タブルームニュース https://tabroom.jp/contents/ 家具の総合情報サイト Mon, 19 Aug 2019 11:56:56 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.1.26 よく見られているインテリア雑貨 TOP20(2018) https://tabroom.jp/contents/report/ranking2018_interior-goods/ Mon, 19 Aug 2019 12:54:01 +0000
2018年のよく見られたインテリア雑貨のランキングです。

2018年の1年間で多くの方がご覧になったインテリア雑貨をアクセス数順にランキング形式でまとめました。
 

集計期間:2018年1月1日~2018年12月31日

 

インテリア雑貨TOP20
No1
Kortkartellet (コートカルテレット) Kortkartellet (コートカルテレット) ポスター50 × 70 ワールド スペシャルエディション
No2
botanical (ボタニカル) FLOATING PLANTS WE-761
No3
amabro (アマブロ) PEG HOOK
No4
BoConcept (ボーコンセプト) Medina ミラー
No5
BoConcept (ボーコンセプト) Tone ミラー
No6
HIRASHIMA (ヒラシマ) ORLO Wall Mirror
No7
normann COPENHAGEN (ノーマンコペンハーゲン) Flip Mirror
No8
BoConcept (ボーコンセプト) Tear Drop スカルプチャー
No9
greeniche (グリニッチ) Planter wide.
No10
botanical (ボタニカル) FLOATING PLANTS WE-975
No11
LOOM (ルーム) FRAGRANCE LEATHER COW TAG
No12
Kortkartellet (コートカルテレット) Kortkartellet (コートカルテレット) フレーム/額 70×100オーク
No13
HIRASHIMA (ヒラシマ) ORLO Stand Mirror
No14
Paper Collective (ペーパーコレクティブ) Paper Collective (ペーパーコレクティブ) ポスター【パインコーン】松ぼっくり 50 × 70cm
No15
MOHEIM (モヘイム) STANDING MIRROR
No16
Kortkartellet (コートカルテレット) Kortkartellet (コートカルテレット) フレーム/額 50 x 70cm
No17
JONATHAN ADLER (ジョナサンアドラー) Reversible Boy/Girl Bud Vase
No18
MOHEIM (モヘイム) OVAL MIRROR
No19
sanwacompany (サンワカンパニー) Fine Mirror
No20
sanwacompany (サンワカンパニー) LED Mirror
インテリア コーディネート集 LEDミラーのクリアな輝きが幻想的に浮かび上がる洗面空間 星や星座をデザインコンセプトと… 続きを読む
家具人気ランキング アーカイブ

 

]]>
よく見られているソファ・ソファー TOP20(2018) https://tabroom.jp/contents/report/ranking2018_sofa/ Mon, 19 Aug 2019 12:53:59 +0000
2018年のよく見られたソファ・ソファーのランキングです。

2018年の1年間で多くの方がご覧になったソファ・ソファーをアクセス数順にランキング形式でまとめました。
 

集計期間:2018年1月1日~2018年12月31日

 

ソファ・ソファーTOP20
No.1
eilersen (アイラーセン) STREAMLINE SOFA
オーナーズレビュー 新居のリビングに合うソファーを探しておりました。地元でアクタスの家具を取り扱っている… 続きを読む
インテリア コーディネート集 ACTUSのリノベーションプロジェクト「HOW」の施工事例… 続きを読む
No2
HIRASHIMA (ヒラシマ) CARAMELLA Counter Sofa
オーナーズレビュー 無垢材でできていることと珍しいデザインが決め手となり購入しました。使い心地はとても良… 続きを読む
インテリア コーディネート集 かっこいい、だけじゃない、大人の空間を演出「 心地よい緊張感漂うミニマルな造形を 素材感… 続きを読む
No3
HUKLA (フクラ) ブルノ カウチ
No4
NOYES (ノイエス) Decibel C4 ワイド3人掛け 両ひじ
オーナーズレビュー HPを見て、ソファ専門店であること、日本のソファ職人が丁寧に作っているソファであるこ… 続きを読む
No5
MARUICHI (マルイチセーリング) ALBA カウチソファ
No6
arflex (アルフレックス) MARENCO 両アームソファ
No7
ACTUS (アクタス) RILASSO2 COUCH SOFA
No8
songdream (ソングドリーム) Ruscelloシェーズロングソファ
No9
SICURO (シクロ) LD Couch Chair 179
No10
FLANNEL SOFA (フランネルソファ) SIESTA 3P
オーナーズレビュー 固めのソファを探していたのでショウルームであれこれ座って決めました。色は迷いましたが… 続きを読む
No11
HUKLA (フクラ) KASTOR カウチソファセット
オーナーズレビュー 全体的に低めのデザインなので、リビングで主張しすぎず部屋が広く感じられるところ、座面… 続きを読む
No12
広松木工 (ヒロマツモッコウ) フレックス ソファ 196
オーナーズレビュー 木目がとても美しいソファです。座面に奥行きがあり、座り心地も良くとてもリラックスでき… 続きを読む
No13
unico (ウニコ) ALBERO covering sofa 3 seater
オーナーズレビュー デザインが気に入ったのと座り心地も完璧だったのが、購入の決め手となりました。クッショ… 続きを読む
インテリア コーディネート集 unico リビング #001… 続きを読む
No14
広松木工 (ヒロマツモッコウ) フレックス シェーズロングソファ 084
オーナーズレビュー ずっと憧れていたソファだったので、いつか必ず!と決めていましたが、実際に座ってみて… 続きを読む
No15
arflex (アルフレックス) MARENCO 左アームソファ+右アームソファ
オーナーズレビュー 僕は建築、パートナーはインテリアを勉強していた70年台でソファの憧れはマレンコでした… 続きを読む
No16
MASTERWAL (マスターウォール) MORELESS SOFA 3シーター200
インテリア コーディネート集 MASTERWAL リビング #015… 続きを読む
インテリア コーディネート集 収納力たっぷりな機能的リビング 空間をゆったり使った印象を受けるものの、ワイドなテレビ… 続きを読む
No17
NOWHERE LIKE HOME (ノーウェアライクホーム) Sofa LOSH
No18
SICURO (シクロ) LD One Arm Chair 137
No19
NOYES (ノイエス) Volster Sofa 3人掛け
オーナーズレビュー 今使っているもので二代目になります。子どもが随分と汚してしまい、買い替えとなりました… 続きを読む
No20
広松木工 (ヒロマツモッコウ) リポーゾ ソファ 161
オーナーズレビュー 小さな子供がいるため洗える帆布が魅力的だったこと、木材も帆布も白なのでとっても明るく… 続きを読む
家具人気ランキング アーカイブ

 

]]>
お気に入りのボトルが照明に! LEDライトキット「ボトルライト」日本初上陸 https://tabroom.jp/contents/event/bottle_light/ Mon, 19 Aug 2019 12:53:54 +0000 bottle_light_01
レインボーと電球色の2種類

東京代官山の「代官山 蔦屋書店」にて、「ボトルライト」が発売されています。

ドイツ発、日本初上陸の電池式LEDライト。ワインやウィスキーなどの空き瓶の口から本製品を差し込むと、おしゃれ照明に早変わりします。

バリエーションは2種類。25色の調光とグラデーション機能を搭載した「ボトルライト vivi-LED レインボーBOT05」と、簡単操作で2段階の明るさの調整が可能な電球色の「ボトルライト ウォームホワイト・ブライトBOT04」です。

光源はLEDなので、単3電池3本で100~120時間も発光。また耐水性があるので、室内だけでなくアウトドアでも使用できます。

本体自体は軽くスタイリッシュなデザイン。ご自宅のインテリアにはもちろん、差し込む空き瓶によって雰囲気の違いを楽しめるのでレストランやバーの照明としても活躍します。

bottle_light_04

「ボトルライト」本体。約100gと軽量。

bottle_light_02

「ボトルライト vivi-LED レインボーBOT05」は、製品を水平(90度)に傾けた状態で本製品自体を時計/反時計回りに回すと、25色+グラデーションバージョンが選択可能。グラデーションバージョンは約2分30秒の間にゆっくりと25色が変化します。

bottle_light_03

「ボトルライト ウォームホワイト・ブライトBOT04」は電球色に光り、簡単操作で2段階の明るさの調整が可能です。
ボトルライト
メーカー:Bottlelight Company

ボトルライト vivi-LED レインボーBOT05
価格:7980円(税抜)
光源:LED(昼白色) 
明るさ:25%、50%、75%、100%の4段階
光源寿命:10万時間
サイズ:W20 × H260 × D20㎜
重さ:約100g
 
ボトルライト ウォームホワイト・ブライトBOT04
価格:4980円(税抜)
光源:LED(電球色) 
光源寿命:10万時間
サイズ:W20 × H260 × D20㎜
重さ:約90g

Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
ジャスパー・モリソンが手がけたイッタラの新ダイニングコレクション「Raami(ラーミ)」 https://tabroom.jp/contents/new-product/iittala_raami/ Mon, 19 Aug 2019 12:50:31 +0000 Iittala_Raami_01
4つの異なる表情を持つ全22アイテム

フィンランドテーブルウェアブランド・iittala(イッタラ)から、Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン)が手がけた新しいダイニングコレクション「Raami(ラーミ)」が発売されています。

「ラーミ」はフィンランド語で「フレーム(枠)」という意味。テーブルという枠において、魅力的で心地よいカジュアルなムードをつくり人々が楽しめることを目指したコレクションです。

本コレクションは、大きく4つの異なるカテゴリーから構成されています。1つ目は、美しい影を落とすフルーテッドデザインのグラス、カラフェ、キャンドルホルダー。2つ目は、ステムのあるグラス。3つ目は、縁の際まで入ったエレガントなカーブが特徴のボウルやプレートといったセラミックアイテム。最後は、ナチュラルな温かさをもたらすウッドのサービングボード。

「このコレクションはまるで家族のような構成になっています。プレート、ボウル、グラス、そしてその他にも異なりつつも特徴が紐づいているアイテムがテーブルでひとつに合わさると、朝食、ランチ、ディナーがたちまちリッチなセッティングになります」とジャスパー・モリソン。

彼が提案するアットホームでカジュアルなコレクションで、心地よいテーブルの雰囲気をお楽しみください。

Iittala_Raami_02

「タンブラー」各1620円(税込)。カラーは左から、クリア、モスグリーン、シーブルー。

Iittala_Raami_03

左:「カラフェ」価格:1万4040円(税込)
中・右:「キャンドルホルダー」価格:4860円(税込)。カラーは左から、サーモンピング、セビリアオレンジ。
Iittala_Raami_04

左:「アペリティフ」価格:2052円(税込)
右:「レッドワイン」価格:2160円(税込)

Iittala_Raami_05

左:「ホワイトワイン」価格:2160円(税込)
右:「スパークリング」価格:2160円(税込)

Iittala_Raami_06

「プレート」。左から、17㎝・価格:2700円(税込)、20㎝・価格:3024円(税込)、27㎝価格:3456円(税込)。

Iittala_Raami_07

左:「ボウル 0.62L」価格:2700円(税込)
中:「ディーププレート 22㎝」価格:3456円(税込)
右:「オーバルサービングボウル 1.6L」価格:9720円(税込)

Iittala_Raami_08

左:「オーバルプラター」価格:9720円(税込)

Iittala_Raami_09

左:「カップ&ソーサー」価格:3780円(税込)
右:「マグ」価格:2700円(税込) ※2019年秋発売

Iittala_Raami_10

「木製サービングトレイ」
左:31㎝・価格:8640円(税込) 
右:38.5㎝・価格:1万1880円(税込)
Raami(ラーミ)
販売店舗:iittala直営店、iittala取扱店
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]> ポール・ヘニングセン生誕125周年を祝う特別なPHランプ登場 https://tabroom.jp/contents/new-product/ph-125/ Wed, 31 Jul 2019 06:06:32 +0000 ph-125_01
「PH アーティチョーク」は2019年限定生産

デンマーク照明器具メーカー・Louis Poulsen(ルイスポールセン)より、「ポール・ヘニングセン 生誕125周年記念デザイン」が発売されています。

革命的な取り組みを行った照明デザインのパイオニア・Poul Henningsen(ポール・ヘニングセン)が、2019年に生誕125周年を迎えることを祝う限定モデル。代表作である「PH アーティチョーク」と「PH 5」、「PHランプシリーズ」が特別な素材をまとって登場します。

「PHアーティチョーク」は、羽根の素材が無垢銅、内側をローズ色塗装というデザイン当初(1958年)のオリジナルと同じ仕上げです。全4サイズ展開で2019年のみの製造。ポール・ヘニングセンの署名に加え、PHの生誕125周年を記す刻印が羽根の一枚に施されます。

「PH 5」と「PH 5ミニ」は、無塗装の真鍮シェードと白色塗装シェードの組み合わせで新たな表情に。PHランプのシェードに真鍮を使用するのは初めての試みで、2018年にデザイン60周年を記念して発売した銅シェードのエディションと同じく経年変化を楽しめる無塗装の鏡面仕上げとなっています。

ガラスの3枚シェードの「PHランプシリーズ」のうち、乳白ガラスを使用したモデル(PH 2/1、PH 3/2、PH 3 ½-2 ½、PH 3 ½-3)は金属部分を真鍮メタライズドで仕上げました。真鍮メタライズドは真鍮色のPVDコーティングで、永遠に魅力的なゴールドの輝きを放ち続けます。

新しい光源や技術にアップデートしながら限定品が度々登場するなど、タイムレスな魅力で愛され続けるPHのデザイン。今回のスペシャルエディションもぜひチェックしてみてください。

ph-125_02

オリジナルの「PHアーティチョーク」は、1958年、ヘニングセンがコペンハーゲンのランゲリニエ・パヴィリオンのレストランのためにデザイン。ランプの有機的フォルムに際だった温かみを与え、外側からまったく見えない光源から美しいトーンの反射光を引き出しました。その際と同じ、無垢銅とローズ色塗装の組み合わせ。

ph-125_03

シェードに真鍮を使用した「PH 5」と「PH 5ミニ」。鏡のように周囲を映しだす真鍮素材により優雅な美しさを演出します。
ph-125_04
金属部分を真鍮メタライズドで仕上げた「PHランプシリーズ(PH 2/1、PH 3/2、PH 3 ½-2 ½、PH 3 ½-3)」。「PH 5」の無塗装の真鍮とは異なり、表面が経年変化することはなく鏡のような真鍮色の輝きが永遠に保たれます。
ポール・ヘニングセン 生誕125周年記念デザイン
 
「PH アーティチョーク 銅 / ローズ」(2019年限定生産)
・Φ480(E26 白熱電球200W) 価格:107万円(税抜)
・Φ600 / 720 / 840(LED 98W 3000K. Φ600は2700Kも有) 価格:137万円(税抜) / 148万8000円(税抜) / 162万円(税抜)
 
「PH 5 真鍮」価格:12万8000円(税抜)
「PH 5 ミニ 真鍮」 価格:10万1000円(税抜)
 
「PH 2/1 ペンダント」 真鍮メタライズド仕上 価格:7万3000円(税抜)
「PH 2/1 テーブル」 真鍮メタライズド仕上 価格:9万4000円(税抜)
「PH 3/2 ペンダント」 真鍮メタライズド仕上 価格:9万6000円(税抜)
「PH 3/2 テーブル」 真鍮メタライズド仕上 価格:13万3000円(税抜)
「PH 3 ½-2 ½ テーブル」 真鍮メタライズド仕上 価格:15万8000円(税抜)
「PH 3 ½-2 ½ フロア」 真鍮メタライズド仕上 価格:19万9000円(税抜)
「PH 3 ½-3 グラスペンダント」 真鍮メタライズド仕上 価格:14万6000円(税抜)
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
もう行った? 日本初のアルテック直営店「Artek Tokyo Store」 https://tabroom.jp/contents/shop/artek-tokyo-store/ Fri, 26 Jul 2019 12:13:44 +0000 artek_tokyo_store_001
限定商品も発売

今年4月に東京表参道にオープンした「Artek Tokyo Store」。世界的建築家・Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)らによって、1935年に創業したフィンランドの家具ブランド・Artek(アルテック)の日本初となる直営店です。

2フロアからなる約200平米の店内には、アルヴァ・アアルトなど今日のフィンランドデザインに大きな影響を与えたデザイナーによる名作家具をはじめ、照明やテキスタイル、そして話題の最新作まで、アルテックのコレクションが勢揃い。特別商品やアルテックと価値観を共有するブランド・アイテムも取り扱います。

フィンランドと日本との外交関係樹立100周年を祝う特別コレクション「FIN/JPN フレンドシップ コレクション」も登場し、Aino Aalto(アイノ・アアルト)によるテキスタイルデザインを、日本の伝統的な着物を摺る京都の工場で復刻したファブリック「キルシカンクッカ」や、フィンランド人と韓国人によるデザインデュオCOMPANYによる、フィンランドの季節を祝う行事をもとにデザインされた6つの陶器のシリーズ「シークレッツ オブ フィンランド」などが発売されています。

日本の住空間に親和性が高くすっかり日本でも定番として定着した感のあるアルテックですが、その世界観を丸ごと感じられるのは直営店ならでは。長い時を共に重ねていける家具を探してみてはいかがでしょうか。

artek_tokyo_store_003
 
artek_tokyo_store_002
 

artek_tokyo_store_004
「ドムス チェア オンネア」価格:15万3000円(税抜)
「オンネア(onnea)」とはフィンランド語で「おめでとう」を意味するお祝いの言葉。フィンランドの巨匠・Ilmari Tapiovaara(イルマリ・タピオヴァーラ)がデザインし、70年以上の時を越えて愛され続ける名作「ドムスチェア」によりナチュラルな風合いのレザーを組み合わせた開店記念特別モデル、50脚限定アイテム。

artek_tokyo_store_03

フィンランド語で「桜の花」を意味する「キルシカンクッカ」のファブリックはフィンランドと日本限定で販売、さらに日本限定で風呂敷も発売。

artek_tokyo_store_005

先行発売されている「シークレッツ オブ フィンランド」は、フラワーベース、キャンドルホルダー、貯金箱など機能性がありさらにオブジェとしても。
Artek Tokyo Store
所在地:東京都渋谷区神宮前5-9-20 1F・B1F
営業時間:11:00~20:00
電話番号:03-6427-6615
定休日:火曜日
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
無印良品 銀座店で「50 脚の椅子」展開催、ロングライフデザインを考える https://tabroom.jp/contents/event/atelier-muji-ginza_nagakuikiru/ Fri, 26 Jul 2019 12:04:38 +0000 atelier-muji-ginza_nagakuikiru_02
 
2019年7月26日(金)から11月24日(日)まで、東京銀座の「ATELIER MUJI GINZA Gallery1」にて、『長く生きる。 “DNA”を繋ぐ50 脚の椅子」展 ―永井敬二コレクションより―』が開催されます。

モダンデザインの歴史上、もっとも長く生産が続けられているTHONET(トーネット)社の椅子「No14」。誕生から160年を迎えるこの名作を原点に、世界屈指の椅子コレクターとして知られるインテリアデザイナー・永井敬二氏のコレクションから、そのDNAを未来へ繋ぐ50脚を展示します。

2019年4月にオープンした無印良品の世界旗艦店「無印良品 銀座店」。その6階に誕生した「ATELIER MUJI GINZA」では、イタリアデザインの巨匠・Enzo Mari(エンツォ・マリ)の言葉から生まれた「栗の木プロジェクト」を実施しています。

栗の木が一生の中でさまざまな恵を生むように、目先の経済に捉われず、デザインを通じて未来へと持続する活動をしようというプロジェクト。第2回の今回は「長く生きる。」をテーマに、ロングライフデザインを個別に紹介するにとどまらず、モダンデザインの原点となったロングライフテクノロジーを長い時間軸で見つめ直します。

関連イベントとして、会期前日の7月25日(木)には永井氏によるギャラリーツアー、そして8月1日(木)にはDRILL DESIGNの林裕輔氏などによるトークイベントが開催されます。

atelier-muji-ginza_nagakuikiru_03

「No.14」ゲブリューダー・トーネット社 1859年
Photo:知識たかし

atelier-muji-ginza_nagakuikiru_04

「B3(ワシリー)」マルセル・ブロイヤー 1925年
Photo:知識たかし

atelier-muji-ginza_nagakuikiru_05

「タトリンチェア」ウラジミール・タトリン 1927年
Photo:知識たかし

atelier-muji-ginza_nagakuikiru_06

「Z-Chair」エリック・マグヌッセン 1960年代
Photo:知識たかし

atelier-muji-ginza_nagakuikiru_07

「CCC」川上元美 1985年
Photo:知識たかし

atelier-muji-ginza_nagakuikiru_01

(c)ATELIER MUJI GINZA2019
長く生きる。 “DNA”を繋ぐ50脚の椅子」展 ―永井敬二コレクションより―
会期:2019年7月26日(金)~11月24日(日) 10:00~21:00
会場:無印良品 銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Gallery1/東京都中央区銀座3-3-5
入場料:無料
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
マスターウォールのアイコン「WILDWOOD」発売20周年記念! ゴールドレッグの限定モデル登場 https://tabroom.jp/contents/byitem/dining-table/wildwood_20th_limited_model_gold-leg/ Tue, 23 Jul 2019 02:56:55 +0000 wildwood_20th_limited_model_gold-leg_01
2019年12月31日までの限定生産モデル

家具メーカー・アカセ木工による家具ブランド・MASTERWAL(マスターウォール)から「WILDWOOD 20th Limited Model 『GOLD LEG』」が限定受注販売されています。

マスターウォールを代表する家具シリーズ「WILDWOOD」の発売20周年記念モデル。アニバーサリーに相応しいお祝いカラー、マットなゴールドの塗装を施したスチールレッグを使用しています。

天板は定番品と同じく、節や白太が入らず木目が美しい希少な無垢材のウォールナット。ゴールドといっても艶がない落ち着いたトーンのため天板の深い色合いとマッチします。

対応商品は「WILDWOODダイニングテーブル(H720㎜ / 天板厚26㎜)」と「WILDWOOD THICK31 ダイニングテーブル(H725㎜ / 天板厚31㎜) 」。それぞれ幅は1000㎜から2400㎜まで200㎜刻み、奥行きは650㎜、845㎜、900㎜の3タイプと、豊富なバリエーションの中から選ぶことができます。

2019年12月31日までの限定受注販売です。

wildwood_20th_limited_model_gold-leg_02
 
wildwood_20th_limited_model_gold-leg_03

スチールレッグの塗装は、ゴールドでもマットでインテリアに馴染みやすいカラー。

wildwood_20th_limited_model_gold-leg_04

購入特典として数量限定でプレゼントされるオリジナルデニムエプロン

wildwood_20th_limited_model_gold-leg_05

WILDWOOD® 20th Limited Model 「GOLD LEG」
受注期間:2019年5月10日(金)~12月31日(火)
受注方法:マスターウォール直営店、マスターウォール商品販売店、マスターウォールオンラインストア
価格:対応商品定価+3万円(税抜)
対応商品:各奥行900mmまで
     WILDWOODダイニングテーブル(H720mm) 12万2000~27万円(税抜)
     WILDWOOD THICK31 ダイニングテーブル(H725mm) 17万~33万5000円(税抜)
仕様:天板/ウォールナット無垢 / オイルワックス仕上げ
   スチール脚(ゴールド)/スチール / ウレタン塗装
   アジャスター付
詳細:https://www.masterwal.jp/products/detail/1115
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
アカプルコシリーズに限定の「ディープシーグリーン」と「ジンクブラック」 https://tabroom.jp/contents/byitem/chair/acapluco_deep-sea-green_zinc-blackb/ Tue, 23 Jul 2019 02:49:45 +0000 acapluco_deep-sea-green_zinc-blackb_01
 
METROCS(メトロクス)から、人気のアカプルコシリーズの数量限定モデル「ディープシーグリーン」と「ジンクブラック」が発売されています。

「ディープシーグリーン」は、2019年の数量限定カラー。光の当たり方によって、黒く見えたり青緑に見えたりと、その名の通り深い海のように変化する魅力的なカラーです。ダークトーンでインテリアに取り入れやすく、特に植物のグリーンやグレーのファブリックとの相性が良いとのこと。アカプルコチェアアカプルコロッキングチェア、各仕様50台、計限定100台の生産となります。

「ジンクブラック」は、メトロクスだけの別注モデル。メトロクスの直営店(東京店札幌店・オンラインショップ)のみでの販売で、アカプルコチェアとアカプルコロッキングチェア、各仕様10台、計限定20台です。亜鉛メッキ塗装が施されたスチールフレームにブラックのコードを巻いたメンズライクな仕上げ。これまでのアカプルコシリーズにはない無骨で味わい深い表情の一脚です。

acapluco_deep-sea-green_zinc-blackb_02

青みが残るダークトーンの「ディープシーグリーン」。

acapluco_deep-sea-green_zinc-blackb_03

左:アカプルコチェア ディープシーグリーン
右:アカプルコロッキングチェア ディープシーグリーン

acapluco_deep-sea-green_zinc-blackb_04

「ジンクブラック」は、亜鉛メッキ塗装が施されたスチールルロッドにブラックのコードを巻いた仕上げ。

acapluco_deep-sea-green_zinc-blackb_05

鈍い光沢を放つジンクのフレーム、粗さが残る表情に。

acapluco_deep-sea-green_zinc-blackb_06

左:アカプルコチェア ジンクブラック
右:アカプルコロッキングチェア ジンクブラックン
アカプルコチェア ディープシーグリーン
サイズ:W630 × D890 × H965(SH380)㎜
材質:本体 スチールロッド(メラミン焼付塗装)
   背・座面 PVC(ポリ塩化ビニル)
   脚部 ゴムキャップ付
価格:5万4000円(税込)
 
アカプルコロッキングチェア ディープシーグリーン
サイズ:W765 × D750 × H730(SH380)㎜
材質:本体 スチールロッド(メラミン焼付塗装)
   背・座面 PVC(ポリ塩化ビニル)
価格:5万4000円(税込)
 
アカプルコチェア ジンクブラック
サイズ:W630 × D890 × H965(SH380)㎜
材質:本体 スチールロッド(メラミン焼付塗装)
   背・座面 PVC(ポリ塩化ビニル)
   脚部 ゴムキャップ付
価格:5万4000円(税込)
販売店:メトロクス直営店(東京店札幌店・オンラインショップ)のみ
 
アカプルコロッキングチェア ジンクブラック
サイズ:W765 × D750 × H730(SH380)㎜
材質:本体 スチールロッド(メラミン焼付塗装)
   背・座面 PVC(ポリ塩化ビニル)
価格:5万4000円(税込)
販売店:メトロクス直営店(東京店札幌店・オンラインショップ)のみ
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
アクタスのすべてを体感できる展示「大アクアス博」2日限りの開催! https://tabroom.jp/contents/event/dai_actus_haku/ Tue, 23 Jul 2019 02:46:23 +0000 dai_actus_haku_01
本イベント限定のアニバーサリーグッズ販売も

2019年7月27日(土)・28(日)の2日間、東京表参道の「アクタス・青山店」にて、「ACTUS ART MUSEUM 大アクタス博 1969-2019 Beyond50」が開催されます。

インテリアショップ・ACTUS(アクタス)がオープンして今年で50年を迎えることを記念したイベント。日本のモダンインテリアを牽引してきたアクタスの歴史を振り返り、未来も語る、アクタスのすべてを体感できる展示です。

展示のテーマは「過去の50年間に敬意をもち、未来のアクタスを創っていく」。1969年に7人で始めた小さな北欧輸入家具店「ヨーロッパ家具・青山さるん」から現在までのエピソードを、50年分の写真や当時の販促ツールなどのグラフィック、エポックメイキングとなった商品、ノベルティグッズ、映像を使って紹介します。

未来を語るコンテンツでは、現役スタッフ700人が好き勝手に考えた「アクタスの未来予想図」、そしてアクタス代表と松浦弥太郎さん他さまざまな分野の著名人との対談「あの人と語るこれからのアクタス」を映像で紹介。100年目に向かうアクタスの姿を見て取ることができます。

会場には、巨匠・ハンス・J・ウェグナーに、アクタスが依頼し、熱海・MOA美術館のためだけに作られた椅子「JAPAN CHAIR」や、お茶の水・山の上ホテルのラウンジにアクタスが納めたノルウェー・バットネ社のソファなど貴重な家具も集結。

またミュージアムグッズとして、現行で買えるアクタスのエポックとなった製品のほかに、本会場でしか購入できないアニバーサリーグッズが販売されます。

豊かな暮らしを考え提案し続けてきたアクタスの精神が凝縮された展示。2日間限りですのでお見逃しのないよう足を運んでみてください。

dai_actus_haku_02

左:アクタスの前身「青山さるん」の創業当時の新聞広告。アートディレクター、1964年の東京オリンピックの第2号・第3号のポスターフォトディレクションをつとめた村越襄氏。
右:アクタスは1970~80年代にかけてIKEAの日本総代理店を行っていた当時のカタログ。日本のマーケットに初めてIKEAを紹介したのはアクタスでした。

dai_actus_haku_03

デンマーク家具デザインの巨匠ハンス・J・ウェグナーに、アクタスが依頼し、熱海・MOA美術館のためだけに作られた椅子「JAPAN CHAIR」。一般流通をすることはありませんでした。

dai_actus_haku_04

1969年の創業時のカタログに掲載されたノルウェー・バットネ社のソファ。多くの文豪が集い寛いだお茶の水・山の上ホテルのラウンジにアクタスが納めたものです。

dai_actus_haku_05

左:minä perhonen(ミナ ペルホネン)のデザイナー・皆川明氏のファブリックを、家具として初めて採用したフリッツハンセン社のスワンチェア
右:80年代カントリー家具ブームの中で、ひと際個性あふれる手書きのタイルが一世を風靡し、当時のアクタスのベストセラーとなったスペイン・バレンシア地方の家具「MADES」。
ACTUS ART MUSEUM 大アクタス博 1969-2019 Beyond50
会期:2019年7月27日(土)・28(日) 11:00~18:00
会場:アクタス・青山店
入場料: 無料
※本イベントのため、アクタス・青山店は7月22日(月)~26日(金)、29日(月)~31日(水)休業
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
ルイスポールセンが夏至の夜に一般向けセミナーを開催! https://tabroom.jp/contents/event/louispoulsen-201906-seminer/ Tue, 18 Jun 2019 02:13:15 +0000 louispoulsen-201906-seminer_001
夕暮れを楽しむための照明セミナー

2019年6月22日(土)、東京六本木の「ルイスポールセン ショールーム」にて「ルイスポールセン特別企画エンドユーザー向け照明セミナー デンマークの夏至の光と、食卓を囲むあかり」が開催されます。

PHシリーズなど数多くの名作を生み出してきた北欧デンマーク照明ブランド・Louis Poulsen(ルイスポールセン)による、照明使いのポイントを学べるセミナー。

同様のセミナーが過去7回開催されてきましたが、世界的なブランドが一般向けに開催する貴重な機会とありいずれも満席の好評なセミナーです。

今回は、ライフスタイルショップ・LIVING MOTIF(リビング・モティーフ)と協力。夏至の開催ということで、夕暮れを楽しむためにダウンライトやスポットライトを減らしたデンマークの家庭的なしつらえを同ショップのB1フロアで紹介します。

デンマークは緯度が高いため、夏になると夕焼け空から濃いブルーの夜空へ変わる「ブルー・アワー」を数時間にわたって楽しめます。この美しいひとときは、家族や友人とともに自宅で食卓を囲みながらゆっくり過ごす大切な時間に。

短い時間ですが日本でも夕刻には薄明るいブルーの空の下、暖かみのあるイエローの照明との補色関係が調和。一日のうちで、室内が最も美しく映えるこのひとときを、デンマークの実例を参考により心地よく過ごしてみてはいかがでしょうか。

当日は爽やかな飲み物が用意され、リラックスしながら夕暮れを楽しむ照明使いのポイントを学ぶことができます。気になる方はお早めにお申し込みください。

louispoulsen-201906-seminer_005
 
louispoulsen-201906-seminer_002
 
louispoulsen-201906-seminer_003
 
louispoulsen-201906-seminer_004

ルイスポールセン特別企画エンドユーザー向け照明セミナー デンマークの夏至の光と、食卓を囲むあかり
日時:2019年6月22日(土) 17:15~18:20
   17:15~18:00 スライドセミナー
   18:10~リビング・モティーフ案内
   18:20 自由解散
会場:ルイスポールセン ショールーム
定員:25名(先着順。定員になり次第、申込受付締切)
詳細・申し込み:こちら
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]> もう行った? アクタス吉祥寺店のコンセプトは「The Regional Store」 https://tabroom.jp/contents/shop/actus-kichijoji/ Tue, 11 Jun 2019 10:37:33 +0000 ACTUS-kichijoji_00
「SLOW HOUSE」の商品も

東京吉祥寺に2018年7月20日(金)にオープンした「アクタス・吉祥寺店」。ACTUS(アクタス)直営店29店舗目にして、吉祥寺エリア初出店の注目店舗です。

ショップのコンセプトは「The Regional Store」。訪れる方が「私のための店」「ここだけの店」と感じるような地域の人々に愛されるアイテムをラインナップ。定期的に開かれるポップアップショップやイベントを通じて、心地よい暮らしを提供するコミュニティの場となるような店づくりがされています。

売場は1、2階の2フロア構成で、作り手の顔が見える製品で編集された「SLOW HOUSE」の商品も取り揃えます。

ぜひ吉祥寺店ならではの提案をご体感ください。

ACTUS-kichijoji_01
 
ACTUS-kichijoji_02
 
ACTUS-kichijoji_03
 
ACTUS-kichijoji_04

アクタス・吉祥寺店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目2-6
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
「蚤の市」と「もみじ市」が初タッグ! 手紙社の注目イベント、札幌で開催 https://tabroom.jp/contents/event/sapporo-nomi-momi_2019/ Tue, 11 Jun 2019 10:29:21 +0000 sapporo-nomi-momi_2019_02
「北欧市」「豆皿市&箸置き市」なども同時開催

2019年6月15日(土)・16日(日)の2日間、北海道札幌の「札幌競馬場」にて、「札幌蚤の市&札幌もみじ市」が開催されます。

人気マーケットイベントを主催する手紙社の「蚤の市プロジェクト」と「もみじ市」が、初めて手を取り合う注目イベント。「蚤の市」は北海道初開催となります。

古き良きものを次の担い手へと繋ぐお店が集まる「蚤の市」では70組以上、第一線で活躍するクリエイターが集まる「もみじ市」では40組以上が出店します。

アンティーク家具や雑貨、食器、キッチンツール、テキスタイル、ファッションなどのお買い物だけでなく、パンやスイーツなどの絶品フード、ワークショップやライブパフォーマンスなども充実。子どもから大人まで満喫できます。

また、北欧の雑貨が集まる「北欧市」や作家の個性が光る「豆皿市&箸置き市」など人気のエリアも登場予定。1日かけても回りきれないほどの内容になることでしょう。

2006年から始まった「もみじ市」以来、手紙社が付き合いを重ねてきた選りすぐりのお店やクリエイターが、全国から集まる濃い2日間です。

sapporo-nomi-momi_2019_03

「もみじ市」には、陶芸家、木工家、金工家、イラストレーターなどが集結します。

sapporo-nomi-momi_2019_04

テキスタイル、工芸品、雑貨など北欧の豊かなデザインが集う「北欧市」は毎回特に多くの人で賑わいます。

sapporo-nomi-momi_2019_05

手のひらサイズの作品の中に作家の個性がつまったアイテムが並ぶ「豆皿市&箸置き市」。

sapporo-nomi-momi_2019_06

美味しいのはもちろん、見た目も楽しめるおやつが並ぶ「おやつ通り」も登場。

sapporo-nomi-momi_2019_07

「花マルシェ」には色とりどりの生花や、ドライフラワー、多肉植物などが鮮やかに来場者を出迎えます。

sapporo-nomi-momi_2019_08

札幌蚤の市&札幌もみじ市
会期:2019年6月15日(土)・16日(日) 9:15~16:00
会場:札幌競馬場/札幌市中央区北16条西16-1-1
入場料:無料
※荒天の場合をのぞき雨天決行
※ペットを伴っての入場禁止
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
ゴールドが効いた限定品! マリメッコ「Oiva」の10周年記念コレクション販売中 https://tabroom.jp/contents/bybrand/marimekko/oiva_10th_anniversary/ Tue, 11 Jun 2019 10:23:19 +0000 oiva_10th_anniversary_01
ゴールドアクセント&新作プリント

Marimekko(マリメッコ)から、「Oiva 10周年コレクション」が販売されています。

マリメッコの定番テーブルウェア「Oiva(オイヴァ)」が2019年に誕生から10年のアニバーサリーイヤーを迎えることを記念したアイテム。

「Oiva」はフィンランド語で「最高」の意味を持ち、「たとえ100年先でも使えて、マリメッコの大胆なプリントに完璧に合うテーブルウェアを」と依頼を受けたマリメッコのデザイナー・Sami Ruotsalainen(サミ・ルオッツァライネン)がフォルムをデザインしました。 そして、イラストレーターでデザイナーのMaija Louekari(マイヤ・ロウエカリ)が、「Siirtolapuutarha (シイルトラプータルハ)」柄や「Räsymatto(ラシィマット)」柄など、フォルムを引き立てるパターンを作画し、遊び心に満ち溢れたテーブルウェアコレクションとして誕生しています。

本コレクションでは、マグプレートといった一部のOivaアイテムの中にゴールドを効かせて上品に10周年をお祝い。「Rasymatto」柄のテキスタイルにもゴールドをあしらっています。

さらに「Siirtolapuutarha」柄には、新作パターンとして、百花繚乱の「Elakoon elama(エラコーン・エラマ )」をMaija Louekariが描き下ろしています。

気取らずさりげないアクセントになる「Oiva 10周年コレクション」。毎日の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

oiva_10th_anniversary_02

「Siirtolapuutarha コーヒーカップ」価格:2700円(税抜)

oiva_10th_anniversary_03

「Siirtolapuutarha プレート 20cm」価格:4800円(税抜)

oiva_10th_anniversary_04

「Siirtolapuutarha マグカップ」価格:2500円(税抜)

oiva_10th_anniversary_05

「Oiva Deep ディーププレート」価格:5300円(税抜)

oiva_10th_anniversary_06

「Oiva マグカップ」価格:2800円(税抜)

oiva_10th_anniversary_07

「Elakoon Elama マグカップ」価格:2500円(税抜)

oiva_10th_anniversary_08

「Elakoon Elama プレート 20cm」価格:4500円(税抜)

oiva_10th_anniversary_09

「Elakoon Elama プレート 8,5cm」価格:2200円(税抜)

oiva_10th_anniversary_10

「Elakoon Elama プレート 32cm」価格:1万2000円(税抜)

oiva_10th_anniversary_11

デザイナーのSami Ruotsalainen(左)とMaija Louekari(右)。
Oiva 10周年コレクション
発売中
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]> 1950~70年代の仕事をメインに紹介! エットーレ・ソットサス展、開催中 https://tabroom.jp/contents/event/ettore-sottsass_1950-70s-works/ Thu, 30 May 2019 10:33:30 +0000 ettore-sottsass_1950-70s-works_01
メトロクス東京のコレクションも展示

2019年5月23日(木)から6月15日(土)まで、東京新橋の「メトロクス東京」にて、「エットーレ・ソットサス 1950-70’s Works」が開催されています。

デザイン界の巨匠・Ettore Sottsass(エットーレ・ソットサス)の1950~70年代の仕事をメインに紹介。ポストモダニズムの中で支持された鮮やかで個性的な造形の家具や陶器が一堂に会します。

80年代のデザイン界を圧巻したデザイナー集団・Memphis(メンフィス)での活動が知られるソットサス。その独自の世界観を形成するものの一つに、1950年代半ば、イタリアの老舗陶器メーカー・Bitossi(ビトッシ)での作陶経験がありました。

そのBitossiで手掛けた陶器シリーズを中心に、Olivetti(オリベッティ)のタイプライターやオフィス家具シリーズ「Synthesis(シンテシス) 45」、Poltronova(ポルトロノーヴァ)の家具シリーズ「Tecnika(テクニカ)」などの貴重なヴィンテージアイテムを展示・販売。併せて「メトロクス東京」が保有するコレクションの一部も展示されます。

デザイナーとしての初期作品からメンフィスに至るまでの変遷、またOlivettiをはじめとした企業での堅実なデザインなどソットサスのさまざまな仕事を見て取れる機会です。

展示を通じてソットサスの一貫したデザイン哲学を感じ取ってみてください。

ettore-sottsass_1950-70s-works_02

Bitossi:デザインシリーズ/1956年~

ettore-sottsass_1950-70s-works_03

Olivetti:タイプライター「Valentine(ヴァレンタイン)」/1964年

ettore-sottsass_1950-70s-works_04

Olivetti:オフィス家具シリーズ「Synthesis 45(シンテシス45)」/1972年

ettore-sottsass_1950-70s-works_05

Poltronova:家具シリーズ「Tecnika(テクニカ)」/1970年

ettore-sottsass_1950-70s-works_06

Alessio Sari(アレッシオ・サリ):Indian Memory series(インディアンメモリーシリーズ)/1972年
エットーレ・ソットサス 1950-70’s Works
会期:2019年5月23日(木)~6月15日(土)
会場:メトロクス 東京店
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
今週末は280組が出展する国内最大規模のクラフト市「クラフトフェアまつもと2019」 https://tabroom.jp/contents/event/craftfair-matsumoto-2019/ Fri, 24 May 2019 11:31:00 +0000 craftfair-matsumoto-2019_01
松本市内が盛り上がる「工芸の五月」

2019年5月25日(土)・26日(日)の2日間、長野県松本市の「あがたの森公園」にて「クラフトフェアまつもと2019」が開催されます。

「工芸の街」として発展し続ける松本で、1985年から毎年開催され国内最大規模へと成長したクラフトマーケットイベント。35回目となる今回はフードなども含めると280組ものつくり手が出展します。

工芸作家のジャンルは、木工や陶磁をはじめ、染織、フェルト、ガラス、金属、皮革などさまざま。⾧野県内だけでなく全国から集結した工芸作家と対話しながら、個性豊かな作品に触れたり購入したりできるのが魅力です。

また今年も同時期に「工芸の五月」として、「クラフトスクエア」「工芸の庭」「六九クラフトストリート」など市内各所で工芸関連のイベントが開催されます。

生命感溢れる濃い緑に包まれクラフトで盛り上がる松本へぜひお出かけください。

▽過去開催時の様子
craftfair-matsumoto-2019_02
 
craftfair-matsumoto-2019_03
 
craftfair-matsumoto-2019_04
 
craftfair-matsumoto-2019_05
 
craftfair-matsumoto-2019_06
 

craftfair-matsumoto-2019_08
クラフトフェアまつもと2019
会期:2019年5月25日(土)・26日(日) 11:00~17:00(26日9:00~) ※雨天決行
会場:あがたの森公園/長野県松本市県(あがた)3-2102-15
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
史上最多! 250組以上が集まる「第15回 東京蚤の市」は大井競馬場で開催 https://tabroom.jp/contents/event/15th-tokyonominoichi/ Fri, 10 May 2019 10:43:29 +0000 15th-tokyonominoichi_02
 
2019年5月11日(土)・12日(日)の2日間、東京大井町の「大井競馬場」にて、「第15回 東京蚤の市」が開催されます。

選りすぐりの古き良きものたちが集まるマーケットイベント。回を重ねるごとに見所が増し、15回目を迎える今回はより広い会場にお引越し。250組を超える出店者&出演者と過去最大規模のボリュームになります。

全国の目利きが世界中からセレクトした古道具や古雑貨、古書、古着など、思わず見入ってしまう古い品々がずらりと並ぶほか、今回も人気企画が満載。「東京北欧市」・「東京豆皿市&箸置き市」をはじめ、「花マルシェ」や「リュックサック・バザール」、「キッズアーケード」、「ランプマーケット」、オリジナルの絵を好きなアイテムに活版印刷できるなどのワークショップなど目白押しです。

さらに「世界のお茶」をテーマにした新エリア「世界のティールーム」も登場。その名の通り、日本茶や紅茶、チャイ、中国茶、茶菓子などのお店が集まるエリアで世界のお茶文化を味わうことができます。

お買い物に疲れたら、多彩なフードでお腹を満たしたりアーティストによるライブを見たりしながら一息。キッズステージでは、親子で楽しめる参加型のショーが予定されているので、子どもから大人まで幅広い世代が楽しむことができます。

ゴールデンウィーク明け最初の週末。暮らしに彩りをプラスしてくれるアイテムを探しながら、ピクニック気分で1日のんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

15th-tokyonominoichi_03

時代を超えやってきた味のある一品を扱う出品者が、今回は史上最高となる250組以上集います。

15th-tokyonominoichi_04

「東京おやつ通り」には見た目でもハートを掴むスイーツがたくさん。

15th-tokyonominoichi_05

「花マルシェ」では多彩な花の提案に触れることができます。
15th-tokyonominoichi_06
今回から「世界のお茶」をテーマにした新エリアが登場。手軽に楽しめる新しいスタイルの日本茶やほっと一息つきたいときに飲みたい紅茶、心も体も芯から温めてくれる中国茶、そしてお茶のお供にしたい茶菓子など、世界のお茶に纏わる出店者がやってきます。
15th-tokyonominoichi_07
毎回恒例の「東京北欧市」。日常が明るく楽しくなるデザインのアイテムが溢れかえります。
15th-tokyonominoichi_08
「東京豆皿市&箸置き市」では、手紙社が厳選した60組のつくり手たちによる豆皿と箸置きが並びます。
第15回 東京蚤の市
会期:2019年5月11日(土)・12日(日) 11:00~19:00
会場:大井競馬場/東京都品川区勝島2-1-2
入場料:700円(小学生以下無料)
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
KAK デザイングループ考案、杉を使った軽くて機能美あふれるDIY家具を紹介 https://tabroom.jp/contents/event/sugino-diy_design-ten/ Mon, 29 Apr 2019 02:39:19 +0000 sugino-DIY_design-ten_0001
連動企画でワークショップやトークイベントも

2019年4月25日(木)から5月7日(火)まで、東京新宿の「リビングデザインセンターOZONE 5F 暮らしのかたち、特設会場」にて、「杉のDIY デザイン展」が開催されます。

DIY書籍『杉でつくる家具』(グラフィック社)の出版記念イベント。デザイナーの秋岡芳夫・河潤之介・⾦⼦⾄による工業デザイン事務所・KAK デザイングループが、杉の特性を考慮してデザインしたDIY家具と関連資料が展示されます。

本書は、1953年に発⾏された『アイディアを⽣かした家庭の工作』(KAK デザイングループ編著)を、現代の暮らしに合わせてアレンジ。原著に掲載されているミニマルで機能的な木製DIY家具の中から24点をセレクトし、椅子・テーブル・収納家具の3章に分けて紹介しています。

会期中は『杉でつくる家具』や持ち帰り可能な杉のスツールキットなどを販売するほか、連動企画として、「東京の杉のスツールを作るワークショップ」や、針葉樹の家具デザインに関するトークイベントも開催予定です。

日増しに暖かくなり、DIYにトライするのにぴったりな季節です。本展を参考に、工業デザイナーたちが生み出した機能美あふれるデザインの家具をつくってみてはいかがでしょうか。

sugino-DIY_design-ten_002

KAK デザイングループの3人。左から河潤之介、秋岡芳夫、金子至。
写真提供:モノ・モノ
杉のDIY デザイン展
会期:2019年4月25日(木)~5月7日(火) 10:30~19:00
会場:リビングデザインセンターOZONE 5F 暮らしのかたち、特設会場
入場料:無料
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
『a quiet day』がキュレーション! デンマークのクラフトが代官山 蔦屋書店に集結 https://tabroom.jp/contents/event/nordic_words_and_crafts_from_denmark/ Sat, 27 Apr 2019 13:08:22 +0000 nordic_words_and_crafts_from_denmark_01
言葉とモノでクリエイターの個性を表現

2019年5月9日(木)まで、東京代官山の「代官山 蔦屋書店」にて、「NORDIC WORDS & CRAFTS fromDENMARK」が開催されています。

2015年から年複数回発行されているインディペンデントマガジン『a quiet day』がキュレーションするフェア。

a quiet dayでは毎号、北欧のクリエイターにインタビューし、彼らの内面性や考えていることなどを紹介していますが、その中から今回はデンマークを拠点に活躍するクリエイターにフォーカス。彼らが生み出すクラフトやアートが会場に集結します。

クラフトやマガジン、ノートブック、アートなど、クリエイターの感性をアウトプットしたプロダクトと併せて、マガジンのインタビューで特に印象に残る彼らの言葉も紹介するのが本フェアの特徴です。

言葉とモノとの関係性から、クリエイターの個性やマインドを表現。つくり手のことを知ると、そのプロダクトに一層の愛着が湧くことでしょう。

デンマークのクリエイターたちのプロダクトと共にa quiet dayのバックナンバーも販売されます。フェアを通して、ほかの北欧のクリエイターについても知りたくなったら、ぜひバックナンバーを手に取ってみてください。

nordic_words_and_crafts_from_denmark_02

日本初上陸となるカップ「PROLOG cup」は、『a quiet day』がコンダクターとなり2019年のデンマークのバリスタチャンピオン・JonasとSebastian擁するProlog Coffee Barと、デンマークのボーンホルム島の陶芸アーティスト・Oh Oakとのコラボレーションアイテム。日本の煎茶の湯のみからインスパイアされているそう。

nordic_words_and_crafts_from_denmark_03

世界的なライフスタイルマガジンブームを牽引してきた『Kinfolk』の一時代を築いたメンバーを中心に発行しているのが、デンマーク発のマガジン『Sindroms』。1号丸々使って、Red、Yellow、Whiteといった特定の色をテーマに据えたコンテンツをキュレーションし、編集しているのが特徴です。

nordic_words_and_crafts_from_denmark_04

スニーカーやレコードを集め、夜はDJをして昼夜逆転した生活をしているMartinと建築事務所で働く妻・Stineが立ち上げたアートギャラリーのCAN Family。彼らの代表的なアートポスターシリーズの「Double eys」と「Portraits」コレクション。

nordic_words_and_crafts_from_denmark_05

ノートブックブランド「VITA Notebook(NOTEM Studio)」。世に溢れかえる情報、そしてそれらのデジタル化が進む中で、人々が様々なことからインスピレーションを得てインプットし、アウトプットしていく循環を「ノート」をきっかけに作っていくために生まれました。
nordic_words_and_crafts_from_denmark_06
記念すべき10号目となる最新号『a quiet day ISSUE 2018 October』では、「FUTURE」をテーマに、北欧を中心としたクリエイターたちが考えている「未来」について特集しています。
NORDIC WORDS & CRAFTS fromDENMARK
会期:2019年4月10日(水)~5月9日(木) 7:00~26:00
会場:代官山 蔦屋書店 3号館1階 マガジンストリート/東京都渋谷区猿楽町17-5
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
過去最大規模に!「赤坂蚤の市」5周年スペシャル企画に200店以上集結 https://tabroom.jp/contents/event/akasaka-nominoichi_5th_anniversary/ Sat, 27 Apr 2019 13:05:33 +0000 akasaka-nominoichi_5th_anniversary_03
 
2019年4月28日(日)・29日(月・祝)の2日間、東京赤坂の「アークヒルズ アーク・カラヤン広場」にて、「赤坂蚤の市 in ARK HILLS ~5th Anniversary~」が開催されます。

ヨーロッパの蚤の市さながらの雰囲気を楽しめるマーケットイベント「赤坂蚤の市」の5周年を祝う特別企画。毎月第4日曜日に定期開催されていますが、今回は初の2日間開催。開催時間を通常より2時間拡大し、さらに過去最大規模となる200店舗以上が軒を連ねます。

2日間それぞれでテーマが異なり、28日は「アンティーク&ヴィンテージファッションDay」。西洋を中心としたアンティークを扱うお店のほか、「ANATOMICA」や「MHL.」などの有名アパレルブランド、「Fatima Morocco」や「BEAMS Planets」などの独自の世界観を展開する人気セレクトショップも軒を連ね、こだわりの品々はもちろん、通常の店舗では手に入らない商品に出会えます。

29日は「アンティーク&クラフトDay」。アンティークアイテムに加え、クラフト作家が手がけるアクセサリーや雑貨が集結します。

またアンティークショップ「JOGLAR」や「DOANOB」、「izaura」、「ECLECTIC USED STORE」、「RITA brocante」によるファニチャーエリアが登場。椅子テーブルをはじめ、ドアなどの建具や店舗用什器、インダストリアル照明などが揃うので、新生活のインテリアを揃えきれていない方にもオススメです。

思いがけない本と出合える移動式本屋「BOOK TRUCK」の出店も。そして、初出店の3店舗を含む話題の9店舗がキッチンカーで登場。予約の取れない名店の料理からスイーツ、自然派ワイン、クラフトビール、コーヒーまで、気持ちの良い野外で味わえます。

各日で出店舗が異なるため、両日来場しても飽きることがありません。アニバーサリーにふさわしい豪華な2日間をお楽しみください。

akasaka-nominoichi_5th_anniversary_04

会場には、アンティークファニチャーエリアも登場。

akasaka-nominoichi_5th_anniversary_05

かつて目黒の人気レストラン・BEARDのオーナーシェフも務めた原川慎一郎氏をはじめ、今話題の9店舗がキッチンカーにお目見えします。

akasaka-nominoichi_5th_anniversary_06

関東を中心に様々な場所に出店する移動本屋「BOOK TRUCK」が、特注のトラックに新刊書、古書、洋書、リトルプレス、雑貨などを詰め込んで赤坂蚤の市に登場します。

akasaka-nominoichi_5th_anniversary_07

好きな花でオリジナルボタニカルキャンドルを制作できる「オリジナルアロマキャンドル・サシェづくり by honeycandle」など、多彩なワークショップを開催。

akasaka-nominoichi_5th_anniversary_08

ジャンルを超えて心に響く音楽を表現する「KENKOU」が両日、ジャンルにとらわれない心に響く音楽セレクトで、蚤の市を大いに盛り上げます。

akasaka-nominoichi_5th_anniversary_09

作曲家・城隆之氏のソロプロジェクト「no.9」と、彼が率いるバンドセットのギタリストでもあり、作曲家でもある伊藤智也氏とのギターデュオ「Tomoya Ito × no.9 Guitar Duo」は29日(月・祝)のみの演奏。
Photo:Takshi Yoshimura
赤坂蚤の市 in ARK HILLS ~5th Anniversary~
会期:2019年4月28日(日)・29日(月・祝) 10:00~18:00
   ※雨天決行、荒天中止
会場:アークヒルズ アーク・カラヤン広場/東京都港区赤坂1-12-32
入場料:無料
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
初の子ども向けのイベント! 手紙社が子どもに贈る“とっておき”が集結 https://tabroom.jp/contents/event/tegamisha_kodomonohi/ Sat, 27 Apr 2019 13:01:56 +0000 tegamisha_kodomonohi_01
会場は5つのエリアで構成

2019年4月27日(土)・28日(日)の2日間、東京浅草の「東京都立産業貿易センター 台東館」にて、『手紙社の「こどもの日」』が開催されます。

「もみじ市」や「東京蚤の市」などを主催する手紙社が子どもにフォーカスした初めてのイベント。手紙社が今、子どもに体験して欲しいライブやワークショップ、絵本、グッズが集結します。

会場は5つのエリアで構成。絵本作家と触れ合える「えほんの森」をはじめ、昆虫のブローチや花のカチューシャなどのワークショップに挑戦できる「こうさくのまち」、手紙社が選りすぐったグッズやフードが勢揃いする「こどもマーケット」、光と影に戯れられる「くらやみの館」、そしてパフォーマーが出演する「うたとことばの広場」と、子どもだけでなく大人も刺激をもらえる内容です。

第一線で活躍する様々なジャンルのクリエイターと触れ合うことができる貴重な機会。普段とはまったく違うクリエイティブな世界に触れ、子どもにとって印象的な思い出になることでしょう。

盛りだくさんの内容でゴールデンウィーク初めから家族でめいっぱい楽しめます。家族揃ってお出掛けください。

tegamisha_kodomonohi_03

思わず手に取りたくなってすまうとっておきのアイテムが集まった「こどもマーケット」。ふわふわのカステラに、気持ちが華やぐパステルカラーのアイシングクッキー、ユニークで歌いたくなるドーナッツ。さらには天然木の積み木や、お出かけが楽しくなりそうな帽子と、ひとつブースを訪れるごとに、素敵なアイテムとの出会いが待っています。

tegamisha_kodomonohi_04

「くらやみの館」では、薄暗いテントの中にアニメーションを見ることができるくるくる回る玩具や、ページの上で影が動き回る仕掛け絵本が登場。

tegamisha_kodomonohi_05

「うたとことばの広場」のステージには、2日間に渡ってみんなを笑顔にしてくれるパフォーマーがやって来ます。異国の古楽器の音色が奏でられる演奏会や、愛くるしい動物が動き回る人形劇など。
手紙社の「こどもの日」
会期:2019年4月27日(土)・28日(日) 10:00~17:00
会場:東京都立産業貿易センター 台東館 7F 展示室/東京都台東区花川戸2-6-5
入場料:500円(1歳以下無料)
▽出展者
・こうさくのまち
atelier coin / あべゆい / iriki / udu / mt -masking tape- / かみのぼうしやさん / ザリガニワークス / 島塚絵里 / シモオオゾノミホ / soror factory / Tiny N / 高旗将雄 / CHATOY チャットイー / 手あそびトンタタ / ~春のさんぽ道~ / norioはんこ店 / feltico 麻生順子 / papernica (ペパニカ) / ぺぱぷんたす / まるばやしさわこ / MILKTOOTH WORLD / 良原リエ(28日) / レトロ印刷JAM and more
・こどもマーケット
UKIYO / うふふなおやつ and Bake(27日) / オークヴィレッジ / kata kata / こどもパン / DE CARNERO CASTE / \出かけるおもちゃ屋/そのつ森 / 手紙舎 雑貨店 / 十布 / trne × RESONASON / ニジノ絵本屋 / HUGSY DOUGHNUT / First shoes komako kutsu(28日) / 本とコーヒー tegamisha and more
・えほんの森
齋藤 槙(27日) / 柴田ケイコの絵本 / はらぺこめがね / 福田利之 / ほそいさつきの絵本とitotoの手しごと / miyauni(みやうに) / わたなべちなつ
・くらやみの館
ANIMATION THEATRE / 1Silhouette Books
・うたとことばの広場
おむすびひろば
エリック・ジェイコブセン(27日)
良原リエ with ねずみのシーモアの音遊び(27日)
 出演:良原リエ(音楽)、山田はるか(人形操演)、 福田利之(読み聞かせ)
ニジノ絵本屋 × The Worthles(ワースレス)(28日)
ロバの音楽座 with 松本野々歩(28日)
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
「東京と世界」がテーマ! ほぼ日「生活のたのしみ展」第4回は丸の内3エリアで開催中 https://tabroom.jp/contents/event/seikatunotanoshimi-4th/ Thu, 18 Apr 2019 15:57:40 +0000 seikatunotanoshimi-4th_001
 
2019年4月17日(水)から21日(日)までの5日間、東京丸の内の「丸の内仲通り」をはじめとしたエリアにて、「第4回 生活のたのしみ展」が開催されています。

コピーライターの糸井重里氏が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」による「お買いものフェス」のようなイベント。開催の度にお店が同じ顔ぶれにならないことを目指していて、今回出店する60店舗もそのうち32店舗は初出店です。

第4回は「東京と世界」がテーマ。世界のわくわくするものを東京に、そして日本中の魅力を世界の人びとにと、幅広いジャンルのお店が集結。過去開催時よりも会場が広く、「丸ビル」「丸の内仲通り」「TOKIAガレリア」の3エリアに分かれているのが今回の特徴です。

「丸ビル」1階のマルキューブには、世界中から集めたものを扱うショップやカフェがぎゅっと集まり賑やかな場に。3階の回廊にも、アートや数多くの国々からセレクトされた雑貨が並び、世界のさまざまな文化やデザインが織りなす独特の雰囲気を楽しめます。

「丸の内仲通り」は、初コラボとなる「斉吉✕BumbooCut」や毎回大人気の「chioben」のお弁当が買える「よりみちストリート」に。キッチンカーをはじめ、アメリカンスクールバスやパラソルワゴンのフードのお店が並び、世界の料理を堪能できるだけでなくインスタ映えも狙えます。

そして、東京駅から東京国際フォーラムに向かう「TOKIAガレリア」には、「東京」をテーマにしたお店が約60メートルにわたって並びます。江戸時代から受け継がれる貴重な品から現代の東京らしい洗練されたアイテムまで、さらに日本各地のいいものばかりが手に入ります。

今回は会場が広いので到着したらまずマップを。コンプリートすると何か嬉しいものが当たるかもしれない、スマートフォンを使った「おたのしみスタンプラリー」も企画されているので、会場をくまなく巡ってみてください。

seikatunotanoshimi-4th_002
 seikatunotanoshimi-4th_003

第4回 生活のたのしみ展
会期:2019年4月17日(水)~21日(日) 11:00~20:00(丸の内仲通りは12:00~19:00)
会場:丸の内仲通り/丸ビル1階マルキューブ・3階回廊/Marunouchi Café ✕ WIRED CAFE/TOKIAガレリア
入場:無料
出展者:
青木由香 / aoki yuri / 味坊 / akke / amana(IMA cafe) / イイダ傘店 / 市川商店 / 伊藤尚美 / weeksdays+fog linen work / Uf-fu / épices GINZA (エピスギンザ) / F&F / MHL. / 王子ネピア株式会社 / 大橋歩 / イオグラフィック / 小倉充子 / 尾崎雄飛 / Carton/島津冬樹 / キタンクラブ / CO- / コケーシカ鎌倉 / 小林和人 / 斉吉 / Stand Bánh Mì / STAMP AND DIARY / TAMPICO / スリランカ紅茶専門店セイロンドロップ / Selieu / tamas / chioben / TEA NAVIGATION / ティーマーケット ジークレフ / 轟木節子 / 福森道歩(土楽)+柏木円 / tregothnan / tretre / NAOT / なかしましほ / nooy / HOUSE OF LOTUS / 幡野広志 / patterie / 林屋海苔店 / VALUE BOOKS / haluta / BambooCut / BEAVER BREAD / HISTORIE soil art jewelry / ひびのこづえ / Grocery Gemellivo / PROOF OF GUILD+vicino / ほぼ日 / 丸の内15丁目プロジェクト / MITTAN / 三菱食品株式会社 / LABOUR AND WAIT / マルディ グラ 和知徹 / warang wayan ほか(五十音順・敬称略)
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
燕三条のつくり手が出店者「工場蚤の市」今年は65組以上が出店 https://tabroom.jp/contents/event/koubanominoichi_2019/ Fri, 12 Apr 2019 11:27:05 +0000 koubanominoichi_2019_001
プロが講師のワークショップは30以上

2019年4月13日(土)・14日(日) の2日間、新潟県三条市の「三条ものづくり学校」にて、「工場蚤の市2019」が開催されます。

古いものや新しい価値をもったものが持ち寄られ、次の持ち主へと受け継ぐマーケットイベント。燕三条を中心に活動する工場やクリエイターの熱い想いに触れたり道具を使ってみたりと、楽しみながらものづくりの街の魅力を体感できます。

メインとなるマーケットでは、燕三条の工場やクリエイターたちが出店者に。あと一歩で商品にならなかったものやサンプル品、廃材などに手を加え新しい価値を生み出したアップサイクル品などが本イベント限定で集まります。

スイスで誕生し燕三条で開発・製造を進める楽器・ハンドパンの音楽ライブや企画展示も。お腹が空いたら、スイーツや新潟食材を使った食事を味わえるキッチンカーで一息つきながら、1日中じっくりと燕三条のものづくりに触れてみてください。

koubanominoichi_2019_002

工場蚤の市2019
会期:2019年4月13日(土)・14日(日) 10:00~16:00
会場:三条ものづくり学校/新潟県三条市桜木町12-38
入場料:無料 ※コンテンツによっては予約、参加費が必要
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
3台だけだった!? フィン・ユールの傑作壁時計、幻のブラックカラーが復刻! https://tabroom.jp/contents/event/fj-clock_black/ Fri, 12 Apr 2019 11:25:24 +0000 FJ-Clock_Black_01
フィン・ユールのデザイン美学エッセンスを凝縮

デンマークブランドのARCHITECTMADE(アーキテクトメイド)社から、「FJ Clock Black(フィン・ユール クロック ブラック)」発売されています。

近代デザインに大きな影響を与えた北欧デンマークの巨匠・Finn Juhl(フィン・ユール)が手掛けた壁時計Finn Juhl Clock」のブラックカラー復刻版です。

ニューヨークにある国連の会議場用にデザインされたデンマークデザインの傑作。今回復刻されたブラックカラーは当時、国連と民間団体向けに3台しか作られなかった貴重なものです。

アッシュ材が持つナチュラルな質感や、手を触れたくなる滑らかな曲線、アルミで目盛を刻んだシンプルな文字盤。小さな円盤の中に、Finn Juhlによるミニマリズムのデザイン手法が凝縮されています。サイズは2種類。ブラックカラーは現代建築にもマッチしやすいモダンな雰囲気で、木目と曲線が空間を和ませてくれます。

より幅広いインテリアに合うカラーで復刻されたFinn Juhlの傑作を、身近に置いてみてはいかがでしょうか。

FJ-Clock_Black_02
 
FJ-Clock_Black_03
 

FJ-Clock_Black_04
FJ Clock Black(フィン・ユール クロック ブラック)
本体素材:アッシュ
針・インデックス素材:アルミニウム
ムーブメント:日本製
生産国:台湾
備考:単三電池1本で稼働
 
・品番 781
 サイズ:W250 × H250 × D50㎜
 価格:4万9000円(税抜)
・品番 782
 サイズ:W345 × H350 × D50㎜
 価格:6万9000円(税抜)
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
ボビーワゴン、2019年春限定の特別カラーは「オーシャンブルー」 https://tabroom.jp/contents/new-product/boby-wagon_ocean-blue/ Thu, 04 Apr 2019 00:38:52 +0000 boby-wagon_ocean-blue_01
ヨーロッパの海のように鮮やかで深い色合い

METROCS(メトロクス)vanilla(バニラ)の店舗及びオンラインショップにて、「ボビーワゴン限定カラー オーシャンブルー」が販売されています。

優れた機能美でMoMAパーマネントコレクション収蔵の名作キャスターワゴン「ボビーワゴン」から、定期的に登場する数量限定の特別カラー。2019年春は、ヨーロッパの青い海をイメージさせる深みのあるブルーです。

空間を彩る鮮やかさがありつつも、落ち着いたトーンで派手になりすぎない絶妙な色合い。モノトーンやインダストリアルなインテリアをはじめ、オフィス空間にもアクセントとして取り入れやすい表情に仕上がっています。

展開は、2段2トレイ3段5トレイの2サイズ。リビング寝室では2段2トレイ、ダイニングやオフィスでは3段5トレイと取り入れたい空間別にフィットするサイズ感です。

イタリアのデザイナー・Joe Colombo(ジョエ・コロンボ)の代表作として、1970年の発表以来ロングセラーを続ける「ボビーワゴン」。定番カラーとはまた違う表情をぜひ取り扱い店舗でご覧ください。

boby-wagon_ocean-blue_02

左:2段2トレイ
右:3段5トレイ
boby-wagon_ocean-blue_04
Joe Colombo(ジョエ・コロンボ/1930~1971)
1951年に前衛美術集団・モヴィメント・ヌークレアーレを結成しアーティストとして活躍。1962年ミラノに自身のデザイン事務所を開設する。1970年に発表した「ボビーワゴン」はMoMAのパーマネントコレクションとして収蔵され、1971年にこの世を去るまでわずか10年あまりの間に数々の名作を残し、60年代のイタリアデザイン界を彗星のごとく駆抜けていったデザイナー。
ボビーワゴン限定カラー オーシャンブルー
発売・予約開始日:2019年2月1日(金)
サイズ:2段2トレイ W430 × D420 × H525㎜
    3段5トレイ W430 × D420 × H740㎜
材質:本体 ABS / キャスター ポリプロピレン
価格:2段2トレイ 4万8600円(税込)
   3段5トレイ 6万1560円(税込)
取扱店舗:METROCS東京 / METROCS札幌 / METROCSオンラインショップ / VANILLA utsunomiya / VANILLA koriyama / vanilla オンラインショップ
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
日本初上陸ブランドも! アクタス新宿店と青山店で新旧の優れた北欧デザインを紹介 https://tabroom.jp/contents/event/scandinavian-design-tokyo/ Thu, 04 Apr 2019 00:37:33 +0000 Scandinavian-Design-Tokyo_001
限定アイテムや先行販売モデルを多数用意

2019年3月9日(土)から4月7日(日)まで、東京新宿の「アクタス新宿店」と青山・外苑前の「アクタス青山店」にて、「Scandinavian Design Tokyo(スカンジナビアン デザイン トーキョー)」が開催されています。

新旧の優れた北欧デザインを紹介するイベント。Hans Wegner(ハンス・ウェグナー)Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)など、北欧デザインの巨匠が手がけた名作を扱う王道ブランドを新宿店メインに展示。また日本初上陸など新鋭のブランドを青山店にて展示します。

シンプルで木の質感が優しく日本の住空間と相性がよいことから、定番となっている黄金期の北欧デザイン。その一方で、今を彩る良質な北欧デザインが日本に紹介されることが少ないのが現状です。

本イベントでは、ACTUS(アクタス)で初展開となるデンマークのブランド「Friends & Founders(フレンズ&ファウンダーズ)」「Pleae Wait To Be Seated(プリーズウェイトトゥービーシッテッド)」「Brdr.KRUGER(クルーガーブラザーズ)」のほか、アクタスだけの限定アイテムや先行販売モデルを多数用意。新しい北欧デザインの潮流を肌で感じることができます。

一度に幅広い北欧デザインに触れることができる貴重な機会です。ぜひ両店に足を運んで、黄金期から今に継承されている北欧デザインの精神を感じ取ってみてください。

Scandinavian-Design-Tokyo_002

スウェーデン人デザイナーで建築家のイーダ・リネアと夫であるデンマーク人のラスムス・ヒルブラウンが2013年にデンマークで立ち上げたブランド「Friends & Founders(フレンズ&ファウンダーズ)」。ジオメトリックなデザイン性は新しい北欧デザインの潮流として評価が高く、2018年に開催された北欧最大の家具見本市STOCKHOLM FURNITURE FAIRでも大きな注目を集めました。

Scandinavian-Design-Tokyo_002

Scandinavian Design Tokyo(スカンジナビアン デザイン トーキョー)
会期:2019年3月9日(土)~4月7日(日)
会場:アクタス新宿店
   アクタス青山店
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
名作「エッグチェア」が大変身! 3名のファッションデザイナーが張地をデザイン https://tabroom.jp/contents/new-product/orimonoyano-kokoromiten_2019_fritz-hansen/ Thu, 04 Apr 2019 00:34:12 +0000 orimonoyano-kokoromiten_2019_fritz-hansen_01
 
2019年3月28日(木)から4月7日(日)まで、東京表参道の「フリッツ・ハンセン 青山本店」にて「織物屋の試み展 – ファッションデザイナー編 -」が開催されています。

老舗織物メーカー・川島織物セルコンと、デンマーク高級家具ブランド・Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)とのコラボレーション企画。新進気鋭のファッションデザイナー、青木明子(AKIKOAOKI)氏・井野将之(doublet)氏・堀内太郎(TARO HORIUCHI)氏がデザインした張地を纏った名作エッグチェア」が、三氏の服と共に展示されます。

3名のファッションデザイナーは、川島織物セルコンの技術やアーカイブからインスピレーションを得て張地をデザイン。伝統的な技法と現代の感性が合わさり、新たな織りの表情をまとったファブリックが仕上がっています。張地ひとつで、これまでにない佇まいに変身した「エッグチェア」をぜひ間近にご覧ください。

orimonoyano-kokoromiten_2019_fritz-hansen_02

青木氏は、引箔(ひきばく)と紋(もん)ビロードという織物技術を併用することで「見る角度で色が変わる」と「透明感ある反射」の2つを両立。透明感を出すためにレンズシートを採用し、美しく見える組織・色を実現しています。

orimonoyano-kokoromiten_2019_fritz-hansen_03

レンチキュラーシートを引箔で織り込むことで、井野氏は自身のブランドでも多く使用する「見る角度で変化がある」素材の織物バージョンに挑戦。見る方向によって、ジャカード布張り椅子に見えたり、革張りのソファや木のベンチに見えたりします。

orimonoyano-kokoromiten_2019_fritz-hansen_04

織物の歴史と工程そのものに着目した堀内氏のデザイン。職人による下絵がインスピレーションの元で、アーカイブの中から選んだデザインを再構成・リデザインし緞帳用の織機で製織しました。
織物屋の試み展 – ファッションデザイナー編 -
会期:2019年3月28日(木)~4月7日(日) 12:00~18:00
会場:フリッツ・ハンセン 青山本店
張り地デザイン:青木明子(AKIKOAOKI) / 井野将之(doublet) / 堀内太郎(TARO HORIUCHI)
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
名作Yチェアの特別バージョン、4⽉2⽇だけの限定販売 https://tabroom.jp/contents/new-product/ch24_limited-edition_2019/ Wed, 27 Mar 2019 09:21:18 +0000 CH24_limited-edition_2019_01
ウェグナー⽣誕105周年記念アイテム

2019年4⽉2⽇(火)の1日限りで、カール・ハンセン&サン社の正規ディーラー、直営店のフラッグシップ・ストア各店、カール・ハンセン&サン公式オンライン・ショップにて、「CH24 LIMITED EDITION 2019」が販売されます。

「Yチェア」の愛称で知られる名作「CH24」をデザインしたHans J. Wegner(ハンス J. ウェグナー)が、⽣きていれば今年4⽉2⽇で105歳を迎えることを記念したアイテム。

ペーパーコードを張った座⾯が特徴のYチェアですが、その座⾯に⾚の最⾼品質ゴートレザー(⼭⽺⾰)を施し、彫刻的なフレームをオイル仕上げのウォルナット材でつくった未発表のモデルです。

1990年代、⾃然になじむという理由から、ウェグナーはカール・ハンセン&サン社と共に、ペーパーコードではなくサドルレザーを使ったYチェアの開発に取り組んでいました。しかしサドルレザーは使⽤していくうちに伸びてしまうなどの理由で、当時は試作の域を超えることはありませんでした。

それから20年以上経った2019年、カール・ハンセン&サンの職人と最新技術によって実現に成功。⽊製フレームと調和するように座⾯にゴートレザーが美しく張られた新しい特別バージョンが誕生しました。

カール・ハンセン&サン社の今⽇の技術によって生み出されたウェグナーが描いた理想のYチェア。オリジナルとはまったく異なる表情に仕上がった特別バージョンは1日限りの販売ですので、お見逃しなく。

CH24_limited-edition_2019_02

Yチェアに使⽤されたゴートレザーはきめが細かく、耐久性に優れたアニリン仕上げ。植物性染⾊による深い⾚で、環境にやさしい染⾊技法により2度の染⾊プロセスを経て⾃然な⾵合いと深い⾊合いを醸し出しています。

CH24_limited-edition_2019_03

ゴートレザーによって、Yチェアに今までになかったソフトな触感と極上の使⽤感が生まれました。⾰の下には幾重にも重ねた⿇布を使⽤することでゴートレザーを補強。また座⾯のフレームを包みこむように張られたゴートレザーは、座⾯フレームにしっかりと固定されています。さらに各脚の周囲のステッチ加⼯が美しいディテールに。

CH24_limited-edition_2019_04

ウェグナーのサインと誕生日が刻印された真鍮製のプレート、および椅子の価値と本物であることを証明する証明書が付帯されます。
CH24 LIMITED EDITION 2019
販売日:2019年4⽉2⽇(火)
価格:17万円(税抜)
サイズ:W51 × D51 × H76 × SH45㎝
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
文房具ファンお待ちかねの「コクヨハク」、今年のテーマは「コクヨランド」 https://tabroom.jp/contents/event/kokuyohaku_2019/ Wed, 27 Mar 2019 09:18:22 +0000 kokuyohaku_2019_01
コクヨハク限定オリジナル商品など登場

2019年3月30日(土)から4月1日(月)までの3日間、東京丸の内の「KITTE 地下1階 東京シティアイ」にて「コクヨハク」が開催されます。

文房具メーカー・コクヨによる、最新文具や話題の商品を体感できるイベント。7回目の開催となる今回は「コクヨランド」をテーマに、文房具のもつワクワク感を遊園地に見立てた演出で、家族や友人と一緒に楽しめる文房具体験が待っています。

今年も毎回好評のキャンパスノート主力工場・コクヨ工業滋賀の「びわこ文具」や鳥取県のファイル工場・コクヨMVPの「オリジナル文具」が登場。

昨年の文具女子博で好評だった「ドーナツシールスタンプバイキング」、コクヨハク限定アイテムとして「オトナの野帳カバーセット」や「カラーラベル(お顔でメッセージ・動物でメッセージの2種類)」なども数量限定で販売するほか、ワークショップなどの楽しい企画も満載です。

また「友だち特典」として、2名以上で来場の方に「コクヨランドワッペンシール」(なくなり次第終了)をプレゼント。会場内で「幸せの黄色いバンダナ」を身に着けたスタッフに「友達ときたよ!」と声を掛けることで貰える演出も、遊園地のよう。

昨年の来場者数は2万7千人を超え、今年も会場が大勢の方で賑わうことが予想されます。ワークショップなどの情報はHPに随時アップされますので、チェックしてお出掛けください。

コクヨハク
会期:2019年3月30日(土)~4月1日(月) 11:00〜20:00(最終日〜19:00)
会場:KITTE 地下1階 東京シティアイ パフォーマンスゾーン/東京都千代田区丸の内2-7-2
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
2018年によく見られた家具ランキング https://tabroom.jp/contents/report/ranking2018/ Mon, 11 Mar 2019 03:24:06 +0000
2018年のよく見られた家具のランキングです。

2018年の1年間で多くの方がご覧になった家具をアクセス数順にランキング形式でまとめました。総合ランキングとカテゴリー別ランキングでお届けします。

新旧の名作や、話題になった製品が並びます。家具選びの参考にしてみてください。
 

集計期間:2018年1月1日~2018年12月31日

■お詫びと訂正(2019年3月11日)

2019年2月12日に公開した当記事におきまして、ランキングの集計方法に誤りがあったため、訂正いたしました。
ご迷惑をおかけした読者の皆様ならびに関係各位には深くお詫び申し上げます。

 

総合ランキングTOP30
No.1
eilersen(アイラーセン) STREAMLINE SOFA
オーナーズレビュー 長年寄り添っていけると思う頑丈な構造とスタイリッシュな見た目の両立が叶っている数少な… 続きを読む
インテリア コーディネート集 ACTUSのリノベーションプロジェクト「HOW」の施工事例… 続きを読む
No.2
HIRASHIMA(ヒラシマ) CARAMELLA Counter Sofa
オーナーズレビュー 無垢材でできていることと珍しいデザインが決め手となり購入しました。使い心地はとても… 続きを読む
インテリア コーディネート集 かっこいい、だけじゃない、大人の空間を演出「心地よい緊張感漂うミニマルな造形を 素材感… 続きを読む
No3
HUKLA (フクラ) ブルノ カウチ
No.4
NOYES (ノイエス) Decibel C4 ワイド3人掛け 両ひじ
オーナーズレビュー HPを見て、ソファ専門店であること、日本のソファ職人が丁寧に作っているソファである… 続きを読む
No.5
柏木工 (カシワモッコウ) シビルチェア CC71
オーナーズレビュー 見た目の美しさに惹かれ、滑らかな手触りに驚き、板座の座り心地に感動しました。クッション… 続きを読む
インテリア コーディネート集 素材の濃淡と直線が生み出すリズム感 ウォールナット+オー… 続きを読む
No.6
MASTERWAL (マスターウォール) WILDWOOD DINING TABLE
80社のベストセラー家具展 on WEB 今年で15周年を迎えたロングヒットのテーブル。色合いと木目が美しい無垢材のウォールナッ… 続きを読む
オーナーズレビュー まず、マスターウォールの「100年後のアンティークへ」というコンセプトに感銘を受け… 続きを読む
No7
MARUICHI (マルイチセーリング) ALBA カウチソファ
No.8
arflex (アルフレックス) MARENCO 両アームソファ
50社のベストセラーソファ展 on WEB マリオ・マレンコが一瞬のうちに描いたスケッチから生まれたといわれるアルフレックスの… 続きを読む
arflex(アルフレックス) を知る10のトピックス ”憧れの家具ブランド”として挙げる人が最も多いだろうブランドの1つ、arflex(アルフレックス)… 続きを読む
No.9
カール・ハンセン&サン (カール・ハンセン&サン) CH24
80社のベストセラー家具展 on WEB ウェグナー作の最も有名な椅子。ニックネーム「Yチェア」のもとになる背板は、3枚の板を… 続きを読む
オーナーズレビュー ダイニングチェアの買い替えを考えるにあたり、北欧ナチュラルなインテリアに合っていて、… 続きを読む
No10
ACTUS (アクタス) RILASSO2 COUCH SOFA
No11
CLASSE (クラッセ) Cerca 180 TVボード
No.12
飛騨産業(ヒダサンギョウ) SEOTO チェア(板座) KD201AN / KD201AU
80社のベストセラー家具展 on WEB 木の味わいを抽出し、身体を優しく受け止める小椅子。生活空間に馴染み易い均整の取れた… 続きを読む
オーナーズレビュー 夫婦そろって、このチェアのユニークながらも優しい感じのする形状に惚れ込み、座って… 続きを読む
No13
songdream (ソングドリーム) Ruscelloシェーズロングソファ
No14
SICURO (シクロ) LD Couch Chair 179
No.15
maruni (マルニ) アームチェア (板座)
80社のベストセラー家具展 on WEB ナチュラルな木肌を生かし、使用シーンを限定せず、あらゆる場所で使えることを想定したシ… 続きを読む
インテリア コーディネート集 SLAP MOBLER ダイニング #002… 続きを読む
No.16
FLANNEL SOFA (フランネルソファ) SIESTA 3P
オーナーズレビュー 固めのソファを探していたのでショウルームであれこれ座って決めました。色は迷いまし… 続きを読む
No.17
HUKLA (フクラ) KASTOR カウチソファセット
50社のベストセラーソファ展 on WEB スチールバーの脚部とローバックがもたらす、開放感・浮遊感が特徴。フェザーと体圧分散に… 続きを読む
オーナーズレビュー 背が低くて圧迫感がないサイズ感、組み合わせの自由度の高さ、木目調の台座やバー状の脚部… 続きを読む
No.18
広松木工 (ヒロマツモッコウ) フレックス ソファ 196
オーナーズレビュー 木目がとても美しいソファです。座面に奥行きがあり、座り心地も良くとてもリラックスでき… 続きを読む
No19
simms (シムススタイル) HOMMAGE 07 TV BOARD
No.20
unico (ウニコ) ALBERO covering sofa 3 seater
オーナーズレビュー デザインが気に入ったのと座り心地も完璧だったのが、購入の決め手となりました。クッション… 続きを読む
インテリア コーディネート集 unico リビング #001… 続きを読む
No21
広松木工 (ヒロマツモッコウ) FXテーブル 正方形タイプ
No.22
広松木工 (ヒロマツモッコウ) フレックス シェーズロングソファ 084
オーナーズレビュー ずっと憧れていたソファだったので、いつか必ず!と決めていましたが、実際に座ってみて… 続きを読む
No.23
arflex (アルフレックス) MARENCO 左アームソファ+右アームソファ
オーナーズレビュー 僕は建築、パートナーはインテリアを勉強していた70年台でソファの憧れはマレンコでした。… 続きを読む
No24
広松木工 (ヒロマツモッコウ) ベロイデア ベッド
No25
PP mobler (ピーピーモブラー) pp501/503 THE CHAIR
No26
ACME FURNITURE (アクメファニチャー) BROOKS BED
No.27
MASTERWAL (マスターウォール) MORELESS SOFA 3シーター200
インテリア コーディネート集 MASTERWAL リビング #007… 続きを読む
インテリア コーディネート集 MASTERWAL リビング #015… 続きを読む
No28
NOWHERE LIKE HOME (ノーウェアライクホーム) Sofa LOSH
No.29
H.W.F (エイチダブリューエフ) サイドボード
インテリア コーディネート集 ACTUS HOW リビング #002… 続きを読む
No30
SICURO (シクロ) LD One Arm Chair 137
家具人気ランキング アーカイブ

 

]]>