タブルームニュース https://tabroom.jp/contents/ 家具の総合情報サイト Thu, 19 Jul 2018 07:02:25 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.1.24 期間限定の公園が誕生! 小林幹也が遊具をデザイン https://tabroom.jp/contents/event/playscape_mikiya-kobayashi_exhibition/ Thu, 19 Jul 2018 08:02:25 +0000 PLAYSCAPE_MIKIYA-KOBAYASHI_EXHIBITION_01
ショップ跡地に小林氏デザインの遊具がずらり

2018年7月14日(土)から29日(日)まで、東京小石川の「TAIYOU no SHITA KOISHIKAWA」跡地にて、「PLAYSCAPE / MIKIYA KOBAYASHI EXHIBITION」が開催されています。

2018年6月30日(土)を持って「TAIYOU no SHITA KOISHIKAWA」は目黒区碑文谷に移転し、7月24日(火)から「IMPLEMENTS(インプリメンツ)」として新たにオープンします。本展は、元店舗の跡地で開かれるデザイナー・小林幹也氏の個展です。

テーマは「公園」の意を込めた「PLAYSCAPE」。いつか公園をデザインしたいと思っていた小林氏が、街やお客さんなどへの感謝の気持ちを込めて、大人も子どもも楽しめる場をデザインします。

広い空間にたくさん並ぶ遊具には、普段、店頭に並ぶ家具やプロダクトとは違った、小林氏の芯の部分が表現されています。小石川に期間限定でオープンするデザインの場としての公園をお楽しみください。

PLAYSCAPE / MIKIYA KOBAYASHI EXHIBITION
会期:2018年7月14日(土)~29日(日) 11:00~18:00(土日10:00~)
   ※水曜日休館
会場:TAIYOU no SHITA KOISHIKAWA跡地/文京区小石川2-5-7 佐佐木ビルB棟2
詳細:https://www.playscape.tokyo/
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
キッチンを常設した運河沿いマーケット「Tennoz Harbor Market」、毎月開催中! https://tabroom.jp/contents/event/tennoz-harbor-market/ Tue, 17 Jul 2018 09:31:19 +0000 Tennoz-Harbor-Market_01
アンティークからフードまで約100店が集結

2018年8月18日(日)、9月15日(日)、東京・天王洲の「天王洲アイル第三水辺広場」にて、「Tennoz Harbor Market」が開催されます。

運河沿いにある2つのマルチスペース「B&C Hall」と「TMMT」を会場にした、天候に左右されずお買い物を楽しめるマーケット。2018年2月より毎月1回開催されています。

マーケットには関東圏外からも出店しおよそ100のショップが集結。ヴィンテージのファッションや家具、雑貨をはじめ、植物や本、作家作品、さらにドリンクやフードなど、幅広いジャンルのお店が並び、さまざまなカルチャーが融合する場となっています。

全国的にも珍しい会場にレストラン仕様のキッチンを常設したマーケットで、当日限りのスペシャルなフードを提供。出来立ての料理やお菓子を、晴れた日には倉庫前にのびる200mものボードウォークで運河を眺めながら味わうことができます。

都心からのアクセスもよく、喧騒を離れ、四季を通じて気持ちよく過ごせる環境です。子ども連れやペットと共にお買い物したい方にもぴったり。リフレッシュしながら、さまざまな物や人との出会いをお楽しみください。

Tennoz-Harbor-Market_02
 
Tennoz-Harbor-Market_03
 
Tennoz-Harbor-Market_04
Tennoz Harbor Market
会期:2018年8月18日(日)、9月15日(日) 11:00~18:00
会場:天王洲アイル第三水辺広場/東京都品川区東品川2-1
詳細:https://www.tennozmarket.com/
   https://www.facebook.com/tennozharbormarket/
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]> アカプルコシリーズに特別モデル「マキシマムホワイト」「ホワイトイエロー」登場 https://tabroom.jp/contents/new-product/acapluco-white-yellow/ Fri, 13 Jul 2018 10:51:48 +0000 acapluco-white-yellow_009
 
インテリアブランド・METROCS(メトロクス)より「アカプルコ マキシマムホワイト」と「アカプルコ ホワイトイエロー」が発売されています。

アカプルコシリーズは、メキシコのガーデン家具から生まれた家具シリーズ。チェアとテーブルがラインナップされており、リラックス感のあるデザインと座り心地で一般の家庭はもちろん多くの飲食店や商業施設でも使われています。

折に触れて限定カラーや新色がリリースされていますが、今回は「マキシマムホワイト」と「ホワイトイエロー」の2色が発売されました。

白フレームに白いコードを組み合わせた特注色「マキシマムホワイト」は、脚のゴムキャップに至るまで真っ白のオールホワイトモデル。何色にも染まらない力強さと爽やかさを兼ね備え、日本の住宅に多い白い壁紙との相性も抜群です。

もう一色の「ホワイトイエロー」は白フレームに黄色のコードを巻き付けた、真夏の太陽のようなカラー。パッと目を引く黄色は、インテリアのアクセントとして活躍してくれます。白基調のお部屋だけでなく、グレートーンのお部屋にも相性よく合わせられるはず。ホワイトイエローのアイテムラインナップはアカプルコチェアアカプルコロッキングチェアで、メトロクス直営店のみでの取り扱いとなっています。それぞれ20台限定。

定番カラーはもちろん、特注カラーでも私たちを楽しませてくれるアカプルコシリーズ。ぜひチェックしてみてください。

acapluco-white-yellow_002

左:アカプルコチェア マキシマムホワイト
右:アカプルコロッキングチェア マキシマムホワイト

acapluco-white-yellow_003

左:アカプルコスツール マキシマムホワイト
右:アカプルコサイドテーブル マキシマムホワイ

acapluco-white-yellow_004

左:アカプルコチェア ホワイトイエロー
右:アカプルコロッキングチェア ホワイトイエロー
アカプルコ マキシマムホワイト・ホワイトイエロー
アイテム:
 アカプルコチェア マキシマムホワイト
  サイズ:W630mm × D890mm × H965mm(SH380mm)
  素材:本体スチールロッド(メラミン焼付塗装)、背座PVC(ポリ塩化ビニル)、脚部ゴムキャップ付き
  価格:5万7240円(税込み)
  ※メトロクスだけの数量限定カラー「ホワイトイエロー」も同時展開。限定20台
 
 アカプルコロッキングチェア マキシマムホワイト
  サイズ:W765mm × D750mm × H730mm(SH380mm)
  素材:本体スチールロッド(メラミン焼付塗装)、背座PVC(ポリ塩化ビニル)
  価格:5万7240円(税込み)
  ※メトロクスだけの数量限定カラー「ホワイトイエロー」も同時展開。限定20台
 
 アカプルコスツール マキシマムホワイト
  サイズ:W430mm × D400mm × H415mm
  素材:本体スチールロッド(メラミン焼付塗装)、背座PVC(ポリ塩化ビニル)、脚部ゴムキャップ付き
  価格:2万2680円(税込み)
 
 アカプルコサイドテーブル マキシマムホワイト
  サイズ:W500mm × D500mm × H455mm(ガラスW435mm × D435mm)
  素材:本体スチールロッド(メラミン焼付塗装)、背座PVC(ポリ塩化ビニル)、脚部ゴムキャップ付き
  価格:3万4560円(税込み)
Photo:Masatoshi Takahashi
Styling:Yumi Nakata
Cooperation:Royal Furniture Collection
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
nendoデザインの照明「NJP」シリーズに新色ライト・アルミ・グレー登場 https://tabroom.jp/contents/new-product/njp-light-alumn-grey/ Wed, 11 Jul 2018 11:03:07 +0000 njp-light-alumn-grey_02
ホワイト、ブラックに続くラインナップ3色目

2018年4月、デンマークの照明メーカー・Louis Poulsen(ルイスポールセン)より「NJP」シリーズの新色としてライト・アルミ・グレーが発売されています。

NJPはルイスポールセンの名作テーブルランプ「AJ テーブル」をモチーフに、デザインスタジオ・nendo(ネンド)が現代的にアップデートしたもの。2015年にNJPテーブルが発売され、2016年にはフロアランプとウォールランプが追加されてシリーズとして展開されています。

今回追加された新色は、マットな光沢感が印象的な「ライト・アルミ・グレー」。金属のスタイリッシュさの中にも有機的な温かみが感じられるエレガントなカラーです。ソフトなグレーが、NJPシリーズの持つモダンでありながらフレンドリーな佇まいにぴったりとフィット。NJPの魅力をいっそう引き立たせます。

これまでホワイト、ブラックの2色展開だったため、この絶妙な中間色を探していたという方もきっと多いのではないでしょうか。テーブルランプ、フロアランプ、ウォールランプとアイテムの選択肢も豊富です。照明をお探しの方は是非チェックしてみてください。

njp-light-alumn-grey_04

左から、ウォールランプのロングとショート、フロアランプ、テーブルランプ。

njp-light-alumn-grey_01
 
njp-light-alumn-grey_03

nendoの佐藤オオキ氏。
NJP ライト・アルミ・グレー
デザイナー:nendo
光源:組込式LED 10W(50と100%の2段階調光、4時間/8時間後の自動消灯機能)
素材:アルミ、スティール
新色:ライト・アルミ・グレー(既存色:ホワイト、ブラック)
サイズ:
 シェード:W149mm × D149mm
 テーブル用ベース:W220mm × D220mm
 フロア用ベース:W260mm × D260mm
 アーム長さ:480mm
質量:
 テーブルランプ:4.8kg
 フロアランプ:7.1kg
 ウォール:0.7~1kg
価格:
 テーブルランプ:5万9000円(税抜)
 フロアランプ:7万2000円(税抜)
 ウォールランプ、ショートアーム:3万6000円(税抜)
 ウォールランプ、ロングアーム:4万8000円(税抜)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
ウルトラマリンにヌード…Stelton(ステルトン)定番アイテムに新色続々 https://tabroom.jp/contents/new-product/stelton2018ss/ Tue, 10 Jul 2018 08:50:52 +0000 stelton2018ss_04
「EMMA」シリーズ新色「nude」「terracotta」
新色、新アイテム全6種が登場

デンマークのキッチン・テーブル用品ブランド・Stelton(ステルトン)。シーズン商品は早々に売り切れとなることも多い人気ブランドですが、2018年春夏の新作も注目アイテムが多めです。

ステルトンのアイコン的存在「EM」シリーズからは、深いブルーが印象的な「ウルトラマリン」が登場。海や湖といった自然の景色のような色合いでテーブルに清涼感を与えてくれます。

もう1つ、ステルトンの新定番になりつつありジャグシリーズ「EMMA(エマ)」。レトロなフォルムと木製の持ち手が特徴ですが、こちらは「テラコッタ」と「ヌード」の2色が追加されました。肌色に近いなじみのいい色で、合わせるテーブルウェアを選びません。

ストーンウェアとバンブー素材の組み合わせがユニークな「Theo(テオ)」シリーズには、マグカップとプレートが追加されます。北欧とアジアのエッセンスを取り入れた同シリーズはフォルムも和洋折衷。マグカップのディティールは日本の湯飲みを彷彿とさせます。

「コーヒー愛好家のためのミニマルなコーヒーセット」として2016年にデザインされた「COLLAR(カラー)」シリーズにはお茶好きのためにティーポットが登場。カラーのデザインと機能性を踏襲し、日本茶にも緑茶にも対応しています。

stelton2018ss_01

「EM」シリーズ新色「ウルトラマリン」

stelton2018ss_02

「Theo」シリーズ新商品「マグカップ」と「プレート」(画像の左2つ)

stelton2018ss_03

「カラー」シリーズ新商品「ティーポット」(左)
Stelton 2018年春夏新作
アイテム:
 EM77 バキュームジャグ ウルトラマリン
  サイズ:W105mm × D105mm × H310mm
  容量:1000ml(実容量850ml)
  価格:1万1000円(税抜)
 EM フレンチプレス ウルトラマリン
  サイズ:W105mm × D105mm × H210mm
  容量:900ml
  価格:1万1000円(税抜)
 EM ティーメーカー ウルトラマリン
  サイズ:W105mm × D105mm × H210mm
  容量:1000ml
  価格:1万1000円(税抜)
 EM ジャグ ウルトラマリン
  サイズ:W110mm × D180mm × H220mm
  容量:1500ml
  価格:7000円(税抜)
 
 エマ バキュームジャグ(コーヒー)テラコッタ
  サイズ:W130mm × D155mm × H260mm
  容量:1200ml
  価格:1万8000円(税抜)
 エマ ピッチャー テラコッタ
  サイズ:W130mm × D130mm × 225mm
  容量:2000ml
  価格:1万4000円(税抜)
 エマ バキュームジャグ(ティー) ヌード
  サイズ:140mm × 170mm × 195mm1
  容量:1000ml
  価格:1万8000円(税抜)
 
 テオ マグ(2個セット)
  サイズ:W80mm × D120mm × H110mm
  容量:350ml
  価格:6000円(税抜)
 テオ プレート(2枚セット)
  サイズ:W220mm × D220mm × H20mm
  価格:7000円(税抜)
 
 カラー ティーポット
  サイズ:W80mm × D120mm × H110mm
  価格:1万円(税抜)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
カーテンのほかにもこんなに! 差がつく窓まわりのコーディネート集めました https://tabroom.jp/contents/report/nichibei-blind-001/ Mon, 09 Jul 2018 11:17:53 +0000 窓際のインテリアコーディネートと言えば、カーテンをセレクトするのがスタンダードの画像例
 
窓まわりのインテリアコーディネートと言えば、カーテンをセレクトするのがスタンダード。
 
しかし窓まわりのコーディネートはカーテン以外にもたくさんの選択肢があります。家具にばかり気を取られ、窓まわりはついつい後回しにされがちですが、窓は面積が大きいだけに、部屋全体の雰囲気やデザインに与える影響も大きい場所です。
 
今回はブラインドやロールスクリーンなど窓まわりのコーディネートを紹介。カーテンと比べどのような違いがあるのか紹介していきます。
 

よこ型ブラインドの場合

よこ型ブラインドの場合の画像例
 
まずご紹介するのは、「よこ型ブラインド」。オフィスや住宅の水回りなどで金属製のものを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
 
カーテンとの違いは、スラット(はね)の回転で無段階に調光できること。プライバシー確保や太陽の傾きに応じ光をコントロールできる便利なアイテムです。
 
アルミ、木、樹脂など、素材も豊富でさまざまな雰囲気を作り出せるのもポイント。規則正しい水平ラインの陰影が印象的です。
 


木製ブラインドならビンテージ感ある空間にもマッチ。カーテンより奥行きがコンパクトに収まります。
インディゴブルーの木製ブラインドで爽やかな印象に。スラットの角度次第で部屋の明るさを自在に調整できます。
左:木製ブラインドならビンテージ感ある空間にもマッチ。カーテンより奥行きがコンパクトに収まります。
右:インディゴブルーの木製ブラインドで爽やかな印象に。スラットの角度次第で部屋の明るさを自在に調整できます。

アルミ素材のブラインドを用いた事例。モダンでシンプルなインテリアにぴったり。カーテンでは出せない金属製ならではの雰囲気。たたみ代(スラットの重なり)が小さく、操作が軽快なのもメリットです。
たて型ブラインドの場合

たて型ブラインドの場合の画像例
 
ルーバー(はね)を動かすことで調光する「たて型ブラインド」。
 
よこ型と同様無段階の調光ができますが、カーテンと同じように左右に開閉します。高さのある窓に取り付ければ天井がより高く見える視覚的効果もあり、規則正しく連続した縦のラインが上質な空間を演出します。この特徴はたて型ブラインドならでは。


ほどよく光を透過する素材で部屋全体を明るい印象に。
たて型ブラインドは高さのある窓にベストマッチ。出入りが頻繁な掃き出し窓なら利便性もアップ。

左:ほどよく光を透過する素材で部屋全体を明るい印象に。
右:たて型ブラインドは高さのある窓にベストマッチ。出入りが頻繁な掃き出し窓なら利便性もアップ。

シースルーのものから遮光まで、さまざまな素材感・透け感のものがあり、空間に合わせて素材も吟味したいところです。
 

ロールスクリーンの場合

ロールスクリーンの場合の画像例
 
名前の通り巻き上げて調光する、「ロールスクリーン」。
 
カーテンやブラインドに対し、ロールスクリーンの生地はフラットなため、ミニマルな印象を与えてくれます。
 
不透明生地とシースルー生地をひとつにまとめたタイプのものを選べば、カーテン同様2枚の生地で調光が可能です。
 

昼は低めの位置で固定し、外からの視線を遮りながらも陽の光を取り入れる。これは上下に調整するロールスクリーンならでは。生地を丸めて格納するため、巻き上げるととてもコンパクトになります。

柄が入っているものを選ぶのもひとつの楽しみ方。生地はフラットなためカーテンより模様が映えて部屋を彩ってくれます。

柄が入っているものを選ぶのもひとつの楽しみ方。生地はフラットなためカーテンより模様が映えて部屋を彩ってくれます。

ブラインドボックスが無い家の場合は、写真のようにカバーがついているものがおすすめ。巻き上げ部分を隠してくれるので、生地にホコリが付くことを防止できるだけではなく、インテリアになじませてくれます。

カーテン以外にさまざまな選択肢がある窓まわりのコーディネート。
 
インテリアのテイストや、空間、用途ごと最適な選択肢を考えてみてはいかがでしょう。

【PR】 提供:ニチベイ
]]>
赤坂蚤の市が伊勢丹新宿店に登場! アンティークペーパーグッズとヴィンテージウェアが集合 https://tabroom.jp/contents/event/akasakanominoichi-sinjukuisetan/ Mon, 09 Jul 2018 11:17:42 +0000 akasakanominoichi-sinjukuisetan2_001
全29店舗が参加

2018年7月11日(水)から19日(木)まで、東京新宿の「伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク / ザ・ステージ#2」にて「赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN Vol.2」が開催されます。

毎月第4日曜日に開催されている「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」のポップアップショップ。2018年1月開催に続く第2弾で、今回のテーマは「アンティークペーパーグッズ&ヴィンテージウェア・リメイク」。

2018年7月11日(水)~14日(土)を前期、15日(日)~19日(木)を後期として一部参加店舗を入れ替えながら「赤坂蚤の市」から選りすぐりのショップ計29店舗が参加します。メインとなるヴィンテージポスターやポストカードやヨーロッパを中心に買い付けられたヴィンテージクローズのほか、アクセサリー、スカーフ、雑貨、家具などこだわりのアイテムが出品されるそう。

期間中はレザーブレスレット作りのワークショップや、daisyhillによるトートバッグ カラーオーダー会、赤坂蚤の市メインビジュアルを手がけているM!DOR!によるオリジナルスカーフ先行販売などの企画も用意されています。

ヴィンテージやアンティークの出会いはまさに一期一会。売り手との出会い、アイテムにまつわるストーリーとの出会い、時と場所を超えてここにある唯一のモノとの出会い。

新宿伊勢丹での開催により、今まで訪れたことがない人もリピーターの方もきっと新しい出会いがあるはず。会期は約1週間、ぜひ足を運んでみてください。

akasakanominoichi-sinjukuisetan2_002

エウレカ
アンティークのポスターやリトグラフを出品。1990年代半ばのヴィンテージファッション誌のアドバタイジングの美しさに着目しています。

akasakanominoichi-sinjukuisetan2_003

Brocante paris 21e
主に1950~60年代のフランスの広告、ノベルティグッズをグラフィックとしてのセンス、面白さでセレクト。リメークポスター、ポストカード、灰皿、キャラフ、グラスなどのノベルティグッズなど。

akasakanominoichi-sinjukuisetan2_004

poison vintage
イギリスやフランスの7都市以上を巡り買い付けたヴィンテージクローズ、ジュエリー、バッグなどを販売。

akasakanominoichi-sinjukuisetan2_005

左:EWER
ヴィクトリアンから1990年代まで、イギリスやフランスで買い付け。
右:yu:yu
リメイクのオリジナル「Li:lys(リリス)」。リネン中心の大人の服、個性的なナチュラルスタイルを提案。

akasakanominoichi-sinjukuisetan2_006

フレンチレザーで作るオリジナルブレスレットのワークショップ by RIOWA
日時:2018年7月14日(土)・15日(日) 11:00~、14:00~、16:00~
参加費:3500円

akasakanominoichi-sinjukuisetan2_007

トートバッグ カラーオーダー会 by daisyhill
20色 × 20色から選ぶカラーオーダー。
日時:2018年7月12日(木)~14日(土) 12:00~20:00

akasakanominoichi-sinjukuisetan2_008

オリジナルスカーフ先行販売 by M!DOR!
日時:2018年7月11日(水)~19日(木) 10:30~20:00
価格:1万6200円
赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN Vol.2
会期:2018年7月11日(水)~19日(木)
   ※前半/2018年7月11日(水)~14日(土)、後半/2018年7月15日(日)~19日(木)
会場:伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク / ザ・ステージ#2
   東京都新宿区新宿3-14-1
店舗数:29店舗
出店ショップ:
通期:DOANOB / Glucklich / higurashi / LePetit Tresor / Lucy & Matilda / ORLANDO / Petit Musee / RIOWA /univers Y /エウレカ/ Brocant Paris 21e / yu:yu / kaai / Planet Opera Theater / riuru / trois produits. / M!DOR!
前半:ten kara ten / poisonvintage / daisyhill / nico handwork items / point de Japon / Lilyjewelry / ttoo
後半:EWER / BABY BAZZAR / ciocajewelry / ジャルダン ドゥ ヴィオレ
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
無印良品がフィンランドの暮らしのアイテムをセレクト「Found MUJI Suomi Finland」開催 https://tabroom.jp/contents/event/foundmuji-suomifinland/ Fri, 06 Jul 2018 10:50:47 +0000 foundmuji-suomifinland_01
 
東京青山Found MUJI 青山無印良品 有楽町にて「Found MUJI Suomi Finland」が開催されています。

「Suomi(スオミ)」とは、フィンランド語でフィンランドそのものを指す言葉。森と湖が国土の8割を占めているフィンランドでは自然との関わりはごく日常的なこと。使われる道具や食べ物も、そんな自然と共にある生活にすっと馴染むシンプルで素材を感じられるものばかりです。

今回の企画ではKaj Franck(カイ・フランク)デザインの食器や、蚊取り線香入れやジョウロなどの手作りの金物、サウナに欠かせないリネンのボディタオル、松の木や白樺樹皮の編みかご、森で摘んだベリーで作るジャムやジュース用の保存容器など、実際のフィンランドの暮らしで欠かせないアイテムが揃い、展示販売されます。

2018年7月6日(金)から9月6日(木)までは北海道から九州まで、全国の無印良品の一部店舗でも開催。暮らしそのものを楽しむ、フィンランドの人々が生きる空気感を、道具から取り入れてみるというのはいかがでしょうか。

画像提供:良品計画
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
イデーに200点以上の北欧ヴィンテージが集結! エリック・ホグランやリサ・ラーソンフェアも https://tabroom.jp/contents/event/kurasiwotsukuru_scandinavian-design/ Fri, 29 Jun 2018 10:50:50 +0000 kurasiwotsukuru_Scandinavian-design_01
Photo:Akiko Baba Styling:Fumiko Sakuhara

2018年6月29日(金)から8月31日(金)まで、イデーショップ各店にて、『Scandinavian Summer House Vintage Furniture & Objects「暮らしをつくる、スカンジナヴィアンデザイン」』が開催されます。

北欧ヴィンテージが集まるフェア。今年2月にIDÉE(イデー)のバイヤーがスウェーデンで買い付けたヴィンテージ家具やオブジェ、200点以上が店頭に並びます。デザイナーの作品からアノニマスなものまで、北欧デザインの「市民のためのデザイン」という意識から生まれた品々が店頭に並びます。

イデーショップ 自由が丘店」など一部のイデーショップでは関連企画も。スウェーデンを代表するガラスアーティスト・Erik Hoglund(エリック・ホグラン)の燭台やシャンデリアを中心に取り揃えた「エリック・ホグラン展」、陶芸家・Lisa Larson(リサ・ラーソン)のヴィンテージアイテムを集めた「リサ・ラーソン フェア」、そして大阪を拠点に活動する現代美術家・元永彩子氏の作品展と、盛りだくさんの内容です。

北欧で古くから行われてきた「生活をより豊かにするものづくり」を、ぜひ間近にご覧ください。

kurasiwotsukuru_Scandinavian-design_02

日々愛着を持って使い続けられる「暮らしを創る」ものたちが並びます。 Photo:Akiko Baba Styling:Fumiko Sakuhara

kurasiwotsukuru_Scandinavian-design_03

イデーショップ 自由が丘店で同時開催される「エリック・ホグラン展」。

kurasiwotsukuru_Scandinavian-design_04

「リサ・ラーソン フェア」も3店舗で同時開催。
Scandinavian Summer House Vintage Furniture & Objects「暮らしをつくる、スカンジナヴィアンデザイン」
会期・会場:
2018年6月29日(金)~8月31日(金)
 イデーショップ 自由が丘店 / アタッシェ ドゥ イデー
2018年7月20日(金)~8月31日(金)
 イデーショップ 二子玉川店 / イデーショップ 六本木店 / イデーショップ 日本橋店 / イデーショップ 梅田店
 イデーショップ ヴァリエテ 渋谷店 / イデーショップ ヴァリエテ 柏店 / デリエ イデー
 
トークイベント「バイヤーたちが語る、北欧買い付けエトセトラ」
日時:2018年7月7日(土) 11:30~12:30
会場:イデーショップ 自由が丘店 3F
出演:イデーバイヤー(大島忠智、三嘴隆造)
入場料:無料 ※予約不要
 
エリック・ホグラン展
会期:2018年6月29日(金)~7月30日(月) 
会場:イデーショップ 自由が丘店
詳細:https://www.idee-online.com/shop/lifeinart/hoglund.aspx
 
リサ・ラーソン フェア
会期:2018年7月20日(金)~8月20日(月)
会場:デリエ イデー / イデーショップ ヴァリエテ 柏店 / イデーショップ 梅田店
 
元永彩子展
会期:2018年8月3日(金)~8月27日(月)
会場:イデーショップ 自由が丘店
<レセプションパーティー>
日時:2018年8月3日(金) 18:30~20:00
会場:イデーショップ 自由が丘店
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
どうやってインテリアスタイリストに?「長山智美さんに聞く10の質問」富山に巡回 https://tabroom.jp/contents/event/usm-talk_toyama/ Wed, 27 Jun 2018 11:11:19 +0000 nagayama milano
長山さん撮影のミラノサローネ2018の見どころの一部。トークの中で紹介される予定です。
トーク後は懇親会&お土産

2018年7月21日(土)、富山県富山市のインテリアショップ「51%STORE」で、トークイベント「インテリアスタイリスト・長山智美さんに聞く10の質問 in 富山」が開催されます。

毎回好評を博している人気インテリアスタイリスト・長山智美さんによるトークキャラバンイベントの第4弾。2017年夏に開催された東京丸の内USMモジュラーファニチャーショールームでの初開催から、福岡と広島と巡回し、今回が初の北信越での開催となります。

トークは、「どうやってインテリアスタイリストになったのですか?」「過去の仕事で一番の失敗は?」などの質問に長山さん一問一答する形式で展開。過去開催で好評だった今年のミラノサローネの見どころレポートは、ボリュームを増量して話される予定です。終盤には、来場者からの質問コーナーも用意されています。

参加は無料で、トークセッション終了後は、ドリンク付きの懇親会とお土産も。一線で活躍するインテリアスタイリストから直接舞台裏を聞けるチャンスをお見逃しなく。

5wari1bu_001
会場の51%STORE
インテリアスタイリスト・長山智美さんに聞く10の質問 in 富山
会期:2018年7月21日(土) 18:00~20:00 ※17:45開場
会場:51%STORE
参加費:無料
定員:50名 ※先着順
申し込み:okita@5wari1bu.jp/076-491-5151
     ※氏名、メールアドレス、電話番号をお伝えください
長山智美
雑誌『Casa BRUTUS』『ELLE DECO』など数々の雑誌でインテリアやプロダクトページのスタイリングを中心に活躍。企業のショールームやカタログのインテリアスタイリングなども行う。現在の日本のインテリアシーンで最も活躍する人気インテリアスタイリストの一人。
Writin・Edit:塩見直輔
]]>
今週末は「たわしの日」イベント!「亀の子スポンジ」の夏っぽい新色も登場 https://tabroom.jp/contents/event/tawasinohi-2018_kamenoko-sponge_2018summer/ Wed, 27 Jun 2018 11:08:49 +0000 tawasinohi-2018_kamenoko-sponge_2018summer_01
2018年夏の新色、テーマは「森と海」

2018年6月30日(土)・7月1日(日)の2日間、東京北区にある「亀の子束子本社」特設会場で、恒例イベント「たわしの日」が開催されます。

1915(大正4)年の7月2日、「亀の子束子(たわし)」が特許を取得したことから7月2日は「たわしの日」に認定されています。

亀の子束子が誕生して111年を迎える今年のイベントは、亀の子束子を作る体験や白いたわしのリース作り、景品ありの各種ミニゲーム、111周年限定グッズ販売などのコンテンツを用意。さらに服部栄養専門学校の学生が作るスペシャルメニューが並ぶブースも出店します。

また「亀の子スポンジ 夏の新色」も販売開始。高い抗菌効果と水切れの良さから人気の亀の子スポンジの今回の新色は「森と海」がテーマです。フレッシュなグリーン「フォレスト」と鮮やかなブルー「オーシャン」の2色で、キッチンに夏の爽やかさをもたらしてくれます。

tawasinohi-2018_kamenoko-sponge_2018summer_02

「亀の子スポンジ」の夏の新色。テーマにちなみ、従来品では星型のマークを「木」と「ヨット」に変更しています。
たわしの日
会期:2018年6月30日(土)・7月1日(日) 9:30~16:00(雨天決行)
会場:亀の子束子本社 特設会場/東京都北区滝野川6-14-8
詳細:https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/info/2608
▽たわし作り体験
 参加費:300円(税込)
 参加締め切り:15:00
▽たわしで洗う体験
 いろんなたわしを使って泥野菜を洗います。
 参加費:無料
▽たわしアトラクションズ
 景品ありの各種ミニゲーム
 参加費:無料
▽白いたわしのリース作り
 参加費:500円(税込)
▽111周年限定グッズ販売
▽服部栄養専門学校の学生が作るスペシャルメニュー出店
 
亀の子スポンジ 夏の新色
発売日:2018年6月末予定
カラー:フォレスト / オーシャン
価格:各300円(税抜)
販売店舗:亀の子束子本店・谷中店・オンラインショップの各直営店ならびに取扱店
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
梅雨時に心が弾む「鈴木マサルの傘 POP UP STORE」今年も開催中 https://tabroom.jp/contents/event/suzukimasarunokasa_pop-up-store/ Fri, 22 Jun 2018 09:21:49 +0000 suzukimasarunokasa_POP-UP-STORE_001
新柄4点を含む、全48アイテムが登場

2018年7月1日(日)まで、東京代々木八幡の「CASE GALLERY(ケースギャラリー)にて、「鈴木マサルの傘 POP UP STORE」が開催されています。

この季節の風物詩となったテキスタイルデザイナー・鈴木マサル氏が手がける傘の展示販売会。「外出するモチベーションが下がる梅雨時に心弾むテキスタイルの傘を持って出かけよう」という思いから始まり今年で7回目を迎えました。傘に鮮やかなデザインを乗せた「持ち歩くテキスタイル」がコンセプトです。

今回は新柄4点、各3配色の12点を含む全48アイテムが登場。長傘と同じ柄で折り畳み傘も用意されています。

大きく羽を広げたフクロウや角がふさふさ茂った鹿、モリモリ4匹もいるハリネズミ、そして今にも走り出しそうなヒョウと、今年の新柄も動物がモチーフに。鈴木氏は自身のブログの中で「今年の傘たちは例年以上にカラフルです。既にスタートした梅雨の曇り空に良く映えます」とコメントしています。

ガラス張りで外が大きく見える会場は、実際に傘をさすシーンを思い浮かべながら選ぶのにぴったりです。ぜひ会場で、生き生きと大胆に色が飛び交い、心を晴れやかにしてくれる傘をご体感ください。

鈴木マサルの傘 POP UP STORE
会期:2018年6月15日(金)~7月1日(日) 11:00~18:00(金土日~19:00)
   ※火曜定休
会場:CASE GALLERY/東京都渋谷区元代々木町55-6
詳細:http://casedepon.tumblr.com/post/174853595038/鈴木マサルの傘-pop-up-store-鈴木マサルの傘-pop-up-store
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
Artek × minä perhonenシリーズ第2弾発売! テーマは「暮らしの呼吸」 https://tabroom.jp/contents/new-product/stool60_mina-perhonen_series-2/ Fri, 22 Jun 2018 09:17:17 +0000 Stool60_mina-perhonen_series-2_01
路に咲く花のようなカラーをセレクト

2018年6月15日(金)より、Artek(アルテック)取り扱い店舗と、minä perhonen(ミナ ペルホネン)一部直営店、オンラインショップにて、「Stool 60 minä perhonen series 2」が発売されました。

2017年秋に登場して話題を呼んだシリーズの第2弾。北欧の巨匠・Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)がデザインしたArtekを代表するスツールStool 60」に、minä perhonenの経年変化を楽しむことができるテキスタイル「dop」を張ったアイテムです。

今回のコンセプトは「暮らしの呼吸」。minä perhonenのデザイナー・皆川明氏は、座面の生地と脚のカラーの組み合わせについて「路に咲く、さり気ない花のように暮らしの和みになるような色を選んでいます。」と語っています。

生地は、ドットが輪を描く「tambourine(タンバリン)」と生地の中を蝶々が軽やかに舞う「choucho(チョウチョ)」の2種類。脚のカラーの組み合わせがそれぞれ5パターンあり、計10種類のラインナップです。

誕生から80年以上、世界中で愛用されてきた「Stool 60」の実用性と、皆川氏セレクトのカラーが組み合わさった、さりげなく暮らしに彩りを添えてくれる一脚です。使い込むほどに見せる、新たな表情をお楽しみください。

Stool60_mina-perhonen_series-2_02

アルヴァ・アアルトが開発した曲げ木の技術「L-レッグ」を応用した「スツール 60」は、80年以上の時を経た今もなお当時と変わらぬ手法を使い、フィンランドのアルテックの工場で作られています。

Stool60_mina-perhonen_series-2_03

左:「tambourine ライトブルー / 脚:クリームラッカー」「tambourine オリーブ / 脚:グリーンラッカー」
右:「tambourine イエロー / 脚:ストーンホワイトラッカー」

Stool60_mina-perhonen_series-2_04

左:「tambourine オレンジ / 脚:ナチュラルラッカー」
右:「tambourine ピンクベージュ / 脚:ナチュラルラッカー」

Stool60_mina-perhonen_series-2_05

左:「choucho ピンクベージュ / 脚:ナチュラルラッカー」
右:「choucho グリーン / 脚:セージグリーンラッカー」

Stool60_mina-perhonen_series-2_06

左:「choucho イエロー / 脚:ナチュラルラッカー」
右:「choucho ライトブルー / 脚:ホワイトラッカー」
そのほか、「choucho スモーキーグリーン / 脚:ストーンホワイトラッカー」があります。
Photo:Ko Tsuchiya
Stool 60 minä perhonen series 2
発売日:2018年6月15日(金)
販売店舗:Artek取り扱い店舗、minä perhonen一部直営店、オンラインショップ
価格:3万7000円(税抜)
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
ミズノ × カリモクの初コラボ! スクワットを補助するスツール「スクワットアーブル」発売 https://tabroom.jp/contents/new-product/mizuno-karimoku-training/ Wed, 20 Jun 2018 10:09:07 +0000 mizuno-karimoku-training_001
 
2018年6月15日(金)、スポーツ用品メーカー・ミズノと木工家具メーカー・カリモク家具によるスツール「スクワットアーブル」が発売されます。

スクワットアーブルは、ミズノが展開するインテリアとしても活用できる健康グッズシリーズ「ミズノヘルシーインテリア」のアイテム。ミズノとカリモクがによるコラボレーションは初です。

初心者には難しいとされているスクワット運動を軽い負荷で正しくサポートしてくれる木製スツールで、家具としての美しさとフィットネス器具としての機能性を兼備。大臀筋と大腿四頭筋への刺激は通常のスクワットと同等である一方、心拍数は低く安定した状態でトレーニングすることができます。

天然のナラ材・ブナ材やカリモクのソファにも使われている張り地を採用し、インテリアとしても優秀なデザインです。全国で限定100台のみ。気になる方はぜひお早めにチェックしてみてください。

ミズノ×カリモク「スクワットアーブル」
発売:2018年6月15日(金)
展開店舗:全国のミズノ商品取扱店
素材:ナラ、ブナ材
カラー:張り地 プレートダークネイビー
    塗装 モルトブラウン
限定数:100台
価格:9万7200円(税込み)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
大阪で初開催! マスターウォールの展示商品やサンプル品を放出「WAREHOUSE in 大阪」 https://tabroom.jp/contents/event/masterwal-osaka-warehouse/ Wed, 20 Jun 2018 10:08:10 +0000 MASTERWAL OSAKA_001
販売アイテムは全150~170点

2018年6月23日(土)・24日(日)の2日間、大阪心斎橋の「マスターウォール大阪」にて、「マスターウォール WAREHOUSE in 大阪」が開催されます。

ウォールナット専門家具ブランド・MASTERWAL(マスターウォール)の直営店で展示していた商品やサンプル品などが、お求めやすい価格で提供される販売会。これまで本社がある岡山のファクトリーショップでは開催されてきましたが、大阪では初開催となります。

販売されるアイテムは全150~170点。基本的にはどれも現物1点限りで早い者勝ちです。2日目にも若干数の商品追加の予定があるそうなので、お近くの方は2日間とも覗いてみるのもいいかもしれません。

マスターウォールの家具は、注文を受けてから木取りするウォールナット無垢材を使用し、加工から梱包の工程まで一貫して自社で手掛ける高品質の家具。お得に購入できる機会をお見逃しなく。

マスターウォール WAREHOUSE in 大阪
会期:2018年6月23日(土)・24日(日) 10:00~19:00(24日〜18:00)
会場:マスターウォール大阪
※混雑が予想されるため9:00より整理券を配布
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
夏北欧雑貨を扱う人気4ショップが集結「北欧の夏雑貨店」開催 https://tabroom.jp/contents/event/hokuounonatsu-zakkaten/ Wed, 20 Jun 2018 03:31:02 +0000 hokuounonatsu-zakkaten_01
夏の暮らしを彩るアイテムがたくさん

2018年6月13日(水)から28日(木)まで、東京新宿の「伊勢丹新宿店」にて、「北欧の夏雑貨店」が開催されています。

冬が長い北欧の人々にとって夏は待ちに待った楽しみな季節。日照時間が最も長い夏至に行われる「夏至祭」は毎年盛大に祝われます。

それゆえ、夏の暮らしを彩るアイテムもたくさん。本イベントでは、リネンや硝子、陶器、木製品、そしてジュエリーまで、北欧の夏を感じられる雑貨をご紹介します。

「Ltshop」ではリトアニアを中心に様々な生活雑貨を、「ビオトープ」では北欧の1950〜1970年代のデザインを中心としたヴィンテージの硝子アイテムなどキッチン・食卓ツール。「クローネ」では歴史ある陶器ブランドが多い北欧ならではの陶器の破片を再利用し作られたジュエリーブランド「Sagen(セーゲン)」、そして夏に使える麻素材を中心とした北欧の服飾雑貨ブランドを扱う「アクセルジャパン」と、幅広い北欧雑貨が揃います。

涼しげなものやカラフルで心躍るものなどテイストもさまざま。北欧からやって来た夏を感じられるアイテムの数々をインテリアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

hokuounonatsu-zakkaten_02

「Ltshop」で扱うリトアニアを中心としたかごや陶器はカラフルで夏にぴったり。

hokuounonatsu-zakkaten_03

「ビオトープ」には、ヴィンテージだからこその絶妙な色合いの硝子が涼やかに揃います。

JURATE

「ユーラッテ(アクセルジャパン)」の麻のウェアやストールは軽く着心地よく、室内で快適に過ごせるのはもちろん、外でも着られるデザイン。
北欧の夏雑貨店
会期:2018年6月13日(水)~28日(木)
会場:新宿店本館5階=センターパーク/ザ・ステージ♯5
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
約40のショップが登場! 原宿で2日限りのカルチャーマーケット「Laforet Market」 https://tabroom.jp/contents/event/laforetmarket-people/ Thu, 14 Jun 2018 11:27:06 +0000 laforetmarket-PEOPLE_01
“PEOPLE”がテーマ

2018年6月23日(土)・24日(日)の2日間、東京原宿のラフォーレ原宿6F ラフォーレミュージアム原宿にて「Laforet Market vol.4 “PEOPLE”」が開催されます。

2017年9月にスタートした、お客さんとクリエイターが出会える新しいカルチャーマーケット。第4弾となる今回は「PEOPLE」がテーマ。深澤直人氏デザインの「紙和|SIWA」をはじめ、自社開発の水に強く耐久性のある特殊な和紙「ナオロン」を使った製品を展開する「SIWA Collection」や、ニットファブリックを使用したアパレルからインテリア雑貨まで扱うライフスタイルブランド「TRICOTÉ」など約40のショップが登場。ファッション、アート、ライフスタイル、そしてフードと、多彩なジャンルから個性的な出店者が集合します。

参加ショップ・アーティストによるワークショップやイベントも実施。キュレーターのハンナ・フシハラ・アーロンによるZINE制作ワークショップや、FMラジオ放送局・J-WAVE(81.3FM)の取組み「BOOK SHARING」のほか、古着のお直しと靴・バッグ・革物メンテナンスも。お気に入りのアイテムを持参するのもオススメです。会場に集まるさまざまなモノや人を通じて、新たな発見をお楽しみください。

▽出店者(一部)
laforetmarket-PEOPLE_02

アイシングクッキーでさまざまな企画やファッションブランドと多岐に渡るコラボレーションを行い、ファッション業界からの人気も高い「COOKIEBOY」。細かい色使いや細工で表現されたクッキーを用意します。

laforetmarket-PEOPLE_03

リメイクしたユーズドTシャツをメインに、2017年に始動した親と子をつなぐキッズブランド「EPICHOLIDAE」。おとなサイズの着丈を活かしたシルエット、ユーズドならではの一点モノのデザインで、3歳から10歳頃まで長く着こなせます。

laforetmarket-PEOPLE_04

同世代のメンバー5人の「HIGH(er)market」を中心に制作されるインディペンデントマガジン「HIGH(er)magazine」。「私たち若者の日常の延長線上にある個人レベルの問題」に焦点を当て、「同世代の人と一緒に考える場を作ること」をコンセプトに毎回のテーマを設定しています。今回は今までマガジンに関わってくれた若者たちによるアイテムの販売や似顔絵コーナー、編集長のharu.がセレクトしたブックスタンドなどを展開。

laforetmarket-PEOPLE_06

東京下北沢のお店を離れ、現在はイベント出店等で活動中のアジアンキッチン「TOBIRA」。

laforetmarket-PEOPLE_07

大粒なドライフルーツをふんだんに使い、見た目に楽しく、食べて美味しい幸せなチョコレートを展開する「AMERICAN SWEETS SHOP」。

laforetmarket-PEOPLE_08

「Angie La La Vintage」は、ロンドンに住んでいたバイヤーがイギリスで直接買い付けたヴィンテージクローズやアクセサリーをお届けするショップ。 1900年~1970年代を中心に時代を飛び越え、ロマンの詰まったヨーロピアンアイテムをセレクトしています。

laforetmarket-PEOPLE_09

北米から仕入れたヴィンテージジュエリーと古着のお店「CORNER」。年代やジャンルに囚われず自由な感覚でセレクトした商品を取り揃えています。

laforetmarket-PEOPLE_10

古き良きものを、新しい視点から。1940年代ごろのヴィンテージから1990年代ごろのレギュラーまで、デザインやディテールにこだわり、独自の目線でピックアッ プした古着を現代のスタイルで提案する「Ecle. Vintage Used Clothing & Antiques」。

laforetmarket-PEOPLE_11

ヨーロッパから届く独自の風合いと彩りのアーティフィシャルフラワーを扱う「FLOWERS by heelmooi」。空間のデコレーションアイテムとしても夏のギフトとしても最適です。

laforetmarket-PEOPLE_12

創業大正13年の印鑑店「gobestamp」で一点一点丁寧に作った、繊細なイラストと美しい陰影が特長の国産スタンプ。オーダー印の注文も可能です。

laforetmarket-PEOPLE_13

「holiday」では、「PEOPLE」が思わずクスッと笑っちゃうユーモアを利かせたインテリア・キッチングッズ、これからやって来る夏にサラッと着られちゃうオリジナルTシャツ、題してハッピーグッズを1点1点ハンドメイドで仕上げて湘南の葉山から原宿にお届けします。

laforetmarket-PEOPLE_14

左:東京・南青山にある、世界中から集めたGood design, Good quality, Good feelingなプロダクトが並ぶセレクトショップ「It’s so easy」。今回は、使っていて心地よく幸せな気分になれるようなオーガニックコスメを紹介。
右:シンプルななかに揺るがない強さのあるデザインのアイウエアを展開する「n8ise」。 アパレルの世界に長く関わってきた女性デザイナーによるバランス感覚のよいアイウエアを紹介します。
laforetmarket-PEOPLE_15
タレント・伊藤芽衣がプロデュースするカワイイクリエイタープロジェクト♡「Kawaii☆stars」。あなたの日常にほんのちょっぴりの「かわいい魔法をかけたい」をコンセプトに、さまざまなカワイイを生みだす人気クリエイターが集まったスペシャルチームがアクセサリーや小物を中心に販売します。

laforetmarket-PEOPLE_17

「偶然の出会い」をテーマに活動する「KOCHANCHI」。 思いもよらない出会いが、自分を好きになるきっかけをくれたりする。「新しい私」を教えてくれるような出会いをアクセサリーを通して提供します。

laforetmarket-PEOPLE_18

シンプルなデザインの中にさまざまな想いやアイデアを込めた革製品を、全ての工程でハンドメイドにこだわり製作する「MAN MADE WORKS」。使う人の生活にすんなりと溶け込むことのできるシンプルなデザインを提案します。

laforetmarket-PEOPLE_19

「命あるものに感謝して、ずっと大切に使える革製品を」。「Six COUP DE FOUDRE」」では、豚や牛を食べたあとの副産物としての革のほか、有害駆除や狩猟により獲れた鹿や熊、猪などの革を鞣し加工したものを「ジビエ革」と名付け、バッグや小物を中心に商品を展開します。

laforetmarket-PEOPLE_20

ニットファブリックを使用したバッグ やウェアなどのアパレル、ライトや ラグなどのインテリア雑貨までを展開するライフスタイルブランド「TRICOTÉ」。 ニットの生地開発からテキスタイルデザインまで、オリジナルのものづくりにこだわり、全てのアイテムを国内で生産しています。
Laforet Market vol.4 “PEOPLE”
会期:2018年6月23日(土)・24日(日) 11:00~19:00(入場~18:30)
会場:ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿 6F)/東京都渋谷区神宮前1丁目11-6
入場料:無料
詳細:http://www.laforet.ne.jp/museum_event/market/
 
▽出店者
・ファッション
Angie La La Vintage / CORNER / Ecle. Vintage Used Clothing & Antiques / EPICHOLIDAE / KOCHANCHI / n8ise / Six COUP DE FOUDRE / 039LAUNDRY
・ライフスタイル
FLOWERS by heelmooi / It’s so easy / TRICOTÉ
・アート、コレクター
COOKIE BOY / gobestamp / HIGH(er)market / holiday / Kawaii☆Stars / KIAN / MAN MADE WORKS / SIWA Collection
・フード&ドリンク
TOBIRA
・グロッサリー
AMERICAN SWEETS SHOP ほか、約40ブース
 
主催:ラフォーレ原宿
アートディレクション:池田充宏(DRAWER inc.)
会場構成:山本和豊(dessence)
企画・制作:アッシュ・ペー・フランス株式会社場と間事業部
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
作原文子セレクト約20のブランド・作家が出店「COLORSCAPES」、伊勢丹新宿店にて https://tabroom.jp/contents/event/colorscapes-sakuhara/ Thu, 14 Jun 2018 11:22:58 +0000 colorscapes-sakuhara_001
作原文子によるミックススタイリングを展開

2018年6月13日(水)から6月28日(木)まで、東京新宿の「伊勢丹新宿店 本館5階=センターパーク / ザ・ステージ#5とリビングルーム / リビングデコール」のスペースにて「COLORSCAPESー出会いとつながりが生む、新しい風景ー」が開催されています。

本展では「色」をテーマに、インテリアスタイリスト・作原文子氏が様々なブランドを織り交ぜたスタイリングによるシーン提案を行っています。

タイトルの「COLORSCAPES」の通り、色彩のみならず人種、様式、世界観なども大きな意味での「色」と捉えらているそう。会場では作原氏ならではの感性で異なるテイストを組み合わせ、新しい色を作り出されています。

使用しているアイテムは、イタリア・ボローニャで伝統的な縫製技術を用いながらカラフルなホームリネンを提案するBORGO DELLE TOVAGLIE(ボルゴ デレ トヴァーリエ)、日本を代表する木製家具メーカーのマルニ木工、ヨーロッパを中心としたアンティーク家具を扱うロイズ・アンティークスなど、それぞれ独自の色を持つ約20のブランド・作家の作品からセレクト。

自室のしつらえを考えるとき、統一されたインテリアテイストでまとめるのも素敵ですが、その時々に出会ったお気に入りを使って自分らしくコーディネートしてみたいと思っている方も多いはず。プロによるミックス・スタイリングをチェックして、自分らしい色を作り出すヒントを探してみてはいかがでしょうか。

▽ボルゴ デレ トヴァーリエ
colorscapes-sakuhara_002
 
colorscapes-sakuhara_003
▽マルニ木工(中央ダイニングテーブル
colorscapes-sakuhara_004
▽ロイズ・アンティークス
colorscapes-sakuhara_005

colorscapes-sakuhara_006
colorscapes-sakuhara_007
COLORSCAPESー出会いとつながりが生む、新しい風景ー
会期:2018年6月13日(水)~6月28日(木)
会場:伊勢丹新宿店 本館5階=センターパーク / ザ・ステージ#5
              リビングルーム / リビングデコール
出店ブランド・作家:イイホシユミコ、ヴィトラ、ヴォイリー、グラストンベリー、小町渉、ザッカワークス、ノマド、ハーマンミラー、プエブコ、プレイマウンテン、ボルゴ デ レ トヴァーリエ、マルニ木工マウンテンモーニング、盛永省治、リチャード・ジノリ、ロイズ・アンティークス
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
陶芸家・石本藤雄と写真家・津田直による作品展「太宰府、フィンランド、夏の気配。」開催中 https://tabroom.jp/contents/event/dazaihu-finland-moodofsummer/ Thu, 14 Jun 2018 11:20:40 +0000 dazaihu-finland-moodofsummer_001
自然豊かな境内でアート鑑賞を

2018年7月1日(日)まで、福岡太宰府の「太宰府天満宮 宝物殿企画展示室・文書館」にて「太宰府、フィンランド、夏の気配」が開催されています。

フィンランドにゆかりのある2人の日本人アーティストの展覧会で、陶芸家・石本藤雄と写真家・津田直が参加しています。

宝物殿では石本氏が「初夏と実」をモチーフにした陶器作品を出品し、文書館では津田氏が写した初夏のフィンランドの離島の風景写真を展示。どちらも本展のために制作された作品で見応えのある内容となっています。

太宰府天満宮御祭神の菅原道真公は、学問の神様であると同時に、文化・芸術の神様としても崇められており、創建以来、和歌や連歌、歌舞伎、書画の奉納が行われるなどアートと深い関わりを持ってきました。

形や方法を変えながらも、古くから多くのアーティストたちが自然の美しさを表現しようと試みてきました。本展と併せて境内の豊かな自然やお祭りなどの催しを拝観すれば、初夏の訪れを静かに感じられるはず。ぜひ足を運んでみてください。

dazaihu-finland-moodofsummer_002

(c)Chikako Harada / Fujiwo Ishimoto

dazaihu-finland-moodofsummer_003

(c)Nao Tsuda, Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

dazaihu-finland-moodofsummer_011
 
dazaihu-finland-moodofsummer_012
 
dazaihu-finland-moodofsummer_013

太宰府、フィンランド、夏の気配
会期:2018年5月12日(土)~7月1日(日) 9:00~16:30(入館16:00まで)
   ※毎週月曜休館(6月25日は開館)
会場:太宰府天満宮 宝物殿企画展示室・文書館/福岡県太宰府市宰府4-7-1
展示:
 宝物殿企画展示室:石本藤雄「実のかたち」展
 文書館:津田直「辺つ方の休息」展
拝観料:
 宝物殿:一般400円、高大生200円、小中生100円
 文書館:一般400円、高大生200円、小中生100円
 共通チケット:700円
 
石本藤雄
テキスタイルデザイナー、陶芸家。1970年より、ヘルシンキを拠点とする。1974年~2006年までマリメッコでデザイナーを務める。1989年からはアラビア社アート部門で陶芸を製作。フィンランド政府による工芸工業賞、カイ・フランク賞など多数受賞。
 
津田直
写真家。世界を旅しながら、ファインダーを通して古来から続く人と自然との関わりを翻訳することを目指す。2001年より多数の展覧会を中心に活動。2010年、芸術選奨新人賞美術部門受賞。
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
黒か白のデザイン家具が集結「Black and White」、SOMEWHERE TOKYOで開催 https://tabroom.jp/contents/event/black-and-white/ Mon, 11 Jun 2018 10:48:40 +0000 Black-and-White_01
 
2018年6月8日(金)〜7月1日(日)まで、東京恵比寿の「SOMEWHERE TOKYO」にて、「Black and White」が開催されています。

その名の通り、黒か白の作品のみを展示する企画展。デザイン性の高い家具のみを扱う「SOMEWHERE TOKYO」がセレクトした、国内外のアーティストの作品が並びます。

展示されるのは、スイスの建築家・Mario Botta(マリオ・ボッタ)によるイス「Quinta」や、デザイナー・倉俣史朗が筑波第一ホテル(設計・磯崎新)のセミスイートルーム用にデザインした机・鏡など6作品。

デザインを実現させるために当時の高度な技術を駆使して制作されたものや、当時の流行に対して新しい装飾のあり方を提示したものなど、特徴的な作品ばかりです。

色がないからこそ、それぞれの作品にアーティスト性が際立ちます。黒と白の世界で繰り広げられるアーティストの表現をお楽しみください。

Black-and-White_02
Mario Botta(マリオ・ボッタ)によるイス「Quinta」は、当時の高度な技術を駆使して制作されたもの。 薄い鉄板を曲げて背と座面に用いたイスで、斬新なデザイン性と同時に快適性も備えています。

Black-and-White_03

左:
イタリアのデザイナー・Alessandro Mendini(アレッサンドロ・メンディーニ)による支柱に旗をモチーフにした装飾をあしらったフロアライト「Papalina」。彼は80年代にモダンデザインの抑制的なあり方に対抗して、新しい装飾のあり方を提示しました。
右:デザイナー・Roverto Marcatti(ロベルト・マルカッティ)がデザインしたフロアランプ「Arcade」。光源が左右にふたつあり、そこからくるデザインが特徴的です。

Black-and-White_04

倉俣史朗が建築家・磯崎新が設計した「筑波第一ホテル」のセミスイートルーム用にデザインした「筑波第一ホテルのための机、鏡」。アクリルを使った作品のイメージが強いですが、70年代はモノトーンで、ミニマルな作風のものが多く、この机、鏡もデティールにそういったエッセンスがあふれています。
Black-and-White_05
デザイナーの内田繁が、福岡の「ホテル イル・パラッツォ」の内装用にデザインしたイス「July」。5本脚が特徴的。
Black-and-White_06
イタリア人デザイナー・Sergio Asti(セルジョ・アスティ)による陶器のフラワーベース「The Hill」。段のようになったデザインに白と黒のコントラストが美しい。
Black and White
会期:2018年6月8日(金)~7月1日(日) 13:00~19:00
   ※6月13日(水)、19日(火)、20日(水)、26日(火)、27日(水)、28日(木)定休
会場:SOMEWHERE TOKYO
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
ザ・コンランショップに世界のカゴが集合! かごのある暮らしを提案 https://tabroom.jp/contents/event/conran-filled-with-baskets/ Mon, 11 Jun 2018 10:45:57 +0000 conran-filled-with-baskets_001

2018年6月1日(金)から7月31日(火)まで、全国のザ・コンランショップにて世界のカゴを集めた特別展示「THE CONRAN SHOP IS FILLED WITH BASKET」が開催されています。

メキシコ、デンマークスウェーデン、ブルキナファソ(西アフリカ)から5ブランドをピックアップし、様々な形や大きさのカゴを販売。異国のマーケットやバザールのような雰囲気の中、お気に入りのカゴを探すことができます。

ザ・コンランショップならではの視点で、収納用具としてだけでなくそれ自体に存在感・クラフト感のあるものを選んでいるそう。かごは素材や編み方により、ナチュラル、モダン、エスニックと幅広い表情を見せてくれます。地域性や作り手の個性が強く反映されるからこそ、ひとつひとつ見比べたり、部屋のなかでどんな風に使っていこうか想像したりするのが楽しいアイテムでもあります。ぜひお近くの展開店舗でチェックしてみてください。

conran-filled-with-baskets_002

PI PROJECT
メキシコのコミュニティにおいて何世代にも渡り、引き継がれた芸術、技術と知識に溢れた手作りの品々を集めたブランド。P.I.とは、無形文化遺産を意味するスペイン語の「Patrimonio Inmaterial」を意味し、開発プロジェクトや伝統継承教育に携わってきたフランス人とメキシコ人のカップルがコミュニティと共に働き、民族のアイデンティティを守る取り組みを行なっています。天然ヤシの葉でハンドメイドで作ったバスケットは、1つ1つ手作業で染め編んでおり、職人の名前がラベルに記載されています。

conran-filled-with-baskets_003
 
conran-filled-with-baskets_004
 

conran-filled-with-baskets_005
NORDAL
インドの家具販売からスタートした、デンマークのインテリアメーカーです。東欧と北欧のテイストをミックスした機能的かつクラフト感あふれるアイテムが特徴です。

conran-filled-with-baskets_006

FACTEUR CELESTE
地球環境保護の理念の元、西アフリカのブルキナファソの身体障害者や文盲女性の支援をテーマとして立ち上げられたブランド。女性が自立することで文化的な生活環境を作り、子供たちが教育や近代的な医療を受けることのできる環境が整います。ひと針ずつ丁寧にかぎ針編で仕上げられたバスケットは、立てて置いても形状はしっかり保たれ、地球汚染の原因となるナイロン袋を再利用して作られています。

conran-filled-with-baskets_007
 
conran-filled-with-baskets_008
 
conran-filled-with-baskets_009

HOUSE DOCTOR
1999年に設立されたデンマークのインテリアブランド。インテリアアクセサリー、テキスタイル、照明、家具など幅広く展開。親しみやすさとモダンのハイブリッドには、スカンジナビアンスタイルのシンプルで洗練された魅力が感じられます。

conran-filled-with-baskets_010

PB HOME
1991年スタート。PiaとBennの家族二人により家具とオブジェを取り扱うスウェーデンの会社。
THE CONRAN SHOP IS FILLED WITH BASKET
会期:2018年6月1日(金)~7月31日(火)
会場:ザ・コンランショップ 新宿本店
   ザ・コンランショップ 丸の内店
   ザ・コンランショップ 名古屋店
   ザ・コンランショップ 京都店
   ザ・コンランショップ 福岡店
   ザ・コンランショップ キッチン
取扱ブランド:PI PROJECT/4800円~1万4000円(税抜)
       NORDAL/3000円~5万5000円(税抜)
       FACTEUR CELECTE/6000円~2万円(税抜)
       HOUSE DOCTOR/3000円~1万6000円(税抜)
       PB HOME/2000円~5万3000円(税抜)
※店舗により取扱商品は異なります
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
今年も開催、北の住まい設計社の「夏至祭」は15周年を迎えます https://tabroom.jp/contents/event/kitanosumai-geshisai-2018/ Mon, 11 Jun 2018 10:42:42 +0000 kitanosumai-geshisai-2018_01
マーケットやキャンドルパーティー、音楽会も

2018年6月23日(土)・24日(日)の2日間、北海道東川の「北の住まい設計社ショールーム 前庭」にて「15th Midsummer Festival」が開催されます。

1年で最も日が長くなる夏至の日を祝って、毎年開催されている北の住まい設計社の恒例イベント。

広々とした前庭で開かれるマーケットのほか、コンサートやワークショップ、持寄りパーティーなどが予定されています。北海道の気持ちのよい気候や、森に囲まれた庭でのキャンドルパーティーなど、この日、ここでしか味わえない雰囲気が何よりの魅力。

ショールーム内ではSTAMP AND DIARYによるポップアップショップとして「訳あり生地のスペシャルセール」も開催されます。

北の住まい設計社といえば、北海道産の無垢材を使って自社工場での家具生産に取り組むこだわりのメーカー。マーケットやイベントへ参加しているショップは全て、そんなスタンスに共感するところばかりで、どのブースでも自然の恵みいっぱいの品々を提供しています。

爽やかでゆったりとした6月の北海道と、北の住まい設計社のオープン&フレンドリーな雰囲気の虜になること間違いなし。お近くの方はもちろん、遠方の方もぜひ訪れてみてください。

kitanosumai-geshisai-2018_02

北の住まい設計社 夏至祭/ガーデンマーケット
夏至祭
 日時:2018年6月23日(土)
 会場:北の住まい設計社 ショールーム前庭
 プログラム:
  11:00~ 土田英順さん 復興支援チャリティーコンサート
   参加費:1500円
   定員:30名
  12:30~ 竹かごワークショップ「小さな平かご作り」
   参加費:2000円
   定員:5名
   所要時間:3時間程度
  13:30~ ほんもの料理研究家 横山アディナさん「季節のお茶とお話会」
   参加費:1000円
   定員:15名
   所要時間:1時間半程度
  15:00~ クリスタルオブジョイ ゴスペルコンサート
  17:00~ サンセットパーティー
   受付開始:16:00~
   参加条件:ひとり一品持寄り+100円
   持ち物:お皿、箸、グラス
 
ガーデンマーケット
 日時:2018年6月23日(土)・24日(日) 10:00~16:00
 出店者:Coffee Kajita(コーヒー・お菓子) / なりた屋(お米) / けんぶちVIVAマルシェ / GOOD NEIGHBORS’ FINE FOODS(食品) / べにや長谷川商店(まめの販売) / VOSTOK labo(焼き菓子) / North Plain Farm(乳製品) / otocafe & アムトホル(森のはちみつ・木工作品) / liko(ジェラート) / bilancia(イタリアン) / 百姓や(無農薬野菜) / すぎもとファーム(ソーセージ) / Carino Karin & Lucy’s Basket(ブローチ・小物・バスケット) / Moi Suomi(北欧の食器・雑貨) / FIRE SIDE(薪割りワークショップ・アウトドア) / D’arte(ガラス工芸) / lampo(蜜蝋キャンドル) / Treffen(アンティーク食器) / 勝籠(竹かご) …etc
 
訳あり生地のスペシャルセール
 STAMP AND DIARYのPOP UP SHOP
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
オールド切子が100種類以上! 蚤の市感覚の販売会「COLLECTION MARKET」開催 https://tabroom.jp/contents/event/collection-market/ Mon, 11 Jun 2018 10:39:59 +0000 COLLECTION-MARKET_01
 
2018年6月7日(木)から23日(土)まで、東京新橋の「メトロクス 東京店」にて、「COLLECTION MARKET(コレクションマーケット)」が開催されています。

METROCS(メトロクス)が蒐集したアイテムの一部を蔵出しするマーケット。「オールド切子」と銘打った昭和初期頃から盛んに製造されたヴィンテージの切子の器が蚤の市のような感覚で販売されます。

店頭に並ぶアイテムは、1950~60年代頃につくられた物をメインに、水差しやグラス、ショットグラス、小皿、大皿、中鉢、花瓶、灰皿など100種類以上。価格帯も540円~1万6200円(税込)と、幅広く揃います。

今回メインで取り揃える1950~60年代頃のオールド切子は、草花をモチーフとした有機的なデザインが多いのが特徴。これらの大胆でありながらも落ち着きのある普遍的なデザインは、現代の生活や食卓に華を添えながら調和します。

購入特典として、本イベントで3240円(税込)以上お買い上げいただいた方には、花切子のショットグラスが1つプレゼントされます。数に限りがあり無くなり次第終了。お早めにお出かけください。

COLLECTION-MARKET_02
 
COLLECTION-MARKET_03
 
COLLECTION-MARKET_04
 
COLLECTION-MARKET_05
 
COLLECTION-MARKET_06

COLLECTION MARKET(コレクションマーケット)
会期:2018年6月7日(木)~23日(土) 12:00~18:00(土曜~19:00)
   ※水曜・日曜・祝日定休
会場:メトロクス 東京店
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
ウェッジウッド × そら植物園! オンリーワンの鉢と植物を数量限定販売 https://tabroom.jp/contents/event/wedgwood-sorashokubutuen/ Thu, 07 Jun 2018 10:58:37 +0000 wedgwood-sorashokubutuen_01
左から
すべてウエッジウッド バーリントンポット
No.4 ブラック&ホワイト + 「サボテン短刺金鯱」 価格:1万1880円(税込み)
No.5 ブラック&ホワイト +「ハクチョウゲ」 価格:1万2960円(税込み)
No.7 ブラック&ホワイト +「ソングオブサイアム」 価格:1万9980円(税込み)
プラントハンター・西畠清順氏がセレクト

2018年6月13日(水)から6月19日(火)まで、東京新宿
伊勢丹新宿店にて「シークレットガーデン by ウェッジウッド」が開催されます。

イギリスの陶磁器ブランド・WEDGWOOD(ウェッジウッド)のプラントポット(植木鉢カバー)と、プラントハンター・西畠清順氏が代表を務める「そら植物園」によるコラボレーション。期間中は、西畠氏がセレクトしたグリーンをセットしたプラントポットを数量限定で販売します。

使用されているプラントポットは「ウェッジウッド バーリントンポット」。ウェッジウッド独自の素材である「ジャスパー」が使用されており、マットな素材感と優しい発色が魅力です。

美しいマーブル模様が特徴ですが、これは職人たちが2色のジャスパークレイを重ねて混ぜ合わせることで作られているそう。植物と同じく一つとして同じものがありません。

西畠氏とのコラボ展示が本館1階のザ・ステージで展開されているほか、本館5階ではウエッジウッドを代表する希少な作品(数量限定)が豊富にラインナップされています。

展示される樹木、多肉植物の中には、西畠氏が発見した珍しい植物も。会期は1週間、ぜひ足を運んでみてください。

wedgwood-sorashokubutuen_02

左から
すべてウエッジウッド バーリントンポット
No.5 ペールブルー&ホワイト +「アデニウム」 価格:1万4040円(税込み)
No.6 ブラック&ホワイト +「ステファニア」 価格:1万8144円(税込み)
No.5 ペールブルー&ホワイト +「アデニウム」価格1万4040円(税込み)
No.4 ペールブルー&ホワイト +「オリーブ」価格1万800円(税込み)
※ウエッジウッドと「そら植物園」のコラボレーションによるグリーンセットは6月13日(水)に限り、当日整理券を配布予定
※バーリントンポット、バーリントンポット + グリーンは、数に限りあり
A SECRET GARDEN IN TOKYO
会期:2018年6月13日(水)~6月19日(火) 10:30~20:00
会場:第一会場 伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ
   第二会場 伊勢丹新宿店本館5階=キッチンダイニング / 洋食器
   東京都新宿区新宿3-14-1/03-3352-1111(大代表)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
マスターウォール本社工場がファクトリーショップとしてリニューアルオープン https://tabroom.jp/contents/shop/masterwal-factoryshop/ Wed, 06 Jun 2018 12:45:00 +0000 masterwal-factoryshop_013
ファクトリーツアーも随時受け付け

MASTERWAL(マスターウォール)は、2006年に家具メーカー・アカセ木工が立ち上げたウォールナット専門ブランド。その製品は高い人気を誇り(よく見られた家具ランキングの上位常連)、現在は全国10カ所・米國ニューヨーク1カ所でショールームを展開しています。

岡山県里庄町にあり、マスターウォールの本社と製造工場として機能していた「マスターウォールホーム」が、今春、「マスターウォール ファクトリーショップ」としてリニューアル。マスターウォールのほぼすべてのラインナップを見ることができるほか、工場が近接するファクトリーショップならではの楽しみとしてリフォーム商品やアウトレットアイテムのコーナーも登場しています。工場を見学できるファクトリーツアーも随時受け付け。人気ブランドの世界観をまるごと体感できるショップになっています。

masterwal-factoryshop_002
 
masterwal-factoryshop_003
 
masterwal-factoryshop_012
 
masterwal-factoryshop_011
 
masterwal-factoryshop_005
 
masterwal-factoryshop_006

マスターウォール ファクトリーショップ
所在地:岡山県浅口郡里庄町新庄1550-1階
営業時間:10:00~18:00
定休日:毎週水曜(祝日は営業)
工場見学申込み:0865-64-5116
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
初の漆作品も出品「アウトライン/西本良太」展、開催中 https://tabroom.jp/contents/event/outline-nishimotoryota-ataw/ Wed, 06 Jun 2018 12:39:37 +0000 outline-nishimotoryota-ataw_001
伝統工芸・越前漆器の作品も

2018年6月12日(火)まで、福井県越前市のセレクトショップ「ataW(アタウ)」にて「OUTLINE/西本良太」展が開催されています。

西本良太は、木工をベースに塩ビ管、樹脂、コンクリートなど多彩な素材を使った制作活動を行っています。

木で造られたアイスバーなど、素材のもつ性質や機能から離れた作品たちは、私たちが持つ「モノ」への既成概念を揺るがします。新たな「アウトライン(輪郭)」を与えられたことで、それぞれの素材の存在感がくっきりと際立つ様を見ることができるのです。

今回は個展を開催するエリアの伝統工芸である越前漆器にちなみ、西本氏が初めて漆を使用した新作を発表。現地の漆職人の協力を得て、木の塊、ネジ、グラスなど異なる素材に漆を塗った、ユニークな作品に仕上がっています。

会場では機能のない「モノ」から、実際に使える日用品まで西本氏の視点がつまった様々な作品が展示・販売されます。

outline-nishimotoryota-ataw_002
 
outline-nishimotoryota-ataw_003
 
outline-nishimotoryota-ataw_004
 
outline-nishimotoryota-ataw_005
 
outline-nishimotoryota-ataw_006

ataWの店舗外観
OUTLINE/西本良太
会期:2018年5月26日(土)~6月12日(火) 11:00~18:00
会場:ataW(アタウ)
西本良太
1977年東京都生まれ。東京学芸大学を卒業後、特注家具製作会社に勤務。2008年、東京都青梅市に作業場を構え、木工作家として活動スタート。主な展示に、公開制作67 PLAYING ON A SURFACE(府中市美術館/2016)、単位展(21_21 DESIGN SIGHT/2015)、塩ビ管とアイスキャンディー(gallery deux poissons/2014)。
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
メキシカンフォークアートを張子で表現する新しい試みの企画展 https://tabroom.jp/contents/event/bathhouse_contemporary-papier-mache_mexican-folk-art/ Wed, 06 Jun 2018 12:28:28 +0000 bathhouse_CONTEMPORARY-PAPIER-MACHE_MEXICAN-FOLK-ART_01
若手張子ユニット・DECOが実物原寸大で表現

2018年6月10日(日)まで、東京原宿の「Swimsuit Department(スイムスーツ デパートメント)」が運営するヴィンテージ雑貨店「BATHHOUSE(バスハウス)」にて、「CONTEMPORARY PAPIER-MÂCHÉ “MEXICAN FOLK ART”」が開催されています。

ペーパーマシェ(張子)を用いた新しい試みの企画展。ペーパーマシェは、型などを使って糊付けした紙を成形し着色を施した人形のことで、その手法は日本をはじめヨーロッパやメキシコ、インドなど世界各国で古くから用いられてきました。

本イベントでは、メキシコのフォークアートの魅力であるおおらかな作風と豊かな色彩を紙という素材に置き換え、寿印と松崎大祐による若手張子ユニット・DECOが実物の原寸大で表現しています。

作品は、メキシコのフォークアートの中でもアイコン的な存在であるツリーオブライフやオアハカのウッドカービングなどを厳選。メキシコのフォークアートとペーパーマシェ、両者の魅力を感じます。

異素材での新たな表現に、これからの日本の郷土玩具の未来や可能性も感じることができるはずです。ぜひ会場で作品一つひとつの表情をお楽しみください。

CONTEMPORARY PAPIER-MÂCHÉ “MEXICAN FOLK ART”
会期:2018年5月24日(木)~6月10日(日) 13:00~18:00
   ※会期中は無休、アポイントメント不要
会場:BATHHOUSE/東京都渋谷区神宮前3-36-26 ヴィラ内川201
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
今週末は「紙博 in 東京」第2弾! 91組の企業・クリエイターが参加 https://tabroom.jp/contents/event/kamihaku-tokyo2/ Wed, 06 Jun 2018 12:22:39 +0000 kamihaku-tokyo2_001
素材、雑貨、文具…紙にまつわる91組が出展

2018年6月9日(土)・10日(日)の2日間、東京浅草の「東京都立産業貿易センター台東館」にて「紙博 in 東京 vol.2」が開催されます。

2017年4月にスタートした「紙博」の第2回目。イラストレーター、文具メーカー、活版印刷の会社など、紙にまつわる91組の出展者が参加します。

私たちの暮らしの中にごくさりげなく存在している紙。情報を伝える媒体としてはデジタルが主流になってきていますが、ひとたびそこにある「物」としての紙に目を向けると、触り心地や重さ、インクの匂い、温度など、豊かな表情と世界が広がっていることに気づきます。

ペンで線を描き、折り曲げ、プリントする。私たちの働きかけに応じて魔法のように姿を変える紙。会場には素材、雑貨、作品など様々な視点の紙が集まります。

ありそうでなかった「紙」に大きく焦点を当てた展覧会です。トークや気軽に参加できるワークショップも充実しています。まだ見ぬ紙に出会いに、ぜひ足を運んでみてください。

kamihaku-tokyo2_002

kamihaku-tokyo2_003

kamihaku-tokyo2_004

kamihaku-tokyo2_005

kamihaku-tokyo2_006

kamihaku-tokyo2_007

kamihaku-tokyo2_008

kamihaku-tokyo2_009

kamihaku-tokyo2_010

紙博 in 東京 vol.2
会期:2018年6月9日(土) 10:00~17:00
   2018年6月10日(日) 9:00~17:00
会場:東京都立産業貿易センター台東館/東京都台東区花川戸2-6-5
入場料:500円(小学生以下無料)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
ほぼ日創刊20周年記念!「第3回 生活のたのしみ展」恵比寿で開催 https://tabroom.jp/contents/event/seikatunotanoshimi-3rd/ Fri, 01 Jun 2018 12:55:08 +0000 seikatunotanoshimi-3rd_001
目指すは街フェス!

2018年6月7日(木)から6月11日(月)まで、東京恵比寿の「恵比寿ガーデンプレイス」にて「第3回 生活のたのしみ展」が開催されます。

糸井重里氏が主宰するウェブメディア「ほぼ日刊イトイ新聞」によるマーケットイベントで、「ここにしかない、とくべつな商店街」がテーマ。食べ物、服、小物、日用品など様々なジャンルから約70店舗が参加します。

今回は「ほぼ日」の創刊20周年企画の一環ということもあり、ワークショップ、アトラクション、ミニライブなど商店街を超えた街フェスの要素もたっぷり。会期中の6月10日(日)には、「前川清50周年 ほぼ日20周年 記念コンサート『はじめての前川清』」も同時開催されます。糸井氏が作詞した新曲をはじめ、初めて前川さんの生歌を聴く人たちにむけて糸井氏が選んだベスト・オブ・前川清な名曲ぞろいのコンサートとなるそう。

そのほか、スペシャルコラボや先行販売品、ほぼ日の20周年記念グッズなど「たのしみ展」ならではのアイテムも見逃せません。公式サイトでイベントやワークショップ、商品情報の詳細が確認できるほか、当日は「ほぼ日アプリ」で現場の情報をリアルタイムに伝えてくれます。

恵比寿駅すぐでアクセスも抜群。リピーターの方も初めての方も、ぜひ訪れてみてください。

▽たのしみ展だけのスペシャルコラボ
seikatunotanoshimi-3rd_002

左:メルヘン × ほぼ日 ドリームサンドショップ
ほぼ日が夢の組合せとして5種類をセレクトした「メルヘンたからばこ」、糸井重里も加わり開発をしたほぼ日オリジナル新メニューの「うみサンド」や「1101サンド」、スペシャルフルーツサンドなどがならぶ夢のショップ。
右:くいしんぼうのトースト店 by BALMUDA
「BALMUDA the TOASTER」で焼いた焼きたてパンに、ほぼ日オリジナルの「おらがジャム」や「感じるジャム」、ほぼ日のはちみつ「日本の花」などをトッピング。トースターやジャムもその場で購入できます。

seikatunotanoshimi-3rd_003

伊藤まさこ+内田鋼一「鋼正堂」
1年以上じっくり時間をかけて企画・実現に至った「伊藤まさこ・内田鋼一」の萬古焼のお皿とキャセロールの店「鋼正堂(こうせいどう)」。ご自分で作陶される器のみで活動されていた陶芸家・内田鋼一さんが、スタイリスト・伊藤まさこさんからのお声掛け・ご相談で、はじめて器のプロデュースを手がけました。この「生活のたのしみ展」で初お披露目の作品となります。

seikatunotanoshimi-3rd_004

ENOMONO
元ピクサー、短編アニメ『ダム・キーパー』でアカデミー賞ノミネートの経験を持つ堤大介さんがつくられたスタジオTONKO HOUSEと京都在住の画家・junaidaさん。それぞれほぼ日のコンテンツやイベントで大人気だった2組が、同じテーマのもと2つそろうとひとつの作品となるように「競作」した絵画作品をモチーフにポスターやTシャツなど、さまざまなグッズを作りました。

 
▽生活のたのしみ展 初登場
seikatunotanoshimi-3rd_005

trippen(トリッペン)
1992年ベルリンのちいさなギャラリーで誕生したシューズブランドtrippenが新作の「ZORI」を世界で最も早くお披露目・先行販売。生活のたのしみ展限定カラーも。

seikatunotanoshimi-3rd_006

左:ボーダーシャツをオーダーメイドできる店
新潟のファクトリーブランドG.F.G.S.がつくるボーダーシャツのお店です。今回はじめてお披露目する新開発の生地で、サイズ、ボーダーの色や太さ、袖の長さを自由にえらんで、自分だけの1着をつくることができます。さらにたのしみ展ならではのトッピングとして、ボーダーから顔をのぞせるかわいいキャラクターをプリントすることもできます。
右:PUEBCO
インドをはじめ、海外のマーケットや工場で見つけたマテリアルやユーズド品を素材としたものづくりが魅力のPUEBCO。ほぼ日初登場の今回は、PUEBCOの世界をぎゅっと詰め込んだ、雑貨を見つけ選ぶたのしみを味わえる空間をつくります。

seikatunotanoshimi-3rd_007

鹿児島睦オーバルタオルの店
今回のために作られた陶芸家の鹿児島睦さんとオーバル型のタオル。ビーチやプール、夏掛け代わりに使えそうな大判のものとランチョンマットにも使える小さめのサイズを用意。

 
▽たのしみ弁当
seikatunotanoshimi-3rd_008

左上:東京台湾
右上:田んぼ
左下:斉吉
右下:chioben

▽ほぼ日 × 伊勢丹 / ほぼ日 × JINS
seikatunotanoshimi-3rd_009

左:「白いシャツをめぐる旅」
右:「かわいい老眼鏡&おとなとこどものサングラスの店」

▽ほぼ日20周年
seikatunotanoshimi-3rd_010

中:「ほぼ日手帳2018 ビギニングバッグ」
右:ひきだしポーチ
seikatunotanoshimi-3rd_011
前川 清50周年 ほぼ日20周年 記念コンサート「はじめての前川 清」
日程:2018年6月10日(日)
時間:トークゲスト 水野良樹さん × 糸井重里 14:00 開場/14:30 開演
   トークゲスト 徳光和夫さん × 糸井重里 18:00 開場/18:30 開演
   ※昼の部と夜の部はトークゲストが異なります。トーク部分以外の公演内容は同じ予定です。
出演:前川 清、水野良樹(昼の部)、徳光和夫(夜の部)、糸井重里
会場:ザ・ガーデンホール(恵比寿ガーデンプレイス内)
料金:全席指定 7500円(税込)
生活のたのしみ展
会期:2018年6月7日(木)~6月11日(月) 11:00~20:00
会場:恵比寿ガーデンプレイス/東京都渋谷区恵比寿4-20
入場料:300円(税込み) ※5日間いつでも再入場可能・中学生以下無料
出展者:
atelier shimura / BALMUDA / BambooCut / chioben / CO- / FLOTO GELATO & BISCUIT / FUGLEN COFFEE ROASTERS / FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP / G.F.G.S. / HAPPY NUTS DAY / JINS / MARGARET HOWELL CAFE / NAOT / MHL / MITTAN / Patisserie A.K Labo / PLAIN BAKERY & foodremedies 長田佳子 / poj? k nam / Ponte de pie! / PROOF OF GUILD / PUEBCO / SHOZO COFFEE STORE / Spring Summer Fall Winter Audio(森友治) / STAMP AND DIARY / TONKO HOUSE×junaida / TESIO / tretre / trippen / U-zhaan+後藤好宏+藤枝暁 / warang wayan / 市川商店 / 伊藤尚美 / 伊藤まさこ・内田鋼一 / イマガワノブヒロ / 内田真美 / 大橋歩・イオグラフィック / おつな寿司本舗 / おひつ膳田んぼ / 鹿児島睦 / 菓子工房ルスルス / キタンクラブ / 草場妙子 / 栗コーダーカルテット / コクヨ / 小林和人 / 小林常司 / 斉吉 / 下田昌克 / スソアキコ / 高橋禎彦 / 東京台湾 / ドコノコ / 等々靴磨店 / 轟木節子 / 土楽 / 林屋海苔店 / 日笠雅水 / 日比野克彦 / ひびのこづえ / 前田知洋 / 槇塚登+キッチンボタン / 水野仁輔 / (株)三越伊勢丹 / メルヘン / 八木澤優記 / 矢部太郎 / ロビン西 / 和田ラヂヲ / ほぼ日 他
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
アクタス限定! 限定素材や海外仕様のHIROSIMAアームチェア販売中 https://tabroom.jp/contents/new-product/actuslimited-hiroshima/ Fri, 01 Jun 2018 12:51:06 +0000 actuslimited-hiroshima_00
Apple新社屋にも採用された世界的チェア

2018年4月28日(土)から7月1日(日)まで、全国のアクタス店舗にて「ACTUS限定 HIROSIMAアームチェア」が限定販売されています。

HIROSHIMAチェアは、昨年Appleの新社屋「Apple Park」にも数千台が導入され、大きな話題となった日本を代表するチェアです。ACTUS限定なのは、マルニ木工のアイコンとなった椅子「HIROSIMA アームチェア」のチェリー材タイプ。使い込むほどにツヤのある飴色へ変化するチェリー材は、一味違った経年変化を楽しめる木材として家具の隠れた人気素材でもあります。座面は板座タイプと張座タイプが選択可能です。

また、シートハイが国内仕様よりも25mm高い海外仕様の「Highタイプ」も国内仕様と同価格で販売されます。少し背が伸びてより美しいプロポーションとなったHIROSIMA アームチェアのグローバルモデル。高めのテーブルをお使いの方にオススメです。

海外仕様のHIROSIMAチェアは、期間限定のチェリー材以外にも従来展開してきたビーチ材、オーク材、ウォールナット材でのオーダーも可能です。

actuslimited-hiroshima_01

HIROSIMAアームチェア Highタイプ チェリー材(板座)
ACTUS限定 HIROSIMAアームチェア
販売期間:2018年4月28日(土)~7月1日(日)
販売店舗:全国のアクタス店舗
アイテム:
 HIROSHIMA アームチェア チェリー材 Highタイプ(海外仕様)
  サイズ:W560mm × D530mm × H790mm(SH450mm)
 
 HIROSHIMA アームチェア チェリー材 Lowタイプ(国内仕様)
  サイズ:W560mm × D530mm × H790mm(SH455mm)
 
  塗装:ウレタン樹脂
  価格:板座タイプ 12万4000円(税抜)
     張座タイプ 17万3000円(税抜)
  ※Highタイプ、Lowタイプは同価格
 
 HIROSIMA アームチェア Highタイプ(海外仕様)
  価格:ビーチ材 9万円~(税抜)
     オーク材 12万4000円~(税抜)
     ウォールナット材 13万7000円~(税抜)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>