残りの項目を入力してお申し込みを完了してください。

残り5項目

本ページの掲載内容はイベント開催当時のものであり、金額・商品内容等は現時点と異なる場合がございます。

インテリア壱岐 主催

2018年 お年玉セール大阪府

業者専用ショールームが5日間限定開放。府中の家具をはじめ、旭川や大川など国内有名産地の家具が一同に集結します。こだわりの家具をお探しの方や、既製家具と造作家具で迷っている方などは必見です。

会期:
2018年1月4日(Thu)~2018年1月8日(Mon)
場所:
府中家具卸センター
大阪府富田林市若松町東1-195-2 
GoogleMapsを開く
  • 2018年 お年玉セールのカルーセル画像1
  • 2018年 お年玉セールのカルーセル画像2
  • 2018年 お年玉セールのカルーセル画像3
  • 2018年 お年玉セールのカルーセル画像4
  • 2018年 お年玉セールのカルーセル画像5
  • 2018年 お年玉セールのカルーセル画像6
  • 2018年 お年玉セールのカルーセル画像7
/

申し込み終了

出展ブランド

  • イバタインテリア

    イバタインテリア (イバタインテリア)

    1943年、岐阜県飛騨市に設立以来、木製家具一筋に歩んできたブランド。 伝統の家具産地・飛騨高山の代名詞である「曲木」を磨き、現在では3次元の曲木も可能に。職人の手仕事と、最新機械の加工技術の融合にも力を入れ、リビング・ダイニングをトータルでコーディネートできるシリーズを複数展開する。 1993年には中国大連市に日中合弁企業を作り、工場を設立。飛騨の本社で企画・設計・試生産した製品を中国大連工場で製造することで、日本国内と同等の品質を保ちながらリーズナブルな価格帯のラインナップも実現している。

    続きを読む

  • 起立木工

    起立木工 (キリツモッコウ)

    家具の産地・静岡県において県下最大の規模を誇る老舗家具ブランド。1949年の設立以来、静岡家具をリードしてきた。 木の持つ節や色みの変化を生かした、素材感を引き立たせるデザインの家具を多くラインナップ。現在は、静岡に2つの自社工場と中国に委託工場を持ち、それぞれでハイエンドな家具とリーズナブルな家具を作り分ける。いずれも自社スタッフが厳しい管理を行い、万全のクオリティで生産。機械による木材加工と、昔ながらの手作業をバランスをよく取り入れている。近年では、ユニバーサルデザインの家具にも注力し、高い評価を集めている。

    続きを読む

  • shirakawa

    shirakawa (シラカワ)

    1960年から続く、岐阜県高山市の家具メーカー・シラカワが展開するオリジナルブランド。ダイニングやリビング向けの家具をメインに扱い、特にダイニングセットのラインナップは圧巻。バラエティに富み、ロングセラーモデルも多く抱える。 SHIRAKAWAのデザインコンセプトは、「日本のモダン」。西洋に学ぶだけでなく、日本独自の文化のエッセンスを盛り込み、リビングやダイニングに和の感性を運ぶ家具を作る。世界展開にも積極的で、各国の国際家具見本市や展示会にたびたび出展。日本ならではの家具が高い評価を受け、納入実績や輸出取引が生まれている。

    続きを読む

  • シーリー

    シーリー (シーリー)

    1881年、テキサス州シーリータウンで設立。綿を詰めたマットレスから始まり、たゆまぬ研究開発によって多く特許を取得、現在では世界60か国以上で愛されるマットレスのトップブランドに成長した。 成功の理由は、業界に先駆けて整形外科医の協力をあおぎ、科学的な視点から眠りを追求したこと。「柔らかなマットレス」が売れ筋だった当時の流行に反して発売した「サポート力の高いマットレス」が大ヒット。1989年に開発した体型・体重を問わず理想的な寝姿勢にサポートする新コイルは、ベッド業界の革命として世界に衝撃を与えた。 現在も、業界最大規模の研究開発費を投じ、常に最先端技術を追求、進化し続けている。日本では株式会社スリープセレクトが販売。

    続きを読む

  • NAGANO INTERIOR

    NAGANO INTERIOR (ナガノインテリア)

    1946年創業の家具メーカー・ナガノインテリア工業が手掛けるオリジナル家具のブランド。福岡県朝倉市に工場・本社ショールームを構え、横浜、大川、仙台にもショールームを展開する。 NAGANO INTERIORの家具作りは、樹齢50年以上の丸太を製材し、約6カ月間、屋外で自然乾燥させるところからスタート。加工、組み立て、塗装はもちろん、ソファや椅子の張地の裁断・縫製まで自社の熟練した技能者が行う、徹底した一貫生産体制を採る。生み出される製品は、木の素材感を生かした温かみのあるものが多い。日常生活にすっと馴染むナチュラルな雰囲気を持った家具が幅広い層から高い評価を得ている。

    続きを読む

  • 日本ベッド

    日本ベッド (ニホンベッド)

    1926年創業、国内最古参の老舗ベッドブランド。日本に「ベッドで寝る」というスタイルを持ち込み、国産ベッドメーカーのパイオニアとして日本のベッドの歴史そのものを作り続けてきた。帝国ホテルをはじめとする全国各地の一流ホテルで導入され、迎賓館や宮内庁にも納入実績を持つ。 展開するマットレス製品は、日本人が最も好むと言われる「ポケットコイル式」がメイン。メインアイテムの「シルキーポケットマットレス」にはシングルサイズで1200個のポケットコイルが使われており、この数は一般的なポケットコイルマットレスの倍以上だ。とろけるような「絹の寝心地」を実現している。

    続きを読む

  • 松創

    松創 (マツソウ)

    1961年創業、広島県府中に拠点を置く家具ブランド。日本の伝統技術「指物」の技を活かし、タンスの製造からスタートし高級和家具を生産。以来、その技術をベースとした高級家具の製造を手掛けてきた。 京漆塗の技も極めるなど、和の技術を重んじた妥協なき製品作りが特長。素材には銘木と呼ばれる希少材を用い原木選びの段階から厳選する。すべての工程は自社で一貫管理。芸術作品をつくるように良い素材を集め丁寧につくる。高級家具メーカーとして日本を代表する存在の1つだ。 2014年より、気鋭デザイナーとタッグを組んだ新ブランド「MATSUSO T」を立ち上げストックホルム国際家具見本市で発表する新たな展開も。伝統を重んじながら革新を続けている。

    続きを読む

  • 森繁

    森繁 (モリシゲ)

    1944年、香川県高松市にて創業。香川伝統の漆芸の工房として創業し、塗りの技術を用いた家具作りでその名を轟かせる日本を代表する家具ブランド。 藩政時代から脈々と受け継いだ伝統技法を洋家具に用い、芸術品ともいえる最高級の家具を製造。北海道産の樺材を主材とし、伝統工芸士が手仕事で仕上げる漆塗りの家具は、実に美しい風合い持つ。使えば使うほどに艶を増すその美しさはほかの家具では味わえない。 素材や製法は伝統を守り続ける一方、デザインは時代のライフスタイルに合わせて最良を追及。和の美意識をベースにしながらモダンで気品あふれる製品を生み出している。「MORISHIGE」は日本が世界に誇る家具ブランドと言えるだろう。

    続きを読む

  • 松井木工株式会社

※掲載のブランドは一部です。予告なく変更する場合があります。

見どころ

  • 2018年 お年玉セールの見どころ画像1

    イバタインテリア(飛騨)「SOLO」ウォールナット材をふんだんに使用した木製ソファ。カバーリングの座クッション、背クッションは数十種類の中からチョイス可能です。3本限定特別価格

  • 2018年 お年玉セールの見どころ画像2

    Sealy「ツインベッドセット」LEDライトやコンセント口、天板にはスマートフォンや雑誌を置けるスペースを設けています。マットレスはスプリング上部に硬めのウレタンが使用されています。限定5セット お年玉セール特別価格 ¥160,000(税抜)

  • 2018年 お年玉セールの見どころ画像3

    紀州桐箪笥(近畿)「天丸中衣装総桐」着物などの収納に必要となる総桐箪笥です。期間中契約で主催会社指定の油単がプレゼントされます。定価 ¥980,000(税抜) → ¥490,000(税抜)

  • 2018年 お年玉セールの見どころ画像4

    福岡の家具は福岡県大川市を主とする家具生産の一大拠点で470年の歴史を持ち、家具生産高日本一を誇る木工の街で有名です。主要家具は食器棚、TVボード、ダイニングセットなど。写真はナガノインテリア。

  • 2018年 お年玉セールの見どころ画像5

    四国の家具は従来のウレタン塗装に加え、高級感のあるポリエステル樹脂塗装などその仕上げの美しさに高い評価を得ています。漆などの伝統を受継ぎつつ新しいスタイルを生み出してます。主要家具は鏡台、艶出し家具など。写真は森繁。

  • 2018年 お年玉セールの見どころ画像6

    府中の家具は収納が有名ですが、ベッドやリビング家具も製造しています。総じて素材、技術、仕上げ全てにおいて高品質です。主要家具は収納家具、総桐タンス、特注家具など。写真は松井木工。

※写真は展示色と異なる場合があります。

申し込み終了

ここがおすすめ

Point 1
国内有名産地家具が5日間限定優待価格で販売
Point 2
web申込限定の特設会場
Point 3
来場者に記念品プレゼント
Point 4
専門スタッフによるきめ細かい説明あり

【特記事項】特典の内容は、予告なく変更する場合があります。

申し込み終了

開催概要

日時 2018年1月4日(Thu)~2018年1月8日(Mon)
9:00~18:00
場所

府中家具卸センター
〒584-0023
大阪府富田林市若松町東1-195-2 

アクセス 電車でお越しの場合
・近鉄南大阪線「阿部野橋」駅より河内長野線準急「富田林駅」下車後タクシー
 ※領収書があれば現地でタクシー代をお支払いします。

お車でお越しの場合
・南阪奈道路「羽曳野I.C.」下車、外環状線南下約10分
・西名阪自動車道「藤井寺I.C.」下車、外環状線南下約20分
駐車場 有り・15台
配送 有料
組立設置 無料
※吊り上げ搬入は別途料金が発生します。
お支払方法 現金支払 / 銀行振込 / 代金引換
運営 インテリア壱岐
お問い合わせ先
電話
  • 090-1961-5559
メール
  • interior-iki@interior-iki.com
主催会社から 商品のお預かりは6ヶ月間対応いたします。 ※一部除外品あり

※イベントは天候や自然災害、その他の主催者事由により、急遽中止または延期となる場合がございます。その際はイベント運営会社よりご登録のメールアドレス宛にご連絡いたします。

申し込み終了

おすすめのアウトレットセール・フェア

セール・フェア来場の流れ

1セール・フェアに申し込む

気になったイベントにお申し込みください。
お申し込みは無料です。

2入場パスを確認

お申し込みの際に入力いただいたメールアドレスに、入場パスをお送りしますのでご確認ください。

3セール・フェア会場に来場

入場パスを印刷またはスマートフォンに表示し、会場へお越しください。

来場前のチェックポイント

部屋の間取り、配置予定場所の寸法

事前に配置場所を決めて、幅、奥行き、高さを測っておきましょう。当日は部屋の間取りや簡単な図面を持っていくと、より具体的なシミュレーションが可能です。

コンセント、ドア、クローゼットなどの位置

配置に十分なスペースがあっても、コンセントの邪魔になる、ドアやクローゼットを開けない、ということがないようにそれらの位置もチェックしておきましょう。

部屋全体や他の家具の色味やデザイン

家具単体だけでなく部屋全体や他の家具の色味、デザインのバランスが取れるよう、部屋の床や壁の色味、他の家具の色味や素材感などを把握しておきましょう。

搬入方法、搬入経路の広さ

玄関から部屋までの搬入経路の広さを確認しておきましょう。玄関が難しければ、窓からの搬入も可能な場合があります。またマンションならエレベーターの広さも重要です。

セール・フェアに関するFAQ

TABROOM(タブルーム)とは何ですか?
リクルートが運営する国内最大級のインテリア情報のポータルサイトです。家具・インテリアの専門サイトとして特化した情報、機能、サービスを提供しています。
セール・フェアへの申し込みは必要ですか?
必要です。お申し込みいただくことで、様々なTABROOM(タブルーム)申し込み特典が得られます。お申し込み後、入場および特典を受ける際にご提示いただく「入場パス」をお届けします。
入場パスって何?
セール・フェアにご参加いただくためのチケットです。セール・フェア会場でご提示いただくことで、TABROOM(タブルーム)申し込み特典が得られます。お申し込み後、メールでお届けします。
1回の申し込みで複数人入場できますか?
はい、可能です。1つの入場パスで同伴者含め複数の方にご入場いただけます。
申し込み後に来場予定日を変えたい。
来場予定日を変更される際は、運営会社宛にご連絡ください。連絡先は、セール・フェア紹介ページ下部、開催概要の「お問い合わせ先」より確認できます。※お手元の入場パスはそのままご利用になれます。

お探しのエリアで開催予定のイベント