あなたにピッタリの家具・インテリアを

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

一般公開されるクリスマス見本市、バイヤー気分で楽しめる「BATOMA CHRISTMAS」

2015/05/20

batoma_xmas2015_001
過去最多の47社が参加、国内初お披露目も多数

2015年5月27日(水)~30日(土)の4日間、東京原宿のラフォーレミュージアム原宿にて「BATOMA CHRISTMAS」が開催されます。

今年で3回目の開催となる本イベントは日本で唯一の「クリスマス」がテーマの合同展示会です。本来はバイヤー向けのイベントですが、後半2日間は一般にも公開。国内外のクリスマスアイテムやインテリア雑貨、グローサリー(食品)などを展示紹介するほか、販売も行われます。

クリスマスシーズンのNYで見られるホリデーマーケットのような雰囲気の会場には、今年は過去最多となる計47社が出展。展示会初出展となる新商品や、日本初上陸となるブランドなど、初お目見えするアイテムが多数登場します。

毎回好評を博するインスタレーションは、ノスタルジックなネオンの魅力を見つめ直す「ネオンアート」を展開。

バイヤー気分で各ブースを楽しみつつ、一足早いクリスマス気分も満喫ください。

batoma_xmas2015_002

一足先にクリスマス気分を満喫できる会場。クリスマスインテリアやルームコーディネートのヒントがそこかしこに。※画像は昨年の会場の様子

batoma_xmas2015_003

過去開催時の様子。

batoma_xmas2015_004

日本初上陸アイテムを携えて出展する「トゥマールジャパン」。ラグやクッションカバー、ルームシューズなどの羊毛フェルト商材が紹介されます。

batoma_xmas2015_005

インテリアアイテムやキッズウェアを取り扱う「ヴット ショールーム」。2015年クリスマスシーズンのための新商品が初お披露目されます。

batoma_xmas2015_006

ベルギー、スロヴェニア、ポーランドからのオリジナリティ溢れる5つのブランドをデコ・コレクションとしてラインナップする「ヘルモーイ」。日本初披露のアイテムを多数出品。

batoma_xmas2015_007

パリに工房を構える手吹きグラスブランド「La Soufflerie」の美しいコレクション。「エイチ・ピー・デコ」による出展。

batoma_xmas2015_008

「トップ」からは、国産の稀少な茶葉とハーブを配合した贅沢な味わいの「NEWE」の新アイテムを紹介。

batoma_xmas2015_009

「松山油脂」からは、展示会初出展となるウォッシュ&ケアアイテムをラインナップ。

batoma_xmas2015_010

アメリカ・カリフォルニアのティールームで生まれたオーガニックチョコレートブランド「The Tea Room」などを扱う「日本緑茶センター」。日本初上陸のチョコレートドリンクも登場します。

batoma_xmas2015_011

注目のインスタレーションは「ネオンアート」。
BATOMA CHRISTMAS
会期:2015年5月27日(水)~30日(土) 11:00~19:00(最終日は17:00まで)
   ※27日(水)・28日(木)はビジネスのための招待制、一般公開は29日(金)・30日(土)
会場:ラフォーレミュージアム原宿
   東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階
入場料:500円(税込) ※招待状持参で入場料無料
▽出展者 ※順不同
一十八日 / バースデザイン / ユーロトレーディング・ジャパン / グラーストウキョウ / 堀内果実園 / コピパナス / 宏和商工 / ライフグリーン / マルハニチロ / 丸善 / ニューテックシンセイ / ポルコバッチョ / ポトペリー / プリムスフード / 絵本の家 / アイハラ貿易 / ニップインターナショナル / クイントデザイン / デパール / デュマイロジャパン / 洋 / K- プランニング / アレグレス / アッシュ・ペー・フランス ヴットショールーム / パウダーフーズフォレスト / 岩嵜紙器 / コジェット / ヘルモーイ / 松山油脂 / トップ / アッシュ・ペー・フランス フューチャーフレンズ / 日本緑茶センター / アフリカンスクエアー / プレザンス / ドロワー / イニシャルジャパン / アムリタ / マ. マカロン / 山本商店 / W and P / アッシュ・ペー・フランスショールーム / アッシュ・ペー・フランス エイチ・ピー・デコ / ノルコーポレーション / 新栄 / クレディッツ / 阪神トレーディング / トゥマール ジャパン
詳細:http://www.batoma.com/
Writing:Hidemi Kato
Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事