タブルームニュース https://tabroom.jp/contents/ 家具の総合情報サイト Mon, 21 May 2018 10:46:54 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.1.23 「第10回モノマチ」は過去最多規模! 175組の作り手や飲食店が参加 https://tabroom.jp/contents/event/monomachi-10/ Mon, 21 May 2018 11:46:54 +0000 monomachi-10_00
改めて「モノづくりの力」に注目

2018年5月25日(金)~27日(日)の3日間、東京台東区南部エリアにて、「第10回モノマチ」が開催されます。

モノマチ」は、古くから製造や卸の集積地としての歴史を持つ御徒町~蔵前~浅草橋の「徒蔵(カチクラ)エリア」で開催される恒例イベント。2011年から始まり今回で10回目を迎えます。

モノづくり系の企業やショップ、職人、クリエイター、飲食店など175組が参加し、過去最多規模に。改めて「モノづくりの力」に注目し、参加する1店1店のモノづくりをより感じてもらえるようなイベントやワークショップを用意しているそうです。

前回好評だった、佐竹商店街での親子ワークショップ「子どモノマチ」や「フードコート in おかず横丁」を今回も開催。前回よりもパワーアップし、見応え十分な「モノマチ」。10回続くその魅力を感じにぜひお出かけください。

▽過去開催の様子
monomachi-10_02

インフォメーション。

monomachi-10_03

佐竹商店街 – 子どモノマチ。

monomachi-10_04

職人ツアー。

monomachi-10_05

銭湯ツアー/弁天湯。
第10回モノマチ
会期:2018年5月25日(金)~27日(日)
会場:東京都台東区南部徒蔵地域一帯(浅草通り、隅田川、神田川、中央通りに囲まれた地域)
詳細:http://monomachi.com/
Writing:Akiko Okawa
Photo:Taro Hosokawa
Edit:塩見直輔
]]>
「第13回 東京蚤の市」今週末に迫る! 北欧市・豆皿市のほか新エリア台湾小路が登場 https://tabroom.jp/contents/event/13th-tokyonominoichi/ Mon, 21 May 2018 11:45:18 +0000 13th-tokyonominoichi_01
 
2018年5月26日(土)・27日(日)の2日間、東京調布の「東京オーヴァル京王閣」にて「第13回 東京蚤の市」が開催されます。

全国・世界から約240組の出店者が集まる東京でも最大規模のマーケットイベント。毎年、春と秋の2回ずつ開催され、回を追うごとに進化を続けています。

出展ジャンルは古道具、古書、古着、照明、花、ワークショップ、フード類、リュックサック、エンターテイメントと幅広く、誰もがきっと気になるブースを見つけられるはず。

人気企画の「東京北欧市」「東京豆皿市&箸置き市」も同時開催されるほか、新エリアとして台湾をテーマにした「台湾小路」が初登場します。食だけでなく、様々な角度から台湾の文化を紹介するそう。

気持ちの良い芝生の上で開催されるのも東京蚤の市の特徴。ピクニックを兼ねて訪れるたくさんの家族連れのために、今回はキッズ向けのエンタメも大幅に拡大されました。

お買い物好きだけでなく、幅広い世代の方が思い思いに楽しめる。そんな懐の広さが東京蚤の市の魅力。初めての方も、リピーターの方も、パワーアップした東京蚤の市にぜひ訪れてみてください。

13th-tokyonominoichi_04

 
13th-tokyonominoichi_06

13th-tokyonominoichi_08

13th-tokyonominoichi_03

13th-tokyonominoichi_05
13th-tokyonominoichi_07
第13回 東京蚤の市
会期:2018年5月26日(土) 9:00~18:00
   2018年5月27日(日) 9:00~17:00
   ※雨天決行
会場:東京オーヴァル京王閣/東京都調布市多摩川4-31-1
入場料:500円(小学生以下無料)
   ※京王線「京王多摩川駅」臨時改札口すぐ
詳細:http://tokyonominoichi.com/2018_spring/

▽同時開催

東京北欧市
会期:2018年5月26日(土) 9:00~18:00
   2018年5月27日(日 )9:00~17:00
会場:東京オーヴァル京王閣
入場料:500円(小学生以下無料)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
30店舗以上が出店「柏の葉 蚤ノ市」はインダストリアルな倉庫をイメージ https://tabroom.jp/contents/event/kashiwanoha_nominoichi_3rd/ Sat, 19 May 2018 06:30:07 +0000 kashiwanoha_nominoichi_3rd_03
 
2018年5月21日(月)、千葉県柏市「柏の葉T-SITE メインテラス」にて、「第3回 柏の葉 蚤ノ市」が開催されます。

世界のアンティークやヴィンテージ、アレンジメントグリーンの人気ショップが一堂に会する恒例の蚤の市。アンティーク家具や雑貨、食器、そして花などを扱う30店舗以上が出店します。

第3回となる今回は「車がお店にもなる」がテーマ。全体で、インダストリアルな倉庫をイメージして演出。フードのお店が出店したり、会場に音楽が流れたりと、お買い物以外にも楽しめるコンテンツが用意されます。どのような蚤の市になるのか、当日をお楽しみに。

kashiwanoha_nominoichi_3rd_02

会場となる「柏の葉T-SITE」。

kashiwanoha_nominoichi_3rd_04
 
kashiwanoha_nominoichi_3rd_05
 
kashiwanoha_nominoichi_3rd_06
 

kashiwanoha_nominoichi_3rd_01
第3回 柏の葉 蚤ノ市
会期:2018年5月21日(月) 9:00~16:00
会場:柏の葉T-SITE メインテラス、第一駐車場/千葉県柏市若柴227-1
詳細:https://store.tsite.jp/kashiwanoha/event/magazine/2250-1419250424.html
出店者:
緑園 / ヨーロッパヴィンテージ
North6 Antiques/フレンチチェア
tsuzuri-Na(葉菜屋 綴り菜)/花
Antique shop Ann/フォートナム&メイソンのハンパーピクニックバスケット
リビングネクスト/アンティーク食器
harumien Aota/植物と雑貨
La Grasse Matinee/雑貨、アクセサリー、食器、文房具、ノベルティグッズなど
雑貨店百水/古道具
Gates of Babylon/雑貨
Float Gallery Antiques/アクセサリー
C’est la vie! rbr antiques/雑貨
higurashi/食器
STRAY SHEEP(ストレイシープ)/洋服、雑貨
tsuitachi craft&brocante/北欧食器
eNe/フランスアンティーク家具・雑貨
MOMO/アンティーク雑貨・ボタン
氷室/アンティークと古道具
BROWN ANTIQUES/アンティーク家具
Kaf ta Raf/日本のvintage服、古物、アートブック
Freluga/スウェーデンを中心とした北欧雑貨
atelier de fleur jul/花
Million Dollars Department/ジュエリー
蔵フィティ/アンティーク雑貨
smokebooks/古本
うぽぽ/アンティーク雑貨
Antiques MoonChild/アンティーク・骨董
KSCOVO/ヨーロッパヴィンテージ雑貨
PROTON Antiques/アンティーク雑貨
インテリアカーサ柏店/古本・北欧家具・雑貨
fleuriste scene フルリスト セーヌ/花
など
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
サローネレポートも! トークイベント「長山智美さんに聞く10の質問」広島に巡回 https://tabroom.jp/contents/event/usm-talk_hiroshima/ Fri, 18 May 2018 09:22:25 +0000 usm-salone_2018
ミラノサローネ2018で「FRAME AWARD MILAN」を受賞したUSMのブース。
トーク後は懇親会&お土産

2018年6月2日(土)、広島県広島市のインテリアショップ「SLAP MOBLER(スラップ モブラー)」で、トークイベント「インテリアスタイリスト・長山智美さんに聞く10の質問 in 広島」が開催されます。

2017年夏に東京丸の内USMモジュラーファニチャーショールームで開催されたトークイベントのスピンオフ企画。トークイベントキャラバンとして全国を巡回し、2018年4月に開催された福岡開催に続く第2弾で、インテリア雑誌を中心に活躍する人気インテリアスタイリスト・長山智美さんが様々な質問にQ&A形式で答えるセッション形式のトークイベントです。

福岡回では、「どうやってインテリアスタイリストになったのですか?」「過去の仕事で一番の失敗は?」などインテリアスタイリストの仕事に関するものから、「休日は何をされていますか?」「趣味は?」といったものまで。直前まで参加されていたミラノサローネの長山さん視点のレポートも披露されました。来場者からの質問を投げかけるコーナーも。

トークセッション終了後は、ドリンク付きの懇親会とお土産が参加者全員に振る舞われます。参加は無料。一線で活躍するインテリアスタイリストの裏側を尋ねるチャンスをお見逃しなく。

SLAP MOBLER_001

USMモジュラーファニチャー × タブルーム Presents「インテリアスタイリスト・長山智美さんに聞く10の質問 in 広島」
会期:2018年6月2日(土) 13:00~15:00 ※12:45開場
会場:SLAP MOBLER(スラップ モブラー)
参加費:無料
定員:20名 ※先着順
申し込み:smw@trekantet.jp/082-511-3399
     ※氏名、メールアドレス、電話番号をお伝えください
長山智美
雑誌『Casa BRUTUS』『ELLE DECO』など数々の雑誌でインテリアやプロダクトページのスタイリングを中心に活躍。企業のショールームやカタログのインテリアスタイリングなども行う。現在の日本のインテリアシーンで最も活躍する人気インテリアスタイリストの一人。
]]>
リサ・ラーソン新作も登場!女性陶芸家3名による「スウェーデンの三人娘」展、渋谷で開催 https://tabroom.jp/contents/event/swedish-three-girls/ Thu, 17 May 2018 10:53:48 +0000 swedish-three-girls_001
 
2018年5月17日(木)から5月23日(水)まで、東京渋谷の「渋谷ヒカリエ8階 クリエイティブスペース8/COURT」にてスウェーデンの女性陶芸家3人による展示販売イベント「スウェーデンの三人娘」が開催されます。

今、もっとも注目されている女性陶芸家3人、リサ・ラーソン、マリアンヌ・ハルバーグ、エレオノール・ボストロムの合同展。それぞれ世代の異なる3人による、新作や限定商品が登場します。

リサ・ラーソンといえばライオンの陶器やシマシマ模様のねこ「マイキー」が有名です。マリアンヌ・ハルバーグは青山スパイラルマーケットや伊勢丹新宿店で単独フェアを開催するなど国内クリエイターのなかでも注目を集める存在。そして最年少のエレオノール・ボストロムは今回が日本で初めての本格展開で、みずみずしい感性で作陶とイラストを手がけています。

会場では本展限定のリサ・ラーソンによる「ミア ミニ」やヴィンテージをリデザインした「ねこのティーポット」が登場するほか、それぞれのアーティストが柄をデザインした新作のハンカチや扇子も販売されます。リサ・ラーソングッズが集まったポップアップショップも併催。北欧陶器ファンには見逃せないイベントとなりそうです。

会期も1週間と短めですが、どれも人気のアイテムばかり。気になる方はお早めにご来場ください。

swedish-three-girls_002
(c)LISA LARSON

swedish-three-girls_003

(c)MARIANNE HALLBERG

swedish-three-girls_004

(c)ELEONOR BOSTRÖM
スウェーデンの三人娘
会期:2018年5月17日(木)~5月23日(水) 11:00~20:00 ※最終日~17:00
会場:渋谷ヒカリエ8階 クリエイティブスペース8/COURT/東京都渋谷区渋谷2-21-1
入場料:無料

▽プロフィール

Lisa Larson(リサ・ラーソン)
1931年、スウェーデン・スモーランド地方ハルルンダ生れの陶芸家。大学卒業後にグスタフスベリ社で活躍し、その後フリーデザイナーに転身。
 
Marianne Hallberg(マリアンヌ・ハルバーグ)
1952年、スウェーデン・ヨーテボリ出身の陶芸家。ヨーテボリ大学在学時より作陶を開始。卒業後、自身の工房を設立。
 
Eleonor Bostrom(エレオノール・ボストロム)
1985年、スウェーデン・ストックホルム出身の陶芸家・イラストレーター。スウェーデンの美術大学を卒業。現在はサンフランシスコとストックホルムの2カ所を拠点に創作活動を続けている。
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
Vitra(ヴィトラ)の国際巡回展が日本に初上陸して開催中! コラボカフェも https://tabroom.jp/contents/event/theoriginalcomesfromvitra/ Thu, 17 May 2018 10:51:06 +0000 theoriginalcomesfromvitra_001
 
2018年5月29日(火)まで、東京新宿の「リビングデザインセンターOZONE」にてVitra(ヴィトラ)によるインスタレーション展示「The Original Comes from Vitra」が開催されています。

世界中のヴィトラ取扱店を巡る国際展。今回が日本初の開催となります。ヴィトラは1950年の創業以来、数々のデザイナーとタッグを組んできました。会場では歴代名作の実物とともに、そのストーリーや歴史を伝えます。

会場では誕生50周年を迎えたパントンチェア、Jean Prouve(ジャン・プルーヴェ)によるスタンダードチェアとシテ、チャールズ&レイ・イームズによるイームズエレファント、80周年間近のスイスの国民的椅子・ランディチェア、現代デザイナーによるティプトンの7脚が展示されています。

期間中は連動企画としてザ・コンランショップ新宿本店内にて、コラボカフェ「Vitra in THE CONRAN SHOP CAFE」の展開や、プルーヴェの名作「スタンダード チェア」「EM テーブル」のコンランショップ特別仕様の先行受注会なども行われています。

ヴィトラでは協業するデザイナーのことをauthors(著者)と呼ぶそう。デザインのプロフェッショナルとともに家具製作の専門知識、職人技をつくして開発される家具はまさにthe Original=本物。本展は単なる製品展示ではなく、ヴィトラが家具メーカーとして「オリジナルとは何か」を問いかけるプロジェクトです。会期は残りわずか。ぜひご来場ください。

theoriginalcomesfromvitra_002

左:ランディ チェア
右:ティプ トン

theoriginalcomesfromvitra_003

左:スタンダード チェア
右:パントン チェア
theoriginalcomesfromvitra_03_001
.03
The Original Comes from Vitra
会期:2018年4月26日(木)~5月29日(火) 10:30~19:00 ※火曜定休
会場:リビングデザインセンターOZONE(3階 ウェルカムプラザ)/東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー

▽連動企画

期間限定カフェ「Vitra in THE CONRAN SHOP CAFE」
カフェ内の椅子がティプトンやパントンなどヴィトラの名作椅子に変わります。アレキサンダー・ジラードのグラフィックのほか、ヴィトラやデザイナーにまつわる期間限定メニューも。
 期間:2018年4月26日(木)~5月29日(火)
 時間:11:30~18:00 土日祝11:00~19:00 水曜11:30~15:00
 場所:リビングデザインセンターOZONE 3階 ザ・コンランショップ カフェ 新宿店
 
Special Edition for THE CONRAN SHOP
ジャン・プルーヴェの「Standard Chair」「EM テーブル」のコンランショップ特別仕様が登場。6月の発売を前に先行受注を開始。
 
トークイベント
書籍『ジャン・プルーヴェ 20世紀デザインの巨人』の編集を担当した編集者・山田泰巨による、プルーヴェデザインの魅力を語るトークイベント。
 日時:2018年5月19日(土) 16:00~17:00
 会場:ザ・コンランショップ新宿本店内4階
 ※無料、予約不要
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
ジャン・プルーヴェの名作にザ・コンランショップ特別限定モデルが登場! https://tabroom.jp/contents/new-product/specialedition-conranshop/ Thu, 17 May 2018 10:47:09 +0000 specialedition-conranshop_01
 
2018年5月29日(火)まで、ザ・コンランショップ 新宿本店にてJean Prouve(ジャン・プルーヴェ)の「EM Table」と「Standard Chair」の特別限定モデル「Special Edition for THE CONRAN SHOP」が展示発売されています。

1934年に誕生した名作家具のVitra(ヴィトラ)初となるショップ特別モデル。プルーヴェによる理にかなった構造と美しいフォルムはそのままに、新しいカラーと素材を採用しています。

フレーム部分はEM Table、Standard Chairともにパールグレーで統一。テーブルの天板はスモークドオーク、チェアではヴィトラ初となる、レザー張りシートも登場します。

ナチュラルな素材を取り入れつつ、パールグレーのフレームで洗練された雰囲気でまとめている今回の特別モデルは、プルーヴェデザインの魅力を再発見させてくれます。

チェアはそれぞれ30脚限定、テーブルは15台限定での販売です。ぜひお近くのコンランショップでチェックしてみてください。

specialedition-conranshop_04

Standard Chair SR Special Version of THE CONRAN SHOP
左がレザー張り、右がオーク材を使用。

specialedition-conranshop_02

EM Table Special Version of THE CONRAN SHOP
天板にはスモークドオークが使われています。
specialedition-conranshop_03
「20世紀デザインの巨人」
スタンダードチェアを始めとする代表作の作品解説からその美学と哲学、国内外のコレクター宅やギャラリーの貴重な写真がふんだんに収録されたプルーヴェ作品集の完全版。
 編集:Pen編集部(CCCメディアハウス)
 価格:4600円(税抜)
Special Edition for THE CONRAN SHOP
発売:~2018年5月29日(火)
取扱店舗:ザ・コンランショップ 新宿本店
     ザ・コンランショップ 丸の内店
     ザ・コンランショップ 名古屋店
     ザ・コンランショップ 京都店
     ザ・コンランショップ 福岡店
     ザ・コンランショップ キッチン
アイテム:
 Standard Chair SR Special Version of THE CONRAN SHOP
  素材:背・座:レザー / 脚:粉体塗装スチール
  カラー:背・座:プレミアムキャメル / 脚:パールグレー
  サイズ:W420mm × D490mm × H820mm(SH465mm)
  価格:12万6000円(税抜)
  限定数:30脚
 
 Standard Chair Special Version of THE CONRAN SHOP
  素材:背・座:オーク材 / 脚:粉体塗装スチール
  カラー:背・座:ダークオーク / 脚:パールグレー
  サイズ:W420mm × D490mm × H820mm(SH465mm)
  価格:8万円(税抜)
  限定数:30脚
 
 EM Table Special Version of THE CONRAN SHOP
  素材:天板:オイル仕上げオーク材 / 脚:粉体塗装スチール
  カラー:天板:スモークドオーク / 脚:パールグレー
  サイズ:W1800mm × D900mm × H740mm
  価格:48万円(税抜)
  限定数:15台

▽トークイベント

<TALK EVENT>山田泰巨 トークイベント
編集者の山田泰巨さんが、書籍「20世紀デザインの巨人」の製作の裏話なども交え、ジャン・プルーヴェの人・製品の魅力について語ります。
日時:2018年5月19日(土) 16:00~
会場:ザ・コンランショップ 新宿本店 4階
定員:20名
参加費:無料
予約:03-5322-6600
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
実際に座れる世界の名作チェア140脚「椅子を語る2」展、comfortQの2店舗で開催 https://tabroom.jp/contents/event/140chairs/ Wed, 16 May 2018 02:40:48 +0000 140chairs_001
本店は面白い椅子、十三ショップは美しい椅子

2018年4月21日(土)から5月20日(日)までの1か月間、阪急百貨店のインテリアショップ・comfortQの大阪梅田comfortQ 阪急うめだ本店7階」と十三の「十三ショップ」の2会場にて、「椅子を語る2 〜140chairs〜」が開催されています。

大きな反響があった2014年の第1回に続く、椅子にフォーカスしたイベント。阪急うめだ本店7階では「現代の面白い椅子」、十三ショップでは「時代を代表する美しい椅子」をテーマに、世界中から時代やメーカー、ブランドを越えて140脚の椅子が集結します。

日々の暮らしやインテリアに大きく関わっている家具である椅子。そのため、いつの時代も多くのデザイナーたちが、全力で椅子をデザインしてきました。

本イベントでは、集めた椅子をただ見るだけでなく、実際に座ることができるのが魅力です。ぜひ気になっていた名作椅子の座り心地をご体感ください。

140chairs_02

阪急うめだ本店7階:「現代の面白い椅子」

140chairs_03

十三ショップ:「時代を代表する美しい椅子」
椅子を語る2 ~140chairs~
会期:2018年4月21日(土)~5月20日(日)
会場:comfortQ 阪急うめだ本店7階
   comfortQ 十三ショップ
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
帰ってきた「デザインあ展」! 富山県美術館で会期わずか https://tabroom.jp/contents/event/design-a-toyama/ Fri, 11 May 2018 09:42:56 +0000 design-a-toyama_001
作品も一新、体験&参加型の展覧会

2018年5月20日(日)まで、富山県富山市の「富山県美術館」にて「デザインあ展 in TOYAMA」が開催されています。

「デザインあ」はNHK Eテレによる子どもたちのデザインマインドを育む番組。「見た目の良さといった表面的なことではなく、見立てをして、意図を持ち、計画と試行錯誤によってより良い状況を作り出すことがデザインである」と多彩な映像を使って伝えてきました。

そんなデザインマインドを、実際に見て体験できるのが本展。2013年、東京で初めて開催された際には22万人を動員しました。今回は当時の内容から一新し、身の回りの物事から目には見えない概念まで踏み込んだ展示となっています。

子どもたちが楽しみながら「見る」「考える」「つくる」ことの豊かさを学べる「デザインあ展」。テレビを飛び出し、より刺激的になった「デザインあ」をぜひ体験してみてください。

デザインあ展 in TOYAMA
会期:2018年3月21日(水)~5月20日(日) 9:30~18:00(入館~17:30)
   ※水曜休館(5月16日)
会場:富山県美術館 2階 展示室 2、3、4
料金:一般1300円、大学生950円、高校生以下無料
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
76組のクラフト作家が参加「フィールド オブ クラフト 倉敷2018」が開催 https://tabroom.jp/contents/event/fieldofcraft-kurashiki/ Fri, 11 May 2018 09:42:29 +0000 fieldofcraft-kurashiki-2018_001
倉敷で手作りに触れる、体験教室も

2018年5月12日(土)・13日(日)の2日間、岡山県倉敷市の「倉敷市芸文館前広場」にて「フィールド オブ クラフト 倉敷2018」が開催されます。

クラフト作家76組が参加するマーケットイベントで、今年のテーマは「掌から生まれるかたち」。出品アイテムは陶磁器、木工、ガラス、染織、布、金属、革、漆、アクセサリー、ほうきの全10ジャンルで、作家たち自らが展示に工夫を凝らします。

展示のほか、会場にはワークショップ専用エリアも設けられ、当日の飛び入り参加も受け付けているそう。組み木、ガラスアクセサリー、染色、織り、木のおもちゃ、陶芸、金属、張り子の絵付け、イグサ編み、ルリユール(製本)、革、フラワーデザインと12種類の教室が用意されているほか、一部の展示ブースでも小規模のワークショップが催されます。

作品だけでなく、その製作過程や背景にフォーカスしているのがフィールド オブ クラフトの特徴。アットホームな雰囲気のなか、手作りの魅力にたっぷりと触れることができます。

会場は倉敷の美観地区からも徒歩3分とほど近い場所。観光も兼ねて訪れてみてはいかがでしょうか。

fieldofcraft-kurashiki-2018_002
 
fieldofcraft-kurashiki-2018_003

フィールド オブ クラフト 倉敷2018
日時:2018年5月12日(土)10:00~17:00
   2018年5月13日(日)10:00~16:30 ※雨天決行
会場:倉敷市芸文館前広場/岡山県倉敷市中央1-18-1(美観地区より南へ徒歩3分)
出展ジャンル:陶磁器、木工、ガラス、染織、布、金属、革、漆、アクセサリー、ほうき
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
柳宗理が戦後初デザインしたものは?「柳宗理と松村硬質陶器展 」展、開催中 https://tabroom.jp/contents/event/yanagisori-matsumura-tableware/ Thu, 10 May 2018 04:18:05 +0000 yanagisori-matsumura-tableware_04-368x520
処女作である松村硬質陶器シリーズも

2018年3月6日(火)から5月13日(日)まで、石川県金沢市の「金沢美術工芸大学柳宗理記念デザイン研究所」にて「柳宗理と松村硬質陶器展 ―戦後日本のテーブルウェア―」が開催されています。

戦後日本を代表する工業デザイナー・柳宗理。彼が終戦後初めてデザインを手がけたプロダクトをご存知でしょうか。それは名古屋の松村硬質陶器とタッグを組んだシンプルな白い陶器でした。

名古屋は、戦前から輸出用陶磁器の生産が盛んで、現在でも周辺にかけて陶磁器メーカーが多い地域。戦争が終わり質の良いテーブルウェアが徐々に求められるようになっていった1948年頃に完成した初期の「松村硬質陶器シリーズ」や、その中の「コーヒーセット」は高く評価され、それを改良した新型(N型)が人気を博し広く人々の生活に浸透。その後1990年にこれらのシリーズの一部がニッコーにより「ボーンチャイナ・シリーズ」として復刻され、多くの人々に愛用されています。

本展では、柳宗理の処女作である松村硬質陶器シリーズについて、これまで詳細が判明していなかった戦後初期の製品ラインナップやデザインの変遷に関する情報を展示。戦後の日本におけるテーブルウェアの発展が柳氏の工業デザイナーとしての歩みに重ね合わせて紹介されています。

しばしば「インテリアは白いティーカップから始まる」と言われますが、それはひとつのお気に入りのカップがあればカトラリー、テーブル、チェア、テキスタイル…と、手もとから自分らしく空間を作っていくことができるという意味が込められています。日本を代表するデザイナーが、戦後のキャリアをテーブルウェアからスタートさせたというのも、決して偶然ではないのかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

yanagisori-matsumura-tableware_01

松村硬質陶器初期シリーズ「ティーポット」1948年頃

yanagisori-matsumura-tableware_02

左:松村硬質陶器KIKYOシリーズ「楕円皿」1948年頃
右:同N型シリーズ「コーヒーカップ」1952年頃

yanagisori-matsumura-tableware_03

松村硬質陶器 N型シリーズ「サラダボウル」1952年頃
柳宗理と松村硬質陶器展 ―戦後日本のテーブルウェア―
会期:2018年3月6日(火)~5月13日(日) 9:30~17:00
   ※月曜休館(祝日は開所)
会場:金沢美術工芸大学柳宗理記念デザイン研究所 展示資料室2 / 石川県金沢市尾張町2-12-1
入場料:無料
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
JSF × ハワイアンシャツブランドのコラボインテリア「HawaiianVives」登場 https://tabroom.jp/contents/new-product/jsfxreyn-spooner/ Thu, 10 May 2018 04:10:32 +0000 JSF×reyn-spooner_01
 
2018年4月27日(金)より、「journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)」と「etc. JOURNAL STANDARD(エトセトラ ジャーナルスタンダード)」の全店にて、『「HawaiianVives」 第一弾 reynspooner × journal standard Furniture』が販売されています。

「Hawaiian Vibes」と題し、 ハワイを舞台にリゾートの雰囲気を感じるインテリア提案企画の第1弾。1962年にハワイ・オアフ島で創立したハワイアンシャツのパイオニア「reyn spooner(レイン スプーナー)」とコラボレーションしたアイテムを展開します。

今回のインテリアコレクションには、reyn spoonerのデッドストックとなった生地を使用。 journal standard Furnitureを代表する家具のひとつ「RODEZ CHAIR(ロデ チェア)」のカバーやクッション、ベッドリネンなどに落とし込んでいます。

気軽に取り入れることができるアイテム展開で、お部屋に彩りとリゾート感をもたらしてくれます。これからの季節にぴったりなreyn spoonerの世界観をお楽しみください。

▽アイテムの一部
JSF×reyn-spooner_02

「RODEZ CHAIR COVER」価格:1万8000円(税抜)

JSF×reyn-spooner_03

「BLANKET」価格:1万8000円(税抜)

JSF×reyn-spooner_04

左:「CUSHION COVER」価格:各4800円(税抜)
右:「PILLOW CASE」価格:5800円(税抜)、「DUVET COVER シングル」価格:2万2000円(税抜)、「DUVET COVER ダブル」価格:2万6000円(税抜)

JSF×reyn-spooner_05

「CUSHION COVER」価格:各4800円(税抜)
「HawaiianVives」 第1弾 reynspooner × journal standard Furniture
販売店舗:journal standard Furniture、etc. JOURNAL STANDARD全店
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
大阪の人気店「dieci」のポップアップショップが自由が丘に登場 https://tabroom.jp/contents/event/dieci-poppup-dailyplus/ Thu, 10 May 2018 04:07:10 +0000 dieci-poppup-dailyplus_001
別注のリサ・ラーソン バードも個数限定で登場

2018年4月27日(金)から5月21日(月)まで、東京自由が丘イデーショップ 自由が丘店にて「dieci POP UP SHOP “Daily Plus” Scandinavian design, craft, art」が開催されています。

​dieciは「それがそこにある事で気持ちがほんの少し豊かになるインテリア」をコンセプトとする大阪のインテリアショップ。北欧を中心に世界中へ自ら買い付けに赴き、ストーリーやこだわりのある品々を紹介しています。特に、スウェーデンのKERAMIKSTUDION社(リサ・ラーソン)の作品は日本代理店を務めており、国内随一の品揃えです。

今回のポップアップショップでは作家モノの作品にフォーカスしており、リサ・ラーソンのヴィンテージやアートピースのほか、カリーナ・セス-アンダーソンや山野アンダーソン陽子のガラス作品、ヨナス・リンドホルムの陶器などが出品されます。なかには日本で初めての紹介となるスウェーデンの現代作家の作品もあり、見応えたっぷり。

また、イデーショップ 自由が丘店10周年を記念した限定商品として、KERAMIKSTUDION社から復刻されるリサ・ラーソン バードのイデー別注アイテムも登場します。100個限定で会期初日から発売されるので、気になる方はお早めの来店がオススメです。

期間中は写真家・木寺紀雄がスウェーデンで撮り下ろした写真も展示され、北欧のものづくりだけでなくその空気感も感じられるはず。会期は約3週間、この機会をお見逃しなく。

dieci-poppup-dailyplus_002

Lisa Larson(リサ・ラーソン)/陶芸家
1931年生まれの陶芸家。Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)のスカウトを受けGUSTAVSBERG(グスタフスベリ)に入社し、沢山の作品を生み出す。1979年にフリーランスデザイナーとなり、1992年にFranco NicolosiらとKeramikstudion Gustavsbergを設立。86歳の今も精力的に活動を続ける。

dieci-poppup-dailyplus_003

Carina Seth Andersson(カリーナ・セス-アンダーソン)/ガラス作家・デザイナー
ストックホルム出身。スウェーデンのデザイン・クラフト界を代表する存在の一人。marimekko(マリメッコ)やスヴェンスクテンなどの北欧の有名ブランドにデザイン提供する一方、自身でもガラスや陶器の作品を手がける。色をあまり用いず、白や黒を基調にした作品が多い。

dieci-poppup-dailyplus_004

Yoko Andersson Yamano(山野 アンダーソン 陽子)/ガラス作家
1978年生まれ。スウェーデン国立美術工芸大学Konstfack修士課程卒。2001年より陶芸作家・ガラスデザイナーのインゲヤード・ローマンに師事。現在はスウェーデンを拠点に、ヨーロッパや日本を中心に世界各国で展示会を行う。

dieci-poppup-dailyplus_005

Sverker Eklund(スヴェルケル・エクルンド)/木工作家

dieci-poppup-dailyplus_006

Anna Sjons Nilsson(アンナ・ション・二ルソン)/人形作家

dieci-poppup-dailyplus_007

Erik Leif Ericson(エリック・レイフ・エリクソン)/アーティスト

dieci-poppup-dailyplus_008

Nacho Tatier(ナチョ・タッティエ)/イラストレーター

dieci-poppup-dailyplus_009
 
dieci-poppup-dailyplus_999

今年KERAMIKSTUDION社から復刻されるリサ・ラーソン バードをベースに、イデーのブランドカラーであるブルーで絵付けを施した限定モデル。
dieci POP UP SHOP “Daily Plus” Scandinavian design, craft, art
日時:2018年4月27日(金)~5月21日(月)
会場:イデーショップ 自由が丘店
限定商品:
 Lisa Larson Bird (She) for IDÉE
  KERAMIKSTUDION社から復刻されるリサ・ラーソン バードのイデー別注アイテム
  発売日:2018年4月27日(金)
  販売数:100個限定
  価格:1万2960円(税込)
参加作家:
 Yoko Andersson Yamano(山野 アンダーソン 陽子)/ガラス作家
 Sverker Eklund(スヴェルケル・エクルンド)/木工作家
 Erik Leif Ericson(エリック・レイフ・エリクソン)/アーティスト
 Anna Sjons Nilsson(アンナ・ション・二ルソン)/人形作家
 Fredrik Paulsen(フレデリック・ポールソン)/家具デザイナー
 Nacho Tatier(ナチョ・タッティエ)/イラストレーター
 Jonas Lindholm(ヨナス・リンドホルム)/陶芸家/デザイナー
 Carina Seth Andersson(カリーナ・セス-アンダーソン)/ガラス作家/デザイナー
 Lisa Larson(リサ・ラーソン)/陶芸家)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
デザインガラス製品のパイオニア・菅原工芸硝子「10人のガラス展」開催 https://tabroom.jp/contents/event/sugahara_ndc/ Sun, 06 May 2018 18:48:25 +0000 sugahara_ndc-01
柴田文江、小泉誠ら10名がガラス製品をデザイン

2018年4月18日(水)から5月14日(月)まで、東京・銀座の「松屋銀座7階 デザインギャラリー1953」で「菅原工芸硝子×日本デザインコミッティー『10人のガラス展』」が開催されています。

菅原工芸ガラスは昭和7年創業のガラスメーカーで、現在に至るまでガラス製品の開発・生産を続けています。

初期の頃から多数の外部デザイナーを起用してきたデザインガラス製品のパイオニアであり、今回の企画展ではその流れを汲んでデザインコミッティーメンバーによる実用的かつ美しいデザインが紹介されるそう。

参加しているのは原研哉川上元美喜多俊之小泉誠柴田文江など家具・インテリアの分野でも活躍している10名。熟練の職人と気鋭のデザイナーたちによる、流麗なガラスの姿をぜひご覧ください。

菅原工芸硝子×日本デザインコミッティー「10人のガラス展」
会期:2018年4月18日(水)~5月14日(月) ※最終日~17:00
会場:松屋銀座7階デザインギャラリー1953/東京都中央区銀座3-6-1
参加メンバー:原研哉、伊藤隆道、川上元美喜多俊之小泉誠、黒川雅之、面出薫、三谷龍二、佐藤卓、柴田文江
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
「日本の良いもの」展、Swimsuit Departmentが収集した工芸品を販売 https://tabroom.jp/contents/event/bathhouse_nihon-yoimonoten/ Sun, 29 Apr 2018 12:41:10 +0000 bathhouse_nihon-yoimonoten_01
オーナーの郷古氏が長い期間をかけて収集

2018年4月26日(木)から5月6日(日)まで、東京原宿の「Swimsuit Department(スイムスーツ デパートメント)」が運営するヴィンテージ雑貨店「BATHHOUSE(バスハウス)」にて、『「日本の良いもの」展』が開催されています。

年始に福岡で行われ、好評のうちに幕を閉じたイベントの第2回。オーナーの郷古隆洋氏が長い期間をかけて国内で集めた、各地方で昔から親しまれている工芸品や雑貨アイテムが並びます。

東京での開催に合わせ、郷古氏が最近気になるという80年代の民窯や日本を代表する染色家・柚木沙弥郎氏がデザインをしたデッドストックのタペストリーを展示・販売。そのほか、独自の視線で選んだ日用品など、Swimsuit Departmentらしいアイテムのセレクトになっています。

四季や風土、さらに日本人の気質などが反映されている日本の古い工芸品。海外のフォークアートの収集にも力を注いできた郷古氏は、だからこそ日本のクラフトの素晴らしさを大いに感じ、今回のイベントへ繋がったと話します。

民芸店とはまた一味違ったラインナップです。どんなアイテムが並ぶのか楽しみにお出かけください。
 
▽商品の一例
bathhouse_nihon-yoimonoten_02
bathhouse_nihon-yoimonoten_03

「日本の良いもの」展
会期:2018年4月26日(木)~5月6日(日) 13:00~18:00
   ※会期中は無休、アポイントメント不要
会場:BATHHOUSE/東京都渋谷区神宮前3-36-26 ヴィラ内川201
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
北欧ヴィンテージが集結する蚤の市「ARABIA 蚤の市」、doinelで開催 https://tabroom.jp/contents/event/doinel_arabia-nominoichi_biotopebazaar_2018/ Sun, 29 Apr 2018 12:40:13 +0000 doinel_arabia-nominoichi_biotopebazaar_201804_01
biotopeのバザーも同時開催

2018年4月27日(金)から5月15日(火)まで、東京表参道の「doinel(ドワネル)」にて、「ARABIA 蚤の市 / biotope bazaar」が開催されています。

フィンランドを代表する陶器メーカー・ARABIA(アラビア)社のアイテムを中心に、北欧ヴィンテージの雑貨類が揃う蚤の市。

店頭に並ぶのは、濃いブルーのハンドペイントが印象的な「Valencia(ヴァレンシア)」や、お米型の透かし彫りが施された白磁の「Rice(ライス)」といった人気シリーズから、グラス類や柄が楽しいプレートなど。どれも長く使い続けられるシンプルで機能的なデザインで、その美しさは、時を重ねても色褪せることがありません。

また、doinel の母体でありヨーロッパを中心としたインテリア雑貨類を扱う「biotope corp.(ビオトープ)」のバザーも同時開催。廃番品やサンプル品などを中心に、リネン類やテーブルウェアなどのインテリア雑貨を、お求めやすいお値打ち価格で提供します。

季節の変わり目にテーブルウェアを一新する、いい機会になるはずです。アイテムはどれも数に限りがありますので、気になる方はお早めにお出かけください。

ARABIA 蚤の市 / biotope bazaar
会期:2018年4月27日(金)~5月15日(火)
会場:doinel
詳細:http://doinel.net/news/arabia-蚤の市-biotope-bazaar
Writing:Akiko Okawa
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
GW恒例、現代スリップウェアの祭典「Golden SlipWare 2018」今年も開催 https://tabroom.jp/contents/event/golden-slipware-2018/ Sun, 29 Apr 2018 12:38:55 +0000 golden-slipware_2018_01
人気を牽引する作家9名の作品が集結

2018年4月28日(土)から5月13日(日)まで、東京中目黒の「SML(エスエムエル)」にて、「Golden SlipWare 2018」が開催されます。

今年で8年目を迎える、現代スリップウェアの祭典。ファンが多い日本のスリップウェアを牽引する作家、9名の作品が一堂に会します。

イギリスの伝統的な技法で、泥状の化粧土(スリップ)で模様を描き焼き上げた陶器・スリップウェア。柳宗悦をはじめとした日本の民藝運動の創始者たちが、この穏やかで親しみ深い器の魅力を見出し、現代の作り手まで脈々と受け継がれてきました。同じ技法にもかかわらず、それぞれの器には作家の個性が反映されています。

今回も、おいしいお酒と料理、スリップウェアを堪能できるイベントや、好評のスリップウェアのワークショップを開催します。作家在廊日もありますので、対話も楽しみながら、お気に入りの一皿を探してみてください。

Golden SlipWare 2018
会期:2018年4月28日(土)~5月13日(日)
会場:SML
参加作家:伊藤丈浩 / 井上尚之 / 小島鉄平 / 齊藤十郎 / 十場天伸 / 中川紀夫 / 前野直史 / 山口和声 / 山田洋次(五十音順)
詳細:http://www.sm-l.jp/blog/17670
  
作家在廊日
2018年4月28日(土) 小島鉄平 / 齊藤十郎 / 十場天伸 / 中川紀夫 / 前野直史 / 山口和声 / 山田洋次
2018年4月29日(日) 山口和声
2018年5月4日(金・祝)・5日(土) 齊藤十郎
2018年5月12日(土)・13日(日) 伊藤丈浩
 
オープニング スリップウェアパーティー
フードスタイリスト・中山暢子によるお料理とお酒を、作り手と共に。
日時:2018年4月28日(土) 18:00~20:00
 
スリップ酒場
料理家・蓮池陽子が女将を務める、1日限定のスリップ酒場がオープン。おいしいお酒と、スリップウェアで楽しむ魅惑のおつまみを。
日時:2018年5月6(日) 14:00~20:00
※売切れ次第終了
 
ワークショップ
制作したうつわは作家の窯で焼き上げ、後日SMLにて引渡し。
・齊藤十郎
 カレー皿(21 × 26.5㎝)または、9寸皿(直径27cm)のいずれかを選んで作ります。
 日時:2018年5月4日(金・祝) 11:00~ / 14:00~
 参加費:カレー皿 7560円(税込)、9寸皿 1万2960円(税込)
 事前予約制、各回先着10名
・伊藤丈浩
 長角鉢(17 × 13.5 × 3.8㎝)を作ります。
 日時:2018年5月12日(土)・13日(日) 両日12:00~ / 14:30~ / 17:00~
 参加費:4860円(税込)
 事前予約制、各回先着15名
※ワークショップの参加申込みは終了しました。見学は自由に参加いただけます。
Writing:Akiko Okawa
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
「濱田窯・在る日の益子」展が開催中、貴重なヴィンテージや家物の陶器が並びます https://tabroom.jp/contents/event/hamadagama-arishihinomashiko/ Sun, 29 Apr 2018 12:37:38 +0000 hamadagama-arishihinomashiko_001
濱田庄司の登り窯から生まれた新作も

2018年4月27日(金)から5月6日(日)まで、東京新宿の「BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO」にて「濱田窯・在る日の益子」展が開催されています。

本展は人間国宝の陶芸家・濱田庄司が生前に使用していた登り窯に火を入れる「濱田庄司登り窯復活プロジェクト」を受けて開催されるもので、同プロジェクトは2015年に続き2回目。陶器の産地である、益子市と笠間市の陶芸家が参加し、交流が行われました。

fennica(フェニカ)ではプロジェクトに参加した一部の作家による作品のほか、濱田窯で眠っていたヴィンテージアイテムや、濱田庄司とその次男・濱田晋作、孫の濱田友緒による作品、fennica別注のアイテムなどが販売されるそう。

益子焼の歴史のなかでも、民藝運動の一環としても、重要な役割を果たしてきた濱田窯。今回は新旧の益子焼に触れ、手に入れるまたとないチャンスです。

復刻シリーズなら数千円から、作家ものでもなかには1万円代で購入できるものもあります。土の質感を感じられる益子焼ならではの風合いを、ぜひ直接ご覧になってみてください。

hamadagama-arishihinomashiko_002

濱田庄司 藍鉄塩釉扁壷 40万円(税抜)/掛合釉方瓶 70万円(税抜)

hamadagama-arishihinomashiko_003

濱田晋作 地鉄絵湯呑 3万5000円(税抜)/掛合釉花瓶 28万円(税抜)

hamadagama-arishihinomashiko_004

濱田友緒 鉄塩釉刷毛目文打マグカップ 1万円(税抜)/藍鉄塩釉鎬花瓶 4万円(税抜)

hamadagama-arishihinomashiko_005

濱田窯 ヴィンテージ復刻シリーズ 2300円(税抜)~ 各2色展開

▽登り窯復活プロジェクト 参加作家の一部アイテム
hamadagama-arishihinomashiko_006

島岡 桂
1978年 栃木県益子町に生まれる。先代(島岡達三)が考案した「縄文象嵌」という技法を引き継ぎ、自分なりの土・釉薬・焼成法を試しながら作陶している。 表面に凹凸のあるデザインや、独特な成形が特徴で各地にて個展も行っている。

hamadagama-arishihinomashiko_007

阿部 智也
高校の在学中に、噴火後の復興の一環として何か特産物作りが出来ないかと考え、焼き物の道を目指す。噴火で得た火山灰や溶岩を釉薬として使用していた。現在は益子に移住し、日常的に違和感なく使ってもらえるよう 装飾に頼らない器づくりを続けている。

hamadagama-arishihinomashiko_008

加守田 太郎
1963年益子町生まれ。高名な陶芸家であった父・加守田章二の影響を受け、1983年作陶を開始。現在も全国各地で個展を開くなど精力的に活動中。「図形を書くのが浮き」という加守田太郎さんの作品は、青を基調にした独特な絵柄が魅力的。子供のために作ったという益子焼のミニカーも人気。

hamadagama-arishihinomashiko_009

木村 文子
大阪芸術大学で陶芸を学び、現在は益子で陶芸家として活動。キャリアも長く、濱田友緒さんをして「独自性もありながらとても益子らしい作家」と言わしめる人。表現の幅も広く日常使いできる作品はとても人気が高い。
濱田窯・在る日の益子
会期:2018年4月27日(金)~5月6日(日)
会場:BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO / 東京都新宿区新宿3-32-6
取扱アイテム:濱田庄司登り窯復活プロジェクトに参加した12名の作品
       濱田庄司・濱田晋作・濱田友緒
       濱田窯 ヴィンテージ
       濱田窯 × fennica 別注アイテム
       その他、益子で活動する作り手の作品(木漆工芸家 松崎修、大誠窯 大塚誠一、室田窯など)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
101回目の「益子春の陶器市」! 500以上のブースが出店 https://tabroom.jp/contents/event/masiko-haru-tokiichi101/ Sun, 29 Apr 2018 12:36:09 +0000 masiko-haru-tokiichi101_00
城内坂&サヤド地区を中心に

2018年4月28日(土)から5月6日(日)まで、栃木県益子町内各所にて「第101回 益子春の陶器市」展が開催されます。

益子町は江戸時代末期から陶器の生産が盛んな街で、昭和期に陶芸家の浜田庄司の活動によって広く知られるようになりました。

春、秋の年2会開催されている陶器市は1966年からスタートしたもので、今回でなんと101回目。50店舗の販売店ブースのほか、陶芸作家や窯元の職人たちによるテントが約500張りも立ち並びます。

作品のラインナップも食器類などの日用品から陶芸美術品まで様々。気になるものを見つけたら、直接作り手の方とお話しをするのも陶器市ならではの楽しみ方です。

メインとなる城内坂とサヤド地区の近隣には益子陶芸美術館があります。お買い物だけでなく、益子焼の名品を併せて鑑賞してみるのもいいかもしれません。

masiko-haru-tokiichi101_01
 
masiko-haru-tokiichi101_02
 
masiko-haru-tokiichi101_03
 
masiko-haru-tokiichi101_04

第101回 益子春の陶器市
会期:2018年4月28日(土)~5月6日(日) 9:00~17:00
会場:益子町内各所/栃木県芳賀郡益子町
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
目黒のジェオグラフィカでアンティークマーケットとセール、開催 https://tabroom.jp/contents/event/geographica-14th/ Sun, 29 Apr 2018 12:33:23 +0000 geographica-14th_001
英国文化研究家による特別講座も

2018年4月28日(土)から5月6日(日)まで、東京目黒ジェオグラフィカにて「14th Anniversary GEOGRAPHICA Antique Market & Anniversary SALE」が開催されます。

主にイギリスのアンティーク家具を扱うジェオグラフィカが、開店14周年記念としてアンティークマーケットとセールを開催。

マーケットでは特に雑貨類を中心に出品。食器やシルバーカトラリーをはじめとして、ボタニカルアートやアクセサリー、アンティークプリントのポスター類のほか古書やヴィンテージスカーフなど年月を経てもなお魅力的な品々が並びます。

イギリス由来のお菓子や紅茶も販売され、店内はまるで海外の蚤の市のような雰囲気に。また、地下1階と3階ではアンティーク家具や照明のセールを同時開催。ゴールデンウィークは目黒のインテリアショップ巡りも兼ねて、ジェオグラフィカにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

geographica-14th_002
 
geographica-14th_003
 
geographica-14th_004
 
geographica-14th_005
 
geographica-14th_006
 
geographica-14th_007

14th Anniversary GEOGRAPHICA Antique Market & Anniversary SALE
日時:2018年4月28日(土)~5月6日(日) 11:00~20:00
会場:ジェオグラフィカ
特別講座:
 アンティーク・トレジャーハンティング講座
  日時:2018年5月5日(土) 15:00~16:30
  講師:小関由美(英国文化研究家)
  定員:各回8名(最少催行人数4名)
  会費:5000円
 
 名作イギリス映画&大人気イギリス・ドラマのアンティーク講座
  日時:2018年5月3日(木) 16:00~17:00
  講師:小関由美(英国文化研究家)
  定員:8名(最少催行人数4名)
  会費:3500円
 
 英国式ヴィーガン&ヴィンテージ・ティーパーティ講座
  日時:2018年5月6日(日)12:00~13:30 / 14:30~16:00
  講師:平中直美(ハムステッド・ティールーム)、小関由美(英国文化研究家)
  定員:12名(最少催行人数8名)
  会費:5000円(英国ティーフーズ&英国紅茶つき)
  ※各回とも同内容
  
  申込:ジェオグラフィカまで
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
「100年読み継ぎたい本たち」が英国アンティーク空間に出現 https://tabroom.jp/contents/event/lloyds-antiques_book-truck/ Sun, 29 Apr 2018 12:27:45 +0000 Lloyds-antiques_BOOK-TRUCK_01
「100年」をキーワードに本をセレクト

2018年4月21日(土)から5月6日(日)まで、東京原宿の「ロイズ・アンティークス 青山」にて、「100年読み継ぎたい本たち」が開催されています。

都内各所のイベントに出店している移動式本屋「BOOKTRUCK」のポップアップショップ。「ロイズ・アンティークス 青山」のシンボルとなっている100年以上前のイギリスの建物より移築されたライブラリースペースが舞台です。

本は「100年」をキーワードに本をセレクト。「ロイズ・アンティークス 青山」で扱う英国アンティークや北欧、イタリアンヴィンテージなど、100年以上前から大切に使われてきた家具や空間に因んでいます。

歴史ある名作から、これから長く読み継ぎたい本まで、「本を読んだことのない人にも読んでもらいたい」という「BOOK TRUCK」店主・三田修平氏の思いが込められた本が並びます。時を越えて今に受け継がれるライブラリー空間の味わい深い雰囲気とともにお楽しみください。

Lloyds-antiques_BOOK-TRUCK_02

マンチェスターの図書館で使われていた大きなテーブルが鎮座するライブラリースペース。建具はチェルシーの建物で用いられていたものを移築し100年以上前の空間を再現しています。

Lloyds-antiques_BOOK-TRUCK_03

「BOOK TRUCK」店主の三田修平氏は、「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」「CIBONE青山店」「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」を経て、2012年に移動式本屋をスタート。南池袋公園に併設されたレストラン内に「THE PARKSIDE BOOKS」をオープンさせたほか、飲食店や小売店のブックセレクト、各種媒体での本紹介など、さまざまな形で本の販売に携わっています。
100年読み継ぎたい本たち
会期:2018年4月21日(土)~5月6日(日) 11:00~19:00
会場:ロイズ・アンティークス 青山
Writing:Akiko Okawa
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
目黒通りインテリアショップの裏側、お見せします!「GaRAKUTA市」初開催 https://tabroom.jp/contents/event/garakutaichi_meguro-interior-market/ Wed, 25 Apr 2018 03:17:24 +0000 garakutaichi_Meguro-Interior-Market_02
倉庫に眠るとっておきを特別価格で提供

2018年4月29日(日)、東京目黒の「JPパーキング」をメイン会場に、大鳥神社交差点から油面交差点までのインテリアショップ各店舗前にて、「GARAKUTA市~Meguro Interior Market~」が開催されます。

個性豊かなインテリアショップが建ち並ぶことから「インテリアストリート」と呼ばれる目黒通りで初めて開催されるマーケットイベント。各インテリアショップが、倉庫に眠るとっておきの家具や雑貨を持ち寄り、特別価格で提供します。

「お店の裏側、お見せします。」をコンセプトに、インテリアストリートの中間に位置するメイン会場に20店舗以上が集結。目黒通りで人気のフードのお店や、インテリアの祭典らしく、15台以上のアンティークテーブルが1列に並ぶ飲食・休憩スペースも登場します。

さらに、箸作りなどのワークショップや、バンド「雨ふらしカルテット」のライブが行われるほか、当日は回を重ねる度に盛り上がりを増す「目黒マルシェ」も同時開催されます。

エリア一体がお祭りムードで賑わう目黒通りで、お宝探しをお楽しみください。

garakutaichi_Meguro-Interior-Market_03

ALFA CRAFT:一枚板とオーダー家具

garakutaichi_Meguro-Interior-Market_06

Point No.38:アメリカアンティーク家具

garakutaichi_Meguro-Interior-Market_05

chambre de nimes BROCANTE:フランスカントリー雑貨と家具

garakutaichi_Meguro-Interior-Market_07

GRANTS:グリーンディスプレイ

garakutaichi_Meguro-Interior-Market_08

DONAIYA:タコ焼きキッチンカー

garakutaichi_Meguro-Interior-Market_09

とちぎや:商店街のお肉屋さんが作る正統派コロッケ

garakutaichi_Meguro-Interior-Market_10

Beer Pub SCENT:日替わりのクラフトビールが飲める目黒の人気バー

garakutaichi_Meguro-Interior-Market_11

Stand Bánh Mì:フランス料理をベースにしたベトナム料理

garakutaichi_Meguro-Interior-Market_12

箸作り: 無垢の木を削って磨いて自分だけの箸作り

garakutaichi_Meguro-Interior-Market_14

スキンクリーム・フレグランススプレー製作:天然素材やオリジナルの香りを調合したオリジナルアロマ作り

garakutaichi_Meguro-Interior-Market_15

ライブを行う雨ふらしカルテット
GARAKUTA市~Meguro Interior Market~
会期:2018年4月29日(日) 11:00~17:00 ※目黒マルシェと同時開催
雨天予備日:2018年4月30日(月・祝) 11:00~17:00
会場:メイン/東京都目黒区下目黒5丁目19-13 JPパーキング
   サブ/大鳥神社交差点~油面交差点のインテリアショップ各店舗前
詳細:http://misc.co.jp/garakutaichi
出店者:
▽Interior
GEOGRAPHICA:イギリスアンティーク
ALFA CRAFT:一枚板とオーダー家具
ルドファン:世界16か国のファブリックで作るカーテン
ギャラリー風と雲:和の花器と食器
MANAS:世界のファブリック
vise:家具のお医者さん
KAKINOKIZAKA TAKUMI:北海道旭川の匠工場直営店
chambre de nimes BROCANTE:フランスカントリー雑貨と家具
Point No.38:アメリカアンティーク家具
Knock on wood:オリジナル&オーダーメイド家具
Blackboard:ヴィンテージ・アンティーク・ショップ
STANLEY’S:オリジナルデザイン・カスタムメイドソファ
GRANTS:グリーンディスプレイ
POSTRE:フラワーアレンジメント
東京ガーデン:グリーン
Panenka:医療従事者が考えるデイリーウェア
fragrance label yes:アロマ・スキンケア製品 ほか
 
▽Food
DONAIYA:タコ焼きキッチンカー
とちぎや:商店街のお肉屋さんが作る正統派コロッケ
Beer Pub SCENT:日替わりのクラフトビールが飲める目黒の人気バー
Stand Bánh Mì:フランス料理をベースにしたベトナム料理
PARADE:料理・ドリンク・音楽が交差するカフェ&バー
Sunao coffee:ハンドドリップのコーヒショップ ほか
 
▽Work Shop
・箸作り:無垢の木を削って磨いて自分だけの箸作り
・切文字ペイント:アルファベットの切り文字にエイジングペイント
・スキンクリーム・フレグランススプレー製作:天然素材やオリジナルの香りを調合したオリジナルアロマ作り
・ファブリックパネル製作:好きな生地を選び、セルフメイキングでパネル作り
 
▽Live
雨ふらしカルテット
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
マットレスが試せる&相談できるショップ https://tabroom.jp/contents/report/mattress-shops/ Tue, 24 Apr 2018 04:17:09 +0000 Covering sofa_001
 
マットレスが試せる&相談できるショップ
 
人生の3分の1を費やすと言われる睡眠時間。その上で多くの時間を過ごすことになるマットレスは睡眠の質を大きく左右します。一方、なかなかベストなマットレスに出会うのが難しいという声も多く聞きます。
 

いいマットレスってどんなもの?

マットレスは、構造ひとつ取っても「高反発フォーム」のもの、「スプリングコイル」のもの、「スプリングコイル」も「ポケットコイル」に「ボンネルコイル」…とその種類は様々。もちろんそれらの知識は重要ですが、初心者が自力で理解するのは難しく、また同じ構造でもメーカー・ブランドによって差があることも…。自分に合うかどうかは結局試してみないとわからないものかもしれません。
 

じゃあどうする?

タブルームのおすすめは、詳しい人に聞き、試してみること! 専門家と自分の体に尋ねるのが近道です。そこでマットレス取扱店の「試せるマットレスのブランド取扱い数」と「実際に試せるマットレスの台数」を調査。全国からマットレス探しにおすすめの店舗をピックアップしました!

試せるマットレスブランド数
その店舗で取り扱いがあり試用できるブランド数を調査しました(2018年3月時点)
試せるマットレス台数
その店舗で展示されていて試用できるマットレス台数を調査しました(2018年3月時点)
全国のマットレスが試せる&相談できるショップピックアップ
東京都

東京都 有明
大塚家具 有明本社ショールーム地域最大級

ビッグサイトのすぐそば、日本最大級のインテリアショールーム

試せるマットレスブランド数
10 試せるマットレス台数
280点以上

取り扱いブランド:
REGALIA、シモンズ、シーリーベッドフランスベッドSlumberland、レストニック、スタイリューション、IDCオリジナル(ホンアン)、アスリープ、東京西川

東京都 銀座
大塚家具 銀座本店

有楽町線「銀座一丁目駅」9番出口より徒歩約1分、銀座地区最大のインテリア専門店

試せるマットレスブランド数8 試せるマットレス台数80点以上

東京都 新宿
大塚家具 新宿ショールーム

甲州街道沿い新宿東南口から徒歩約2分の首都圏最大級のインテリアショールーム

試せるマットレスブランド数10 試せるマットレス台数180点以上

東京都 立川
大塚家具 立川ショールーム

JR「立川駅」北口より徒歩約3分、立川エリア最大のインテリアショールーム

試せるマットレスブランド数9 試せるマットレス台数90点以上

東京都 八王子
村内ファニチャーアクセス八王子本店

新しい暮らしの文化を創造する大型専門店

試せるマットレスブランド数19 試せるマットレス台数60

東京都 京橋
パラマウントベッド 眠りギャラリー TOKYO

パラマウントベッドが最新の睡眠研究と医療用ベッドの開発で培った独自の技術により今までの寝具という枠をこえ、みなさまの眠りをサポートします。

試せるマットレスブランド数1 試せるマットレス台数8
東京都以外の関東

神奈川 横浜
大塚家具 横浜みなとみらいショールーム

「みなとみらい駅」1番出口より徒歩約5分、神奈川県最大のインテリア専門店

試せるマットレスブランド数10 試せるマットレス台数170点以上

千葉 船橋
大塚家具 南船橋店

「南船橋駅」より徒歩約10分、船橋地区最大インテリア専門店

試せるマットレスブランド数9 試せるマットレス台数90点以上

群馬 高崎
金澤屋

創業180年、眠りを考える寝具専門店

試せるマットレスブランド数8 試せるマットレス台数15

栃木 鹿沼
アレッダホームスタイリング鹿沼

試せるマットレスブランド数7 試せるマットレス台数29
北海道

北海道 札幌
大塚家具 サッポロファクトリー

試せるマットレスブランド数5 試せるマットレス台数10点以上

北海道 札幌
家具・インテリアショールーム【TERRA-テラ-】

暮らしを彩るらせん空間。家具インテリア総合ショールーム【TERRA -テラ- 】

試せるマットレスブランド数7 試せるマットレス台数70
東北

宮城 仙台
大塚家具 仙台ショールーム

JR「仙台駅」西口より徒歩約5分の東北最大級のインテリアショールーム

試せるマットレスブランド数9 試せるマットレス台数110点以上

宮城 仙台
ユノメ家具 本店

【かけて かさねて かんじて】手間をかけ、時を重ね、暮らしの豊かさを感じるものを

試せるマットレスブランド数8 試せるマットレス台数70
中部

愛知 名古屋
大塚家具 名古屋栄ショールーム地域最大級

地下鉄「栄駅」4A出口より徒歩約7分、東海地区最大級のインテリア専門店

試せるマットレスブランド数
8 試せるマットレス台数
130点以上

取り扱いブランド:
REGALIA、シモンズ、シーリーベッドフランスベッドSlumberland、レストニック、スタイリューション、IDCオリジナル(ホンアン)

愛知 尾張西
YAMATOYA Y’S CASA

Good Interior Creates Good Life

試せるマットレスブランド数10 試せるマットレス台数40

愛知 尾張東
INGROSSO

気分良く生活して頂ける様お手伝い

試せるマットレスブランド数5 試せるマットレス台数32

愛知 尾張西
LAPIAS 万代家具 一宮本店

試せるマットレスブランド数8 試せるマットレス台数70

愛知 名古屋
NIPPON MODERN 幕傳

創業450年、老舗の家具屋が挑む新たな挑戦。和と洋の共存するモダンスタイル。

試せるマットレスブランド数1 試せるマットレス台数4

愛知 東部
家具のアサオカ

国内外の家具を店舗販売と通信販売する家具インテリア専門店。

試せるマットレスブランド数6 試せるマットレス台数45〜50

岐阜 美濃
LAPIAS 万代家具 岐阜店

試せるマットレスブランド数8 試せるマットレス台数60

三重 北勢
ルームプラス ベッド館

試せるマットレスブランド数10 試せるマットレス台数70

三重 南勢
快眠屋おの

マットレスフィッターの居る店

試せるマットレスブランド数11 試せるマットレス台数18

三重 北勢
LAPIAS 万代家具 桑名店

試せるマットレスブランド数8 試せるマットレス台数60
関西

大阪
大塚家具 大阪南港ショールーム地域最大級

梅田から無料シャトルバス運行中、西日本最大級のインテリアショールーム

試せるマットレスブランド数
10 試せるマットレス台数
270点以上

取り扱いブランド:
REGALIA、シモンズ、シーリーベッドフランスベッドSlumberland、レストニック、スタイリューション、IDCオリジナル(ホンアン)、アスリープ、東京西川

兵庫 神戸
大塚家具 神戸ショールーム

JR「神戸駅」南口より徒歩約1分、兵庫県最大級のインテリアショールーム

試せるマットレスブランド数10 試せるマットレス台数180点以上

大阪 河内
やおもくベッド館

2つのベッド専門館(ベッド館・プレミアムベッド館)が快適な眠りを強力サポート

試せるマットレスブランド数14 試せるマットレス台数300

大阪 新大阪
コンフォートQ 十三ショップ

リビングダイニングから子供部屋、寝室まで。500坪の店内に充実の品揃え。

試せるマットレスブランド数6 試せるマットレス台数20

兵庫 神戸
家具のネクスト

~トレンドに流されない家具を揃えた地域密着のお店です~

試せるマットレスブランド数9 試せるマットレス台数25

京都 河原町
家具の川上 夷川本店

都市型住居のインテリア専門店として家具・インテリアをご提案

試せるマットレスブランド数5 試せるマットレス台数50

奈良 北部
House Living idea

「イデアに行くといつも私を満足させてくれる」そんなお店を目指しております。

試せるマットレスブランド数7 試せるマットレス台数30
中国・四国

広島
井口家具

広島で家具・インテリアといえば井口家具

試せるマットレスブランド数13 試せるマットレス台数50

高知 東部
シマダヤ ホーム&ライフ 高知店

試せるマットレスブランド数10 試せるマットレス台数120

高知 東部
SLEEP+SHIRAISHI

試せるマットレスブランド数9 試せるマットレス台数70

高知 東部
インテリアライフスタイルSHOP マージナル 高知

試せるマットレスブランド数2 試せるマットレス台数17
九州

福岡 博多
大塚家具 福岡ショールーム

地下鉄空港線・箱崎線「中洲川端駅」川端口より直結、九州最大級のインテリア専門店

試せるマットレスブランド数9 試せるマットレス台数90点以上

福岡 中央
sleep+福岡(フランスベッド販売直営店)

フランスベッド販売 福岡ショールーム!

試せるマットレスブランド数1 試せるマットレス台数30

福岡 筑後
関家具 大川本店

試せるマットレスブランド数9 試せるマットレス台数60

沖縄 那覇
maxplus 古島店

モノレール古島駅から1分。家具とインテリアの総合ストアー

試せるマットレスブランド数4 試せるマットレス台数30〜40
【PR】 提供:IDC OTSUKA
]]>
世界1700台限定! マットブラックエンボスパウダー仕上げの「SNOOPY」 https://tabroom.jp/contents/new-product/snoopy-limited-edition_matt-black/ Fri, 20 Apr 2018 10:53:48 +0000 SNOOPY-LIMITED-EDITION_MATT-BLACK_01
限定カラーのグリーンとオレンジも同時に発表

イタリアの照明メーカー・FLOS(フロス)から「SNOOPY LIMITED EDITION MATT BLACK」が販売されています。

「SNOOPY(スヌーピー)」は発売50周年を迎えるカスティリオーニ兄弟デザインの象徴的なテーブルランプ。SNOOPY LIMITED EDITION MATT BLACKは、シリアルナンバーのラベル付きで全世界1700台限定。アキッレ・カスティリオーニ財団で保存されていたスヌーピーの初期デザインを再現し、シェードの部分にはエレガントなマットブラックエンボスパウダー仕上げが施されています。

SNOOPY LIMITED EDITION MATT BLACKは通常の販売方法と異なり、地方を巡回する展示会「SNOOPY 50TH ANNIVERSARY EXHIBITION」開催店舗のみで販売。

2018年4月22日(日)まで、兵庫県神戸市の「WEBO HOUSE(ウェボ ハウス)」で開催された後、福岡県福岡市中央区の「NEST(ネスト)」、富山県富山市の「51% STORE(ゴワリイチブ ストア)」へと巡回します。2018年4月28日(土)からは、会場で限定カラーのグリーンとオレンジも販売されます。

富山の展示会終了後は通常通りの販売となりますが、数量限定品のため、確実に手に入れたい方はぜひ巡回展へ足をお運びください。

SNOOPY-LIMITED-EDITION_MATT-BLACK_02

調光可能なタッチセンサー付きのスイッチを内蔵している白い大理石からつくられた円筒形ベースや、シェードを支えるガラス部分は従来モデルの「スヌーピー」と同じ仕様です。
SNOOPY LIMITED EDITION MATT BLACK
光源:シリカランプ 100W
素材:大理石、スチール
カラー:matt black
重さ:7.9kg
サイズ:H369 × W394 ㎜
価格:17万5000円(税抜)
限定:世界で1700台
※受注限定品
問い合わせ:TEL 03-3582-1468(日本フロス株式会社)
 
SNOOPY 50TH ANNIVERSARY EXHIBITION
会期:2018年4月2日(月)~22日(日) 12:00~20:00 ※水曜日定休
会場:WEBO HOUSE
詳細:http://japan.flos.com/archives/news/snoopy-50th-anniversary-exhibition-in-kobe
  
会期:2018年4月27日(金)~5月14日(月) 
会場:NEST(ネスト)
 
会期:2018年6月上旬~
会場:51% STORE(ゴワリイチブ ストア)
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
過去最多89軒の美術店・画廊が参加「東京 アート アンティーク 2018」開催 https://tabroom.jp/contents/event/tokyoartantique2018/ Fri, 20 Apr 2018 10:53:05 +0000 tokyoartantique2018_01
 
2018年4月26日(木)から4月28日(土)まで、東京都中央区の京橋日本橋界隈にて「東京 アート アンティーク 2018~日本橋・京橋美術まつり~」展が開催されます。

東京 アート アンティークは「日本橋・京橋美術骨董まつり」を前身として、同地域の美術店・画廊が共同で開催するイベント。日本橋・京橋美術骨董まつり時代も含め過去最高の89軒にのぼる店舗が参加する予定となっています。

日本随一のアートショップ集積地とあって、各店舗も逸品を揃えた展示会を催すほか、日本陶磁史の専門家・荒川正明氏におるトークイベント、子どもが参加できるダルマ作りのワークショップ、初心者も参加できるチャリティーオークションなど陶磁品や美術に関する様々な企画が用意されています。

ミュージアムと違って、美術店や画廊では気に入った作品を手にいれるチャンスがあります。触れて感じる、自分のものとして大切にする。本来アートはもっと色々な楽しみ方ができるものではないでしょうか。普段は少し敷居が高く感じる美術店にも、イベント期間中なら気軽に来店できます。

事前に展示内容をチェックしてから訪れてもよし、ふらりと気になるお店に足を踏み入れてもよし。町を散策する気分でアートとの出会いを楽しんでみてください。

東京 アート アンティーク 2018~日本橋・京橋美術まつり~
会期:2018年4月26日(木)~4月28日(土) 各店舗の営業時間に準ずる
会場:東京都中央区 京橋・日本橋を中心とした地域
参加店舗:美術展・画廊89軒
詳細:https://www.tokyoartantiques.com/
 
東京アートアンティーク2018 スペシャルトークイベント「陶磁器の研究とコレクション」
 ゲスト:荒川正明氏(日本陶磁史家)
 司会進行:川島公之氏(繭山龍泉堂代表取締役)
 日時:2018年4月27日(金) 18:30~19:30
 場所:京橋トラストタワー4F トラストシティカンファレンス
 料金:無料
 
チャリティ入札会
初めての方でも気軽に入札体験ができるイベント。
 作品掲示:2018年3月26日(月)よりホームページにて随時入札作品画像の掲示を開始
 
オリジナルだるまワークショップ
日本画家青木志子氏の指導の下、オリジナルだるま制作を体験。無地のだるまに絵の具で絵付け。
 受付:2018年4月22日(日)~4月28日(土) 10:30~16:00
    ※随時受付、予約不要
 料金:小学生以下無料(中学生以上は材料費300 円)
 
ギャラリートーク 川島公之「DOGU -土偶いろいろ- 」
世界の各地でつくられた土偶の世界の一端を展示作品とともに紹介。
 日時:2018年4月27日(金)・28日(土)両日15:00~
 場所:繭山龍泉堂
 料金:無料
 
丸善・数寄者の茶陶展 併催:近現代巨匠陶芸展
場所:丸善 日本橋店 3階ギャラリー
展示内容:楽焼などの茶陶作品をはじめ、近・現代を代表する巨匠陶芸作家による茶陶の逸品
     荒川豊蔵・加藤唐九郎などが魅せられ制作の原点となった美濃桃山陶の名品など
 
「頂点を極めたお椀」室瀬和美+目白漆學舎
場所:中長小西
展示内容:2013年、三浦雄一郎の登頂隊がチョモランマに登頂する際、漆芸家(人間国宝)の室瀬和美が制作した漆椀と同じお椀を展示
  
コプト裂展/Coptic textile/ 科普特織物
場所:古美術 川崎
展示内容:3世紀から12世紀の間に栄えたキリスト教徒化したエジプト文化の中で綴織を主とした織物100点ほど
 
古伊万里破格値セール
場所:古美術いづみ
展示内容:良品を揃えて展覧・販売
 
第3回 田嶋健太郎展
場所:白銅革是画廊 ※正式には「革是」で一文字
展示内容:若手日本画家、田嶋健太郎の個展
 
加来万周× 川又聡 二人展(Ⅱ)
場所:紫鴻画廊
展示内容:本来の日本画としての伝統的な表現と鮮やかな色彩表現が特徴の加来万周
     精緻なデッサンを礎に独自の世界観を動物を通して描く川又聡
     対照的な作品を醸し出す画家による二人展
 
春期特別展 古美術のススメ
場所:井上オリエンタルアート 日本橋
展示内容:日本・中国・朝鮮の「古陶磁」と、クリエイター亀井紀彦の「前衛花」のコラボレーション展示即売会
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
「赤坂蚤の市」4周年! 100店舗以上が参加&開催時間拡大で見どころたっぷり https://tabroom.jp/contents/event/akasaka-nominoichi-4th/ Fri, 20 Apr 2018 10:51:28 +0000 akasaka-nominoichi-4th_001
人気のアパレル、アンティーク、レストランが参加

2018年4月22日(日)、東京赤坂の「アークヒルズ アーク・カラヤン広場」にて「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」が開催されます。

赤坂蚤の市は2014年から毎年開催されているマーケットイベントで、昨年は1万人以上が来場した人気企画。今回は4周年特別企画として開催時間が2時間拡大するほか、過去最大規模の100店舗以上が出店します。

ヨーロッパの蚤の市をイメージしており、アンティーク雑貨や家具、古着、ジュエリーなど西洋系のラインナップが特徴。特に今回は有名アパレルブランドとのスペシャルコラボを予定しており、「ANATOMICA」や「MHL.」「Paraboot」など欧米にゆかりのある7社が、赤坂蚤の市のためにセレクトした貴重な品々を持ち寄ります。

アンティーク家具のジャンルではDOANOB、ANTISTIC、Wormhole Furniture、ECLECTIC USED STOREの4店舗が参加。椅子やテーブルなどの大型家具から建具、店舗什器、照明などがそろうファニチャーエリアは毎年見応えたっぷりとなっています。

各地からハイレベルなレストランが参加するキッチンカーも見逃せません。京都から初出店するワインビストロ「Le 14e(ル・キャトーズィエム)」や中野で話題のフレンチ「MATSUKI(まつき)」など人気5店舗の絶品料理を気軽に堪能できます。

本格的なクラフトワークショップに挑戦できるのも赤坂蚤の市の魅力。また、会場の雰囲気を盛り上げるミュージックやダンスパフォーマンス、フォトグラファーによる移動型写真館などお買い物以外にも充実したプログラムが盛りだくさん。

お目当ての店舗をチェックするのはもちろん、ふらりと散歩感覚で訪れてもきっと楽しめるはず。ご家族で、または友人や恋人と。春のお出かけリストにぜひ加えてみてください。

akasaka-nominoichi-4th_002
 
akasaka-nominoichi-4th_003
 
akasaka-nominoichi-4th_004
 
akasaka-nominoichi-4th_005
 
akasaka-nominoichi-4th_006
 
akasaka-nominoichi-4th_007
 
akasaka-nominoichi-4th_008
 
akasaka-nominoichi-4th_009
 
akasaka-nominoichi-4th_010

赤坂蚤の市 in ARK HILLS ~4th Anniversary~
日時:2018年4月22日(日)10:00~18:00 (通常11:00~17:00のところ、2時間延長)
   ※雨天決行、荒天中止
会場:アークヒルズ アーク・カラヤン広場/東京都港区赤坂1-12-32
出店店舗:
▽アパレル
ANATOMICA / MHL. / GLEN CLYDE / PARABOOT / GMT inc. / Nigel Cabourn / THE LAKOTA HOUSEなど
▽家具
DOANOB / ANTISTIC / Wormhole Furniture / ECLECTIC USED STORE
▽レストラン
Le 14e(ル・キャトーズィエム / フレンチ) × Le cabaret(ル・キャバレ / ワインバー)
MATSUKI(まつき / フレンチ) × Watering Hole(ビアバー) × PADDLERS COFFEE(コーヒー)
▽クラフトワークショップ
  蚤の市の小さなアトリエでステンドグラス体験 by nido
   時間:10:00~17:00 ※随時受付/事前申込優先
   所要時間:約1時間
   料金:プチ手鏡3500円、星のオーナメント3000円(税込み)
   申込:http://nido.in.coocan.jp
 
  シルバーや真鍮でつくるオリジナルアクセサリーのワークショップ by nibi
   時間:10:00~17:00 (13:00~14:00は除く)※随時受付/事前申込優先
   所要時間:30分
   定員:各回6名
   料金:リング2000円~、バングル4000円~(税込み)
   申込: nibi代表メールより(nibicraft@gmail.com)
 
  本格的な糸紡ぎ体験 or ふわっふわの手紡ぎ糸を使った小物づくりby REIKOMONO
   糸紡ぎ作家による本格的な糸紡ぎ講習&手紡ぎ糸を使ったシュシュor バッグチャームづくり
   <小物づくり>
   時間:10:00~17:00 ※随時受付
   料金:1000円(税込み)(材料・道具付き)
   <糸紡ぎ体験>
   時間:14:00~16:00 ※随時受付/事前申込優先
   料金:3500円(税込み)(材料・道具付き)
   定員:6名
   申込: https://www.facebook.com/reikomono/
 
  見て美味しいフラワータルト by ムュゲ
   ドライフラワーをお菓子の型に入れ、食べられないけど美味しそうなスイーツづくり
   時間:10:00~17:00 ※随時受付/事前申込優先
   所要時間:1時間
   料金:3500円(税込み)
   申込:http://www.facebook.com/myuge6366(事前予約可)
 
  オリジナルアロマキャンドル・サシェづくり by honeycandle
   時間:10:00~17:00 ※随時受付
   料金:1000円(税込み)
 
  フレンチレザーでつくるオリジナルブローチのワークショップ by RIOWA
   時間:10:00~17:00 ※随時受付
   料金:1000円(税込み)
 
 音楽&パフォーマンス:
  KENKOU(ケンコウ) DJ
   演奏時間:10:00~18:00
  Khaki ロックバンド
   演奏時間:13:30~、15:30~(各30分予定)
  デュベル&ネルケン コンテンポラリーダンス
   演奏時間:12:00~、14:30~(各30分予定)
 
 その他:
  旅する写真館ーMovin’ Studioー
   時間:10:00~18:00
   料金:1000円
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
人気の家具&雑貨ショップ8店が湘南 T-SITEに集結!「ガレージマーケット」今週末開催 https://tabroom.jp/contents/event/shonan_t-site_garagemarket_201804/ Thu, 19 Apr 2018 12:07:29 +0000 shonan_t-site_garagemarket_201804_001
家具、ラグ、雑貨、古着と幅広いラインナップ

 
2018年4月21日(土)・22 日(日)の2日間、神奈川県藤沢市の「湘南 T-SITE」にて、「ガレージマーケット」が開催されます。

ヴィンテージの一点物やこだわって作られたオリジナル商品が並ぶマーケット。オリジナル家具や雑貨を販売する東京恵比寿の「PACIFIC FURNITURE SERVICE」や、アメリカンヴィンテージ雑貨を取り扱う錦糸町の「KEEP LEFT」など、ファンの多い人気インテリアショップ8店が出店します。

家具やラグ、雑貨だけでなく、古着も並ぶ幅広いラインナップなのも魅力です。池尻大橋の「HOLIDAY WORKS」では、「Levi’s 60~70’s 501 Denim pants.Vintageデニム」を女性サイズ~男性サイズまで用意。オンラインショップの「SUNLISM」では、キッズヴィンテージやキッズ古着、アメリカンヴィンテージ雑貨を販売するので、子どもから大人までお買い物を楽しめます。

掘り出し物がきっと見つかるマーケットです。天気は暖かい晴れの予報ですので、お散歩がてらお出掛けください。

ガレージマーケット
会期:2018年4月21日(土)・22 日(日) 10:00~16:00
会場:湘南 T-SITE 1号館2階 湘南ラウンジ/神奈川県藤沢市辻堂元町6丁目20番-1
詳細:http://real.tsite.jp/shonan/event/2018/04/garagemarket.html
出店者:
PACIFIC FURNITURE SERVICE(東京・恵比寿) / INOUT(東京・東日本橋) / HOLIDAY WORKS(東京・池尻大橋)※21日(土)のみ出店 / KEEP LEFT(東京・錦糸町) / FORTUNE NUTS(神奈川・川崎) / SUNLISM(オンラインショップ)※22日(日)のみ出店 / CONTAINER LODGE(東京・町田) / Layout(東京・中目黒)
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
北欧インテリア × 町家で作る全国初の商店街ホテル「HOTEL 講(コウ)大津百町」 https://tabroom.jp/contents/event/hotel-kou/ Thu, 19 Apr 2018 12:04:55 +0000 hotel-kou_001
シャッター商店街が名作家具ホテルに

2018年4月21日(土)、滋賀県大津市にオープンする全国初の商店街ホテル「HOTEL 講(コウ)大津百町」の一般見学会が開催されます。

ホテルがオープンするのは、江戸時代に東海道五十三次の宿場町として「大津百町」と呼ばれるほど賑わった土地。時を経てシャッター商店街となっていましたが、今回のプロジェクトでその商店街の空き家7棟が一棟貸しホテルとしてリニューアルされました。

地元の工務店が事業を担い、インテリアを+ROGOBAが監修。全棟にFinn Juhl(フィン・ユール)Louis Poulsen(ルイスポールセン)などの北欧インテリアを設置し、町家と北欧デザインを融合させた上質な空間を作り上げました。

客室として使用される建物はすべて2階建て。全7棟がJR大津駅と京阪浜大津駅の間の旧東海道沿いやアーケード商店街内に点在するというユニークなスタイルで、利用者は待合ロビー「大津百町スタジオ」でチェックインした後、町なかを散策しながらホテルへと向かいます。

近隣の観光、ショッピングスポット、飲食店を訪れるのはもちろん、地元食材を買って料理をしてみたりと地域に住まうような楽しみかたができるのも魅力。定員4~5名の一棟貸切なので家族やグループでの宿泊におすすめです。

建物に合わせて一棟ごとのインテリアがすべて異なるので、和洋折衷のしつらえの参考にもなるのではないでしょうか。今回の一般見学会は泊まらずして全棟を見て回ることができるチャンス。ぜひ足を運んでみてください。

hotel-kou_002
 
hotel-kou_003
 
hotel-kou_004
 
hotel-kou_005
 
hotel-kou_006
 
hotel-kou_007

 
hotel-kou_008

HOTEL 講(コウ)大津百町 一般見学会開催
日程:2018年4月21日(土)
ホテル概要:
 施設名:講 大津百町
 グランドオープン:2018年6月30日(土) ※4月よりプレオープン(素泊まりのみ)
 客室数:13室(一棟丸ごと貸切5棟、そのほか8室)
 その他施設:宿泊者専用ラウンジ
 家具監修:+ROGOBA
 設置インテリア:カール・ハンセン&サンフリッツハンセンPPモブラーキタニonecollectionフレデリシアGETAMA、O&D、ルイス・ポールセン、レ・クリント、PANDUL、キリム、ロゴバキリム
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
よく見られているインテリア雑貨 TOP20(2017) https://tabroom.jp/contents/report/ranking2017_interior-goods/ Mon, 16 Apr 2018 03:22:00 +0000
2017年のよく見られたインテリア雑貨のランキングです。

2017年の1年間で多くの方がご覧になったおすすめのインテリア雑貨をアクセス数順にランキング形式でまとめました。
 

集計期間:2017年1月1日~2017年12月31日

 

インテリア雑貨TOP20
No.1
Kortkartellet(コートカルテレット) Kortkartellet(コートカルテレット)ポスター50×70 ワールド スペシャルエディション
No.2
botanical(ボタニカル) FLOATING PLANTS WE-761
No.3
Kahler(ケーラー) Kahler(ケーラー)Urbania アーバニア ミニキャンドルホルダークラシック
No.4
Kahler(ケーラー) Kahler(ケーラー)ハンマースホイフラワーベース ミニ
No.5
Paper Collective(ペーパーコレクティブ) Paper Collective(ペーパーコレクティブ)ポスター【パインコーン】松ぼっくり 50×70cm
No.6
botanical(ボタニカル) FLOATING PLANTS WE-975
No.7
Kahler(ケーラー) Kahler(ケーラー)オマジオ フロア(床置き) ベース
No.8
amabro(アマブロ) PEG HOOK
No.9
Kortkartellet(コートカルテレット) Kortkartellet(コートカルテレット)フレーム/額 70×100オーク
No.10
Kahler(ケーラー) Kahler(ケーラー)ボタニカ ミニチュア フラワーベースダーク 3個セット
No.11
Kortkartellet(コートカルテレット) Kortkartellet(コートカルテレット)フレーム/額 50x70cm
No.12
Kortkartellet(コートカルテレット) Kortkartellet(コートカルテレット)ポスター70×100 ワールド グレー
No.13
BRAUN(ブラウン) BRAUN Calculator BNE001
No.14
SKULTUNA(スクルツナ) スクルツナ キャンドルホルダー ブラック
No.15
SKULTUNA(スクルツナ) スクルツナ Collageキャンドルホルダー
No.16
Paper Collective(ペーパーコレクティブ) Paper Collective(ペーパーコレクティブ)ポスター ホエールリプライズ50×70cm
No.17
Hip Haven(ヒップヘイヴン) Retro Bullet Planter by Hip Haven™ – Medium
No.18
Hip Haven(ヒップヘイヴン) Retro Bullet Planter by Hip Haven™ – Short
No.19
normann COPENHAGEN(ノーマンコペンハーゲン) Flip Mirror
No.20
Paper Collective(ペーパーコレクティブ) Paper Collective(ペーパーコレクティブ)ポスター On The Move Air50×70cm
家具人気ランキング アーカイブ

 

]]>
よく見られている生活雑貨 TOP20(2017) https://tabroom.jp/contents/report/ranking2017_household-goods/ Mon, 16 Apr 2018 03:21:45 +0000
2017年のよく見られた生活雑貨のランキングです。

2017年の1年間で多くの方がご覧になったおすすめの生活雑貨をアクセス数順にランキング形式でまとめました。
 

集計期間:2017年1月1日~2017年12月31日

 

生活雑貨TOP20
No.1
MOHEIM(モヘイム) SWING BIN
No.2
GREEN MOTION(グリーンモーション) CORK SLIPPERS
No.3
be-poles(ビポール) PAPER BAG L
No.4
KANSHOKU(カンショク) sink
No.5
KANSHOKU(カンショク) トイレトレイ(toilet tray) ブラック
No.6
DANESE(ダネーゼ) BINCAN CESTINO
No.7
MARGARET HOWELL HOUSEHOLD GOODS(マーガレット・ハウエル ハウスホールドグッズ) SAITO WOODNATURAL WOODENBUCKET SMALL
No.8
KANSHOKU(カンショク) トイレトレイ(toilet tray) ホワイト
No.9
Redecker(レデッカー) [REDECKER/レデッカー]高所用埃落し(山羊毛/110〜200cm)
No.10
DANESE(ダネーゼ) BINCAN UNBRELLASTAND
No.11
HinoLab M(ヒノラボ エム) ペンスタンド“M”
No.12
KANSHOKU(カンショク) トイレトレイ(toilet tray) グリーン
No.13
Probbax(プロバックス) ダストボックス PROBBAX OD-3352 BALCK
No.14
be-poles(ビポール) PAPER BAG M
No.15
LEIFHEIT(ライフハイト) ルームドライヤー カプリ10
No.16
DANESE(ダネーゼ) HUMPHREY BASIC UNBRELLASTAND
No.17
Marigold(マリゴールド) MARIGOLD OUTDOOR GLOVES
No.18
HinoLab M(ヒノラボ エム) トレイ“Round”
No.19
GEORG JENSEN(ジョージ ジェンセン) エレファント 乳歯ボックス
No.20
Hailo(ハイロ) ニュービッグボックス 40L
家具人気ランキング アーカイブ

 

]]>