドデザイン賞をはじめとする各種アワードには例年選出作品を輩出。性能だけでなくデザイン面でも「OKAMURA」の名が国内外で評価を高めている。

    続きを読む

  • カール・ハンセン&サン (カール・ハンセン&サン)

    1908年、家具職人のカール・ハンセンによってデンマークのオーデンセに設立された家具メーカー。 1920年代後半からデザイナーとタッグを組んだ商品開発をはじめ、1949年よりスタートしたハンス・J・ウェグナーとのパートナーシップで数々の名作を発表。中でも1950年に発表されたYチェアは、世界で最も愛され続けている椅子と言える不朽の名作。カール・ハンセン&サンの高い技術力が、デザインの具現化と世界中への供給を可能にしている。 Yチェアに限らず、カール・ハンセン&サンの全てのプロダクトは世代を超えて長く使えるデザインと品質を伴う。デンマークだけにとどまらず、北欧を、そして世界を代表するトップファニチャーブランドの1つだ。

    続きを読む

  • KOIZUMI (コイズミ)

    1716年に大阪で創業し、現在は照明器具の大手メーカーをグループ会社にもつ小泉産業株式会社。その家具事業部として2006年に設立されたコイズミファニテック株式会社が企画・開発を手掛ける家具ブランド。 学習机では業界トップクラスのシェアを誇り「学習机のコイズミ」としてのブランドを確立。毎年幅広いラインアップをそろえ、学習机のトップブランドとして機能、質ともに充実した商品を日本中の子ども部屋に届けている。小泉産業のグループ会社であることから照明のノウハウもあり、学習机と一緒に使うデスクライトも評価が高い。コイズミ発の機能やコンセプトも多く、学習机のトップランナーとして業界をけん引している。 学習机メーカーとしてのノウハウを活かした大人向けの書斎家具「WISEシリーズ」で書斎市場へ参入し、さらに高齢者向けの家具や電動ベッドなど生活サポート家具事業を手掛けている。

    続きを読む

  • 小島工芸 (コジマコウゲイ)

    明治19年(1886年)に江戸指物師だった初代が東京・浅草三筋町で創業、1世紀をゆうに超える歴史を持つ老舗家具メーカーのオリジナルブランド。現在は東京都江戸川区に本社を、茨城県取手市に工場を置き、学習机や本棚を中心とした木製家具を製造する。 使用する人、特に子供の健康を最優先し、国内で生産する製品の塗料にはシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを放出しないものだけを採用するなど、使用する材料も厳選。耐震補助具を備えた家具をラインナップするなど、堅実なものづくりに徹底する。歴史あるメーカーとしての誇りを持ったもの作りにより、”メイド・イン・ジャパンの手間や材料に妥協しない職人のこだわりを提供してくれるブランドだ。

    続きを読む

  • 柏木工 (カシワモッコウ)

    1943年設立、一大家具産地・飛騨高山に拠点を置く老舗の家具メーカー・柏木工のオリジナル家具ブランド。飛騨の家具ブランドの中でも名門に数えられる1つだ。 エレガントなものからシンプルモダンなものまで幅広いテイストの製品を揃えるが、いずれも気品の高さを感じさせる。それは、乾燥工程から自社で行うほどの天然木に対するこだわりが生み出しているもの。歴史と自然が生んだ「本当に上質な木の家具」を知ることができる。 多くのシリーズが、チェア、ソファ、テーブル、ボードとトータルコーディネート可能な製品群をライナップ。空間全体でそのクオリティを楽しみたい。

    続きを読む

  • shirakawa (シラカワ)

    1960年から続く、岐阜県高山市の家具メーカー・シラカワが展開するオリジナルブランド。ダイニングやリビング向けの家具をメインに扱い、特にダイニングセットのラインナップは圧巻。バラエティに富み、ロングセラーモデルも多く抱える。 SHIRAKAWAのデザインコンセプトは、「日本のモダン」。西洋に学ぶだけでなく、日本独自の文化のエッセンスを盛り込み、リビングやダイニングに和の感性を運ぶ家具を作る。世界展開にも積極的で、各国の国際家具見本市や展示会にたびたび出展。日本ならではの家具が高い評価を受け、納入実績や輸出取引が生まれている。

    続きを読む

  • TAKANO MOKKOU (タカノ モッコウ)

    福岡県筑後市で1942年に創業した家具メーカー・高野木工によるブランド。自社企画・自社製造のオリジナル家具を展開する。 テレビボードやサイドボード、チェストなどの収納家具が主力製品。サイズラインナップが豊富で、ファミリーからワンルームマンションでのひとり暮らしまで、幅広いニーズに対応する。また、塗料などの材料は人体に優しいものを厳選して使用。これらは、ミニマムな空間での生活やシックハウスを起こしやすい高気密住宅が増えている日本の住環境を考慮しているため。現在日本の合理的なライフスタイルにフィットする家具を、豊富にたまったノウハウを活かして丁寧に作り続けている。

    続きを読む

  • 日進木工 (ニッシンモッコウ)

    一大家具産地・飛騨高山に拠点を置く老舗家具メーカー。1946年の創業以来、「伝統技術を活かしながら現代の生活に合うモダンスタイルの家具を作る」というコンセプトを掲げ、厳選した良材を職人の手で仕上げる丁寧な家具作りを行っている。 1960年代より北欧モダンを軸にしたオリジナルデザインの家具を開発。シンプルながらどこから見ても美しい、日本の住宅に溶け込むデザインの家具が特徴だ。 日進木工の製品はすべて10年間保証される。「家具づくりの全てに責任をもつ」というこだわりのもと、品質の追求には手間と技術を惜しまない。素材の温かみあふれ、永く愛用できる家具が揃っている。

    続きを読む

  • Herman Miller (ハーマンミラー)

    1923年創業のアメリカが誇る世界的家具ブランド。ワールドワイドにファンやコレクターを抱える。 伝統的な家庭用家具の製造からスタートし、1940年代からジョージ・ネルソン、チャールズ&レイ・イームズ、アレキサンダー・ジラード、イサム・ノグチらとミッドセンチュリーモダンの象徴的な名作を次々と発表。家具の歴史を大きく塗り替える偉業を成し遂げ、モダンデザイン家具のリーダーとして世界的にその名を知られる存在となる。 アーロンチェアに代表されるオフィス家具も手掛け、アウトドアのアイテムもラインナップ。常に世界をリードし続け、近年は膨大なアーカイブの中の名作家具の復刻にも積極的。その影響力は時代や地域を超えて高まり続けている。

    続きを読む

  • HUKLA (フクラ)

    ドイツにあるヨーロッパ最大の家具メーカー・フクラ社と、日本のウレタンメーカー・イノアックコーポレーション社の合弁会社として、1973年に誕生。ソファ専門ブランドとしてインテリア先進国のソファを日本に広めた老舗で、現在ではソファ以外も豊富にラインナップするトータルインテリアブランドとして展開している。 国内自社工場での一貫した生産体制を持ち、創立当初からファブリックオーダーシステムを採用。長年使い込んだ家具の張地の張替えに対応する。ドイツと日本の技術の融合に加え、美しいフォルムを探求するデザインに重点をおき、「機能性とデザイン性の両側面を大切にした日本人のライフスタイルに根ざしたモノ作り」を信条とする。

    続きを読む

  • HIDA (ヒダ)

    日本を代表する家具産地・飛騨高山(岐阜県高山市)に拠点を構える老舗家具メーカー。1920年設立と、1世紀近い歴史を持ち、「キツツキマークの木製家具ブランド」として、国内のみならず、世界にもその名が知られている。 伝統的な木工技術と豊富なブナ材資源を持つ地に、旅人によって西洋の曲げ木家具の技術が伝えられたことが設立のきっかけ。その後、数々のロングセラーを生み出し日本の家具文化を牽引、家具生産のリーディングカンパニーへと上り詰める。 「飛騨の匠」の技術を今も脈々と受け継ぎながら、海外デザイナーとのコラボレーションや、昭和の名作家具の復刻にも積極的。常に時代のニーズに合った商品を提供し続けている。

    続きを読む

  • FUJI FURNITURE (フジファニチア)

    1959年、家具産地のひとつ・徳島で操業(輸出100%)を開始。無垢材での表現が困難な曲線曲面のデザイン実現を可能にする成型合板において、熟練の職人技による日本屈指の技術力を誇る。 総合木製家具メーカーとして国内生産にこだわり続ける一方で、北欧モダンスタイルの「Koti」(コティ)シリーズをはじめ、気鋭の若手デザイナー・小林幹也氏デザインの「nagi」シリーズなど、トレンドを逃さず日本人の暮らしに根差したプロダクトを開発。また、厳正な自社基準に基づくさまざまなテストを実施し、技術面・デザイン面の双方において高品質な家具を提供し続ける。

    続きを読む

  • MARUNI60 (マルニ60)

  • 森繁 (モリシゲ)

    1944年、香川県高松市にて創業。香川伝統の漆芸の工房として創業し、塗りの技術を用いた家具作りでその名を轟かせる日本を代表する家具ブランド。 藩政時代から脈々と受け継いだ伝統技法を洋家具に用い、芸術品ともいえる最高級の家具を製造。北海道産の樺材を主材とし、伝統工芸士が手仕事で仕上げる漆塗りの家具は、実に美しい風合い持つ。使えば使うほどに艶を増すその美しさはほかの家具では味わえない。 素材や製法は伝統を守り続ける一方、デザインは時代のライフスタイルに合わせて最良を追及。和の美意識をベースにしながらモダンで気品あふれる製品を生み出している。「MORISHIGE」は日本が世界に誇る家具ブランドと言えるだろう。

    続きを読む

  • MARUSHO (マルショウ)

    福岡県大川市に工場を構える家具メーカー・丸庄が手がけるオリジナル家具のブランド。ウォールナットやオークといった木目の美しい無垢材を使った家具が豊富に揃う。 MARUSHOの家具は、無垢の木が持つ節や入り皮を生かし、木の素材感を前面に出したダイナミックなデザインが特徴的だ。また、木の表面にゆったりとした波形の凸凹を付けるオリジナル加工技術「ウェーブ加工仕上げ」もMARUSHOならでは。滑らかな手触りと、光の当たり方で変化する木目の美しさに魅了される。日々呼吸する本物の木の家具を求めるなら、候補に入れたいブランドの1つだ。

    続きを読む

  • RUF (ルフ)

    ドイツに本社を置くアップホルスターベッドのブランド。アップホルスターベッドは、ヨーロッパで高いシェアを誇るファブリックをフレームに使ったベッドのこと。デザインやカラーの選択肢が広く、ベッドルームをより自分らしく表現できる。 RUFは、1926年からドイツ・ラスタットの工場でマットレスと寝具の生産をスタートし、現在は世界51か国に商品を提供、ドイツ有数のアップホルスターベッドメーカーとして知られる。その高いクオリティから、RUFのベッドは「ドイツの完璧主義が生んだ傑作」と評されることも。国際的なデザイナーとのコラボレーションで生まれたデザインを、熟練の職人が丁寧に形にし世界に送り出している。 日本においては、本国ドイツでデザインされ、技術ライセンスを受けているドリームベッドの工場で生産する。

    続きを読む

  • 浜本工芸
  • Karimoku New Standard(カリモクニュースタンダード)
  • パラマウントベッド
  • 東京ベッド
  • 綾野製作所
  • アンネルベッド
  • WeDO Style
  • 西川
  • エアウィーブ
  • くろがね工作所
  • dream bed
  • ワタリジャパン
  • KARIMOKU CASE STUDY(カリモクケーススタディ)
  • AiR
  • エスエークラフト
  • Valvanne
  • SIMMONS

※掲載のブランドは一部です。予告なく変更する場合があります。

見どころ

  • 1台で組替え可能なフレキシブルなカウチソファ。3人掛けソファ+スツールまたはカウチソファとして使えます。通常価格 220,000円(税込) → 【3点限定】特別特価 96,800円(税込)

  • 引出しに施されたスモークガラスがおしゃれなTVボードです。通常価格 102,300円(税込) → 【3点限定】特別特価 44,000円(税込)

  • 高めの背もたれとロッキング機能付きのダイニングチェア。長く座っていても疲れにくいので、食事後のくつろぎにもおすすめ。2人用の100cm巾のコンパクトサイズです。通常価格 143,000円(税込) → 【3点限定】特別特価 63,800円(税込)

  • 汚れてもお手入れ簡単なハイグロスシートを使用。巾105cmのコンパクトタイプのオープンボードです。通常価格 170,500円(税込) → 特別特価 90,200円(税込)

  • 世界のベッド「シモンズベッド」。シモンズベッド正規のニューコンセプトショップ”シモンズスクエア”として、カタログ掲載モデルすべてを展示しています。寝心地を一挙に体感できます。

  • 全米マットレスブランド「サータ」。数多くの有名ホテルにも導入されています。日本最大級の展示数。サータの寝心地をたっぷりと体感できます。

  • 世界屈指の有名ホテルにも導入されている「シーリー」。長い歴史の中で培ってきた最高級の寝心地を、店頭でじっくりとお試しください。

  • 創業90年以上のイタリアの家具メーカー「カリガリス」。優れた機能とデザインが融合したエクステンションテーブルが代表的。カリガリスギャラリー店舗の村内ファニチャーアクセス八王子本店では、エクステンションテーブルを中心にさまざまなアイテムを体感できます。

  • 「ナガノインテリア」。国産の良質な木材で丁寧に職人が創り上げます。選べるセミオーダーテーブルが好評です。

  • 「冨士ファニチア」。飽きのこないシンプルなデザイン、長く愛用できる実用性。時がたっても変わらない確かな価値観を生み出すブランドです。

  • フランス・リヨン生まれのコンテンポラリーなライフスタイルをトータルにご提案する「リーン・ロゼ」。モダンインテリアをお探しの方、ぜひご覧ください。新館OKAY2階に展示。

  • 信頼の国産メーカー「パモウナ」。首都圏最大級の品揃えで憧れのキッチンが実現します。フェア期間中はシミュレーターを使った食器棚選び相談会を実施。サイズや組み合わせにお悩みの方も気軽に相談できます。

  • 「マスターウォール」。厳選されたウォールナットの素材の美しさを追求し、時代にとらわれないデザインとライフスタイルを実現。世代を越えて使い続けられる、ウォールナット家具の逸品です。好評アイテムなどを数多く展示しています。

  • 暮らしと空間を演出するトータルインテリア柏木工。デザインだけでなく機能性までも考えたものづくりを続けている飛騨高山の家具メーカー。飛騨産業やシラカワなど、飛騨の匠の技が光る逸品を豊富に展示しています。

  • 国産家具の有名メーカー「カリモク家具」。リビング・ダイニングアイテムを豊富に展示。ドマーニシリーズや地域限定オリジナルシリーズ、カリモクニュースタンダードなど、幅広くご覧いただけます。

  • 美しいフォルムと高い品質、細部のディテールにこだわった日本製家具ブランド 日本フクラ。ドイツの職人の実直な作り方と、日本独自の生活様式が融合して生まれた確かな品質で、多くの支持を集めています。

  • 長期使用時の耐久性向上を図った高耐久PUレザー素材を張地として採用。フルフラットリクライニング、取り外し可能なヘッドレスト・ランバーサポートといった基本機能は従来モデルからそのまま引き継いでいます。

※写真は展示色と異なる場合があります。

【会期】2022年6月18日(Sat)~2022年7月18日(Mon)

申し込み終了

イベント特徴

Point 1
【タブルーム申込特典】特別割引価格にてご案内
※本ページからのお申込みの方限定。申込み画面をスタッフにご提示ください。
※展示現品・セール品は対象外。他のご優待・特典との併用はできません。
Point 2
配送の数量制限なし
※配送料金はエリア・曜日により異なります。
Point 3
配送料50%ポイント還元
※配送料金の50%分がメンバーズカードにポイント還元されます。
※配送料金はエリア・曜日により異なります。
Point 4
家具と同時購入で、カーペット代金の10%ポイント還元
※50,000円以上(税込)の家具と同時にカーペットのご成約で適用。
Point 5
不要家具引き取り料50%ポイント還元
※指定エリア限定。ご成約品と同等品に限ります。
Point 6
メンバーズカード1%ポイント還元
※CLUB MURAUCHIメンバーズカードに還元。貯めたポイントは次回以降に利用できます。
Point 7
最低価格保証
※一部ネット販売品・数量限定品・キズモノ品などは除きます。
Point 8
組立・設置無料
※指定エリア限定。※お持ち帰り限定商品の組立などは有料となります。
Point 9
各種クレジットカード利用可
Point 10
最長6ヶ月間保管無料
※展示現品・セール品は1ヶ月程度となります。
Point 11
ご契約後の変更可
※一部オーダー品、衛生品は対象外の場合があります。
Point 12
3年間の品質保証
※詳細は店頭にてご確認ください。

【特記事項】特典の内容は、予告なく変更する場合があります。

【会期】2022年6月18日(Sat)~2022年7月18日(Mon)

申し込み終了

開催概要

日時 2022年6月18日(Sat)~2022年7月18日(Mon)
10:30~18:30
※毎週水曜日は休業 ※会期中6/22(水)・6/29(水)・7/6(水)・7/13(水)
場所

村内ファニチャーアクセス 八王子本店
〒192-8551
東京都八王子市左入町787 

アクセス 電車・バスでお越しの場合
村内ファニチャーアクセス八王子本店専用無料シャトルバスをご利用ください。毎日運行中。
・「JR八王子駅」北口正面に八王子オクトーレがございます。八王子オクトーレ1Fにある郵便局の正面入口前、地下駐車場出口付近でお待ちください。 なお、道路の混雑状況により若干遅れる場合もございますので予めご了承ください。
・路線バス(西東京バス)をご利用の場合は、JR八王子駅北口バス停11番のりばより、左入経由「純心女子学園」行き乗車。「村内ファニチャーアクセス」下車。

お車でお越しの場合
・【中央自動車道】東京方面から「八王子I.C.第2」出口 / 山梨方面から「八王子I.C.」 / 八王子市街方面に約1分
駐車場 有り・800台
配送 指定エリア内は、平日1,100円(税込),、土日祝日2,200円(税込)にてお届けさせていただいております。
※エリアにより、お届けの曜日指定がございます。
組立設置 指定エリア内無料
※お客様組立商品は除きます。
お支払方法 現金支払 / クレジットカード / 銀行振込 / デビットカード(J-Debit) / ショッピングローン(ジャックス) / コンビニエンスストア振込(上限30万円(税込))
運営 株式会社村内ファニチャーアクセス
お問い合わせ先
メール
  • murauchi-hachioji@murauchi.net
電話:042-691-1211※村内ファニチャーアクセス八王子本店代表
主催会社より お申込みいただいた招待状は、お買い物時の特別ご優待券となります。お会計の際にご提示ください。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、できる限りの対策を講じて開催いたします。
主催会社より 毎週水曜日は休業させていただきます。※会期中6/22(水)・29(水)・7/6(水)・13(水)。八王子本店新館 OKAY八王子店でも同時開催いたします。

【会期】2022年6月18日(Sat)~2022年7月18日(Mon)

申し込み終了

お探しのエリアで開催予定のイベント