残りの項目を入力してお申し込みを完了してください。

残り5項目

株式会社フジミツカグ 主催

藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4大阪府

大阪・藤光家具ショールームでは「マスターウォール大商談会」を開催。2日間限定で、マスターウォールの家具を国内最低価格保証(※諸条件あり)でご案内。成約特典も盛り沢山。同時開催の「マスターウォールロードショー」では、未発表の新作の販売やワークショップなど、たくさんのイベントがあります。※詳細は藤光家具のHPをご確認ください。その他にも、カリモク、カリガリスなど一流ブランドの家具を数多く展示。専門スタッフが、お客さまの想いやライフスタイル、お部屋の広さなどを伺いながら、理想の住まいづくりをご提案します。実際の住まいをイメージできるショールームで、良質な家具に囲まれた”夢空間”を体感してみませんか?

会期:
2024年8月3日(Sat)~2024年8月4日(Sun)
場所:
藤光家具 ショールーム
大阪府堺市東区日置荘北町2-15-1 
GoogleMapsを開く
  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4のカルーセル画像1
  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4のカルーセル画像2
  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4のカルーセル画像3
  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4のカルーセル画像4
  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4のカルーセル画像5
  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4のカルーセル画像6
  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4のカルーセル画像7
  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4のカルーセル画像8
  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4のカルーセル画像9
  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4のカルーセル画像10
  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4のカルーセル画像11
/

イベント参加はこちらよりお申し込みください。

来場申し込み

取り扱いカテゴリ

  • ソファ
  • チェア
  • テーブル
  • ダイニングセット
  • デスク
  • ベッド
  • 布団・寝具
  • 収納家具
  • 子供家具
  • 照明器具
  • カーテン ブラインド
  • ラグ・マット カーペット
  • 時計
  • ファブリック クッション
  • インテリア雑貨

出展ブランド

  • MASTERWAL

    MASTERWAL (マスターウォール)

    岡山県に拠点を置く家具メーカー・アカセ木工が2006年に立ち上げたブランド。「100年後のアンティーク家具へ」のコンセプトのもと、世界三大銘木の1つ・ウォールナットの無垢材を使った家具を専門として追及する。 高級材であるウォールナットの中でも、稀少な北米産のブラックウォールナットのみを、さらにアメリカ広葉樹協会が定めた最高ランクのものだけを厳選して使用する。豊富なラインナップを誇るが、そのデザインはいずれも極めてシンプル。まさに100年後も通用する、普遍的な美しさを持ったプロダクトが揃う。比較的若いブランドながら、その知名度は全国区。ウォールナット家具を探すにおいて外すことのできないブランドの1つだ。

    続きを読む

  • カリモク家具

    カリモク家具 (カリモクカグ)

    愛知県に本社を置く、国内最大手の総合家具メーカー。実績ある国産家具のトップブランドとして、幅広い年代層から長きに渡り絶大な支持を獲得している。 1940年に木工所・刈谷木材工業として創業し、1962年より国産家具の自社製品生産を開始。「100歳の木を使うなら、その年輪にふさわしい家具をつくりたい」を合言葉とし、木の魅力を最大限に生かした家具作りを徹底。独自の工業規格を作りグループ企業間で統一するなど、「品質至上」を企業理念としている。 住まいのトータルコーディネートを可能にする多様な商品ブランドを展開。国産家具メーカーの雄として、デザインにも品質にも最大限の企業努力を行い続けている。

    続きを読む

  • FUJI FURNITURE

    FUJI FURNITURE (フジファニチア)

    1959年、家具産地のひとつ・徳島で操業(輸出100%)を開始。無垢材での表現が困難な曲線曲面のデザイン実現を可能にする成型合板において、熟練の職人技による日本屈指の技術力を誇る。 総合木製家具メーカーとして国内生産にこだわり続ける一方で、北欧モダンスタイルの「Koti」(コティ)シリーズをはじめ、気鋭の若手デザイナー・小林幹也氏デザインの「nagi」シリーズなど、トレンドを逃さず日本人の暮らしに根差したプロダクトを開発。また、厳正な自社基準に基づくさまざまなテストを実施し、技術面・デザイン面の双方において高品質な家具を提供し続ける。

    続きを読む

  • HIDA

    HIDA (ヒダ)

    日本を代表する家具産地・飛騨高山(岐阜県高山市)に拠点を構える老舗家具メーカー。1920年設立と、1世紀近い歴史を持ち、「キツツキマークの木製家具ブランド」として、国内のみならず、世界にもその名が知られている。 伝統的な木工技術と豊富なブナ材資源を持つ地に、旅人によって西洋の曲げ木家具の技術が伝えられたことが設立のきっかけ。その後、数々のロングセラーを生み出し日本の家具文化を牽引、家具生産のリーディングカンパニーへと上り詰める。 「飛騨の匠」の技術を今も脈々と受け継ぎながら、海外デザイナーとのコラボレーションや、昭和の名作家具の復刻にも積極的。常に時代のニーズに合った商品を提供し続けている。

    続きを読む

  • shirakawa

    shirakawa (シラカワ)

    1960年から続く、岐阜県高山市の家具メーカー・シラカワが展開するオリジナルブランド。ダイニングやリビング向けの家具をメインに扱い、特にダイニングセットのラインナップは圧巻。バラエティに富み、ロングセラーモデルも多く抱える。 SHIRAKAWAのデザインコンセプトは、「日本のモダン」。西洋に学ぶだけでなく、日本独自の文化のエッセンスを盛り込み、リビングやダイニングに和の感性を運ぶ家具を作る。世界展開にも積極的で、各国の国際家具見本市や展示会にたびたび出展。日本ならではの家具が高い評価を受け、納入実績や輸出取引が生まれている。

    続きを読む

  • 日進木工

    日進木工 (ニッシンモッコウ)

    一大家具産地・飛騨高山に拠点を置く老舗家具メーカー。1946年の創業以来、「伝統技術を活かしながら現代の生活に合うモダンスタイルの家具を作る」というコンセプトを掲げ、厳選した良材を職人の手で仕上げる丁寧な家具作りを行っている。 1960年代より北欧モダンを軸にしたオリジナルデザインの家具を開発。シンプルながらどこから見ても美しい、日本の住宅に溶け込むデザインの家具が特徴だ。 日進木工の製品はすべて10年間保証される。「家具づくりの全てに責任をもつ」というこだわりのもと、品質の追求には手間と技術を惜しまない。素材の温かみあふれ、永く愛用できる家具が揃っている。

    続きを読む

  • 起立木工

    起立木工 (キリツモッコウ)

    家具の産地・静岡県において県下最大の規模を誇る老舗家具ブランド。1949年の設立以来、静岡家具をリードしてきた。 木の持つ節や色みの変化を生かした、素材感を引き立たせるデザインの家具を多くラインナップ。現在は、静岡に2つの自社工場と中国に委託工場を持ち、それぞれでハイエンドな家具とリーズナブルな家具を作り分ける。いずれも自社スタッフが厳しい管理を行い、万全のクオリティで生産。機械による木材加工と、昔ながらの手作業をバランスをよく取り入れている。近年では、ユニバーサルデザインの家具にも注力し、高い評価を集めている。

    続きを読む

  • CALLIGARIS

    CALLIGARIS (カリガリス)

    1923年、イタリア北東部のマンザーノにアントニオ・カルガリスが設立した家具ブランド。家族経営の小さな工房からスタートし、現在は世界90か国、1万以上の店舗で販売されるグローバルなブランドへと成長した。 多数のデザイナーとのコラボレーションによって生み出される製品は800モデルを超え、シンプルなものからコンテンポラリーなものまで、あらゆるニーズに対応する。機能的で都会的な表情を持つアイテムは、日本のミニマムな部屋とも好相性だ。その一方、世界各地に独自の販売ルートを開拓し、ユーザーが納得できる価格の実現を目指しているのも高い支持を得ている理由。世界が認めるイタリアンホームファニチャーとして、確実に名前が挙がる存在だ。

    続きを読む

  • HUKLA

    HUKLA (フクラ)

    ドイツにあるヨーロッパ最大の家具メーカー・フクラ社と、日本のウレタンメーカー・イノアックコーポレーション社の合弁会社として、1973年に誕生。ソファ専門ブランドとしてインテリア先進国のソファを日本に広めた老舗で、現在ではソファ以外も豊富にラインナップするトータルインテリアブランドとして展開している。 国内自社工場での一貫した生産体制を持ち、創立当初からファブリックオーダーシステムを採用。長年使い込んだ家具の張地の張替えに対応する。ドイツと日本の技術の融合に加え、美しいフォルムを探求するデザインに重点をおき、「機能性とデザイン性の両側面を大切にした日本人のライフスタイルに根ざしたモノ作り」を信条とする。

    続きを読む

  • カール・ハンセン&サン

    カール・ハンセン&サン (カール・ハンセン&サン)

    1908年、家具職人のカール・ハンセンによってデンマークのオーデンセに設立された家具メーカー。 1920年代後半からデザイナーとタッグを組んだ商品開発をはじめ、1949年よりスタートしたハンス・J・ウェグナーとのパートナーシップで数々の名作を発表。中でも1950年に発表されたYチェアは、世界で最も愛され続けている椅子と言える不朽の名作。カール・ハンセン&サンの高い技術力が、デザインの具現化と世界中への供給を可能にしている。 Yチェアに限らず、カール・ハンセン&サンの全てのプロダクトは世代を超えて長く使えるデザインと品質を伴う。デンマークだけにとどまらず、北欧を、そして世界を代表するトップファニチャーブランドの1つだ。

    続きを読む

  • 平田椅子製作所

    平田椅子製作所 (ヒラタイスセイサクショ)

    椅子の専門メーカー・平田椅子製作所が手掛けるオリジナルブランド。伝統的な家具産地の一つ、佐賀県佐賀市の諸富家具産地に拠点を構え、1963年の創業以来、木製の椅子製造一筋にこだわり続けている。 「かたらいのしたに、いつも。」をブランドスローガンとして掲げ、家族が集う空間にいつも寄り添って、楽しいだんらんのひと時を手伝いたいという想いで製作する。コーディネートしやすい、天然木を使ったシンプルで生活に馴染む佇まいのチェアが好評だ。椅子づくりにおける全行程を自社工場において一貫して行い、製材加工からクッションの張りまで、職人が一つ一つ丁寧に行っている。

    続きを読む

  • Pamouna

    Pamouna (パモウナ)

    愛知県に本社、岐阜県に工場を構える国産キッチンボードメーカーの雄。商品開発から製造、販売店への出荷までを一貫して手掛ける。 小さな町工場からスタートし、1990年代に現在では標準となっている食器棚の原型を開発。収納性、耐久性、清潔性、メンテナンス性、デザイン性を高める様々なアイデアを業界に先駆けて食器棚に搭載し、今ではキッチンボードの国内トップクラスシェアを誇る。機能性に優れた高い品質を最大の特長としながら、商品のデザインはシンプルでスタイリッシュ、またバリエーションやオプションの選択肢が豊富でインテリアテイストを選ばない。圧倒的な総合力でトップランナーとして業界をけん引する。 壁面収納やテレビボード、さらにはソファ、テーブルも展開。パモウナブランドのファンを中心にその影響範囲を拡大している。

    続きを読む

  • NAGANO INTERIOR

    NAGANO INTERIOR (ナガノインテリア)

    1946年創業の家具メーカー・ナガノインテリア工業が手掛けるオリジナル家具のブランド。福岡県朝倉市に工場・本社ショールームを構え、横浜、大川、仙台にもショールームを展開する。 NAGANO INTERIORの家具作りは、樹齢50年以上の丸太を製材し、約6カ月間、屋外で自然乾燥させるところからスタート。加工、組み立て、塗装はもちろん、ソファや椅子の張地の裁断・縫製まで自社の熟練した技能者が行う、徹底した一貫生産体制を採る。生み出される製品は、木の素材感を生かした温かみのあるものが多い。日常生活にすっと馴染むナチュラルな雰囲気を持った家具が幅広い層から高い評価を得ている。

    続きを読む

  • CLASSE

    CLASSE (クラッセ)

    1964年、佐賀県諸富町に誕生した家具メーカー・レグナテックが展開するオリジナル家具ブランド。最上級の暮らしをイメージし、イタリア語で「階級」の意味を持つ「CLASSE」をブランド名に冠している。 一大家具産地・福岡県大川市と筑後川を挟んだ対岸にある佐賀県諸富町もまた、大川とともに発展してきた家具産地であり、レグナテックはその発展の中核を担ってきた存在。トータル家具ブランドとして、今では500点近くをラインナップする。製品のすべては職人による自社工場生産で、木の素材感を活かしたシンプルなデザインの家具が好評だ。

    続きを読む

  • 久和屋

    久和屋 (クワヤ)

    静岡県に本社と工場を構える家具メーカー。無垢材で作るリビングボードやダイニングセットといった箱物家具からシステムキッチンまでをトータルに手掛ける。 健康を損なわず永遠に愛される家具として、古くから家具作りにおける化学物質の削減に取り組んでいるのが最大の特長だ。塗料は食品衛生基準をも満たす化学物質を含まない植物油ベースのものを使用。木材や接着剤も化学物質を極限まで減らしたもののみを使用し、体にやさしい「健康家具」を作るという理念を貫いている。「機能」「デザイン」「サイズ」といった点に加え、体への優しさも家具選びには欠かせないポイント。昨今の健康志向がトレンドになる以前から取り組み続けてきた蓄積は大きい。健康家具メーカーとして格別な信頼と実績を獲得しているのが久和屋の強みだ。

    続きを読む

  • 匠工芸

    匠工芸 (タクミコウゲイ)

    北海道のほぼ中央、上川郡東神楽町にある木製家具の専門ブランド。創業は1979年。弱冠21歳にして木工職人のオリンピック「技能五輪・国際大会家具部門」で銀賞を受賞した桑原義彦が立ち上げた。 ブランド名・社名に冠す「匠」の文字通り、創業時より手仕事による高い木工技術を誇る。旭川にある工芸館に加工の難しい「埋もれ木」を使った家具を納入したことが評判を呼び、その後、庁舎、ホテル、大学、病院、教会など多くの施設の特注家具を製作。また、社内外のデザイナーとともにモダンでデザイン性に富んだオリジナル家具を生み出し続けており、デザイン賞獲得作品も多数輩出している。実力、実績ともに、旭川家具ブランドを代表する存在と言って間違いない。

    続きを読む

  • formax

    formax (フォルマックス)

  • SPIGA+

    SPIGA+ (スピガ)

  • NIPPONAIRE

    NIPPONAIRE (ニッポネア)

    家具産地・福岡県大川市を拠点にする株式会社関家具が展開する、その名の通り「日本」がテーマのオリジナル家具のブランド。日本市場に海外製の量産品が多く出回る中、日本人に日本の職人が作り上げた家具を届けることを目指している。 国産家具ながらコストパフォーマンスの高さが特徴。日本全国の家具産地を結び、各メーカーの得意分野の商品を企画。受注生産ではなくほとんどをレディメイドにすることでメーカーの生産効率を上げ、低コスト化と納期の短縮を実現している。もちろん材料や製造技術はこれまでの国産家具のものを継承。「日本のものづくり」をより多くの消費者に届けるべく、秀逸な仕組みをもって2017年に本格デビューした注目のブランドだ。

    続きを読む

  • CRUSH CRASH PROJECT

    CRUSH CRASH PROJECT (クラッシュクラッシュプロジェクト)

    「Knot antiques (ノットアンティークス)」「Easy Life(イージーライフ)」など、コンセプトやテイストの異なる複数のシリーズを展開しているファニチャープロジェクト。 各シリーズはそれぞれ個性に富むが、優しい質感の木や、使い込むほど風合いを増していくレザーなど、愛着が湧く素材を使用している点は全シリーズ共通だ。「ものではないものを作る」をテーマに、家具を通して現代の感覚に合った落ち着く空間づくりを目指している。 全国にコンセプトショップ「CRASH GATE(クラッシュゲート)」を展開。各シリーズのアイテムが組み合わされた独特で斬新な空間が好評を呼び、各地で店舗数拡大中だ。

    続きを読む

  • Meuble

    Meuble (モーブル)

    家具の一大産地・福岡県大川市に本社を構える株式会社モーブルが展開する自社ブランド。1986創業。壁面収納、リビングボード、リビングテーブルといったリビングファニチャーを専門に展開する。 世界的な広葉樹の産地である北米から計画植林・伐採された木材を仕入れ、製造は一貫して国内の自社工場で行う。突板の加工技術も得意とし、それを使った均整のとれた美しい木目を持った壁面収納を作り上げる。突板は、天然木を薄くスライスし1本の木の美しい木目を多く使える技術。美しい製品を作ることと、環境への配慮を同時に実現している。 製品のデザインは過度な装飾のない木の質感を活かした実用的なものがメイン。生活の中心となるリビングに置く家具にふさわしい、長く使える暮らしの道具がラインナップされている。

    続きを読む

  • ATELIER MOKUBA

    ATELIER MOKUBA (アトリエモクバ)

    一枚板専門のブランド。200種類を超える豊富な樹種を世界中から厳選し、一枚板を使ったテーブルを中心に唯一無二の家具を届ける。 手掛けているのは家具産地・福岡県大川市で多くの家具ブランドを展開する株式会社関家具。世界中の産地から丸太の状態で木を仕入れ、自社工場で加工。最大で長さ12m、奥行1.3mまでの長尺天板の加工が可能だ。全国12か所に専門ギャラリーを展開し、顧客自らに一枚板と出会い選んでもらいながら、それぞれに合わせたオンリーワンな家具を製造する。自社仕入れで自社製造、そして販売まで行う一貫体制が、無駄なコストを排除すると同時に、顧客の信頼感を高めている。 「一枚板の家具と言えば和家具」というクラシックなイメージからも脱却し、モダンなテイストに仕上げた実績も多数。自分たちだけの家具を探すなら、一枚板の家具とATELIER MOKUBAをぜひ選択肢に入れていただきたい。

    続きを読む

  • ligne roset

    ligne roset (リーンロゼ)

    1860年に傘とステッキを製作する木工所としてスタートし、現在では6つの工場と世界70か国700店舗の販売拠点を持つまでとなったフランス有数の家具ブランド。現在、ligne rosetに関わるデザイナーは約70名。トップデザイナーとコラボレーションしたハイクオリティな製品を生み出し続ける、コンテンポラリー家具の代表的存在だ。 同ブランドのアイコンと言えるのが、1973年に発表された「ROSETTogo」。オールウレタン構造という当時としては革命的な製品で、瞬く間に世界中の家具デザインに大きな影響を与え、ligne rosetの名を世に知らしめた。発表から50年経った今も、その最高級の座り心地は変わらぬ支持を得ている。

    続きを読む

  • Serta

    Serta (サータ)

    全米売上上位を誇るアメリカを代表するマットレスブランド。アメリカやカナダに製造拠点を有し、世界100か国以上に販売網を持つ。 始まりは1931年。13社のマットレスメーカーが共同会社を設立し、当時、世界で最も快適なマットレスと称された「タフトレス・インナースプリングマットレス」を開発。その後、社名およびブランド名をSertaに変更し、ベッド業界に革新を起こすさまざまな技術開発を行ってきた。2003年には業界初となる難燃仕様マットレスを開発し、全商品に採用している。 一流ホテルの採用実績が多いことも、品質の高さの証明の1つ。プロも認めた最高品質の寝心地が手に入る。

    続きを読む

  • erpo

    erpo (エルポ)

    1952年創業。ドイツの職人魂を今に受け継ぐソファ専門メーカー。人間工学に基づき、首をサポートするヘッドレストやリクライニングする背もたれ、スライドするシートといった、体形や動きに合わせて変化する機能を搭載。1985年に開発された「レバー操作を必要としないリクライニング機能」は、当時のヨーロッパのインテリア業界に衝撃を与えた。その機能を搭載した製品がロングセラーを続け、現在ではシステムソファのメーカーとしてグローバルに名高い。 機能重視のシステムソファにありがちなデザイン軽視の傾向は、erpoの製品には皆無だ。ドイツブランドらしいクラフトマンシップにより、厳選した素材を使ったモダンデザインなソファに仕上げている。機能、素材、デザインが高次元でバランスされているのがerpoの最大の特徴だ。

    続きを読む

  • S'ACCOMODI

    S'ACCOMODI (サコモディ)

    イタリア語で「お掛けください」「くつろいでいって」といった意味を持つ「S'ACCOMODI」。日本のライフスタイルを熟知するフランスベッド社のプロデュースの元、イタリアの提携工場が素材の手配から生産、出荷に至るまでの全ての工程を一括管理し「100% MADE IN ITALY」にこだわった製品を生み出している。 主力商品であるレザーソファーには、全てイタリア産の原皮をイタリア国内で鞣した皮革を使用。生産拠点を国外に置くイタリアのメーカーも多い中、製造から出荷に至るまですべての工程がイタリアにて完結される。ソファ内部に使う木材も、イタリア環境保護団体と取り決め環境影響の少ないモミの木を使用。徹頭徹尾、イタリアの伝統に敬意と誇りを持った気高い姿勢でモノづくりが行われている。

    続きを読む

  • INTERLIVAX

    INTERLIVAX (インターリバックス)

    創業は1929年、85年以上の歴史を有する家具メーカー・馬場家具が展開するブランド。群馬県高崎市に拠点を置き、特注家具の製造からスタート。応接セット専門メーカーへの転換を経て、現在はソファ専門メーカーとして展開する。 本革、布張りのスタンダードなソファの他、リクライニング機能付きソファやスピーカー内蔵ソファなど特殊な機能を持ったソファも展開するのが特徴だ。「アシストソファ」と呼ぶ、立ち上がりや移動を介助する機能を持った製品も展開。ニーズの拡大するシニア向け商品も積極的に開発している。 完全受注生産。手仕事にこだわりながら長く使えるソファを作り続けている。ベトナム・ハノイにショールームを構えるなど、海外展開にも積極的だ。

    続きを読む

  • TEORI

    TEORI (テオリ)

    竹製家具の専門ブランド。竹の産地である岡山県倉敷市真備町で1994年に設立された。 割れやすく加工がしにくい竹を、3積層のクロス集成材にすることで家具製造に利用。竹の硬さに耐えるためダイヤ製の刃を用いるなどの試行錯誤を繰り返し、竹独特の風合いが楽しめるオリジナルな家具のラインナップを作り上げた。 竹製と聞き安易に純和風をイメージするのは早計だ。シンプルでモダンな現代的デザインと竹の持つ清潔感がマッチし、新しいジャンルというべきプロダクトが生まれている。 竹は、調湿性、抗菌性、殺菌性、脱臭性を持ち、木材に比べて格段に成長が早い。TEORIの家具は、加工技術とデザインが素材のポテンシャルを引き出したモノづくりの好例と言える。竹の先入観にとらわれず、その美しい家具にぜひ触れてみて欲しい。

    続きを読む

  • maruni

    maruni (マルニ)

    広島県に本社を置くマルニ木工が手がける家具ブランド。マルニ木工の前身「昭和曲木工場」の創業は1928年で、業界では最古参。創業当時より「工芸の工業化」を掲げ、歴史に裏打ちされた高い技術力と、時代時代を飾った数多くの実績を誇る。 近年は、国内外の著名なデザイナーと共に木工技術とデザインがハイレベルに融合した次代の名作家具を次々と発表。中でもプロダクトデザイナー・深澤直人と作り上げた「HIROSHIMA」(ヒロシマ)シリーズは、普遍的な魅力を持った傑作として、世界中から高い評価を受けている。ミラノサローネ国際家具見本市への出展をはじめ海外展開にも積極的で、その影響力は国内にとどまらない。 デザイナーと技術者が向き合い、木の魅力を引き出すデザインと職人による精緻なモノづくりによって、100年後も世界の定番として愛されるような家具を作り続ける。「日本から世界へ発信する家具」を掲げ、着実にその歩みを進めている国内最重要ブランドの1つだ。

    続きを読む

  • Ergohuman

    Ergohuman (エルゴヒューマン)

    妥協なき座り心地へのこだわりで進化し続けるオフィスチェアの専門ブランド。 ブランド名でもある看板シリーズ「エルゴヒューマンシリーズ」は、腰への負担軽減とオールメッシュにこだわり、発想から 2 年もの歳⽉を費やして考案。デビュー以来、世界各国から称賛を受け、2009 年には上位バージョンの「Ergohuman PRO」も登場した。現在では4 機種をラインナップし、世界 50 か国以上に展開。コストパフォーマンスの高さも相まって、オフィスチェアマーケットでの存在感を日増しに強めている。 2014 年 4 月には待望の東京ショールームがオープン。座れば分かるその快適性を、ぜひ体感してみてほしい。

    続きを読む

  • フランスベッド

    フランスベッド (フランスベッド)

    言わずと知れた日本を代表する老舗ベッドブランド。 ブランド名「フランスベッド」は、元は1959年に開発された分割式ソファベッドの商品名(国のフランスとは無関係)。日本の狭い住宅事情にマッチして大ヒット商品となり、以後も薄型ヘッドボードのベッドフレームや通気性の高いマットレスなど、独自の製品を次々と開発。日本人の体型、生活スタイルをとことん追求した「日本人に合うベッド」を模索し続けている。 帝国ホテルやホテルオークラなど日本を代表するホテルへの導入実績も多く、2000年以降はミラノサローネをはじめとする国際的な家具見本市にも積極的に出展。その影響力は世界へと広がり始めている。

    続きを読む

  • Slumberland

    Slumberland (スランバーランド)

    イギリスで1919年に創業、100年近い歴史を持つ老舗ベッドブランド。 1920年代からスプリングマットレスの製造を開始し、「ポスチャースプリンギング・ システム」を独自開発。1940年代には「英国王室御用達」の証である「Royal Warrant(ロイヤルワラント)」を授かり、以後英国の伝統を伝える正統ベッドブランドとして世界中にその名が知られている。 一流の機能性、通気性、寝心地、そして気品と格式。プロダクトクオリティはまさにベッドの一級品で、ヨーロッパを中心に世界中の一流ホテルから指名を受ける。Slumberlandのベッドがあれば、一流ホテルの極上の寝心地が手に入ると言えるだろう。

    続きを読む

  • TEMPUR

    TEMPUR (テンピュール)

    福祉大国デンマーク製の安眠を追求するブランド。 テンピュールが用いる素材の原形は、1970年に宇宙飛行士にかかる負荷の緩和のために開発された。その後、デンマークの工場で一般向けに製品化され、マットレス、ベッド、枕、クッションなど多くのプロダクトに展開。今や世界98の国と地域で販売され、アメリカではベッド・マットレスのトップブランドとして認知されている。宿泊施設でも好評で、日本国内におけるホテル・旅館での導入数は3万5000軒超。世界が認めた極上のくつろぎを提供し続けている。

    続きを読む

  • RUF

    RUF (ルフ)

    ドイツに本社を置くアップホルスターベッドのブランド。アップホルスターベッドは、ヨーロッパで高いシェアを誇るファブリックをフレームに使ったベッドのこと。デザインやカラーの選択肢が広く、ベッドルームをより自分らしく表現できる。 RUFは、1926年からドイツ・ラスタットの工場でマットレスと寝具の生産をスタートし、現在は世界51か国に商品を提供、ドイツ有数のアップホルスターベッドメーカーとして知られる。その高いクオリティから、RUFのベッドは「ドイツの完璧主義が生んだ傑作」と評されることも。国際的なデザイナーとのコラボレーションで生まれたデザインを、熟練の職人が丁寧に形にし世界に送り出している。 日本においては、本国ドイツでデザインされ、技術ライセンスを受けているドリームベッドの工場で生産する。

    続きを読む

  • RELAX FORM

    RELAX FORM (リラックスフォーム)

    家具の一大産地・福岡県大川市を拠点とする株式会社関家具が展開するソファブランド。欧米で生まれ日本に入ってきたソファーという家具と、そのソファーを中心とした生活様式。それらを日本人に合致させるべくデザインされているのがRELAX FORMの最大の特徴だ。 日本の家の間取りや日本人の体形に合わせサイジングを調整。一方で、張地はイタリアンモダンからアメリカ西海岸テイスト、西欧的なエレガントなものまで幅広くラインナップし、様々なコンセプトのインテリアに対応する。ファブリックの場合は水洗い可能なフルカバーリング仕様にするなど、使い勝手の良さも日本市場向けにアレンジされている。製造はISO9001認定工場で職人が作り込む体制をとり、品質管理にも余念がない。 コストパフォーマンスの高さも魅力の1つ。日本市場で受け入れられる要素が揃っているソファブランドだ。

    続きを読む

  • ストレスレス

    ストレスレス (ストレスレス)

    北欧最大規模の家具メーカー・ノルウェーのEKORNES(エコーネス)社が手掛けるリクライニングチェアの専門ブランド。 初代「ストレスレスチェア」が発売されたのは1971年。国際特許取得の独自のリクライニングシステムを開発し、体の動きをサポートする初めてのリクライニングチェアとしてたちまち多くの支持を獲得。「究極のリクライニングチェア」として世界中で愛用者を獲得した。現在は50か国以上に展開され、その販売台数は累計1,100万台を突破している。 一人用のチェアだけでなく同じシステムを採用したソファーやダイニングチェアも展開。デザイン、機能、サイズの異なる幅広いラインナップを有する。ほぼすべての製品をノルウェーの自社工場で生産し、機能性、快適性、品質を全て兼ね備えた極上の座り心地を提供し続けている。2021年にブランド誕生から50年を迎え、さらに快適な座り心地を目指す。

    続きを読む

  • ロイヤルファニチャーコレクション
  • domani
  • 浜本工芸
  • 綾野製作所
  • モリタインテリア
  • 松永家具
  • パラマウントベッド
  • アサヒ
  • ワタリジャパン
  • SIMMONS
  • FaBBRica
  • Fjords フィヨルド
  • Tom Dixon
  • LEE BROOM

見どころ

  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4の見どころ画像1

    【店内写真】マスターウォールコーナーでは、ウォールナット材の洗練された家具とトレンドの照明器具をコラボして、シンプルモダンな空間をつくり上げています。藤光家具はマスターウォールのエディションストア(公式ストア)となっており、西日本最大級の売り場と品揃えがあります。

  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4の見どころ画像2

    【店内写真】マスターウォールで好評の「デニッシュソファ」や「レイジーデニッシュソファ」をはじめとするソファは、ロータイプのものが多いため圧迫感がなく、開放感のある部屋にコーディネートしてくれます。

  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4の見どころ画像3

    【店内写真】マスターウォールを代表するデニッシュソファの最新モデル「デニッシュグランデ」。無垢材の風合いがリビングをシックに引き立てます。奥行きのある座クッションは適度な硬さがある一方で、背面にはオールフェザーのハイバッククッションを備え、包み込まれるような座り心地です。

  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4の見どころ画像4

    【店内写真】マスターウォールの記念すべき1stプロダクトであり、ロングセラー商品の「ワイルドウッド」ダイニングテーブル。その深い色合いと木目が美しい上質な無垢材のウォールナットと、アイアンフレームの組合わせが幅広い世代から支持を受けています。

  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4の見どころ画像5

    【店内写真】マスターウォールの中でも洗練された座り心地と手触りの良さを実現する「YUシリーズ」。シャープなデザインの中に丸みのある形状を上手く採用し、優しい佇まいを生み出しています。周りのインテリアを邪魔しないスマートで美しいプロポーションです。

  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4の見どころ画像6

    【店内写真】藤光家具とマスターウォールがコラボして生み出された「アルカナ」ダイニングテーブル。天板は厳選されたウォールナット無垢材を贅沢に使用し、脚部はビーチ無垢材をブラック塗装でスタイリッシュに仕上げています。

  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4の見どころ画像7

    【店内写真】マスターウォールで木材を使用しないモダンスタイルを提案するシリーズ「BELLISSIMA」。代表作の「コンポジットシステムソファ」をはじめ、豊富なバリエーションで空間に応じて自由な組み合わせができるシステムソファはライフスタイルの変化にも柔軟に対応してくれます。

  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4の見どころ画像8

    【店内写真】マスタウォールで好評のシステムデスクを展示。天板と収納のユニットの組み合わせで自由に構成できるデスクで、サイズバリエーションも豊富です。書斎や子ども部屋はもちろん、リビングやベッドサイドに置いても主張しすぎない佇まいです。

  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4の見どころ画像9

    【店内写真】寝室での新たなライフスタイルを提案する、マスターウォール・ロータイプベッド。マスターウォールのベッドフレームにお気に入りのマットレスを合わせるだけでお部屋がワンランク上のモダンな雰囲気に。マットレスは展示総数150台を超えるベッドの中からぴったりの寝心地を体感してください。

  •  藤光家具ショールーム「マスターウォール大商談会」8/3・4の見どころ画像10

    【店内写真】ウォールナット材のランダムな木目が空間にリズムを与えるマスターウォールの「ピッキオシリーズ」。背面から覗く木目の美しさを含め、360度どの視点から見ても美しく見えるように設計されています。落ち着いた心地よさを感じるソファです。

イベント参加はこちらよりお申し込みください。

来場申し込み

ここがおすすめ

Point 1
【タブルーム申込特典】2日間限定特別価格にてご提供
※本ページよりお申し込みのうえご来場ください。
Point 2
【成約特典】「オリジナルコースター2枚」プレゼント
※マスターウォール商品を5万円(税込)以上ご成約の方が対象です。
Point 3
【成約特典】マスターウォール「リノトレイ」プレゼント
※マスターウォールのダイニングテーブルをご成約の方が対象です。※12,100円(税込)の商品です。
Point 4
【成約特典】マスターウォール「クッション」プレゼント
※マスターウォールのソファをご成約の方が対象です。
※6,600~42,900円(税込)の商品です。クッション生地はソファと同ランク以下でのご提供となります。
Point 5
【成約特典】マスターウォール「シマピロー」または「サラピロー」プレゼント
※マスターウォールのベッドフレーム+マットレスをご成約の方が対象です。※14,300円(税込)の商品です。
Point 6
配送無料
※3万円(税込)以上ご成約の方が対象。※指定地域に限ります。
Point 7
専門スタッフによる開梱・組立・設置無料
※一部商品を除きます。
Point 8
キズ防止用フェルト取付サービス
※一部商品を除きます。
Point 9
最長6ヶ月間保管無料
※現品商品は1ヶ月となります。期間延長のご相談が可能です。
Point 10
不要家具引取り対応
※ご成約品と同等品・同点数を有償にてお引取りします。
Point 11
経験豊富なスタッフがマンツーマンでご案内
※カリモクマイスターや電動ベッドアドバイザーなど、専門的な知識が豊富なスタッフです。
Point 12
【同時開催】マスターウォールロードショー

イベント参加はこちらよりお申し込みください。

来場申し込み

開催概要

日時 2024年8月3日(Sat)~2024年8月4日(Sun)
10:00~18:30
場所

藤光家具 ショールーム
〒599-8111
大阪府堺市東区日置荘北町2-15-1 

アクセス 電車・バスでお越しの場合
・南海高野線「初芝駅」から徒歩で約20分
・地下鉄「新金岡駅」前から南海バス 美原金岡線[146]へ乗車、「大饗」バス停にて下車後、徒歩約10分
※事前のご連絡で「初芝駅」まで無料バスでお迎えします。

お車でお越しの場合
・阪和自動車道にて「美原北 I.C.」から約5分
・阪和自動車道にて「美原南 I.C.」から約3分
駐車場 有り・80台
配送 無料
※3万円(税込)以上ご成約の方が対象。
※一部商品、一部地域を除きます。
組立設置 開梱・組立・設置無料
※専門スタッフが対応します。
※一部対象外商品があります。
お支払方法
  • 現金支払 / 銀行振込 / 代金引換 / クレジットカード / デビットカード
  • クレジットカード
    Visa / Mastercard

    備考:※現品商品をお買い上げの際はクレジットカードでのお支払いはご遠慮ください。

  • デビットカード
    ゆうちょ銀行 / 各種銀行
運営 株式会社藤光家具
お問い合わせ先
メール
  • info@fujimitsukagu.jp
電話:072-286-4428(代表)

※イベントは天候や自然災害、その他の主催者事由により、急遽中止または延期となる場合がございます。その際はイベント運営会社よりご登録のメールアドレス宛にご連絡いたします。

イベント参加はこちらよりお申し込みください。

来場申し込み

おすすめのアウトレットセール・フェア

セール・フェア来場の流れ

1セール・フェアに申し込む

気になったイベントにお申し込みください。
お申し込みは無料です。

2入場パスを確認

お申し込みの際に入力いただいたメールアドレスに、入場パスをお送りしますのでご確認ください。

3セール・フェア会場に来場

入場パスを印刷またはスマートフォンに表示し、会場へお越しください。

来場前のチェックポイント

部屋の間取り、配置予定場所の寸法

事前に配置場所を決めて、幅、奥行き、高さを測っておきましょう。当日は部屋の間取りや簡単な図面を持っていくと、より具体的なシミュレーションが可能です。

コンセント、ドア、クローゼットなどの位置

配置に十分なスペースがあっても、コンセントの邪魔になる、ドアやクローゼットを開けない、ということがないようにそれらの位置もチェックしておきましょう。

部屋全体や他の家具の色味やデザイン

家具単体だけでなく部屋全体や他の家具の色味、デザインのバランスが取れるよう、部屋の床や壁の色味、他の家具の色味や素材感などを把握しておきましょう。

搬入方法、搬入経路の広さ

玄関から部屋までの搬入経路の広さを確認しておきましょう。玄関が難しければ、窓からの搬入も可能な場合があります。またマンションならエレベーターの広さも重要です。

セール・フェアに関するFAQ

TABROOM(タブルーム)とは何ですか?
リクルートが運営する国内最大級のインテリア情報のポータルサイトです。家具・インテリアの専門サイトとして特化した情報、機能、サービスを提供しています。
セール・フェアへの申し込みは必要ですか?
必要です。お申し込みいただくことで、様々なTABROOM(タブルーム)申し込み特典が得られます。お申し込み後、入場および特典を受ける際にご提示いただく「入場パス」をお届けします。
入場パスって何?
セール・フェアにご参加いただくためのチケットです。セール・フェア会場でご提示いただくことで、TABROOM(タブルーム)申し込み特典が得られます。お申し込み後、メールでお届けします。
1回の申し込みで複数人入場できますか?
はい、可能です。1つの入場パスで同伴者含め複数の方にご入場いただけます。
申し込み後に来場予定日を変えたい。
来場予定日を変更される際は、運営会社宛にご連絡ください。連絡先は、セール・フェア紹介ページ下部、開催概要の「お問い合わせ先」より確認できます。※お手元の入場パスはそのままご利用になれます。

お探しのエリアで開催予定のイベント