ハーマンミラーストア

販売店

ハーマンミラーストア

【JRをご利用の場合】 JR東京駅 丸の内南口 JR有楽町駅 国際フォーラム口 【地下鉄をご利用の場合】 地下鉄千代田線 二重橋前駅 【お車をご利用の場合】 最寄高速道路出口は、都心環状線「神田橋出口」、「霞ヶ関出口」、「丸の内出口(外回り出口専用)」となります。

  • 2018/07/31

    【モダンデザインシティライド with ハーマンミラー / 2018年8月18日(土)】

    英国のサイクルウェアブランド「ラファ」とのシティライドイベントを今年も開催致します。

    今年のコラボレーションライドでは、大分県立美術館から始まり、香川県立ミュージアム、東京オペラシティ アートギャラリーと巡回する展覧会『イサム・ノグチ – 彫刻から身体・庭へ -』と連動した企画です。

    ラファでは本展と共にイサム・ノグチライドをシリーズで開催して参りました。イサム・ノグチ庭園美術館やモエレ沼公園などを巡る各地域でのライドに続き、8月18日(土)にここ東京でもイサム・ノグチ デザインライド東京を開催致します。世界中に多くの作品を残してきたイサム・ノグチは東京にも多くの作品を残しています。もしかしたら見たことがある庭園や、いつもそこにある作品も、デザインとして日常に溶け込んでいるものまで、サイクリングを通じて芸術がもっと身近な存在となるでしょう。

    ご参加を希望される方は下記よりお申し込み下さい。

    詳細: http://storetokyo.hermanmiller.co.jp/archives/20102

  • 2018/07/21

    【ハーマンミラージャパン 公式インスタグラム】

    ハーマンミラージャパンでは、新製品情報、ハーマンミラーストアの旬なアイテムやイベントをお伝えしていくツールとして、公式インスタグラムを開設しております。

    ハーマンミラーをより身近に感じて頂ける写真や動画を更新していきますので、是非ともフォローをお願い致します。

    https://www.instagram.com/hermanmillerjapan/

  • 2018/07/17

    【イサム・ノグチ "AKARI"特別展示 / 2018年7月14日(土) - 8月末迄】

    ハーマンミラーストアでは7 月14日(土)より、彫刻家イサム・ノグチがデザインを手掛けた照明「AKARI」シリーズを特集した展示を行います。

    同日より東京オペラシティ アートギャラリーで開催される展覧会「イサム・ノグチ – 彫刻から身体・庭へ -」に連動した本展示は、通常は取り扱いの無いシリーズを含めた約20点を一堂に展示。イサム・ノグチの世界観を存分に味わえる空間となっています。

    詳細: http://storetokyo.hermanmiller.co.jp/archives/20044

  • 2018/06/24

    【Herman Miller Elements / 2018年6月23日(土) - 8月10日(金)】

    ハーマンミラーストアでは、同じ理念を持つファミリーブランドを集め、シーン別に豊かな空間を演出し、新たなライフスタイルを提案するイベント「Herman Miller Elements」を開催致します。

    これまでハーマンミラーは多様化するニーズに応えるべく、同じ理念を持つブランドと協業しソリューションの幅を広げてきました。

    今回展示を行うマハラムとデザイン・ウィズイン・リーチの製品は、何れも私たちの生活の質、選択の幅を広げてくれるものばかりです。またデザイン・ウィズイン・リーチの製品は、今回日本で初めて発表となります。
    この2つのファミリーブランドと、ハーマンミラー・コレクションを合わせてコーディネートしたレイアウトを展示致します。

    ラウンジ、リビング、ダイニング、ベッドルーム、スモールオフィスに至るまで様々なニーズ、世代やファミリーに合う空間作りの参考に、是非ご来店下さい。

    詳細: http://storetokyo.hermanmiller.co.jp/archives/19995

  • 2018/05/08

    【Architectural Pottery | アーキテクチュラル・ポテリー】

    ハーマンミラーストアでは、ミッドセンチュリーを代表するプロダクトとして現在でも人気の高いアーキテクチュラル・ポテリーの取り扱いを行っております。

    アーキテクチュラル・ポテリー(Architectural Pottery)は、1950年にカリフォルニアで生まれました。ラ・ガルド・タケットが自身が勤めていたカリフォルニア・スクール・オブ・アートの授業の一環でスタートさせたアーキテクチュラル・ポテリーは、学生が地元の企業と製品を作り、マーケティングから販売するまでのプロセスを目的とした非常に稀な授業として注目されました。
    その後アーキテクチュラル・ポテリー社が設立されると、ピエール・コーニッグやリチャード・ノイトラなどの建築家たちによる実験的建築プログラム「ケース・スタディ・ハウス」にも取り入れられ、多くの美術館の企画展などでも特集が行われました。

    工房の火災をきっかけに一時製造が中止されていましたが、1998年よりVessel USA Inc.が事業を引き継ぎ、生産が再開されました。

    詳細: http://storetokyo.hermanmiller.co.jp/archives/19876