タブルームニュース https://tabroom.jp/contents/ 家具の総合情報サイト Fri, 22 Sep 2017 11:56:50 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=4.1.19 全国から80名超の作り手が集合「銀座・手仕事直売所」が開催 https://tabroom.jp/contents/event/ginza-teshigoto2017/ Fri, 22 Sep 2017 12:56:17 +0000 ginza-teshigoto_01
 
2017年9月27日(水)から10月2日(月)まで、東京銀座の「松屋銀座 8階 イベントスクエア」にて「銀座・手仕事直売所」が開催されます。

全国各地の職人、作家、デザイナー約80組が集まり、それぞれの作品を直接作り手から買うことができる直売イベント。この時期の風物詩として定着した感のある恒例イベントです。陶磁器や漆器、ガラス器、和紙などの伝統工芸からステーショナリーやジュエリーなどのデザインアイテムまで、直売所ならではの賑やかな雰囲気のなかでお買い物を楽しめます。

今回は吹きガラスの石川硝子工藝舎、磁器の飛松陶器など人気の作り手20名が初出店。前回からさらに充実したラインナップとなっています。

期間中は、人気の作り手4組が2日間ずつ入れ替わりながら出店する「二日市」のほか、作り手から直接指導してもらえるワークショップ、料理研究家・土井善晴さんトークショーなどのイベントが予定されています。

ハイレベルな作り手がこれほどの規模で集まるのは百貨店ならでは。会期中何度訪れても新しい発見があるはずです。

ginza-teshigoto_03

画像左:安部太一(二日市 9月27日(水)・28日(木)) 白釉輪花皿
画像右:小林克久 オーバルボックス

ginza-teshigoto_02

画像左:工房イサド 寄木のドライフラワーベース
画像右:工房イサド 装飾
ginza-teshigoto_999
トークショーを行う料理研究家・土井善晴さん。
 
土井善晴
大阪生まれ。
料理研究家・おいしいもの研究所代表。
元早稲田大学非常勤講師(~2016)、東京造形大学講師(2017)。
食の場のプロデューサー(変化する日本の暮らしを考察し提案する)。
家庭料理指導、文化講演活動(「土井善晴のお稽古ごと」・土井善晴「日本文化を感じる講演会シリーズ」など)、その他 様々な食を観点にした講演。
銀座・手仕事直売所
会期:2017年9月27日(水)~10月2日(月) 10:00~20:00(最終日17:00閉場)
会場:松屋銀座 8階イベントスクエア
販売商品:陶器、磁器、鋳物、木工、竹工芸、革製品、日用品・ステーショナリー、和紙製品、ガラス製品、アクセサリー、ジュエリー、日本の古家具、ほうき、帽子ストール、ニット、茶器、多肉植物、炻器、型染め他

▽イベント

二日市
2017年9月27日(水)・28日(木):岡田崇人(陶器)/栃木、JEUJYEI(レースアクセサリー)/東京、nukkua(手織り)/東京 安部太一(陶器)/島根
2017年9月29日(金)・30日(土):すはらゆう子(漆工芸)/石川、襟巻工場 × FUTAKUCHI(結び紐)/石川、丸直製陶所(磁器)/岐阜、MIREI(イラスト)/沖縄
2017年10月1日(日)・2日(月):小泉硝子製作所(ガラス)/東京、AH Paper Accessory(和紙のアクセサリー)/山梨、能登デザイン室(生活道具)/石川、副島健太郎(茶器)/佐賀
 
トークショー
料理研究家 土井善晴さんトークショー「一汁一菜は、豊かな暮らしのはじまり」
日時:2017年9月30日(土) ※予約制の為、定員になり次第受付終了
  
ワークショップ
鈴木稔「フリーカップづくり」
 日時:2017年9月28日(木) ※予約制の為、定員になり次第受付終了
石川硝子工藝舎 石川昌浩「ガラスができるまで 紙芝居」
 日時:2017年9月29日(金)18:00~(20分程度) ※予約制の為、定員になり次第受付終了

▽出店一覧

北海道
エフ・ドライブデザイン(木工)
クラフト蒼(木工)
wood works 旭川(木工)
伊庭善(家具)
森の籠(白樺かご)
佐藤佳成(木工)
クラフト工房 木奏(木工)
 
秋田
yourwear(ニット)
 
岩手
滴生舎(漆器)
 
山形
つたや物産 × コロン(玩具)
鋳心ノ工房(鋳物)
ツルヤ商店(籐製品)
 
福島
YAMMA(会津木綿の洋服)
 
新潟
conte(ステンレス)
 
栃木
竹工房 素竹庵 佐川岳彦(竹工芸)
寺村光輔(陶器)
鈴木稔(陶器)
久保田由貴(陶器)
仁平古家具店(日本の古家具)
 
埼玉
髙橋欣之(木工)
工房イサド(木工)
hokenホーケン(化粧品)
eri,(アクセサリー)
 
東京
ポンピン堂(袋物)
松野屋(荒物雑貨問屋)
Pfütze(ジュエリー)
safuji(革製品)
La+h(帽子・ストール)
AIR ROOM PRODUCTS(シャツ)
MAITO(草木染め)
SyuRo(生活の道具)
VISION GLASS JP(インド製耐熱ガラス食器)
ヤマサキデザインワークス(日用品・文房具)
yumiko iihoshi porcelain(テーブルウエア)
ヨシタ手工業デザイン室(日用品デザイン)
飛松陶器(磁器)
白木屋傳兵衛(江戸箒)
SŌK 鈴木絵里加(うつわ・装身具)
eclectic(アクセサリー)
trois temps(手織り)
 
神奈川
YYossYY(ジュエリー)
OTA MOKKO(寄木細工)
 
千葉
TOKIIRO(多肉植物アレンジメント)
 
長野
大久保ハウス木工舎(木工)
 
岐阜
安土草多(吹きガラス)
林工芸(和紙製品)
瑞々(磁器)
 
石川
大下香仙工房(蒔絵ジュエリー・木版画)
福光屋(酵素パーラー)
 
愛知
PROOF OF GUILD(ジュエリー・生活雑貨)
yoko yano(ガラスアクセサリー)
 
滋賀
大與(和ろうそく)
神保真珠商店(ジュエリー)
 
三重
山口和声(陶器)
南景製陶園(茶器・食器)
 
京都
開化堂(茶筒)
金網つじ(金網製品)
 
兵庫
斉藤幸代(磁器)
tamaki niime(播州織)
 
岡山
おの工房 小野眞佐子(ノッティング織椅子敷)
松本家具研究所(家具・木工品)
石川硝子工藝舎(吹きガラス)
小林克久(木工)
石田直(織物)
須浪亨商店(いぐさかご)
KITAWORKS(家具)
一陽窯 木村肇(炻器)
 
広島
宮島工芸製作所(杓子)
石北有美(型染め)
 
島根
Strings Coffee Roasters(珈琲)
來間屋生姜糖本舗(生姜糖(菓子))
出西窯(陶器・パン)
 
香川
やまくに(いりこ)
 
愛媛
砥部焼 中田窯(磁器)
砥部焼 岡田陶房(磁器)
砥部焼 雲石窯(磁器)
砥部焼 陶房 遊(磁器)
 
長崎
玉銀喜(陶磁器)
鉄工房 小島鉄平(陶器)
 
熊本
高光俊信(ほうき)
 
沖縄
茂生窯(陶器)
照屋窯(陶器)
玩具ロードワークス(張子)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
「セラミックバレー」の祭典! 3年に一度の「国際陶磁器フェスティバル美濃’17」開催 https://tabroom.jp/contents/event/mino-fes-2017/ Fri, 22 Sep 2017 12:50:01 +0000 mino-fes-2017_01
 
2017年9月15日(金)から10月22日(日)まで、岐阜県東濃地域にて「国際陶磁器フェスティバル美濃’17」が開催されています。

国際陶磁器フェスティバル美濃は、「土と炎の国際交流」をテーマにした3年に1度の陶磁器の祭典。メイン会場のセラミックパークMINOでは、世界規模のコンペティション「国際陶磁器展美濃」が開催され、60の国と地域から集まった作品が展示されます。審査を担当したのは著名な美術家、建築家、ミュージアム館長ら。陶芸の枠を超え、焼物の魅力を再発見できる展示となっています。

メイン会場に加え、多治見市・瑞浪市・土岐市の各会場では同地域を焼物の産地「セラミックバレー」として打ち出し、地元の陶磁器産業に密着したイベントを多数展開。それぞれの地域の風土や歴史も含めて美濃焼の魅力を改めて来場者に伝えます。

地域の魅力に根付きながらも、世界に美濃焼を発信する姿勢や、デザイン性を追求した品々は、ほかの焼物産地展と一味違うところ。会期は約1カ月、秋の行楽も兼ねてぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

国際陶磁器フェスティバル美濃’17
会期:2017年9月15日(金)~10月22日(日)
会場:第11回国際陶磁器展美濃(セラミックパークMINO)/岐阜県多治見市東町4-2-5
   岐阜県現代陶芸美術館/岐阜県多治見市東町4-2-5
   多治見市美濃焼ミュージアム/岐阜県多治見市東町1-9−27
   多治見市モザイクタイルミュージアム/岐阜県多治見市笠原町2082−5
   瑞浪市陶磁資料館/岐阜県瑞浪市明世町山野内1-6
   土岐市美濃陶磁歴史館/岐阜県土岐市泉町久尻1263
   可児市荒川豊藏資料館/岐阜県可児市久々利353
入場料:7館共通入場券 大人1500円 / シルバー1300円
    単館入場券 大人800円 / シルバー700円
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
伊「De Padova」の世界観を体感できるショールーム「blanca(ブランカ)」 https://tabroom.jp/contents/shop/de-padova-blanca/ Fri, 22 Sep 2017 12:47:33 +0000 blanca_2F_1

(c)blanca photo by Nacasa & Partners Inc.

兵庫県芦屋市にある「blanca(ブランカ)」。2013年にイタリアの家具ブランド「De Padova(デ・パドヴァ)」を紹介するショールームとしてオープンし、「上質な普段着のように」というコンセプトで運営されています。

2017年3月には「De Padova」の世界観をより一層深く体感できるよう180平米へと拡張しリニューアル。ハイクオリティなDe Padovaのコレクションがこれまで以上のスケールで展示されています。

国内でDe Padovaを体感できる貴重な空間として覚えておきたい重要スポットです。五感に訴えかける洗練されたデザインの数々を、ゆったりとした豊かな空間でお楽しみください。

 
blanca_2F_2
 
blanca_3F_3
 
blanca_3F_6
 
blanca_exterior_1

blanca(ブランカ)
住所:兵庫県芦屋市川西町4-2 VIVO芦屋2-4F
営業時間:10:00~18:00(土・日は11:00~17:00)
定休日:水・祝日

depadova_blanca_009

1階にはブランカがプロデュースしたレストラン「オステリア ヴィヴァーチェ エ デパドヴァ」も。
OSTERIA VIVACE con e DePadova(オステリア ヴィヴァーチェ エ デパドヴァ)
住所:兵庫県芦屋市川西町4-2 VIVO芦屋102
営業時間:12:00~14:00(L.O.) 17:30~22:30(L.O.21:30)
電話番号:0797-26-6264
定休日:火・第1、第3水曜日
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
かつてない規模で開催「ウィンザーチェア -日本人が愛した英国の椅子」展、日本民藝館にて https://tabroom.jp/contents/event/mingeikan_windsor-chair/ Thu, 21 Sep 2017 13:51:24 +0000 mingeikan_Windsor-chair_01
椅子づくりの映像上映や講演会も

2017年9月7日(木)から11月23日(木・祝) まで、東京駒場の「日本民藝館」にて、「ウィンザーチェア -日本人が愛した英国の椅子」が開催されています。

日本民藝館のコレクションをベースに松本民芸生活館や個人蔵のものなど、日本にある優れたウィンザーチェアが一堂に並びます。関連する欧米のさまざまな椅子も合わせ、これまでにない規模で展示。曲木などの技術や長年世界中で愛され続けるその造形美を紹介します。

ウィンザーチェアは、厚い座板に脚や背棒を直接差し込み、木のみで製作されます。木と手仕事が生み出す自然で質朴な美しさと実用品として幅広く使われていることから、柳宗悦や濱田庄司、芹沢銈介、池田三四郎ら民藝運動を代表するメンバーから高い評価を得て、日本において西洋家具の代表として浸透していきました。

会期中、西館では約10分にわたる映像「チルターンヒルズにおける椅子づくり」を上映するほか、講演会も開催されます。

18世紀前半にイギリスで誕生して以来、現在の家具デザインにも大きな影響を与え続けているウィンザーチェア。その魅力を民藝の視点からご覧ください。

ウィンザーチェア -日本人が愛した英国の椅子
会期:2017年9月7日(木)~11月23日(木・祝) 10:00~17:00(入館~16:30)
   ※月曜休館(祝日の場合は開館し翌日休館)
会場:日本民藝館/東京都目黒区駒場4-3-33
入館料:一般 1100円 / 大高生 600円 / 中小生 200円
詳細:http://www.mingeikan.or.jp/events/
 
▽関連企画
記念講演会 松本民芸家具とウインザーチェア
日時:2017年10月28日(土) 18:00~19:30
会場:日本民藝館大展示室
講師:池田素民(松本民芸家具常務取締役)
参加費:300円(別途、要入館料)
定員:100名(要予約)
申し込み先:日本民藝館 03-3467-4527(10:00~17:00)
 
特別講演会 ロマネスクと柳宗悦
日時:2017年11月11日(土) 18:00~19:30
会場:日本民藝館大展示室
講師:金沢百枝(東海大学文学部ヨーロッパ文明学科教授)
参加費:300円(別途、要入館料)
定員:100名(要予約)
申し込み先:日本民藝館 03-3467-4527(10:00~17:00)
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
経年変化が楽しめる竹職人がつくるウォールオーナメント「バンブーグラフィック」 https://tabroom.jp/contents/new-product/bamboo-graphic/ Thu, 21 Sep 2017 13:48:12 +0000 bamboo-graphic_001
 
METROCS(メトロクス)から竹細工のウォールオーナメント「バンブーグラフィック」が発売されています。

バンブーグラフィックは、大分県の若手職人が製作するスクエア型の壁掛けオブジェ。「竹工芸の新たな表現方法」をコンセプトに、伝統的な編み模様をアレンジしてモダンなデザインに仕上げています。

パターンは全5種類で、素材そのものの色を生かした幾何学的なパターンが編み上げられています。フレームは金色塗装の木製で、和モダンやシンプルモダンなど、幅広いインテリアに馴染んでくれるはず。

竹細工は年月が経つにつれて徐々に飴色になっていきます。暮らす人や部屋の変化と共に長年愛着を持って飾っておけるインテリアオブジェとなりそうです。

bamboo-graphic_002

上段左から:ござ目 / ボーダー 2万1600円(税込み)、輪弧 / サークル 2万3760円(税込み)、もろこし / グリッド 2万8080円(税込み)
下段左から:亀甲 / ボックス(太字) 2万7000円(税込み)、波網代 / ハーフ 2万9160円(税込み)

bamboo-graphic_003

金色の木製フレームが竹細工にさりげなく華を添えます。

bamboo-graphic_004

竹細工の経年変化も楽しめます。
バンブーグラフィック
サイズ:W318mm × D22mm × H318mm
素材:竹(本体)、木(フレーム)
価格:ござ目 / ボーダー 2万1600円(税込み)
   輪弧 / サークル 2万3760円(税込み)
   もろこし / グリッド 2万8080円(税込み)
   亀甲 / ボックス(太字) 2万7000円(税込み)
   波網代 / ハーフ 2万9160円(税込み)
取扱店舗:メトロクス
     メトロクスオンラインショップ
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
イッタラ「タイカ」シリーズ10周年、アニバーサリーマグ発売中 https://tabroom.jp/contents/new-product/taika-10th-annivmag/ Wed, 20 Sep 2017 07:08:59 +0000 taika-10th-annivmag_01
 
2017年12月末までの期間限定生産で、フィンランドテーブルウェアブランド・イッタラより「タイカ 10th アニバーサリー マグ」が販売されています。

「タイカ」シリーズは、「フィンランドで最も才能のあるイラストレーター」と言われるKlaus Haapaniemi(クラウス・ハーパニエミ)によってデザインされました。タイカはフィンランド語で「魔法」を意味し、フクロウをモチーフとして描かれる幻想的なパターンが多くのファンを魅了しています。

今回発売される記念マグには、10周年にちなみマグの裏に描かれた10周年を象徴するお花の絵が10個配置されました。また、これまで木の上に留まっていたフクロウが飛び立つ姿が描かれています。

引出しタイプの特製ボックスがつくほか、マグの底には「Taika 10 years」と描かれた特別のバックスタンプも。10周年を盛り上げるスペシャル仕様でタイカファンには見逃せないアイテムとなっています。気になる方はぜひ店頭でチェックしてみてください。

taika-10th-annivmag_02

画像左:アニバーサリーマグ
画像右:特製ボックス
「タイカが人々の想像力を刺激して自分たちの物語をつむぐことを願っています。私は人々に毎日のファンタジーを創造して欲しいのです。」とクラウスは話しています。
タイカ 10th アニバーサリー マグ
販売日:2017年9月8日(金)
容量:0.4リットル
価格:5000円(税抜)
Klaus Haapaniemi(クラウス・ハーパニエミ)
1970年フィンランド生まれ。ロンドンを拠点として活動するイラストレーター。リーバイス、マリメッコ、ドルチェ&ガッバーナなど有名ブランドのプリントデザインや、セルフリッジズデパートのディスプレイデザイン、チャリティー活動のための絵本の挿絵など、活躍の場を広げています。現在その評価は「フィンランドで最も才能溢れるイラストレーター」とまで称されるようになっています。
Photo:Satoshi Nagare
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
憧れのビルトイン食洗機が期間限定の特別価格に! ミーレ・ ジャパン25周年記念モデル販売中 https://tabroom.jp/contents/new-product/miele_25th_g4920sci/ Wed, 20 Sep 2017 07:06:32 +0000 miele_25th_G4920SCi_01
 
ドイツの家電ブランド・Miele(ミーレ)より、「ミーレ・ ジャパン設立25周年記念モデル ビルトイン食器洗い機『G 4920 SCi』」が販売されています。

ミーレは1929年にヨーロッパ初の食洗機を開発し、1992年にミーレ・ジャパンを創立。2017年に25周年を迎えたことを記念したモデルで、現行のラインナップでは29万8000円~65万円(税別)の価格帯で展開している中、25万円(税別)の特別価格にて提供される期間限定のお買い得な製品です。

洗練されたデザインと優れた耐久性、そして高い機能性が日本市場でも高い評価を得ているミーレ。本製品では88年の食洗機開発の英知を結集して洗浄力を追求。最大14人分の食器を一度にきれいに洗うことができるほか、手洗いと比較した際に水道料金がわずか15分の1という水の使用量で洗い上げることが可能で、エコロジー&エコノミーも実現しています。

家事負担を大幅に軽減するスタイリッシュな食洗機をご検討中の方は、ぜひこのお買い求めのチャンスをお見逃しなく。

miele_25th_G4920SCi_02

プログラムの開始時刻を最大24時間前から設定できる予約タイマー付き。こどもが不意にドアを開けないようにするロックも搭載。

miele_25th_G4920SCi_03

レバー調節で高さを3段階にフレキシブルに調節可能な上段バスケットと、最大で直径31cmの大皿も楽々収納できる下段バスケット。洗い上がりと出し入れ安さを追求したミーレの代名詞・カトラリートレイも付き大容量です。

miele_25th_G4920SCi_04

カトラリートレイによりナイフやスプーンも傷つけることなくきれいに洗えます。
ミーレ・ ジャパン設立25周年記念モデル ビルトイン食器洗い機「G 4920 SCi」
発売日:2017年3月1日(水)
価格:25万円(税別)
洗浄容量:14人分(IEC規格) / 12人分(JEMA規格)
電源:単相200V / 50Hz・60Hz共用
定格消費電力:2.0kW、15A専用回路
運転音:46dB(IEC規格に基づく数値)
外形寸法:W598 × D570 × H805~870 ㎜
洗浄プログラム:5種類 ECO / センサーウォッシュ / インテンシブ75°C / ノーマル55°C / ジェントル
プログラムオプション:1種類(ショート)
省エネ性能:3段スプレーアーム交互噴射式/ サーモセーブ®(給湯接続)
乾燥方式:ターボサーミック乾燥
利便性:コンフォートクローズ / 残時間表示 / 24時間予約タイマー
安心・安全機能:水漏れ防止 / チャイルドセーフティー(ドアロック)
製造国:ドイツ
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
ミナ ペルホネンをまとった学習椅子!「キシル2018年学習机コレクション」から登場 https://tabroom.jp/contents/new-product/xyl-2018/ Tue, 19 Sep 2017 11:54:31 +0000 xyl-2018_001
経年変化を楽しむ生地「dop」を採用

学習机の人気ブランド「XYL(キシル)」から、ファッションブランド・minä perhonen(ミナ ペルホネン)のインテリアファブリックを使用した学習机用チェア「2本脚チェアfabric(ファブリック)」が発売されています。

使用されているのは経年変化を楽しめるミナ ペルホネンオリジナルの生地「dop」。2017年の学習机コレクションにもミナ ペルホネンのファブリックを使用したチェアが登場していましたが、発売から間もなく完売となっていたそう。今年の「キシル学習机コレクション2018」では人気の「tambourine」柄を採用し、ヒノキ製の本体とともに使い込む楽しみのあるチェアに仕上がっています。

そのほか、キシル学習机コレクション2018では2018年度限定のデスクセット「Simple(シンプル)」「Cute(キュート)」「Standard(スタンダード)」も登場。「スタンダード」は大容量のオープンラックを備え、増えていく子どもたちの教材の収納に対応します。

木の魅力を伝えるシンプルなデザインで人気のキシルの学習机。勉強の道具であると同時に、その存在自体が良いものを長く使う楽しみを教えてくれます。

xyl-2018_051

左:2本脚デスク「そら」& 2本脚チェアfabric(ファブリック ブルー × イエロー)
右:2018年限定モデル「Standard」

xyl-2018_002

2018年限定モデル「Simple」(左)と「Cute」(右)。
キシル学習机コレクション2018
販売期間:~2018年6月30日(土)
取扱店舗:キシルネットストア
     キシル吉祥寺店
     キシル深川店
     キシル浜松店
     キシル松本店
     童具店 仙台/宮城県仙台市青葉区本町1-14-30
     童具店 南大沢/東京都八王子市下柚木3-6 1F
     童具店 中目黒/東京都目黒区青葉台3-19-8
     童具店 横浜/神奈川県横浜市西区みなとみらい5-3-3 1F B(パシフィックロイヤルコートみなとみらい
アーバンタワー内)
     童具店 名古屋/愛知県名古屋市中区錦1-10-27 1F
     童具店 京都/京都府京都市中京区御池通富小路西入ル松下町135-3
     童具店 大阪/大阪府大阪市北区大淀南1-3-11
     童具店 神戸/兵庫県神戸市中央区下山手通4-13-9
     童具店 広島/広島県広島市西区観音町7-29
     童具店 福岡/福岡県福岡市中央区今泉1-18-25 季離宮 下離宮1F
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
無印良品が厳選した東アジアの道具を販売「My Found MUJI East Asia」 https://tabroom.jp/contents/event/my-found-muji-east-asia/ Tue, 19 Sep 2017 11:50:54 +0000 My Found MUJI East Asia_001
 
2017年8月25日(金)から11月9日(木)まで、全国のFound MUJI展開店舗にて「My Found MUJI East Asia」が開催されています。

韓国、台湾、香港、中国から暮らしのに馴染む生活の道具を集めた企画展。それぞれの商品をピックアップしたのは、各国で働く無印良品の現地スタッフです。

「あなたのFound MUJIを見つけてください」という問いかけに対し、スタッフ全員が取り組みセレクト。産地に赴き、作り手と言葉を交わして選ばれた道具たちが無印良品のフィルターを通して厳選されました。

韓国からは木器(モッキ)、台湾からはほうき、香港の飲茶に欠かせないせいろ、中国の洗濯物を支える竹製物干しなど、何気ない普段着の品々が紹介されます。

無印良品のスタッフが選んだ、身近な道具たち。ぜひ手にとり、あなたの暮らしにも取り入れてみてはいかがでしょうか。

Found MUJI 企画展 「My Found MUJI East Asia」
2017年8月25日(金)~10月26日(木)
会場:無印良品 有楽町
   Found MUJI 青山
 
2017年9月8日(金)~11月9日(木)
会場:無印良品 シエスタハコダテ
   無印良品 マルイ吉祥寺
   無印良品 テラスモール湘南
   無印良品 名古屋名鉄百貨店
   無印良品 イオンモールKYOTO
   無印良品 京都BAL
   無印良品 グランフロント大阪
   無印良品 神戸BAL
   無印良品 広島パルコ
   MUJI キャナルシティ博多
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
静岡県沼津市発の雑貨セレクトショップ「Mission Drip」、外苑前にオープン https://tabroom.jp/contents/shop/mission-drip/ Tue, 19 Sep 2017 11:47:27 +0000 Mission-Drip_01
コンセプトは“this is it”

2017年6月30日(金)、東京外苑前にショップ「Mission Drip(ミッションドリップ)」がオープンしました。

静岡県沼津市でカフェ併設の雑貨店「Mission Bay(ミッションベイ)」、家具やグリーンを中心に取り扱う「Mission Court(ミッションコート)」を展開する株式会社100percentが手掛ける第3号店舗。都内初進出となるショップです。

自社プロダクトブランド「100%(ヒャクパーセント)」と「Perrocaliente(ペロカリエンテ)」を中心にラインアップ。「this is it(これだ!)」をコンセプトに、訪れる方に発見を提供するショップを目指すとのこと。

外苑前にまた一つ増えた注目スポットです。

Mission-Drip_02

「Lamp/Lamp(ランプ/ランプ)」はこれまで消耗品として何気なく使っていた「光源」としての電球が光のオブジェに生まれ変わった照明。価格:7560円(税込)。

Mission-Drip_03

鶴やペンギン、ガチョウ、富士山と、折り紙で作った形がメガネや液晶のクリーナーとしてデザインされた「Peti Peto(プッチペット)」。価格:1728円(税込)。

Mission-Drip_04

冷たく感じるタオル「MINUS DEGREE SPORTS(マイナスディグリースポーツ)」は、暑い季節やスポーツの際にぴったり。価格:3456円(税込)。

Mission-Drip_05

様々な形と色で好きな組み合わせをお楽しみ頂けるデスク用のトレーシリーズ「COLOR OBJECT(カラーオブジェクト)」。シンプルな形で無機質になりがちがデスク回りに彩りを与えてくれます。価格:810円(税込)~。
Mission-Drip_06
Mission Drip
住所:東京都渋谷区神宮前3-36-26
営業時間:11:00~19:00
定休日:火・水曜日
詳細:http://missionista.co.jp
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
天然素材とハンドメイドにこだわったビーズクッション「03AM」、小麦粉袋がモチーフ https://tabroom.jp/contents/new-product/03am/ Tue, 19 Sep 2017 11:43:47 +0000 03am_001
 
スペイン・カタルーニャからやってきたビーズクッションチェア「03AM(スリーエイエム)」が人気を集めています。

デザイナーの父が1913年から続く老舗ベーカリーのパン職人だったことから、リスペクトを込めて開発。「03AM」という名前は、パン職人たちが朝の3時から仕事を始めることに由来しているそうです。

人間工学に基づいたクッションは背骨に自然にフィット。バイオフォーム、マイクロビーズ、リサイクルビーズの3種類を組み合わせ、座る人にも環境にも配慮しています。

また、外側のカバーは100%天然素材にこだわり、加工段階で使用する水は川の水、革なめしはベジタブルタンニンと製造過程まで徹底。縫製も全て手作業で行っています。

サイズはキッズサイズと通常サイズの2種類、カバーもリネン、クラフトペーパーの2種類から選べます。価格は5万5000円(税抜)から。一味ちがったスタイリッシュなビーズクッションをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

03am_004
 
03am_002

大きくひらくチャックが付き。中身を出してカバーのメンテナンスができます。

03am_003

製造過程はすべてハンドメイド。

03am_005

キッズサイズも展開。
03AMのサックチェア
CLASICO (20160260)
 価格:7万4000円(税抜)
 サイズ:1400mm×950mm×850mm
 重量:6kg
 素材:リネン100%
 産地:スペイン製
 
AUTHENTIC (20160261)
 価格:6万8000円(税抜)
 サイズ:1400mm × 950mm × 850mm
 重量:6kg
 素材:セルロース(クラフトペーパー)100%
 産地:スペイン製
 
MILRAYAS (20160263)
 価格:8万4000円(税抜)
 サイズ:1400mm × 950mm × 850mm
 重量:6kg
 素材:リネン 100%
 産地:スペイン製
 
TRAMA (20160264)
 価格:8万4000円(税抜)
 サイズ:1400mm × 950mm × 850mm
 重量:6kg
 素材:リネン100%
 産地:スペイン製
 
CLASICO Kids (20160265)
 価格:6万円(税抜)
 サイズ:900mm × 650mm × 550mm
 重量:3kg
 素材:リネン 100% スペイン製
 
AUTHENTIC Kids (20160266)
 価格:5万5000円(税抜)
 サイズ:900mm × 650mm × 550mm
 重量:3kg
 素材:セルロース(クラフトペーパー)100%
 産地:スペイン製
 
問い合わせ:株式会社STITCH JAPAN 03-5768-2233
      Mid-Century MODERN 03-6451-4531
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
商品化まで2年、渾身のキルトブランケットソファ 「JFK SOFA」誕生 https://tabroom.jp/contents/new-product/jfk-sofa_utility-canvas/ Fri, 15 Sep 2017 13:30:09 +0000 JFK-SOFA_UTILITY-canvas_01
世界初キルトブランケットをソファカバーに使用

journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)の定番ソファJFK SOFA」に、2017年新作カバーが登場します。

今回のカバーは、ニューヨークと東京中目黒に店舗を構えるキャンバス一筋の老舗ブランド「UTILITY canvas」とのコラボレーションによって誕生しました。

「UTILITY canvas」の定番ファブリックであるキルトブランケットを、大胆にソファーカバーに仕立てたのは世界初。柔らかく丈夫なキルトブランケットは、洗うとさらに柔らかくなり、使うほどに馴染むのが特長です。

オリジナルカラーのオリーブグリーンの色合いも絶妙で、商品化まで2年の歳月を費やしたこだわりのアイテムです。カバーリングを変えることで表情が一変する「JFK SOFA」の新たな表情をお楽しみください。

JFK-SOFA_UTILITY-canvas_02

「JFK SOFA × UTILITY canvas」。

JFK-SOFA_UTILITY-canvas_03

「JFK OTTOMAN × UTILITY canvas」。
JFK SOFA・OTTOMAN × UTILITY canvas
販売店舗:全国のjournal standard Furniture
 
「JFK SOFA × UTILITY canvas」
サイズ:W1700 × D930 × H760 × SH400㎜
価格:25万円(税別) 「BODY ASH」11万円(税別)、「COVER COTTON」14万円(税別)
 
「JFK OTTOMAN × UTILITY canvas」
サイズ:W700 × D550 × H390㎜
価格:7万5000円(税別) 「BODY ASH」3万5000円(税別)、「COVER COTTON」4万円(税別)
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
昭和のデザインから最新技術まで「家電のある生活展」展、家電約20点を当時の生活シーンとともに展示 https://tabroom.jp/contents/event/kadennoaru-seikatsuten/ Fri, 15 Sep 2017 13:24:54 +0000 kadennoaru-seikatsuten_01
 
2017年9月18日(月・祝)から10月15日(日) まで、東京三軒茶屋の「生活工房」にて、「家電のある生活展 ― 暮らしのデザインミュージアム2017」が開催されます。

1950年代の高度経済成長期以降、日常に家電が登場してから60余年が経ちました。本展では、家電の進化とともに大きく変化してきた暮らしを振り返ります。

「三種の神器」と呼ばれた洗濯機・冷蔵庫・白黒テレビや炊飯器など、1950~70年代 / 80~90年代 / 2000年代以降の3つに区分し、各時代を代表する製品約20点を当時の生活シーンとともに展示します。

子どもたちが未来のまちや家電を描くワークショップ「あったらいいな!の未来をデザインしよう!」の作品展示をするほか、関連プログラムとして電気自動車が変える未来や炊飯器の進化についてのトークイベントも開催。

懐かしさと新たな驚きのある、世代を超えて楽しめる展示です。常に時代の先端にあった製品デザインを通して、暮らしや価値観の変化を感じ取ってみてください。

家電のある生活展 ― 暮らしのデザインミュージアム2017
会期:2017年9月18日(月・祝)~10月15日(日) 11:00~19:00
   ※月曜休(9月18日、10月9日の祝日は除く)
会場:生活工房ギャラリー ワークショップルーム/東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3・4階
入場料:無料(関連イベントは有料)
詳細:http://www.setagaya-ldc.net/program/382/
 
▽関連プログラム
トークイベント「電気自動車はライフスタイルをどう変えていくのか?」
日時:2017年9月23日(土) 14:30~16:00
会場:生活工房ワークショップルームA
ゲスト:舘内端(自動車評論家/日本EVクラブ代表)
進行:武正秀治(プロダクトデザイナー/多摩美術大学教授)
参加費:500円
定員:申込先着40名
 
トークイベント「ご飯をめぐる“美味しい”のデザイン~最新炊飯器にみる家電の進化」
日時:2017年9月30日(土) 14:30~16:00
会場:生活工房ワークショップルームA
講師:和泉修壮(タイガー魔法瓶株式会社 ソリューショングループ みらい研究所)
   渡辺正弘(タイガー魔法瓶株式会社 ソリューショングループ デザインチーム)
進行:武正秀治(プロダクトデザイナー/多摩美術大学教授)
参加費:500円
定員:申込先着40名
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
在庫僅少!? 限定カラー「アクアグリーン」のアカプルコチェア https://tabroom.jp/contents/new-product/acapulco-aquagreen/ Fri, 15 Sep 2017 13:22:11 +0000 acapulco-aquagreen_01
 
METROCS(メトロクス)より、「アカプルコシリーズ メトロクス限定/アクアグリーン」が販売されています。

アカプルコシリーズは、1960年代からメキシコで愛用されてきたガーデンチェアをメトロクスが日本向けにリデザインしたもの。アイアンフレームにPVC(ポリ塩化ビニル)コードを巻き付けたシンプルな構造で、メキシコでひとつひとつ職人の手により製作されています。

定番カラーのほか、折に触れて限定カラーもリリース。今年2017年は「サンドカーキ」が発売されました。

「アクアグリーン」はメトロクスの店舗とオンラインショップでのみ取り扱われている限定カラー。ビビッドなコールドカラーはリゾート風の白いインテリアにぴったりです。20台限定という希少性が高いアイテムでロッキングチェアタイプはすでにソールドアウト。3本脚タイプも残りわすかですので、気になる方はお見逃しなく。

acapulco-aquagreen_02

アカプルコシリーズメトロクス限定/アクアグリーン
展開:メトロクス東京
   メトロクス札幌
   メトロクスオンラインショップ(https://metrocs.jp)
アイテム:
 アカプルコチェア
  サイズ:W630mm × D890mm × H965mm(SH380mm)
  素材:本体スチールロッド(メラミン焼付塗装)、背座PVC(ポリ塩化ビニル)、脚先端にゴムキャップ付き
  価格:4万8600円(税込み)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
作品約190点が集う「北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展」、展覧会公式グッズも https://tabroom.jp/contents/event/toall-lovenordic-lisalarson/ Thu, 14 Sep 2017 12:47:39 +0000 toall-lovenordic-lisalarson_0019
「ネコのミア(大きな動物園シリーズ)」1990年(オリジナルは1966年) (c)Lisa Larson/Alvaro Campo
展覧会公式グッズは約50種

2017年9月13日(水)から9月25日(月)まで、東京銀座松屋銀座 8階イベントスクエアにて「北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展」が開催されています。

2016年にスウェーデンのヨーテボリで開催された「リサ・ラーソンの作陶60年」展の出品作品をベースにした企画展。活動初期から近年までの代表作約130点のほか、リサ自身が所蔵する一点物や夫で画家のグンナル・ラーソンの作品約60点を加え、計約190点が展示されます。

Lisa Larson(リサ・ラーソン)のキャリアがスタートしたのは23歳のとき。デザインコンペでグスタフスベリ社のアート部門責任者だったStig Lindberg(スティーグ・リンドベリ)に見出され、同社のデザイナーとして活動を開始しました。グスタフスベリ社に在籍した26年間に約320種の作品を制作し、スウェーデンを代表する人気作家に。フリーデザイナーに転身後は海外での活動にも積極的に取り組み、日本でも窯元とのコラボ作品を制作しています。

会場は「第1章 回顧展パート」「第2章 コンテンポラリーパート」の2部構成。第1章は、2016年にスウェーデンのロェースカ美術工芸博物館で開催された「リサ・ラーソンの作陶60年」展の出品作品を中心にテーマ別に展示。第2章ではリサのユニークピースのほか、夫・グンナルの陶芸・絵画作品が紹介されてます。第2章のキュレーションは長男のマティアス・ラーソンが手がけ、リサ&グンナル夫婦によるコラボレーションコーナーも用意されているそう。

同展の販売コーナーでは、先行販売陶器&限定販売陶器の他、大人気の定番商品から新作アイテム約200種や展覧会公式グッズ約50種などお買い物の楽しみも盛りだくさん。

創作家としてのリサ・ラーソンの奥深さを感じられる同展。会期は9月25日(月)までの13日間。お見逃しなくお出かけください。

toall-lovenordic-lisalarson_0002

「おばけネズミ(見世物小屋シリーズ)」1966年

toall-lovenordic-lisalarson_0003

「カバ(大きな動物園シリーズ)」1958~1967年

toall-lovenordic-lisalarson_0004

画像左:「コーラス」1999年
画像右:「奇術師」2012年

toall-lovenordic-lisalarson_0005

「ネコ」2007年

toall-lovenordic-lisalarson_0006

「ネコ」2017年

toall-lovenordic-lisalarson_0007

「ブルドッグ(大きな動物園シリーズ)」1960~1968年

toall-lovenordic-lisalarson_0008

「ローサ」1970年

toall-lovenordic-lisalarson_0009

「社会討論(大)」1969~1971年

toall-lovenordic-lisalarson_0010

「水玉スパニエル(ケンネルシリーズ)」1972~1983年

toall-lovenordic-lisalarson_0011

「鳥」1970年

toall-lovenordic-lisalarson_0012

先行販売陶器
「マイ」 1万9440円(税込) (c) LISA LARSON (c) Tonkachi

toall-lovenordic-lisalarson_0013

先行販売陶器
「モア ミニ」 1万2960円(税抜)

toall-lovenordic-lisalarson_0014

先行販売陶器
「モア」新色のブラウンストライプ 1万7820円(税抜)

toall-lovenordic-lisalarson_0015

展覧会公式グッズ
「トランプ」1080円(税込)

toall-lovenordic-lisalarson_0016

展覧会公式グッズ
「チョコクランチ」1296円(税込)

toall-lovenordic-lisalarson_0001

先行販売
「キーホルダー」新作「ヨナ・モア」が仲間入り 1296円(税込)

toall-lovenordic-lisalarson_0017

先行販売
豆皿(5枚セット) 3240円(税込)

toall-lovenordic-lisalarson_0018

先行販売
捺染てぬぐい 1404円(税込)
北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展
会期:2017年9月13日(水)~9月25日(月) 10:00~20:00 (入場は閉場の30分前まで。最終日は17時閉場)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
入場料:一般1000円 / 高校生700円 / 中学生500円 / 小学生300円
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
500人の家使いのコップが集まりました「デザインの日常 vol.1 500人のコップ展」 https://tabroom.jp/contents/event/500glasses/ Wed, 13 Sep 2017 12:57:21 +0000 500glasses_01
クリエイター500人が使っているコップを展示

2017年9月13日(水)から10月9日(月)まで、東京銀座の松屋銀座内「デザインギャラリー1953」にて「第738回デザインギャラリー1953企画展 デザインの日常Vol.1 500人のコップ展」が開催されます。

暮らしのデザインについて考察する「デザインの日常」シリーズの第一弾。水を飲むという暮らしの中でも非常にベーシックな動作・行為にフォーカスを当てています。

東京の美術系大学に在学しているデザイン学科の学生、ベテランデザイナー、クリエイターたちが家で実際に使っているコップを集め、会場に展示。デザインをする人が作ったコップではなく、使っているコップを集めるという珍しい切り口となっています。

企画監修を務めたのはアートディレクターの永井一史氏とプロダクトデザイナーの柴田文江氏。2017年9月17日(日)には、両名によるデザインサロントークも開かれます。

第738回デザインギャラリー1953企画展 デザインの日常Vol.1 500人のコップ展
会期:2017年9月13日(水)~10月9日(月)
   ※最終日~17:00
会場:松屋銀座7階デザインギャラリー1954/東京都中央区銀座3-6-1
イベント:
 デザインサロントーク
  日時:2017年9月17日(日) 15:00~16:00
  会場:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
  出演:永井一史、柴田文江
  参加費:無料
  申し込み:不要
  定員:着席可能20名程度
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
モルテーニ国内2店舗目の旗艦店「モルテーニ大阪」は心斎橋・御堂筋に https://tabroom.jp/contents/shop/molteni-osaka/ Wed, 13 Sep 2017 12:55:48 +0000 molteni-osaka_001
モルテーニが理想とする住宅空間

2017年6月、大阪心斎橋に「モルテーニ大阪」がオープンしました。

「Molteni&C(モルテーニ)」は1934年に創業したイタリアのインテリアブランド。システム収納技術をベースにしながら、世界的なデザイナーたちとタッグを組んでハイエンド家具を総合展開。世界的なトレンドを牽引するブランドの一つです。

2015年に国内初のフラッグシップショップが東京青山にオープンしており、大阪店は国内で2店舗目。今回はモルテーニのクリエイティブディレクターでベルギー人建築家のVincent Van Duysen(ヴィンセント・ヴァン・ドゥセイン)率いるモルテーニチームが内装デザインを手がけており、「HOME」をテーマに住宅の佇まいを再現した設えに仕上がっています。

エントランスドアを抜けて店内中央には青山の予約制スペースMolteni&C HOME同様、パティオ(中庭)が配置されています。ヨーロッパの上流住宅の象徴とも言えるパティオを中心に、リビング、ダイニング、キッチン、ラウンジ、クローゼット、ベッドルームと一軒の家をイメージさせる店内となっています。

御堂筋に面したテラスにはモルテーニグループのキッチンブランド「DADA」のキッチンを設置したガーデンキッチンを展開。食を通じたコミュニケーションを楽しむインテリアを提案しています。

モルテーニのシステム収納の中でも人気の高いワードローブも豊富に展示。ここモルテーニ大阪が現在国内で最も充実したラインナップとなっているそう。

高級ブランドが集まる御堂筋に、また一つ世界的なインテリアブランドが軒を連ねました。ハイエンドな空間を体感しにぜひ訪れてみてください。

molteni-osaka_002

ガーデンキッチン

molteni-osaka_003

DADAのキッチンを使用しています。

molteni-osaka_004

ガーデンキッチンの前にはダイニングスペース。右奥はラウンジスペースです。

molteni-osaka_005

空間中央にはパティオを配置。

molteni-osaka_006

ラウンジの奥にはリビングスペースも。

molteni-osaka_007

ラウンジ側から見たリビングスペース。最も人気の高いシステム収納505の最新モデルを展示。センターテーブルは木製トップを使用。

molteni-osaka_008

もうひとつのリビングスペース。ガラスのセンターテーブルでよりクール&モダンな表情に。

molteni-osaka_009

さらに別のリビングスペース。こちらは大理石のセンターテーブル。

molteni-osaka_010

モルテーニで人気のワードローブシステム。思い通りのクローゼットスペースをオーダー可能です。

molteni-osaka_011

ワードローブの奥にはベッドルームのスペース。
モルテーニ大阪
営業時間:11:00~19:00 ※水曜・祝日定休
住所:大阪市中央区南船場4-2-11 4階 (同ビル6階 アルフレックス大阪)
電話:06-6258-8822
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
journal standard Furniture × ideas and PAINTING! すべて1点もののアートピースアイテム https://tabroom.jp/contents/new-product/jsfxideas_and_painting/ Wed, 13 Sep 2017 12:52:48 +0000 JSF×ideas_and_PAINTING_02

RODEZ CHAIR COVER/3万5000円(税抜)
RODEZ CHAIR/3万8000円(税抜)
WALL CLOCK/直径400mm 2万5000円(税抜) / 直径200mm 1万2000円(税抜)

2017年9月8日(金)から29日(金)まで、東京吉祥寺の「etc. JOURNAL STANDARD 吉祥寺店」と渋谷の「journal standard Furniture 渋谷店」にて、ペインティングデザインユニット「ideas and PAINTING(アイディアズ アンド ベインティング)」とのコラボレーションアイテムが販売されています。

journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)のキーカラーであるネイビーやブルーをベースに、ideas and PAINTINGの都会的で洗練されたペインティングが定番ソファ「RODEZ CHAIR」のカバーと「WALL CLOCK」に落とし込まれています。製作はすべて職人の手作業によるもの。各店舗では、オリジナルのタイベックトートバッグにその場でカスタムベイントを施すライブスプラッシュイベントも開催されます。

一つとして同じ柄がない一点もの。プリントでは決して真似できない、ペイントならではの質感が特徴です。お気に入りのペイントを探してみてください。

JSF×ideas_and_PAINTING_04
 
JSF×ideas_and_PAINTING_03

journal standard Furniture × ideas and PAINTING
発売日:2017年9月8日(金)~29日(金)
販売店舗:etc. JOURNAL STANDARD 吉祥寺店
     journal standard Furniture 渋谷店
 
LIVE PAINTING OF CUSTOM BAG
オリジナルのタイベックトートバッグにその場でカスタムベイントを施すライブイベントを開催。ビニールハウスの中で行われるライブ感のあるペイントです。
日時・会場:2017年9月17日(日) 11:00~18:00/etc. JOURNAL STANDARD 吉祥寺店
      2017年9月23日(土・祝) 11:00~18:00/journal standard Furniture 渋谷店
価格:3200円(税抜)
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
真贋保証書付き「エリック・ホグラン展」、東京と京都で開催 https://tabroom.jp/contents/event/erikhoglund-2017/ Wed, 13 Sep 2017 12:43:06 +0000 erikhoglund-2017_01
 
2017年9月から10月にかけ、東京京都の2都市で「エリック・ホグラン展」が開催されます。

主催は原宿にあるヴィンテージ北欧雑貨を扱う「ELEPHANT」。同店では2009年からエリック・ホグラン展の開催を続けており、今年で10回目を迎えます。

本展では、Erik Hoglund(エリック・ホグラン)のキャリア初期である1953年から1973年まで、ガラスメーカーのBODA社で手がけた作品にフォーカスしています。クリスタルガラスや気泡入りのガラス器、カラフルな灰皿、鉄を使用したシャンデリアなど、北欧に脈々と根付く文化を汲み取ったプリミティブな作風のプロダクトが並びます。

また、今回は第10回開催を記念しELEPHANTが長い時間をかけて収集した秘蔵の品も特別に販売されるそう。販売されるすべての作品には、ELEPHANTのホグラン展では恒例の「真贋保証書」が発行されます。

ELEPHANTでの会期は2017年9月16日(土)~24日(日)。その後、京都の「gallery & select shop noma」では2017年9月30日(土)~10月8日(日)まで開催されます。

毎年良質な作品を集められるのは、経験に裏打ちされたELEPAHTNの審美眼あってこそ。関西地方の方もこの機会をお見逃しなく。

erikhoglund-2017_02

エリック・ホグラン展
会期:2017年9月16日(土)~9月24日(日) 12:00~19:00
会場:ELEPHANT
エリック・ホグラン展 in 京都
会期:2017年9月30日(土)~10月8日(日) 12:00~17:30
会場:gallery & select shop noma
イベント:
 トークショー
  日時:2017年9月30日 17:00~18:00
  会場:gallery & select shop noma
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
リチャード ジノリ × 皆川 明!”希望”という名の新コレクション「SPERANZA」の日本販売スタート https://tabroom.jp/contents/new-product/richardginori-speranza/ Tue, 12 Sep 2017 14:12:17 +0000 richardginori-speranza_001

(c)Richard Ginori Asia Pacific Co., Ltd.
Photo:Norio Kidera / Styling:Fumiko Sakuhara

2017年8月より、イタリアの陶磁器メーカー「Richard Ginori(リチャード ジノリ)」から新しいテーブルウェアコレクション「SPERANZA(スペランツァ)シリーズ」が発売されています。

SPERANZAはminä perhonen(ミナ ペルホネン)皆川 明がデザインを担当。2017年4月のミラノ・サローネでお披露目され、日本でもいよいよ発売を迎えました。

SPERANZAはイタリア語で「希望」という意味。本コレクションでは2羽の鳩を配した「SPERANZA」、知恵と平和の花言葉を持つオリーブを描いた「OLIVA(オリーヴァ)」、新芽が生える様子をモチーフにした「GERMOGLIO(ジェルモリオ)」の全3柄がラインナップされています。

器の造形は1745年からリチャード ジノリに受け継がれてきたアイコンシェイプを採用し、そこへ皆川氏が描いたパターンが落とし込まれています。色やその重なり、グラデーション、ドローイングの太さなど細部までこだわり抜いた食器たちは、盛られた食事を美しく引き立ててくれます。

「スペランツァ」シリーズはすでに8月23日(水)から発売されているほか、「ジェルモリオ」は9月13日(水)、「オリーヴァ」は10月11日(水)から全国の主要百貨店にて販売がスタートする予定。

ファンの多いジノリと皆川氏のコラボとあって大変な人気が予想されます。ティーセットから本格的なディッシュまで一通りの食器がラインナップされているので、暮らしに取り入れやすい1枚がきっと見つかるはず。

気になる方はお早めにお近くの売り場までお問い合わせください。

richardginori-speranza_003

SPERANZAシリーズ
(c)Richard Ginori Asia Pacific Co., Ltd.
Photo:Norio Kidera / Styling:Fumiko Sakuhara

richardginori-speranza_004

GERMOGLIOシリーズ
(c)Richard Ginori Asia Pacific Co., Ltd.
Photo:Norio Kidera / Styling:Fumiko Sakuhara

richardginori-speranza_002

OLIVAシリーズ
(c)Richard Ginori Asia Pacific Co., Ltd.
Photo:Norio Kidera / Styling:Fumiko Sakuhara

richardginori-speranza_005

リチャード ジノリの工場でクラフトマンとともにデザインする皆川 明。
リチャード ジノリ「SPERANZA」シリーズ
デザイナー:皆川 明
柄:SPERANZA(スペランツァ):2017年8月23日(水)発売
  OLIVA(オリーヴァ):2017年10月11日(水)発売
  GERMOGLIO(ジェルモーリオ):2017年9月13日(水)発売
アイテム:
 フタ付きマグカップ400cc:8640円(税込み)
 ティーカップ&ソーサー240cc:8100円(税込み)
 ティーポット680c:2万1600円(税込み)
 クリーマー270cc:10800円(税込み)
 シュガーポット270cc:1万6200円(税込み)
 プレート21cm:4320円(税込み)
 プレート27cm:5400円(税込み)
 パスタプレート24cm:5400円
 フルーツソーサー15cm :3780円(税込み)
 ミニトレイ13cm:2700円(税込み)
 カフェオレボウル600cc:5400円(税込み)
 ピクルスオーバル22cm:5400円(税込み)
 クレセント23cm:8100円(税込み)
 ディッシュラウンドS13cm:2700円(税込み)
 ディッシュラウンドL19cm:4320円(税込み)
 スクエアプレート22 × 22cm:8640円(税込み)
 スクエアプレート27 × 27cm:10800円(税込み)
 チャージャープレート31cm:1万2960円(税込み)
 オーバルプラター34cm:1万6200円(税込み)
 
問い合わせ:リチャード ジノリ・アジアパシフィック 03-3486-1735
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
ミニオンと名作チェアがコラボ! スペシャルな「ルイゴースト」は日本限定300脚のみ https://tabroom.jp/contents/new-product/minion-louis-ghost/ Tue, 12 Sep 2017 13:03:03 +0000 minion-louis-ghost_01
 
イタリアの家具ブランド・Kartell(カルテル)より「ルイゴースト ミニオン限定モデル」が発売されています。

本製品は「怪盗グルー」シリーズの最新作「怪盗グルーのミニオン大脱走」の公開に合わせ、Kartellの透明チェア「ルイゴースト」と映画に登場する人気キャラクター「ミニオン」がスペシャルコラボした日本限定アイテムです。

「ルイゴースト」はフランスのルイ15世紀時代に隆盛したバロックスタイルを現代風に解釈したデザインと、ポリカーボネート樹脂の一体成型が特徴。Philippe Starck(フィリップ・スタルク)がデザインを手がけ、教会や絶対王政といった既得権益層が権力を誇示するために作り上げた装飾過剰なバロック様式を、大胆な発想でモダンに昇華した名品です。

今回のコラボでは通常サイズの「ルイゴースト」が200脚、キッズサイズの「ルールーゴースト」が100脚のみの完全限定生産。子ども向け映画のキャラクターと名品インテリアの大胆なコラボは日本ならではと言えそうです。

minion-louis-ghost_02
 
minion-louis-ghost_04

ルイゴースト ミニオン限定モデル 価格:5万9800円(税抜)
限定200脚

minion-louis-ghost_03
 
minion-louis-ghost_05

ルールーゴースト ミニオン限定モデル(KIDS) 価格:2万4800円(税抜)
限定100脚
ミニオン × ルイゴースト
展開アイテム:
 ルイゴースト ミニオン限定モデル ※限定200脚
  価格:5万9800円(税抜)
  サイズ:W540mm × D550mm × H940mm(SH470mm)
  重量:4.8kg
 
 ルールーゴースト ミニオン限定モデル(KIDS) ※限定100脚
  価格:2万4800円(税抜)
  サイズ:W400mm × D370mm × H630mm(SH320mm)
  重量:1.5kg
 
 デザイン:フィリップ・スタルク
 素材:ポリカーボネート
 カラー:クリスタル(透明)
 仕様:6脚までスタッキング可能
 
問い合わせ:トーヨーキッチンスタイル 03-6438-1040/http://kartell.co.jp/
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
マスターウォールの新ライン「MASTERWAL epice」は気鋭ニットブランド・TRICOTEとコラボ! https://tabroom.jp/contents/new-product/masterwal-epice/ Mon, 11 Sep 2017 12:44:01 +0000 masterwal-epice_008
 
2017年12月31日(日)までの旗艦限定で、家具ブランド・MASTERWAL(マスターウォール)とニットブランド・TRICOTE(トリコテ)がコラボした新ライン「MASTERWAL epice(マスターウォール エピス)」が展開されています。

トリコテは2011年にスタートしたブランド。「ニットの温かさをもっと日常に」をテーマに生地開発からデザイン、生活雑貨などの商品企画までを手がけています。昔ながらの機械を使った温かみのある独特の風合いが人気を呼ぶ注目ブランドです。

今回のコラボでは、トリコテが手がけるインテリアラインのオリジナルニットをマスターウォールのアイテムの張り地に使用。展開されるのはグレイズアームチェアタクトベンチ、マークスツール、ロビンソンラウンジチェアの4種で、「エピス」ラインの証明としてレザー刻印したタグも付けられています。

世代を超えたスタンダードを目指すマスターウォールのアイテムが洗練されたデザインをまとった今年限りのコラボレーション。大量生産が難しいため製品は全て受注生産だそう。マスターウォールのショールームでぜひ実物をチェックしてみてください。

masterwal-epice_002

マスターウォール エピス仕様のマークスツール。ベージュとブラックの2カラー展開。

masterwal-epice_003

マスターウォール エピス仕様のグレイズアームチェア

masterwal-epice_004

グレイズアームチェアのベージュ(左)とブラック(右)。

masterwal-epice_005

マスターウォール エピス仕様のタクトベンチ(ベージュカラー)。

masterwal-epice_006

マスターウォール エピス仕様のロビンソンラウンジチェア

masterwal-epice_007

ロビンソンラウンジチェアのベージュカラー。
MASTERWAL×TRICOTE「MASTERWAL epice」
販売期間:2017年12月31日(日)まで
展開アイテム:
 グレイズアームチェア
 タクトベンチ
 ロビンソンラウンジチェア
 マークスツール
 ※各2色展開(ベージュ・ブラック)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
全80通りのKチェア! 自分好みにオーダーできる「CUSTOMIZE YOUR K」全国で開催中 https://tabroom.jp/contents/event/customize-your-k-2017/ Mon, 11 Sep 2017 12:40:04 +0000 customizeyourk2017_01
全国74店舗で展開中

2017年10月3日(火)まで、「CUSTOMIZE YOUR K(カスタマイズ・ユア・ケー)」キャンペーンが開催されています。

CUSTOMIZE YOUR Kは「カリモク60」ブランドの看板アイテム「Kチェア」の張り地と木部の塗装色を自由に組み合わせてオーダーできる限定企画。ナチュラルカラーからアクセントカラーまで揃う全20色の張り地と、明るいブラウンからブラックまで4色の塗装色を選ぶことができ、組み合わせは全80通りとなっています。サイズは1シーター(チェア)と2シーター(ソファ)を展開。チェアとソファで色味を変えたり揃えたりとインテリアコーディネートの幅も広がります。

人気のカリモク60ブランドを自分好みにオーダーできるとあって大好評。キャンペーン展開店舗が全国で74店舗にものぼり、近くの店舗を探しやすいのも嬉しいポイントです。

新しいチェアをお探しの方は、ぜひこの機会にお気に入りの1脚をオーダーしてみてはいかがでしょうか? ぴったりのカラーリングがきっと見つかるはずです。会期は残り1か月を切りました。お早目にショップでチェックしてみてください。

CUSTOMIZE YOUR K
会期:~2017年10月3日(火)
概要:張地20色 × 塗装4色の全80通りからカスタムオーダーを受付
開催店舗:
北海道・東北エリア
 h66(エイチロクロク)(北海道)
 D&DEPARTMENT HOKKAIDO by 3KG(北海道)
 アーバンリサーチ ドアーズ 札幌ステラプレイス店(北海道)
 JOE&RACCOON(北海道)
 PUZZLE(パズル)(北海道)
 Rand BEAN(青森県)
 道具屋(岩手県)
 ギャラリー杜間道(トウゲンドウ)(宮城県)
 VANILLA(福島県)
関東エリア
 カリモク60オフィシャルショップ 新宿店(東京都)
 カリモク60オフィシャルショップ ららぽーと豊洲店(東京都)
 D&DEPARTMENT PROJECT TOKYO(東京都)
 URBAN RESEARCH Store ソラマチ店(東京都)
 DAILIES(東京都)
 DECOBOCO(神奈川県)
 URBAN RESEARCH Store ラゾーナ川崎プラザ店(神奈川県)
 URBAN RESEARCH DOORS 横浜ベイクォーター店(神奈川県)
 URBAN RESEARCH DOORS ららぽーと新三郷店(埼玉県)
 URBAN RESEARCH DOORS 浦和パルコ店(埼玉県)
 Ding Ding(埼玉県)
 URBAN RESEARCH DOORS 新船橋店(千葉県)
 chair-chair(千葉県)
 URBAN RESEARCH DOORS イーアスつくば店(茨城県)
 HOME SIC 水戸店(茨城県)
 VANILLA 宇都宮店(栃木県)
 RETRO BOX いせさきガーデンズ店(群馬県)
甲信越・北陸エリア
 APARTMENT Design Store,(新潟県)
 GENOME / ゲノム(福井県)
 OEUF・Feria店(山梨県)
 D&DEPARTMENT YAMANASHI by Sannichi-YBS(山梨県)
東海エリア
 HINA-KAGU (比奈家具)(静岡県)
 D&DEPARTMENT PROJECT SHIZUOKA by TAITA(静岡県)
 SHIOGAMA APARTMENT STYLE(愛知県)
 大須DECO(愛知県)
 Sumika(愛知県)
 SEVEN STYLE(愛知県)
 ORDINARY(愛知県)
 ザ・リブレット 長良店(岐阜県)
 COMFORT MART(三重県)
近畿エリア
 カリモク60オフィシャルショップ 京都店(京都府)
 NEOMART vintagestyle(京都府)
 ルポ・デ・ミディ(大阪府)
 URBAN RESEARCH DOORS 茶屋町店(大阪府)
 URBAN RESEARCH DOORS 南船場店(大阪府)
 URBAN RESEARCH DOORS 堺店(大阪府)
 URBAN RESEARCH Store ルクア大阪店(大阪府)
 URBAN RESEARCH Store 心斎橋店(大阪府)
 URBAN RESEARCH DOORS エキスポシティ店(大阪府)
 URBAN RESEARCH DOORS なんばパークス店(大阪府)
 カリモク60オフィシャルショップ 西宮ガーデンズ店(兵庫県)
 A NON DESIGN(兵庫県)
 FELICE LIFESTYLE STORE HARBOR (兵庫県)
 felice(兵庫県)
 &Room(アンドルーム)(和歌山県)
中国・四国エリア
 greeniche(鳥取県)
 NEST DESIGN EX(島根県)
 FLEX GALLERY 津山店(岡山県)
 FLEX GALLERY 岡山店(岡山県)
 COLLECT(広島県)
 FLEX GALLERY 広島店(広島県)
 lool(ロール)(山口県)
 Plain Table(徳島県)
 URBAN RESEARCH DOORS 丸亀町グリーン高松店(香川県)
 soon(愛媛県)
 chez-vous(高知県)
九州エリア
 tokineri (トキネリ)(福岡県)
 LT LOTTO AND TRES (LT/ロットアンドトゥレス)(福岡県)
 aruk-ある暮らし(福岡県)
 room design factory(佐賀県)
 KaILE&kitchen(カイル アンド キッチン)(長崎県)
 Interior Bauhaus(熊本県)
 SALVE(大分県)
 D&DEPARTMENT PROJECT KAGOSHIMA by MARUYA(鹿児島県)
 D&DEPARTMENT OKINAWA(沖縄県)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
アーティストと一緒にラグ作り! ATELIER MUJIの「Handscape」展、開催中 https://tabroom.jp/contents/event/atelier-muji-handscape/ Mon, 11 Sep 2017 12:35:42 +0000 atelier-muji-handscape_02
 
2017年9月1日(金)から10月29日(日)まで、東京丸の内無印良品 有楽町内「ATELIER MUJI」にて「Handscape展」が開催されています。

スウェーデンのアーティスト・Studio Brieditis & Evansが描いた下絵をもとに、来場者が端切れを使ってラグを制作していくというプロジェクト。

「雲」をテーマにしたデザインで、無印良品の商品の生産工程で出る端材が素材として使われます。58日間の会期を通し、作品は本物の雲のように日々形を変えながら大きなラグが出来上がっていくそう。

タイトルの「Handscape」は「Hand」+「Scape」の造語で、人の手が生み出す風景という意味。消費者としてだけでなく作り出す側に立ってみると、今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。

2017年9月12日(火)から17日(日)まではアーティストが在廊し公開制作。会期中、何度か訪れてみても楽しめるはず。ぜひ気軽に立ち寄ってみてください。

atelier-muji-handscape_01

Studio Brieditis & Evans
カタリーナ・ブリーディティスとカタリーナ・エヴァンスによるユニット。デザイン、クラフト、テキスタイルや関連商品の開発を手がける。2003年以降、協働でプロジェクトに取り組み始める。Studio Brieditis & Evansでは、デザイン・クラフト・商品開発・製作・テキスタイルリサイクリングなどにおける双方の全ての経験を元に、新たなデザインの表現を見つけるための素材と技術をかけ合わせた実験的なプロジェクトを続けている。
ATELIER MUJI 「Handscape」展
会期:2017年9月1日(金)~2017年10月29日(日) 10:00~21:00
会場:ATELIER MUJI/無印良品 有楽町
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
スペシャル仕様&お得価格のアクタス限定「J39」、販売中 https://tabroom.jp/contents/new-product/actus_j39_70thanniversary/ Fri, 08 Sep 2017 13:23:25 +0000 ACTUS_J39_70thAnniversary_01
200限定&通常よりお求めやすい価格

2017年8月より、ACTUS(アクタス)全店にて「FREDERICIA J39 DINING CHAIR 70years ANNIVERSARY EDITION」が販売されています。

デンマークデザインの巨匠・Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)が手がけ、現在はFREDERICIA(フレデリシア)から販売されている北欧を代表する名作チェア「J39」のアクタス限定エディション。

デンマークの家具ブランド・FDB MOBLER(エフディービー・モブラー)から1947年に発売されて今年で70年を迎えることと、日本とデンマークの外交樹立150年を併せた記念のアイテムです。

本特別版は200脚限定。シリアルナンバー入りの記念プレートが後ろ脚貫部分に付いています。また、通常価格7万円(税抜)のところ、5万2000円(税抜)のスペシャルプライスとなっています。

洗練された美しさを持つシェーカー様式の椅子をアレンジしたデザインで「人々の椅子」と呼ばれるほど、母国デンマークをはじめ全世界で現在も親しまれ続けている「J39」。記念プレートが付いた限定版で、通常よりお求め安い価格というスペシャルな機会です。数量限定ですのでお見逃しなく。

ACTUS_J39_70thAnniversary_02

スペシャルプライスは本仕様のみ。プレートは後ろ脚貫部分に付いています。
FREDERICIA J39 DINING CHAIR 70years ANNIVERSARY EDITION
販売店舗:アクタス全店
価格:5万2000円(税抜)
サイズ:W48 × D43 × H77(SH44.5)cm
素材:ビーチ材ソープ仕上げ
Writing:Akiko Okawa
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
イギリスを代表する名作ランプ「Original 1227」に新色&オプションパーツが登場! https://tabroom.jp/contents/new-product/light/original-1227_new-coler_option-parts/ Fri, 08 Sep 2017 13:12:40 +0000 Original-1227_new-coler_option-parts_001
場所を選ばない絶妙なカラーリング

1932年の誕生以来、今もなお世界中で愛され続けているANGLEPOISE(アングルポイズ)のスプリング式アームランプ。中でも代表的なプロダクトなのは、ジョージ・カワーダインが1934年にデザインしたランプの復刻版として2009年に再発売された「ANGLEPOISE Original 1227」。アングルポイズの誕生75周年を記念して発売され「英国を代表する10のデザイン」にも選ばれています。

ブラックとクロームが定番色として展開されていた「Original 1227」ですが、今回新たに「Linen White(リネン・ホワイト)」」と「Dove Grey(ダブ・グレイ)」の2色が加わりました。

また、オプションパーツとして、フロアスタンディングポール「Floor Standing Pole for Original 1227」とウォールマウンテッド「Wall Mounted Bracket for Original 1227」も追加。利用シーンが広がりました。

どんなテイストにも合うカラーリングとオプションパーツが加わったことで、様々なインテリアで「Original 1227」をお楽しみいただけます。

Original-1227_new-coler_option-parts_002

新色としてDove Grey(左)とLinen White(右)に2色が追加。

Original-1227_new-coler_option-parts_004

「Wall Mounted Bracket for Original 1227」のセットアップイメージ。

Original-1227_new-coler_option-parts_003

フロアスタンディングポールのセットアップイメージ。左からDove Grey、Jet Black、Linen White。
ANGLEPOISE Original 1227 Desk
色:Jet Black / Linen White / Dove Grey / Bright Chrome
価格:4万円(税別) / Bright Chrome 4万6000円(税別)
 
Floor Standing Pole for Original 1227(フロアスタンディングポール)
色:Jet Black / Linen White / Dove Grey / Bright Chrome
価格:1万6000円(税別) / Bright Chrome 1万7000円(税別)
   ※フロアポール単体のみ
 
Wall Mounted Bracket for Original 1227(ウォールマウンテッド)
色: Jet Black / Linen White / Dove Grey / Bright Chrome
価格:6500円(税別)
   ※ウォールマウンテッドパーツ単体のみ
詳細:http://www.agppark.jp
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
毎年恒例の「飛騨の家具フェステバル」、2017年はホール中央にホテルが登場! https://tabroom.jp/contents/event/hidanokagu-festival_2017/ Thu, 07 Sep 2017 11:40:24 +0000 hidanokagu-festival_2017_01
20の企業・団体が出展

2017年9月6日(水)から10日(日)までの5日間、 岐阜高山の「飛騨・世界生活文化センター」にて「2017 飛騨の家具フェステバル」が開催されています。

家具の一大産地である飛騨・高山の新作家具展をメインにした家具の祭典。67回目の開催となる今回は「自然との共生~森に生かされ、森を活かす~」をテーマに、飛騨・高山の工芸品の展示や小学生による家具絵画コンクール、トークショーなど、さまざまなイベントが企画されています。

オークヴィレッジキタニジャパンなど、20の企業・団体がブースを出展する会場には、本展のテーマに沿ってインテリアスタイリスト・黒田美津子氏が「飛騨の家具ホテル」のラウンジ空間を演出。デンマークのテキスタイルブランド・Kvadrat(クヴァドラ)の生地を張った特別仕上げの家具や、Louis Poulsen(ルイスポールセン)やイサムノグチの照明、BANG & OLUFSEN(バング&オルフセン)の音響とのコラボレーションもあります。

前回に続き2年目となる「国産材家具サミット」や「第2回飛騨の家具®アワード 家具デザインコンテスト審査発表・表彰式」も見どころです。

海外のバイヤーたちも注目する飛騨・高山の新作家具を会場でご覧ください。

▽昨年開催時の様子
hidanokagu-festival_2017_02
 
hidanokagu-festival_2017_03
 
hidanokagu-festival_2017_04

2017 飛騨の家具フェステバル
会期:2017年9月6日(水)~10日(日) 9:30~17:00
会場:飛騨・世界生活文化センター/岐阜県高山市千島町900-1
出展企業・団体:株式会社イバタインテリア / オークヴィレッジ株式会社 / 株式会社柿下木材工業所 / 柏木工株式会社 / 有限会社雉子舎 / 株式会社キタニジャパン / 株式会社木馬舎 / 株式会社シラカワ / 日進木工株式会社 / 飛騨産業株式会社 / 有限会社仏壇工芸ほりお / 株式会社プラス・ワン / 木童工房株式会社 / 岐阜県生活技術研究所 / 岐阜県木エデザイン協会 / 飛騨高山つくり手の会 / 飛騨の木工房の会 / 一般財団法人飛騨地域地場産業振興センター / 飛騨伝統的工芸品産業振興協議会 / 岐阜印/メイド・イン・岐阜・プロジェクト事務局
詳細:http://www.hidanokagu.jp/festival/
 
▽コンベンションホール 
飛騨・高山新作家具展
飛騨木工連合会が誇る、伝統に培われた確かな技術を持つ各企業が、それぞれの持ち味や得意分野を活かし生みだされる洗練されたデザインと匠の技を一同に紹介。
 
2017 匠・DNA展
岐阜県木エデザイン協会に所属する個人や企業の従業員が、新たなデザインを生みだしていくデザイン展。
  
第4回飛騨の家具絵画コンクール
高山市の小学生を対象に、近隣の家具工場見学を実施。「あったらいいな、こんなイス」をテーマに描いた絵画作品を展示。
 
飛騨高山つくり手の会2017
高山市在住のつくり手たちの手しごとによる作品展。
 
飛騨・暮らしの工芸展
「技と暮らす」をコンセプトに、飛騨地域の様々なジャンルの工芸作品によるライフスタイル展。
 
飛騨の伝統的工芸品展
飛騨地域の伝統的工芸品(飛騨呑慶・一位一刀彫)・郷土工芸品(陶磁器)を広く紹介し、伝統工芸の魅力と需要の喚起を目的に開催。
 
「岐阜印」高山展
メイド・イン・岐阜の木製品だけではない様々な岐阜の優れたモノづくリに触れられる展示。
 
▽ミニシアター
飛騨の家具勉強会
「飛騨の家具」プランドを解説した「飛騨の家具ものがたり」をひもとき、同時に技術的な特徴である曲げ木や、木の不思議を紹介する勉強会を開催。販売サイド向けに実施している「出前講座」を短時間で垣間見る勉強会。事前登録制。各回50分。
 
▽ウェルカムプラザ
飛騨の工房家具新作展
飛騨で製作活動している個人工房が集結し結成された「飛騨の木工房の会」による作品展示。
 
▽ミュージアム飛騨 
常設展
日本遺産「飛騨の匠の技・こころ」の認定を契機に、飛騨の匠ミュージアムとして飛騨の匠1300年の歴史や、飛騨の家具の変遷、さらには、飛騨の家具メーカーが手掛けた数々の椅子を展示紹介。
今昔物語に登場する飛騨の匠が腕比べで作ったとされる「からくりのお堂」を展示。
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
目黒にある完全予約制のアンティークショップ「sfs ANTIQUE」、店主は元ジュノン・ボーイ https://tabroom.jp/contents/shop/weekend-antiqueshop-sfs/ Tue, 05 Sep 2017 12:39:25 +0000 weekend-antiqueshop-sfs_01
 
東京目黒にある「sfs ANTIQUE」は、完全予約制のアンティークショップ。ニューヨークやロサンゼルスなど、アメリカを中心に買い付けを行い、古家具、古道具を始め、ヴィンテージシャネルなどのファッションアイテムやマリリン・モンローの生写真、アンディー・ウォーホルのサイン本などお宝的商品も多数扱っています。

数百円台のステーショナリーや都内最安値のファイヤーキングマグも揃えており、アンティーク初心者から目の肥えたファンまで幅広い層が楽しめるラインナップが魅力です。

オーナーは、2001年にJUNONボーイ準グランプリを受賞した元俳優・小笠原大晃とその妻。もともとアンティークに興味があったという小笠原氏は、長男の誕生をきっかけに「次世代に受け継ぐことのできるモノ」を求めてアンティークショップをオープンさせたそうです。

小笠原氏の経歴から、俳優やミュージシャンたちも多く通うという本店。目黒通りを訪れる際にはぜひチェックしてみてください。

weekend-antiqueshop-sfs_03
 
weekend-antiqueshop-sfs_05

店内にはクラシカルなアンティーク家具がたくさん。

weekend-antiqueshop-sfs_06

都内最安値というファイヤーキングマグ。豊富なラインナップも魅力です。
weekend-antiqueshop-sfs_02
オーナーの小笠原大晃さん。
完全予約制のアンティークショップ「sfs ANTIQUE」
住所:東京都目黒区目黒2-9-5 ベガタワー1階・2階
予約:sfsantique@koryujapan.com
   ※名前、予約希望日時を記載
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
限定アイテムや先行発売も! イデー×皆川明による「POOL」の初ポップアップショップ登場 https://tabroom.jp/contents/event/poolxisetan/ Tue, 05 Sep 2017 12:36:09 +0000 POOLxISETAN_01
限定品+フルラインナップを展開

2017年9月6日(水)から12日(火)までの1週間、東京新宿の「伊勢丹新宿店」にて、「POOL POP UP SHOP」が開催されます。

インテリアブランド・IDÉE(イデー)によるプロジェクト「POOL(プール)」の国内初となるポップアップショップ。minä perhonen(ミナ ペルホネン)のデザイナー・皆川明氏が監修する「POOL」は、ものづくりの過程で発生する端材や販売できなくなった商品を、さまざまな企業やクリエーターと協働することで新たな価値のある商品につなげる取り組みです。

店頭では、2017秋冬最新コレクションのアパレルからテーブルウェア、インテリア小物などPOOLのフルラインナップを展開。先行発売となる「POOLとしょうぶ学園 コラボレーションアイテム」や、伊勢丹新宿店限定販売の「いろいろの服」ドットのシリーズなど、ポップアップショップ限定のアイテムも多数揃います。

インテリア小物では、ミナ ペルホネンの洋服と無印良品のリビングアイテムの製造過程で余った生地をシェードに使用した照明「マチマチの灯」や、「丸胴」と呼ばれる筒型の編み地を生かした製品染めの「PIPE TOTE BAG」、レッドシダーのハンガーの端材をチップ状にして作った「インセンス サシェ」などが並びます。

伊勢丹限定アイテムは数量限定販売。より多くの種類をご覧になりたい方はお早めに会場に足を運んでください。

POOLxISETAN_002

鹿児島にある福祉施設「しょうぶ学園」のアーティストの作品をプリントした限定シリーズ。伊勢丹新宿店にて先行発売。
左:「POOLとしょうぶ学園 アトリエコート」、価格:1万9440円(税込)
右:「POOLとしょうぶ学園 ストール」、価格:7560円(税込)
POOLxISETAN_003-1
「コロコロのもの 小皿」5枚セット
価格:各2970円(税込)
無印良品の白磁シリーズのB品に世界的アーティストが描き下ろした図柄をプリントしています。こちらはポール・コックス(パリ)によるもの。
POOLxISETAN_003-2
柚木沙弥郎(東京)
POOLxISETAN_003-3
グイド・デ・ザン(ミラノ)
POOLxISETAN_004
「Everyday ハンカチーフ」
価格:各486円(税込)
無印良品のベッドリネンの生産過程で生まれるハギレで作ったハンカチやポーチ。シーツに使われる肌馴染みのよい素材です。それぞれに入っている刺繍は、シーズンごとに新しいモチーフが登場。今回は「Daily Tool」をテーマに、身近な道具をモチーフにした皆川氏の描き下ろしイラストが刺繡されています。左上から時計回りに、ペンシル / シザーズ / フラワーベース / ドリッパー / グラスオブウォーター / オープナー / ウッドカトラリー。
POOL POP UP SHOP
会期:2017年9月6日(水)~12日(火) 10:30~20:00
会場:伊勢丹新宿店本館5階=センターパーク/ザ・ステージ#5
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
モジュール式シェルフのストリングからオフィス家具シリーズ「STRING WORKS」登場 https://tabroom.jp/contents/new-product/string-works/ Sun, 03 Sep 2017 14:06:37 +0000 stringworks-launch_001
昇降式デスク&テーブル、モバイルキャビネット、フリースタンドシェルフの3種をラインナップ

2017年9月、スウェーデンのシェルフブランド・ストリングよりオフィス家具シリーズ「STRING WORKS(ストリング ワークス)」が発売されます。

ストリングは建築家・ニルス・ストリニングによってスタートしたブランド。ニルスが1949年にデザインしたシェルフは、シンプルで軽量、組み立てが簡単で使う人のライフスタイルに合わせてフレキシブルにコーディネートできるというタイムレスな魅力を備え、半世紀以上経った今も支持を集めています。

今回発売されるストリング ワークスは、現代の多様なオフィス空間に適応する家具シリーズ。メインとなるのは電動の昇降式デスク&テーブル。ステッピングモーター機能を搭載し、ボタン一つで71.5cm~118.5cmの好みの位置に調節することができます。

北欧での昇降式デスクはかなり普及しており、スウェーデンでのは普及率90%にも達しているそう。様々な研究で1日に何時間も座りっぱなしでいることは腰痛や心臓病などの健康リスクを高めると指摘されており、高さを変えてスタンディングスタイルで働く人が少なくありません。

可動式のモバイルキャビネットや、左右に無限に連結できるフリースタンドシェルフを組み合わせることで、思い通りのオフィスをスタイリングできるはず。

2017年9月1日(金)からは東京六本木リビング・モティーフにてストリング ワークスを使ったオフィス空間が登場。ストリングのブランドヒストリーや受け継がれてきたフィロソフィーを紹介する展示も予定されています。

世界中で愛されてきたストリングが、そのコンセプトを守りながら新たなプロダクトを開発する姿勢は、あらゆるデザインのあるべき姿とも言えそうです。

stringworks-launch_002

昇降式カンファレンステーブル

stringworks-launch_003

高さをあげたところ

stringworks-launch_004

こちらはミーティングテーブル。ダイニングテーブルとしても。

stringworks-launch_005

体格や作業によって高さを変えることができます。

stringworks-launch_006

ワイヤースクリーンやフェルトカバー、オーガナイザー、引き出しを組み合わせて自分らしいデスクを設計できます。
STRING WORKS(ストリング ワークス)
販売開始:2017年9月1日(金)
デザイナー:ビヨーン・ダールストローム(Björn Dahlström)
      アンナ・フォン・シェーヴェン(Anna von Schewen)
アイテム:
 昇降式デスク
  サイズ:W1200mm × D780mm / W140mm × D780mm / W1600mm × D780mm
  価格:23万56000円~(税抜) / 24万1600円~(税抜) / 24万7700円~(税抜)
 
 昇降式ミーティングテーブル
  サイズ:W1800mm × D900mm
  価格:26万3900円~(税抜)
  
 昇降式カンファレンステーブル
  サイズ:W3600mm × D900mm~
  価格:43万1300円~(税抜)
  
 モバイルキャビネット
  サイズ:W300mm × D580mm × H560mm
  価格:6万7700円~(税抜)
 
 フリースタンドシェルフ
  サイズ:W820mm × D330mm × H1180mm~
  価格:10万500円~(税抜) 
 
取扱店舗:LIVING MOTIF
     Sempre Home
     FILE home & interior KYOTO
     Metrocs Sapporo
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>