タブルームニュース https://tabroom.jp/contents/ 家具の総合情報サイト Thu, 17 Jan 2019 08:07:03 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.1.25 織田コレクションからスウェーデンデザインの名品200点を展示 https://tabroom.jp/contents/event/swedish-grace/ Thu, 17 Jan 2019 09:06:26 +0000 swedish-grace_001
日本・スウェーデン国交150周年記念

2019年3月31日(日)まで、北海道東川町の「東川町複合交流施設せんとぴゅあⅠギャラリー」にて「スウェディッシュ・グレイス展 – Exhibition of Swedish Grace」が開催されています。

2018年が日本スウェーデンの国交150周年の節目の年であったことを記念し、椅子研究家の織田憲嗣氏が収集した織田コレクションからスウェーデンデザインの逸品を紹介しています。

織田コレクションといえば椅子が有名ですが、本展では20世紀デザインの家具を中心に日用品類も数多く集積されています。エリック・グンナール・アスプルンド、ヨーゼフ・フランク、ブルーノ・マットソンら名デザイナーたちの椅子7脚のほか、陶器やガラス器などの日用品類約200点を展示。BODA NOVA、Rostand、Orrefors、Pukebgなどの貴重な資料を見ることができます。

北欧諸国はそれぞれ特徴のある文化に根差したデザインを発展させてきましたが、特にスウェーデンではヨーゼフ・フランクがもたらした中欧ウィーンの優雅な意匠の影響を色濃く受けています。近代スウェーデンデザインをまとめて見ることのできるまたとない機会。ぜひ足を運んでみてください。

▽展示風景
swedish-grace_002

swedish-grace_003
スウェディッシュ・グレイス展 – Exhibition of Swedish Grace
会期:2018年4月10日(火)~2019年3月31日(日)
会場:東川町複合交流施設せんとぴゅあⅠギャラリー/北海道上川郡東川町北町1-1
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
アップル社屋から生まれたテーブルウェア、建築家・ノーマン・フォスターがデザイン https://tabroom.jp/contents/new-product/stelton-faster-2018/ Sun, 13 Jan 2019 10:54:13 +0000 stelton-faster-2018_001
曲線でまとめたミニマルデザイン

デンマークのテーブル&キッチンウェアブランド・Stelton(ステルトン)より建築家・Norman Foster(ノーマン・フォスター)が手がけた新シリーズ「Foster」が発売されています。

ウォーターカラフェからティーセット、夜のバーアイテムまで全14アイテムが揃うミニマルなテーブルウェアシリーズ。ステンレス、陶磁器、ガラスの3種類の素材が使われていますが、同様のシルエットを描く曲線により調和のとれたテーブルを演出してくれます。

ノーマン氏がこれまで手がけた建築は4500以上。なかでもアップル社の新社屋は私たちの記憶にも新しい作品ではないでしょうか。実はアップル新社屋がFosterシリーズ誕生のきっかけとなっていて、同社の会議室でノーマン氏とアップルCEOのティム・クック氏が打ち合わせをしていた際にノーマン氏は「この部屋に合うテーブルウェアが必要ではないか?」とティム氏から問いかけられたそう。このティム氏の提案を受けてスケッチされたのが、今回のシリーズというわけです。

おもてなしでも日常使いでもくつろぎの時間をそっとサポートしてくれるはず。ミニマルなデザインゆえ、単品で取り入れても違和感なくテーブルに馴染んでくれます。セットでギフトとして贈っても喜ばれるでしょう。

アップル社屋から生まれた、ノーマン氏初のテーブルウェアコレクションです。ぜひ店頭で手に取ってみてください。

stelton-faster-2018_002

左から、ジャグ2L:1万8000円(税抜)、バキュームジャグ1L:3万円(税抜)、フレンチプレス:3万4000円(税抜)、ティーメーカー:3万4000円(税抜)

stelton-faster-2018_003

左から、ワインタンブラー:5000円(税抜)、タンブラー:5000円(税抜)、カラフェ:1万8000円(税抜)

stelton-faster-2018_004

ボウル:1万8000円(税抜)、ディッシュ:2万6000円(税抜)

stelton-faster-2018_005

左から、タンブラー(ガラス):5000円(税抜)、シュガーボウル:5000円(税抜)

stelton-faster-2018_006

左から、エスプレッソ サーモカップ(2個セット):7000円(税抜)、サーモカップ:4000円(税抜)、ミルクジャグ:7000円(税抜)

▽使用イメージ
stelton-faster-2018_007
 
stelton-faster-2018_008
 
stelton-faster-2018_009
 
stelton-faster-2018_010

Stelton「Foster」
デザイナー:Norman Foster(ノーマン・フォスター)
ラインナップ:
 ジャグ2L:1万8000円(税抜)
 バキュームジャグ1L:3万円(税抜)
 フレンチプレス:3万4000円(税抜)
 ティーメーカー:3万4000円(税抜)
 ボウル:1万8000円(税抜)
 ディッシュ:2万6000円(税抜)
 ワインタンブラー:5000円(税抜)
 タンブラー:5000円(税抜)
 カラフェ:1万8000円(税抜)
 タンブラー(ガラス):5000円(税抜)
 シュガーボウル:5000円(税抜)
 エスプレッソ サーモカップ(2個セット):7000円(税抜)
 サーモカップ:4000円(税抜)
 ミルクジャグ:7000円(税抜)
Norman Foster(ノーマン・フォスター)
1945年- 建築家
建築デザイン会社Foster + Partners(フォスター + パートナーズ)のエグゼクティブ・チェアマンで創設者。フランス南部のタルン橋に架かるミヨー橋、ドイツ議会の議事堂、大英博物館グレートコート、アップル社新社屋など約4500以上の建築を手がける。1999年にプリツカー賞受賞、男爵の爵位授与。
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
「ワインの葡萄」がテーマ! 亀の子スポンジに冬の新色登場 https://tabroom.jp/contents/new-product/kamenoko-tawashi_2018winter/ Sun, 13 Jan 2019 10:49:40 +0000 kamenoko-tawashi_2018winter_01
メルローとシャルドネの2色

2015年の発売以降人気を集める「亀の子スポンジ」に冬の新色が加わっています。

これまでもシーズンごとにその時期にぴったりなカラーの限定商品を販売している亀の子スポンジ。今回のテーマは「ワインの葡萄」で、赤ワインに使われるブドウの品種・メルローと、白ワインに使われるシャルドネをモチーフにした2色が登場しています。

水切れ・泡切れの良さと高い抗菌効果で高品質。キッチンを、おしゃれなカラーのスポンジで彩ってみてはいかがでしょうか。

kamenoko-tawashi_2018winter_02

メルロー。

kamenoko-tawashi_2018winter_03

シャルドネ。
亀の子スポンジ「冬の新色」
カラー:メルロー、シャルドネ
価格:各300円(税抜)
サイズ:幅7 × 長さ11 × 厚み2.7cm
素材:ポリウレタン、銀系無機抗菌剤
耐熱温度:120度
生産国:日本製
販売店舗:亀の子束子本店/東京都北区滝野川6-14-8
     亀の子束子谷中店/東京都台東区谷中2-5-14
     亀の子オンラインショップ/https://www.kamenoko-shop.jp/
     ほか取扱店
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
d47 MUSEUMに47都道府県の「ロングライフデザイン」が集結! https://tabroom.jp/contents/event/long-life-design/ Tue, 08 Jan 2019 13:43:51 +0000 long-life-design-1_01
第1回はナガオカケンメイ氏がキュレーション

2019年3月4日(月)まで、東京渋谷の「d47 MUSEUM」にて、「LONG LIFE DESIGN 1 − 47都道府県の健やかなデザイン展 −」が開催されています。

日本を定点観測するように各地のものづくりや独自の文化を見つめ、これからのデザインを考える展覧会シリーズの第1回。

D&DEPARTMENT PROJECTディレクターのナガオカケンメイ氏がキュレーションし、テーマである「ロングライフデザイン(=時代や流行に左右されない息の長いその土地らしいデザイン)」の可能性に触れます。

会場に展示されるのは、山形天童木工の「低座イス」や広島マルニ木工の「マルニ60 オークフレームチェア」といった地域から世界へ進出する家具をはじめ、生活道具や食料品、伝統行事など、47都道府県から一つずつ選出した幅広いジャンルのロングライフデザイン。

各地で生まれている日本らしい物事とその風土との関係性を紐解きながら、ますます地域性が意識されていく未来のデザインを見据えます。

その背景や土地に根付いている個性など、47都道府県の実感から生まれた「ロングライフデザイン」の数々。展示品を通して、これからのデザインに大切な要素を感じとってみてください。

long-life-design-1_02

出展品例。

long-life-design-1_03

2019年1月12日(土)と1月27日(日)には、ナガオカケンメイ氏とゲストによるトークイベントを開催。写真はイメージ。詳細申込みは、D&DEPARTMENT公式サイトより。

long-life-design-1_04

会場内とD&DEPARTMENT 各店では、本展の公式書籍を2019年1月11日(金)の全国発売に先行して、販売しています。
発行元:D&DEPARTMENT PROJECT
体裁:A5判変形(148 × 195 × 20㎜)、236ページ、カラー
全国発売:2019年1月11日(金)全国の主要書店にて
本体価格:2808円(税込)
表紙作品(展覧会メインビジュアル作品):山内武志
LONG LIFE DESIGN 1 − 47都道府県の健やかなデザイン展 −
会期:2018年12月7日(金)~2019年3月4日(月) 11:00~20:00(入場~19:30)
   ※2019年1月1日のみ休館
会場:d47 MUSEUM/東京都渋谷区渋谷2-21-1渋谷ヒカリエ8階
入場料:無料
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
バブル期の豪華絢爛な和食器が揃う「有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市」第2弾 https://tabroom.jp/contents/event/dead_stock_porcelain_market/ Tue, 08 Jan 2019 13:40:00 +0000 dead_stock_porcelain_market_01
 
2018年12月29日(土)から2019年1月27日(日)まで、東京表参道の「PASS THE BATON GALLERY」にて、 「DEAD STOCK PORCELAIN MARKET -有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市-」が開催されています。

昨年の年末年始に開催され好評だった「有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市」の第2弾。今回も、有田・波佐見をはじめとした九州・肥前地区の陶磁器を扱う「西海陶器」のデッドストック品が蔵出しされます。

会場に並ぶのは、日本経済のバブル期である1980年代後半から1990年代に生産された有田焼と波佐見焼のデッドストック品。世相を反映した華やかな絵付や金彩が施され、手間暇かかる加工技術を駆使した、上質で豪華絢爛な和食器の数々は、およそ600種・3000点にも及びます。

製造された当時は個人で入手することが難しかったものばかりで、現在では再生産ができない1点ものも多数と貴重なラインナップ。また今回は、九州・肥前地区のメーカー倉庫からの掘り出し物が新たに加わっている点も注目です。

鮮やかで豪華なデザインの器は、人が集まることが多い年末年始の食卓に並べたりやインテリアとして飾ったりするのにぴったり。在庫限りですので、より多くの器の中から選びたい方はお早めにお出かけください。

DEAD STOCK PORCELAIN MARKET -有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市-
会期:2018年12月29日(土)~2019年1月27日(日) 11:00~21:00 ※日祝11:00~20:00
会場:PASS THE BATON GALLERY(パスザバトン表参道店内)
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
アクメファニチャーがインテリアを手がけたホテル「HOTEL THE KNOT YOKOHAMA」 https://tabroom.jp/contents/shop/hotel-the-knot-yokohama/ Wed, 26 Dec 2018 11:37:58 +0000 hotel-the-knot-yokohama_001
 
神奈川県横浜市にインテリアブランド・アクメファニチャーと横浜国際ホテルがコラボした「HOTEL THE KNOT YOKOHAMA」があります。

2017年12月にリニューアル。アクメファニチャーが全客室147部屋のインテリアデザインと製作を手がけ、ホテル全体のブランディング、インテリアデザインなどトータルディレクションは新鋭デザイナーの橋本健司氏が担当しています。

館内は港町である横浜をイメージソースに、客船のキャビンをモチーフにしたインテリアデザインに統一。ネイビー、グレー、ブラウンの落ち着いた3色を基調としており、アクメが得意とするインダストリアルな雰囲気が特徴です。一方でホテルならではの上質なリラックス感も演出されており、リアルなインテリアとしての参考にもなるはず。

客室内で使用されている家具やアメニティーは館内で販売されており、実際に使ってみて気に入ったものはその場で購入できるとのこと。この取り組みは日本で初めてで、インテリアショップとホテルのコラボならではのサービスが楽しめます。

ホテルとしてだけでなく地元ならではの観光、アート、カルチャーの情報発信拠点となっているHOTEL THE KNOT YOKOHAMA。インテリア好きは要チェックです。

hotel-the-knot-yokohama_002
 
hotel-the-knot-yokohama_003
 
hotel-the-knot-yokohama_004
 
hotel-the-knot-yokohama_005
 
hotel-the-knot-yokohama_006
 
hotel-the-knot-yokohama_007
 
hotel-the-knot-yokohama_008
 
hotel-the-knot-yokohama_009
 
hotel-the-knot-yokohama_010
 
hotel-the-knot-yokohama_011
 
hotel-the-knot-yokohama_012
 
hotel-the-knot-yokohama_013
 
hotel-the-knot-yokohama_014
 
hotel-the-knot-yokohama_015

HOTEL THE KNOT YOKOHAMA
所在地:神奈川県横浜市西区南幸2-16-28
階数:10階
客室数:147室
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
英・アーコールの定番家具に限定カラー「ミレニアル・ピンク」仕様登場 https://tabroom.jp/contents/new-product/ercol_limited-color_millennial-pink/ Wed, 26 Dec 2018 11:36:08 +0000 ercol_limited-color_millennial-pink_01
2019年3月までの限定色

2019年3月31日(日)まで、イギリスを代表する老舗家具メーカー・ercol(アーコール)の定番アイテムに、「限定色 ミレニアル・ピンク」が登場しています。

限定色が販売されているのは「love seat(ラブシート)」と「buttefly chair(バタフライチェア)」の2アイテム。「ラブシート」は座面から端部にかけてグラデーションで、「バタフライチェア」は背のアングルと脚が、今年トレンドのミレニアル・ピンクにカラーリングされています。

限定色アイテムは、アーコールの家具に合うトレンドカラーが登場する度に発売されているもので、今回のミレニアル・ピンクも木の質感との相性が良いのが特長です。

ピンクでもグレーがかった淡く優しい色合いで、インテリアに取り入れやすい、落ち着いた佇まいに仕上がっています。

何世代にわたっても使用できるデザインに、トレンドのカラーが組み合わさった、インテリア好きの心をくすぐるアイテム。希少価値が高い一品なので、気になる方はお早めに取扱店舗へお問い合わせください。

ercol_limited-color_millennial-pink_02

「ラブシート」はアーコールの代表的なウィンザーチェアをラブシートにしたベンチタイプのチェア。木部の曲線と美しいデザインが特徴です。

ercol_limited-color_millennial-pink_03

アーコール創設者のLucian R. Ercolani(ルシアン・アーコラーニ)が1950年代にデザインした「バタフライチェア」。多くの北欧家具やデザインに多大な影響を与えた名作の一脚です。
限定色 ミレニアル・ピンク
販売期間:2019年3月31日(日)まで(予定)
取扱い:株式会社ダニエル
・「アーコールラブシート」
 サイズ:1130 × 530 × 770㎜ 
 価格:23万円(税別)
・「アーコールバタフライチェア」
 サイズ:480 × 450 × 750㎜ 
 価格:13万5000円(税別)
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
限定のYチェアのデニム仕様が登場! STOOL60の特注カラーも https://tabroom.jp/contents/new-product/theconran-ch24denime-stool60/ Tue, 25 Dec 2018 10:05:50 +0000
カール・ハンセン&サン、アルテックとコラボ

ザ・コンランショップから北欧を代表する2ブランド、カール・ハンセン&サン社とアルテック社それぞれとコラボした「Yチェア限定モデル & STOOL 60特注モデル」が発売されています。

名作椅子の代表とも言えるCH24(Yチェア)STOOL60が特別な装いで展開されています。

限定モデルのCH24は「Indigo Exclusive Edition」。クッションに英国ウェールズのHIUT DENIMのデニムを使用し、フレームも濃紺のインディゴ塗装が施されています。

STOOL60は「Aalto Stool 60 Special Edition」として3本脚タイプに特別カラーが登場。脚と座面サイドがさりげないグレーで染色され、座面トップは彩度と明度が低いダルトーンのリノリウムでカラーリングされています。オリーブ、スモーキーブルー、レッド、ペブル(グレー)、ブラックの5色展開です。

今回登場した限定仕様はどちらもクールでシック。カラーと素材で様々な表情を見せてくれる名作の懐の広さを感じるコラボレーションです。取り扱いはザ・コンランショップ 新宿本店のほか、丸の内店、名古屋店、京都店、福岡店のみとなっています。現在すでに販売が開始されており、限定数に達し次第販売終了となるので気になる方はぜひお早めに店頭でチェックしてみてください。


 
▽CH24 Indigo Exclusive Edition
theconran-ch24denime-stool60_002
 

 

刻印プレート入りです。

▽Aalto Stool 60 Special Edition
theconran-ch24denime-stool60_005

スモーキーカラーの5色を展開。上段左からオリーブ、スモーキーブルー、下段左からレッド、ペブル、ブラック。
THE CONRAN SHOP Yチェア限定モデル&STOOL 60特注モデル
取り扱い店舗:ザ・コンランショップ 新宿本店
       ザ・コンランショップ 丸の内店
       ザ・コンランショップ 名古屋店
       ザ・コンランショップ 京都店
       ザ・コンランショップ 福岡店
アイテム:
 「CH24」Wishbone Chair Indigo Exclusive Edition
  価格:12万5000円(税抜)
  サイズ:W550mm × D510mm × H760mm(SH450mm)
  素材:フレーム アッシュ材(インディゴ塗装)
     座面 ナチュラルペーパーコード
     クッション 表面:デニム/裏面:レザー ベージュ
 
 「Aalto Stool 60 Special Edition」
  価格:3万5000円(税抜)
  サイズ:φ380mm × H440mm(座面径:φ350mm)
  脚:バーチ材(ラッカー塗装)/座面:リノリウム
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
無印良品による民具をテーマにした「民具 MINGU展」開催中 https://tabroom.jp/contents/event/muji_mingu-ten/ Tue, 25 Dec 2018 10:04:00 +0000 muji_mingu-ten_01
現代における民具を問いかける展示

2018年12月14日(金)から2019年1月14日(月・祝)まで、東京六本木の「21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3」にて、「民具 MINGU展」が開催されています。

無印良品を企画・開発する良品計画による「民具」をテーマにした展覧会。無印良品の商品と民具、双方が展示されています。

本展示は、デザイナーで日本民藝館館長の深澤直人氏がディレクションし、同ミュージアムで開催中の「民藝 MINGEI –Another Kind of Art展」に合わせて企画されました。

「長い時を経て庶民の日常を支えた生活道具」という意味の「民具」。財界人で民俗学者でもあった渋沢敬三氏によって昭和初期につくられた言葉です。

一方で、使い手としての生活者の立場に立ち、商品のあるべき原点を今一度見直そうと生まれた無印良品。

それぞれを並べることで、無印良品の商品が現代の民具になり得ているか、また、そもそも現代における民具とはどのような物なのかを問いかけます。

民具 MINGU展
会期:2018年12月14日(金)~2019年1月14日(月・祝) 10:00~19:00
   ※火曜日(ただし12月25日は開館)、12月26日(水)~1月3日(木)は休館
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3/東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
入場料:無料
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
「イサム・ノグチと岡本太郎ー越境者たちの日本ー」が川崎市岡本太郎美術館で開催中! https://tabroom.jp/contents/event/isamu-noguchi-okamoto-taro/ Tue, 25 Dec 2018 10:00:23 +0000 isamu-noguchi-okamoto-taro_001
1954 年 イサム・ノグチと岡本太郎 北鎌倉の夢境庵にて
2人がみた日本とは?

2019年1月14日(月)まで、神奈川県川崎市の「川崎市岡本太郎美術館」にて「イサム・ノグチと岡本太郎ー越境者たちの日本ー」が開催されています。

同世代の芸術家であり、日米間のアイデンティティで揺れたイサム・ノグチと青年期をパリで過ごしたのちに大戦のため日本へ戻った岡本太郎。本展ではこの2人に「越境者」としての共通点を見出し、両者の作品を通して「日本」と「日本の美」を見つめ直します。

イサム・ノグチ(1904-1988)と岡本太郎(1911-1996)の2人に同時に焦点を当てる初めての展覧会。それぞれの作品を絵画、彫刻、写真資料など約150点で紹介しています。

会場は7つのセクションに分けられ、2人の出会いから戦後、そして芸術と人、そして環境を含めた視点を持つに至る過程を辿ります。

戦後から20世紀末までの非常にダイナミックな時代に生き、創作活動を続けた二人。そんな彼らが日本へどのような眼差しを向けていたのかという、独自の視点をもつ意欲的な企画展です。イサム・ノグチも岡本太郎もよく知っているという方も新たな発見があるはず。ぜひご来場ください

isamu-noguchi-okamoto-taro_002

久国寺《梵鐘・歓喜》除幕式のイサム・ノグチと岡本太郎
1965年10月24日

isamu-noguchi-okamoto-taro_003

慶應義塾大学 萬來舎(ノグチ・ルーム)内観 1951-52 年頃
(C)The Noguchi Museum / ARS – JASPAR

isamu-noguchi-okamoto-taro_004

岡本太郎 《日の壁》 旧東京都庁舎

isamu-noguchi-okamoto-taro_005

イサム・ノグチ 《あかり》 1953 年~ 香川県立ミュージアム蔵
(C)The Noguchi Museum / ARS – JASPAR

isamu-noguchi-okamoto-taro_006

岡本太郎 《光る彫刻》 1967 年

isamu-noguchi-okamoto-taro_007

イサム・ノグチ《鏡》1944 年(1994 年鋳造) 香川県立ミュージアム蔵cThe Noguchi Museum / ARS – JASPAR

isamu-noguchi-okamoto-taro_008

岡本太郎《明日の神話》1968 年 川崎市岡本太郎美術館蔵

isamu-noguchi-okamoto-taro_009

1952 年「渡欧記念岡本太郎展」(於大阪髙島屋)会場のイサム・ノグチ、山口淑子、岡本太郎

isamu-noguchi-okamoto-taro_010

岡本太郎《愛》1961 年 川崎市岡本太郎美術館蔵

isamu-noguchi-okamoto-taro_011

イサム・ノグチ《広島の原爆慰霊碑の習作模型》1982 年(オリジナル1952 年)
イサム・ノグチ庭園美術館(ニューヨーク)蔵(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与)
(C)The Noguchi Museum / ARS – JASPAR
イサム・ノグチと岡本太郎ー越境者たちの日本ー
会期:2018年10月6日(土)~2019年1月14日(月) 9:30~17:00
   ※月曜休館(12月24日と1月14日を除く)、12月25日休館、12月29日~1月3日休館
会場:川崎市岡本太郎美術館/神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5 生田緑地内
観覧料:一般1000円、高大生・65歳以上800円、中学生以下無料
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
世界最大級規模! HAYの国内初ショップが期間限定オープン中 https://tabroom.jp/contents/shop/hay-tokyo/ Sat, 22 Dec 2018 15:48:05 +0000 HAY-TOKYO_001
日本初上陸の新作も多数展開

2019年夏頃まで、東京表参道の商業施設「GYRE(ジャイル)」内に「HAY TOKYO(ヘイ トウキョウ)」が期間限定でオープンしています。

北欧・デンマークのインテリアプロダクトブランド・HAY(ヘイ)の日本初ショップです。ノルウェーやドイツなど世界各地にあるショップを東京らしく新たに編集。その面積は200坪超と世界最大級の規模となります。

リビングやダイニング、オフィス向けの家具や照明といった定番アイテムをはじめ、キッチンウェアやインテリアアクセサリー、ギフト向けアイテム、文具など、幅広いラインナップを展開。

今年2018年4月のミラノデザインウィークで発表された家具や日本初上陸の小物など、新作も多数店頭に並びます。さらにショップ内には、HAYがディレクションするカフェが併設されています。

世界で活躍するデザイナーたちが手がけた洗練された心地よさが魅力のHAYのコレクション。その世界観をHAY TOKYOでご体感ください。

HAY-TOKYO_002

デザインスタジオ・Gam Fratesi(ガムフラテージ)による「Silhouette sofa(シルエットソファ)」。今年2018年4月に開催されたミラノデザインウィークで発表されたソファで、日本初上陸。余分な要素を取り除き必要なディテールだけを残した構造で、華奢なスチールのフレームがさらに魅力を高めています。写真のハイバックタイプのほか、背もたれが低めのタイプもあり、そちらは2人掛けと3人掛けを展開。

HAY-TOKYO_003

Ronan & Erwan Bouroullec(ロナン&エルワン・ブルレック)がデザインした「Élementaire Chair(エレメンターレチェア)」も今年のミラノデザインウィークで発表された新作で、日本初上陸。リーズナブルな価格帯でありながら、耐久性と細部までこだわったデザインは、日常づかいにぴったり。ホームユースにはもちろんオフィスやカフェなどにもおすすめです。

HAY-TOKYO_004

GamFratesiが手がけたコーヒーテーブル「Tulou(トゥーロウ)」は、昔ながらのトレイテーブルのデザインと日常での使いやすさを考慮したデザイン。天板は外れてトレイとしても使用でき、好きな場所に持ち運びが可能です。5色展開で空間に合わせて好みのカラーをセレクトできます。

HAY-TOKYO_005

リサイクル・ポリプロピレン素材でつくられた軽くて丈夫な「SHOPPING BAG」。単色とツートンカラーの展開です。

HAY-TOKYO_006

陶芸家・JESSICA HANS(ジェシカ・ハンス)によるマグ「JESSICA HANS MUG」は、手作業の跡を残すように仕上げられた印象的なアイテム。

HAY-TOKYO_007

モロッコ製のカラフルなフラワーベース「MOROCCAN VASE」は、リサイクルガラスを使って手吹きで作られたもの。

HAY-TOKYO_008

デザインスタジオ・Scholten & Baijings(ショルテン&バーイングス)による、紙をモチーフに作られた「PAPER PORCELAIN(ペーパーポーセリン)」。佐賀県・有田で製造。

HAY-TOKYO_009

HAY TOKYO
営業期間:2018年10月19日(金)~2019年夏頃
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1F
営業時間:11:00~20:00 不定休
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
期間限定カラーのMARENCOも!アルフレックスとレザー&バッグブランドのFelisiがコラボ https://tabroom.jp/contents/new-product/felisi-arflex/ Sat, 22 Dec 2018 15:45:36 +0000 felisi-arflex_001
 
2019年2月28日(木)まで、東京青山の「フェリージ青山店」にて「arflex フェリージ45周年記念特別コラボレーションモデル」が展示販売されています。

Felisi(フェリージ)は1973年にイタリア・フェラーラで革工房としてスタートしたバッグや革小物を展開するブランド。ベジタブルタンニンなめしのバケッタレザーやシルクのような風合いのナイロンなど厳選された素材を使い、職人の手作業によりイタリアらしい洒落っ気と洗練性を備えた製品を作り出しています。

今年はフェリージの創業45周年という節目の年だということ、arflexと同じくイタリア生まれのブランドであること、そして丁寧なものづくりと上質なカジュアル感という共通点があることで、今回のコラボレーションに至ったそう。

フェリージの特製キャンバス素材のカバーリングをまとったMARENCOチェアRINN、チェアROOTの3モデルをラインナップ。マレンコにはフェリージのレザーを使ったパイピング、リンとルートにはフェリージのレザーブランドプレートが施されています。

カラー展開はフェリージのテーマカラーであるイエローのほか、生成り、ローレルグリーン、ブルーの全4色。フェリージ青山店のほかアルフレックス東京でも受注を行っています。

展開されている3モデルは全てカバーリング式なので、すでに本体を所有している方はカバーのみの購入もOK。気になる方はぜひ実物をチェックしてみてください。

felisi-arflex_002

MARENCO 1人掛け イエロー

felisi-arflex_003

MARENCO 2人掛け 生成り

felisi-arflex_004

チェアRINN イエロー

felisi-arflex_005

チェアROOT イエロー

felisi-arflex_006

MARENCOにはレザーのパイピング。

felisi-arflex_007
 
felisi-arflex_008

RINNとROOTにはレザーのタグ付き。
arflex フェリージ45周年記念特別コラボレーションモデル
会期:2018年6月1日(金)~2019年2月28日(木)
取扱店舗:フェリージ青山店/東京都港区 南青山5-8-3 エクボ南青山ビル1F
     アルフレックス東京 ※展示なしの販売のみ
アイテム:
 MARENCO
  一人掛け
   サイズ:W1100mm × D970mm × H660mm(SH390mm)
   価格:45万円(税抜) / カバーのみ 23万1000円(税抜)
  二人掛け
   サイズ:W1780mm × D970mm × H660mm(SH390mm)
   価格:70万6000円(税抜) / カバーのみ 34万6000円(税抜)
  三人掛け
   サイズ:W2480mm × D970mm × H660mm(SH390mm)
   価格:94万9000円(税抜) / カバーのみ 44万7000円(税抜)
  オットマン:
   サイズ:W670mm × D670mm × H390mm
   価格:13万2000円(税抜) / カバーのみ 5万1000円(税抜)
 
 RINN(アームチェア)
  サイズ:W545mm × D520mm × H785mm(SH430mm)
  価格:ホワイトオーク 7万円(税抜) / ブラックウォールナット 7万2000円(税抜) / カバーのみ 2万2000円(税抜)
 
 ROOT(アームチェア)
  サイズ:W515mm × D490mm × H800mm(SH450mm)
  価格:ホワイトオーク 13万1000円(税抜) / ブラックウォールナット 13万6000円(税抜) / カバーのみ 2万3000円(税抜)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
ミナ ペルホネンのクッション「Foresta di Gemma」や特別アイテムが集結 https://tabroom.jp/contents/event/foresta-di-gemma_mina_perhonen/ Fri, 21 Dec 2018 08:27:14 +0000 Foresta-di-Gemma_mina_perhonen_001
 
2018年12月25日(火)まで、東京銀座の「CIBONE CASE」にて、「Foresta di Gemma minä perhonen」が開催されています。

今年のミラノデザインウィークにて、minä perhonen(ミナ ペルホネン)が発表したクッション「Foresta di Gemma(宝石の森)」の展示販売会。

さまざまな素材やデザインのテキスタイルが組み合わさってできた有機的なフォルムが特徴です。その姿は見る角度によって輝きや表情を変える原石のよう。ひとかけらの生地たちが丁寧に縫い合わされて個性を持ち、世界にひとつだけのクッションに仕上がっています。

期間中は、上記の「Foresta di Gemma」コレクションをはじめ、minä perhonenの特別なアイテムも登場。minä perhonenの「tambourine」の刺繍を施した特別な生地で作られたクッションなどのほか、テーブルウェアやブックカバーなど、日常で使えるアイテムがずらり。クリスマスのギフトにぴったりなアイテムも並びます。

テキスタイルが生み出す、さまざまな表情のアイテムの数々をお楽しみください。

Foresta di Gemma minä perhonen
会期:2018年11月17日(土)~12月25日(火) 10:30~20:30
会場:CIBONE CASE
Photo:HuaWang
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
Swimsuit Departmentセレクトの工芸品が並ぶ「日本の良いもの」展、好評につき第3回 https://tabroom.jp/contents/event/bathhouse_nihon-yoimonoten_3rd/ Fri, 21 Dec 2018 07:38:28 +0000 bathhouse_nihon-yoimonoten_3rd_01
今年の買い物納めにふさわしい品揃え

2018年12月13日(木)から28日(金)まで、東京原宿の「Swimsuit Department(スイムスーツ デパートメント)」が運営するヴィンテージ雑貨店「BATHHOUSE(バスハウス)」にて、『「日本の良いもの」展』が開催されています。

国内外のヴィンテージ品に造詣が深いSwimsuit Departmentオーナー・郷古隆洋氏のセンスで、コツコツと集められた工芸品が並ぶ展示販売会。ユニークな品揃えで、その一つひとつに日本の四季や風土、作り手の気質が反映されていると、過去2回の開催時も好評のうちに幕を閉じました。

第3回となる今回は、お正月に使ったり飾ったりできる、この時期のインテリアやギフトに最適なものを多数ラインナップ。

さらに、民藝運動の創始者・柳宗悦と共に「民藝」を作り上げた染色工芸家・芹沢銈介による、市場に出回っていなかった型染め絵など、貴重なものも揃います。

クリスマスのプレゼントや新年を迎えるインテリアに、郷古氏セレクトによる一味違った工芸品を選んでみてはいかがでしょうか。どんな品揃えになっているのか、今年最後の宝探し気分でお出かけください

「日本の良いもの」展
会期:2018年12月13日(木)~28日(金) 13:00~18:00
   ※会期中無休、アポイントメント不要
会場:BATHHOUSE/東京都渋谷区神宮前3-36-26 ヴィラ内川201
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
ミナ ペルホネンが「冬に楽しむピクニック」を提案! 湘南T-SITEのクリスマスフェア https://tabroom.jp/contents/event/mina-perhonen_shonan-t-site_white-picnic/ Fri, 21 Dec 2018 07:34:48 +0000 mina-perhonen_SHONAN-T-SITE_White-Picnic_01
直営店より先行発売となるアイテムも登場

2018年12月25日(火)まで、神奈川県藤沢市の「湘南 T-SITE」にて、「minä perhonen×SHONAN T-SITE「White Picnic」」が開催されています。

minä perhonen(ミナ ペルホネン)とのコラボレーションによるクリスマスフェア。寒い季節でも心弾むような「冬に楽しむピクニック」を提案します。

minä perhonenが「湘南 T-SITE」一画にある直営店「minä perhonen koti」を飛び出して、館内各所をデコレーション。

1号館2階の湘南ラウンジにminä perhonenがプロデュースする高さ3mものモミの木が飾られるほか、minä perhonenの代表柄「choucho」がプリントされた白い紙風船が雪景色のように舞う「湘南 蔦屋書店」マガジンストリートや、壁一面に今回のフェアビジュアルにもなっている2018-19AWの新柄「one day」が広がる1号館1階のギャラリーと、本格化してきた冬を楽しめる空間が広がります。

また、1号館2階湘南ラウンジには、ポップアップショップ 「minä perhonen POP UP SHOP」が登場。「minä perhonen koti」とは異なる商品を含むラインナップで、新柄「one day」のサーモマグやワインバッグといった、minä perhonen直営店より先に発売となる注目アイテムも並びます。

minä perhonenの世界観を体感するのもよし、大切な人や自分へクリスマスのプレゼントを探すのもよし。ピクニック気分でお出掛けください。

mina-perhonen_SHONAN-T-SITE_White-Picnic_02
「thermo mug Tank “one day”」価格:4000円(税抜)
Photo:Kotaro Tanaka

mina-perhonen_SHONAN-T-SITE_White-Picnic_03

「thermo mug Umbrella Bottle “one day”」価格:3200円(税抜)
Photo:Kotaro Tanaka

mina-perhonen_SHONAN-T-SITE_White-Picnic_04

フェア期間中、POP UP SHOPでお買い物、もしくは湘南 蔦屋書店で本を購入の方にメッセージカードとしても使えるフェアオリジナルしおりをプレゼント(1回のお会計につき1枚。柄は選択不可。なくなり次第終了)。
minä perhonen×SHONAN T-SITE「White Picnic」
会期:2018年11月30日(金)~12月25日(火) 8:00~22:00
    ※1号館2階 湘南ラウンジは10:00~22:00
会場:湘南T-SITE/神奈川県藤沢市辻堂元町6丁目20番-1
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
新作も! 人気高まる「La Maison de Vent」の器展、今年も開催 https://tabroom.jp/contents/event/graphpaper_la-maison-de-vent_4th/ Thu, 20 Dec 2018 05:00:08 +0000 graphpaper_la-maison-de-vent_4th_01
オープン前に100名前後が並ぶ人気企画

2018年12⽉15⽇(⼟)から24⽇(⽉・祝) まで、東京表参道のセレクトショップ「Graphpaper(グラフペーパー)」にて、「La Maison de Vent 鈴⽊⿇起⼦めぐり逢う器展」が開催されています。

年に一度企画されている陶芸家・鈴⽊⿇起⼦⽒のブランド「La Maison de Vent(ラ・メゾン・デ・ヴォン=⾵の家)」の展示販売会。4回⽬を迎える今回は、通常のラインナップに加え、花の蕾を思わせるようなゆがみのボウルや脚付きのポプリポット、新作で限定のエクスクルーシブカップなど、Graphpaperならではの作品が数多く並びます。

吸い込まれそうなターコイズ色と薄く轢かれた繊細さが魅力の「La Maison de Vent」の器。

ただ美しいだけではなく「この器のまわりが笑顔であふれる場所になりますように」というブランドのコンセプトのもと、スタッキングのしやすいことや、壊れてもまた手に入れやすい価格であることなど、実⽤と美しさの絶妙なバランスで、ファンを増やしています。

Graphpaperでも回を増すごとに来場者が増えているそう。特に人気の高い大皿などは競争率も高いため、より多くの作品の中からお気に入りを見つけたい方はお早めの来場がおすすめです。

graphpaper_la-maison-de-vent_4th_02
 
graphpaper_la-maison-de-vent_4th_03

La Maison de Vent 鈴⽊⿇起⼦めぐり逢う器展
会期:2018年12⽉15⽇(⼟)~24⽇(⽉・祝) 12:00~20:00
会場:Graphpaper/東京都渋⾕区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2F
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
東京以外で初開催! 神戸で大規模なグッドデザイン賞展 https://tabroom.jp/contents/event/good-design-award_kobe/ Tue, 18 Dec 2018 10:52:51 +0000 good-design-award_kobe_01
兵庫県内の受賞対象など約200点を紹介

2018年11月23日(金・祝)から12月24日(月・振休)まで、神戸六甲アイランドの「神戸ファッション美術館」にて、「GOOD DESIGN AWARD 神戸展」が開催されています。

1957年に創設された日本を代表するデザイン賞「グッドデザイン賞」の受賞作品を紹介する大規模な展示会。神戸市がユネスコ創造都市ネットワーク「デザイン都市」認定10周年を迎えたことを記念したもので、東京以外で初めての開催となります。

「都市の明日をつくるデザイン」をテーマに、2018年の受賞対象の中でも特に優れた評価を与えられた「グッドデザイン・ベスト 100」や、兵庫県内の受賞対象など、約200点のデザインを紹介。見た目にカッコイイだけでなく、社会の課題に応え、私たちの暮らし自体を豊かにデザインしてくれる「グッドデザイン賞」受賞作品の数々。関連イベントと合わせて、これからのデザインに必要なものとはを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

good-design-award_kobe_03

「GOOD DESIGN, GOOD FASHION」では約10点を展示。工業製品のイメージが強いグッドデザイン賞ですが、写真の「ブルーシードバッグ」をはじめ服や靴などの「装身具」も選ばれています。

good-design-award_kobe_05

「City of GOOD DESIGN」では、「様々な人が暮らしやすい都市」をキーワードに、「WHILL Model C」をはじめ近年の受賞対象の中から、神戸のクリエイティブ関係者が選んだ製品やサービスをテーマごとに展示します。

good-design-award_kobe_06

「GOOD DESIGN HYOGO」では、「KOBEパークレットの取り組み」など兵庫県内のグッドデザイン賞受賞対象約10点を紹介します。
GOOD DESIGN AWARD 神戸展
会期:2018年11月23日(金・祝)~12月24日(月・振休) 10:00~18:00(入館~17:30)
   ※月曜日休館(ただし12月24日は開館)
会場:神戸ファッション美術館/神戸市東灘区向洋町中2-9-1
入館料:一般1000円(800円) / 大学生・65歳以上500円(400円) / 高校生以下無料
    カッコ内は30人以上の団体料金
詳細:https://design.city.kobe.lg.jp/2018/10/gda-kobe/
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
北欧をテーマに吉祥寺を巡る「吉祥寺 北欧 WALK 2018」開催中 https://tabroom.jp/contents/event/kichijoji_nordic-walk_2018/ Tue, 18 Dec 2018 10:49:59 +0000 kichijoji_nordic-walk_2018_01
北欧ヴィンテージ家具店など13店舗が参加

2018年12月25日(火)まで、東京吉祥寺で、「吉祥寺 北欧 WALK 2018 」が開催されています。

2013年からクリスマス前のこの時期に吉祥寺の街と北欧の魅力をさらに伝えようと開催されているイベント。東急百貨店から西側に延びる大正通りが「北欧通り」と呼ばれるように、吉祥寺にはヴィンテージ家具や雑貨、カフェなど、北欧のモノ・コトを扱う店舗が点在していることから催されるようになりました。

5回目の開催となる今年は「bellbet吉祥寺」や「free design」、「Lewis吉祥寺」、「please」など13店舗が参加。

参加店舗を巡るスタンプラリーをはじめ、昨年オープンしたシアター&カフェ「COCOMARU THEATER(ココマルシアター)」でのフィンランド映画『オンネリとアンネリのおうち』上映イベント、北欧関連のワークショップなど、参加各店舗にて「北欧」をテーマにしたイベントが行われます。

イベント参加各店舗で配布されているマップを片手に、吉祥寺ならではの「北欧」をお楽しみください。

kichijoji_nordic-walk_2018_02

アイスランドを舞台に活躍する写真家・シバノジョシア氏による写真展「Norður Tónar #3」を開催する「bellbet吉祥寺」。

kichijoji_nordic-walk_2018_03

「please」では、12月14日(金)~16日(日)と21日(金)~23日(日)の計6日間、スウェーデンのヴィンテージクリスマスクロスを展示販売するイベント「北欧クリスマスクロス展」を開催。
吉祥寺 北欧 WALK 2018
会期:2018年12月8日(土)~25日(火)
会場:吉祥寺界隈 商業店舗 
参加店舗:ALLT GOTT / arnolds / Atelier Gallery Kurragömma(クラヨンマ) / bellbet(ベルベット 吉祥寺) / free design / GRANNY / H.I.S. 吉祥寺パルコ本店 / Lewis吉祥寺 / moi(カフェ モイ) / mono gallery / please / THE NATURAL SHOE STORE 吉祥寺店 / ユニクロ吉祥寺店
詳細:http://hokuo-walk.com/
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
今週末「紙博 in 福岡」開催! 手紙社の大型イベントが九州に初上陸 https://tabroom.jp/contents/event/kamihaku-fukuoka/ Thu, 13 Dec 2018 10:11:29 +0000 kamihaku-fukuoka_01
めくるめく紙の世界へようこそ

2018年12月15日(土)・16日(日) の2日間、福岡博多の「南近代ビル貸会議室3階」にて「紙博 in 福岡」が開催されます。

人気のマーケットイベントを多数企画している手紙社が主宰する紙製品専門の大型イベント。これまで東京京都で開催されてきた「紙博」が九州に上陸します。手紙社が九州で本格的なマーケットを開くのは今回が初めて。2日間で51組の出展者が参加し、紙の様々な可能性を見せてくれます。

入場料は500円かかりますが、小学生以下は無料となっているので家族でのお出かけにもいいですね。アイデア次第で紙が作り上げる世界観は千差万別。ぜひお気に入りを探してみてください。

▽京都開催の様子
kamihaku-fukuoka_02
 
kamihaku-fukuoka_03
 
kamihaku-fukuoka_04
 
kamihaku-fukuoka_05
 
kamihaku-fukuoka_06
 
kamihaku-fukuoka_07
 
kamihaku-fukuoka_08
 
kamihaku-fukuoka_09
 
kamihaku-fukuoka_10
 
kamihaku-fukuoka_11

紙博 in 福岡
会期:2018年12月15日(土)・16日(日) 10:00~17:00
会場:南近代ビル貸会議室3階/福岡市博多区博多駅南4-2-10
入場料:500円(小学生以下無料)
出展者:青空亭( チャンキー+いぬんこ) / ALBUS / &PAPERS / 株式会社岩嵜紙器 / ウィギーカンパニー / mt maskingtape / エモジ / 大枝活版室 / 岡崎直哉 / オソブランコ / kata kata / 九ポ堂 / KNOOPWORKS / GreenFlash / 啓文社印刷 / COCHAE / cobato / シイング / 聚落社 / 星燈社 / タカハシカヨコ(15日) / 高旗将雄 / 株式会社竹尾 福岡見本帖 / CHARKHA / 手紙舎 雑貨店 / teshio paper / DRESSENSE / ネクタイ / HIGHTIDE STORE / HI MOJIMOJI / ハチマクラ / 花籠や / HITOTOKI / 100枚レターブック × 本とコーヒーtegamisha / 表現社 cozyca products / プロペラスタジオ / PLASE. STORE / ぷんぷく堂 / papernica(ペパニカ) / BOX&NEEDLE / 水縞 / 美篶堂+ 本づくり協会 / MINOU BOOKS & CAFE / 山本紙業 / 夜長堂 / ヨハク / rala design / REGARO PAPIRO / レトロ印刷JAM / ROCCA / 和紙田大學
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
松屋銀座が北欧一色に! 3イベント連続開催 https://tabroom.jp/contents/event/matsuya-ginza_hokuou-3fair_2018/ Fri, 07 Dec 2018 09:59:20 +0000 matsuya-ginza_hokuou-3fair_2018_001
▽ムーミン STORY ~リトルミイのひみつ~
メインビジュアル (c) Moomin Characters TM
イベントオリジナルアイテムも登場

2018年11月28日(水)から12月25日(火)まで、東京銀座の「松屋銀座」にて、「ムーミン STORY ~リトルミイのひみつ~」、「リサ・ラーソンのクリスマス」、「ベングト&ロッタのクリスマス」の3つの展示販売会が開催されています。

2018年11月28日(水)から12月10日(月)まで開催されている「ムーミン STORY ~リトルミイのひみつ~」は、ムーミン作品に登場するキャラクター・リトルミイをテーマにした世界初の公式イベント(※)です。

会場には、幅広い世代の心に響くと人気の「ミイの名言」のパネル展示や、赤いドレスとおだんご頭がトレードマークのミイと一緒に写真が撮れるフォトスポットが登場。小さな体でも勇敢で自由奔放に過ごすミイが、長年愛され続ける秘密に迫っています。また、イベントオリジナルのミイグッズをはじめ、ムーミン谷のなかまたちの商品の先行販売など、最新・人気アイテム約300点以上が発売中。ムーミン作品ファンには見逃せないイベントです。

2018年12月12日(水)から25日(火)まで開催される「リサ・ラーソンのクリスマス」は、スウェーデンの陶芸家・Lisa Larson(リサ・ラーソン)の期間限定ショップ。日本でも大人気のキャラクター、しましま猫のマイキーやはりねずみたちをはじめ、このイベント期間だけのクリスマスデザインや先行発売の雑貨など約1000点が並びます。

さらに、独特の丸いフォルムが愛らしくコレクターが多い動物たちの陶器の貴重なヴィンテージアイテムも登場と、お財布の紐がゆるくなってしまいそうな内容です。数多くの商品をご覧になりたい方は、お早めにお出かけください。

そして、2018年11月28日(水)から12月25日(火)までは、「ベングト&ロッタのクリスマス」が開催されています。

遊び心を感じるデザインが世界中で人気のスウェーデンを代表するデザイナーユニット・Bengt&Lotta(ベングト&ロッタ)が手がけたグッズ約200点が集結。キャンドルスタンドやアクセサリー、ティーライトなどのクリスマスグッズを中心に、スウェーデンのテキスタイルメーカー・KLIPPAN(クリッパン)のブランケットや文房具、キッチンウェア、インテリアなど、普段の暮らしにも気軽に取り入れられる幅広い北欧デザイングッズが揃います。

温かみを感じる北欧デザインのアイテムは、これからの季節にぴったり。クリスマスグッズも充実していますので、お気に入りのアイテムを探してインテリアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

※ 権利元「ムーミンキャラクターズ社」公認。「リトルミイ」テーマのイベントは世界初。

▽リサ・ラーソンのクリスマス A Very Mikey Xmas
matsuya-ginza_hokuou-3fair_2018_02

マイキー
(c) LISA LARSON

▽BENGT & LOTTA ベングト&ロッタのクリスマスmatsuya-ginza_hokuou-3fair_2018_03

「Bengt&Lotta キャンドルスタンド」価格:6480円(税込) (c) Bengt & Lotta

matsuya-ginza_hokuou-3fair_2018_04

「Bengt&Lotta アイフォンケース」価格:2808円(税込)

matsuya-ginza_hokuou-3fair_2018_05

「Bengt&Lotta エンジェルミニ ピアス シルバー」価格:1万1880円(税込)

matsuya-ginza_hokuou-3fair_2018_06

「Bengt&Lotta」のベングト・リンドベリとロッタ・グラーヴェ。今年の松屋銀座のクリスマスポスターにはベングト&ロッタのデザインが起用されています。
ムーミン STORY ~リトルミイのひみつ~
会期:2018年11月28日(水)~12月10日(月) 10:00~20:00
   (日曜日~19:30、最終日~17:00)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
入場料:無料
 
リサ・ラーソンのクリスマス A Very Mikey Xmas
会期:2018年12月12日(水)~25日(火) 10:00~20:00
   (12月16日~19:30、12月21日・22日・23日~20:30、最終日~17:00)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
入場料:無料
 
BENGT & LOTTA ベングト&ロッタのクリスマス
会期:2018年11月28日(水)~12月25日(火) 10:00~20:00
    (12月9日・16日~19:30、12月21日・22日・23日~20:30、最終日~17:00)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
入場料:無料
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
ポストモダンの名作が集合、SOMEWHERE TOKYOにて「POSTMODERNS」展 https://tabroom.jp/contents/event/postmodern-somewheretokyo/ Thu, 06 Dec 2018 07:13:01 +0000 postmodern-somewheretokyo_005
 
2018年12月1日(土)から12月25日(火)まで、東京恵比寿のインテリアギャラリーSOMEWHERE TOKYOにて「POSTMODERNS(ポストモダンズ)」展が開催されます。

1970~80年代のポストモダン・デザインの家具やインテリアアイテムを集めた企画展。当時のポストモダニズムを牽引したエットーレ・ソットサスやミケーレ・デルッキなどを中心に、倉俣史郎やフィリップ・スタルクなども併せて多くの作品が展示されるそう。

会期中は平日もオープンしているのでぜひ気軽に立ち寄ってみてください。

postmodern-somewheretokyo_002

ソファウィズアームズ/Sofa with arms
デザイナー:倉俣史朗
倉俣史朗の1982年の作品。スチールパイプを用いたソファで独特の造形を持つと同時に倉俣らしい軽やかさも持ち合わせています。

postmodern-somewheretokyo_003

左:カリマコ/Callimaco
デザイナー:エットーレ・ソットサス(Ettore Sottsass)
エットレ・ソットサスによるフロアライト。カラーと造形の組み合わせはまさに80年代のソットサスを感じさせます。
 
右:オセアニック/Oceanic
デザイナー:Michele De Lucchi(ミケーレ・デ・ ルッキ)
ポストモダンを代表するグループ・Memphis(メンフィス)の照明。同グループの作品の中でも代表的なもの。

postmodern-somewheretokyo_004

ミス・ミルク/Miss Milch
デザイナー:Philippe Starck(フィリップ・スタルク)
現在も世界的デザイナーであるフィリップ・スタルクが1987年にデザインした椅子。日本の家具メーカーのイデーから発売されていました。
postmodern-somewheretokyo_001
ラトンダ/Latona
デザイナー:Mario Botta(マリオ・ボッタ)
マリオ・ボッタが1986年にデザインした椅子。薄いメタル板を曲げて用いる事でクッション性と快適性を可能に。そのデザインだけでなく機能面でも革新的。
POSTMODERNS
会期:2018年12月1日(土)~12月25日(火) 13:00~19:00
   ※定休日12月5日(水)、6日(木)、11日(火)、12日(水)、19日(水)
会場:SOMEWHERE TOKYO
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
年に1度の「アクシスバザー」今年も開催 https://tabroom.jp/contents/sale/axis-bazaar_2018/ Thu, 06 Dec 2018 07:11:10 +0000 AXIS_BAZAAR_2018_001
ビル内の人気9店舗で2日間限り

2018年12月7日(金)・8日(土)の2日間、東京六本木の「AXISビル」にて「アクシスバザー 2018」が開催されます。

年末恒例、年に1度限りのセールイベント。AXISビル内の9店舗が対象商品を特別価格で販売します。

セールの対象となるのは、家具や雑貨をはじめ洋書、オーディオ、包丁、クルマ用品、額縁、おもちゃ、ワイン、食材など幅広いアイテム。クオリティが高い品々を割引価格で買い回りできるのは洗練されたショップが集まる「AXISビル」ならではです。

同ビルのメインショップであるLIVING MOTIF(リビング・モティーフ)では、家具と雑貨が30%オフとなるほか店内商品が10%オフ(一部を除く)となります。

また、デンマークのAV製品メーカー・Bang & Olufsen(バング&オルフセン)は展示品が20%オフから。包丁の「GLOBAL」シリーズで知られるYOSHIKIN(ヨシキン)では包丁ほかが50%オフと、昨年よりもオフ率がアップしている店舗もありお買い得感が増しています。

クリスマス・年末年始のプレゼントや、1年間頑張った自分へのご褒美を手に入れるのにぴったりなセールのため、毎年多くの方で賑わいます。より多くの中から選びたい方や狙っているアイテムがある方はお早めにお出かけください。

アクシスバザー 2018
会期:2018年12月7日(金)・8日(土) 11:00~19:00
   ※ラピアーツ、リビング・モティーフ、ビブリオファイル、ル・ガラージュでは、12月9日(日)も店舗内で一部バザー開催予定
会場:AXISビル内各参加店舗/東京都港区六本木5-17-1
参加店舗:
4F
・ラピアーツ/額縁各種、おもちゃ
2F
・ビブリオファイル/洋書10%オフ
・ヨシキン/GLOBAL包丁他、50%オフ
・バング&オルフセン/展示品20%オフ~
・ラピアーツ/額縁各種、おもちゃ
1F
・ル・ガラージュ/クルマ用品10%オフ~
・ブラッセリー・ヴァトゥ/ワイン、食品
B1F
・エトランジェ・ディ・コスタリカ/インポート雑貨等30~70%オフ、他、店内商品10%オフ
・日本料理 菱沼:ウェルカムドリンク(ディナータイム)
B1F/1F/2F
・リビング・モティーフ/家具、雑貨30%オフ~(B1Fと2F店内)、他、店内商品10%オフ(一部除外品あり)
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
PH3/2 テーブルランプにレトロムードな琥珀色 × 真鍮の限定品が登場! https://tabroom.jp/contents/new-product/ph32-amber-table-limited/ Thu, 06 Dec 2018 07:08:07 +0000 ph32-amber-table-limited_001
全国で400台予定の限定販売

2018年11月1日(木)より、デンマークの照明ブランド・ルイスポールセンより「PH 3/2 テーブルランプ リミテッドエディション」が発売されています。

今回の限定品は「PH 3/2テーブル」をベースに素材とカラーを変更。琥珀色のイタリア製吹きガラスのシェードとヘアライン仕上げの真鍮製フレームを組み合わせたレトロな配色が魅力です。

デザイナーのポール・ヘニングセンはルイスポールセン社と協働して多くの名作照明を手がけました。1920年代後半に初めて発表した色付きガラスのランプは一つひとつ色合いが異なるハンドメイドの美しさを備え、今も多くの人々を引きつけています。

2017年には同じく琥珀色シェードと真鍮フレームを使用したPH3 ½-3ペンダントを限定品として復活。温かみのある光はキャンドルライトのように親密な空気感を演出してくれます。

今回の限定仕様は日本向けに300台のみの販売予定でしたが、発売間もなく完売となったため、100台が追加生産されることになりました。

ph32-amber-table-limited_002
 
ph32-amber-table-limited_003

コンパクトなサイズ感でベッドサイドやサイドボード、窓辺など様々なシーンに取り入れられます。

ph32-amber-table-limited_004

今回のリミテッド・エディションのPH 3/2テーブルランプのフレーム(金属部分)は、1927年頃のPHテーブルランプを基にしています。真鍮製のフレームは軽いヘアライン仕上げになっており、表面は無塗装で一つひとつ異なる経年変化を遂げ、その古味を楽しめます。スイッチの構造も1927年当時と同じ、支柱の根元部分に設けた棒状のスライド・スイッチ。スイッチの下にはポール・ヘニングセンのイニシャルが刻まれています。
PH 3/2 琥珀色テーブルランプ
発売日:2018年11月1日(木)
限定数:400台予定
デザイナー:ポール・ヘニングセン
電球:E17ミニクリプトンホワイト40W (LED電球も使用可能)
材質:琥珀色三層吹きガラス(シェード表面は光沢、内面はマット仕上げ)、真鍮(無塗装)
サイズ:W290mm × D290mm × H472mm
重量:2.6kg
価格:17万4960円(税込み)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
亀の子束子からオリジナルのたわしツリーが今年も登場! https://tabroom.jp/contents/new-product/kamenoko-tree2018/ Thu, 06 Dec 2018 07:01:22 +0000 kamenoko-tree2018_001
 
2018年11月6日(火)より「亀の子束子 たわしツリー」が発売されています。

昨年も発売され好評だったタワシ製のミニツリーです。サイズは高さ10cmの「ミニ」と高さ21cmの「スリム」の2種類で、新色と直営店限定色を加えて全5色展開となりました。

ツリーとしては定番の「グリーン&ホワイト」、タワシならではの「シダ&グリーンミックス」、モノトーンインテリアにぴったりな新色「ブラック&ホワイト」、そして直営店限定の「グリーン&ブラウン」と「6カラーミックス」から選べます。

全て専用のクリアケースとボールチェーン付き亀の子バッジが付属。ちょっとしたギフトにもぴったりのアイテムです。

取扱店舗は亀の子束子直営店のほか、LOFTの一部店舗でも販売されています。全てが数量限定で今季中の追加入荷・追加生産の予定はないとのことなので、気に入ったたわしツリーに出会ったら即購入がおすすめです。

自分なりにオーナメントで飾って日本の伝統たわし × クリスマスツリーのオリジナルデコレーションを楽しんでください。一つ注意なのはタワシとしての使用はできないということ。シーズンが終わったら、インテリアとして飾ることができます。

kamenoko-tree2018_002

ミニサイズのたわしツリー。左上から時計回りにグリーン&ブラウン(直営店限定)、6カラーミックス(直営店限定)、ブラック&ホワイト(新色)、グリーン&ホワイト、シダ&グリーンミックス。

kamenoko-tree2018_003

スリムサイズのたわしツリー。左上から時計回りにグリーン&ブラウン(直営店限定)、6カラーミックス(直営店限定)、ブラック&ホワイト(新色)、グリーン&ホワイト、シダ&グリーンミックス。
※オリジナルバッジは全てのカラーに付属
亀の子束子 たわしツリー
取扱店舗:亀の子束子本店/東京都北区滝野川6-14-8
     亀の子束子谷中店 v東京都台東区谷中2-5-14
     亀の子オンラインショップ(https://www.kamenoko-shop.jp/SHOP/171525/207143/list.html)
     LOFTの一部店舗
サイズ:
 ミニ/W60mm × D60mm × H100mm 1350円(税込)
 スリム/W70mm × D70mm × H21mm 1998円(税込)
カラー:グリーン&ホワイト / ブラック&ホワイト / シダ&グリーンミックス / グリーン&ブラウン(直営店限定) / 6カラーミックス(直営店限定)
付属品:専用クリアケース、亀の子バッジ(ボールチェーン付き)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
「石本藤雄展」開催中、マリメッコとアラビアで活躍した石本氏の新旧作品を展示 https://tabroom.jp/contents/event/ishimoto-fujiwo-marimekko/ Mon, 03 Dec 2018 08:35:15 +0000 ishimoto-fujiwo-marimekko_099
 
2018年10月27日(土)から12月16日(日)まで、愛媛県松山市の「愛媛県美術館」をメイン会場に「石本藤雄展ーマリメッコの花から陶の実へー」が開催されています。

テキスタイルデザイナーで陶芸家の石本藤雄氏の原点と新たな作品を展示する巡廻展。石本氏はフィンランドのライフスタイルブランド・marimekko(マリメッコ)のテキスタイルデザインを32年間手がけたのち、同じくフィンランドの陶器メーカー・アラビアのアート部門に所属し、77歳となる現在も陶芸家として多くの作品を生み出しています。

氏の故郷である愛媛県を皮切りに、京都東京へも巡廻する予定。初回となる今回はマリメッコ時代のファブリックとあわせて新作陶器が展示されるほか、幼少期を過ごした砥部町での展示、氏がプロデュースしたホテル「茶玻瑠」のエグゼクティブフロア公開、世界観を表現した茶房&ギャラリー「MUSTAKIVI」での展示も行われます。石本氏にゆかりのある愛媛県の各所を巡りながら作品をじっくりと見ることができるのが魅力です。

今後は2019年春に京都の細見美術館で琳派との共演、2019年夏には東京青山のスパイラルにて新作セラミックやファッションを切り口とした展示が行われるそう。

親和性の高い北欧と日本のパターンがミックスされ、石本氏の感性によってどんな佇まいを見せてくれるのか。ぜひ会場でお確かめください。

ishimoto-fujiwo-marimekko_001
「Onni」(訳:幸せ)。2019年春に「マリメッコ」より復刻される石本氏がデザインしたファブリック。

ishimoto-fujiwo-marimekko_002

オオイヌノフグリ
2017年春、愛媛県内の育った家の近くを訪れた際に野原にいっぱい咲いていた越年草・オオイヌノフグリをモチーフとして制作。
(C)Chikako Harada/Fujiwo Ishimoto

ishimoto-fujiwo-marimekko_003

冬瓜
昔、温泉旅館に訪れた際、50cmほどもある大きな冬瓜がお供えのように飾ってあった様子がオブジェとしても面白く印象に残っていて作品化。
(C)Chikako Harada/Fujiwo Ishimoto

ishimoto-fujiwo-marimekko_004


1999年の個展時に制作した作品のひとつ。釉薬をかけ直すなどして調整。今回は同型の新作2点も展示。

ishimoto-fujiwo-marimekko_006

石本藤雄
1941年愛媛県砥部町出身。フィンランド・ヘルシンキ在住。1970年にフィンランドへ。74年からマリメッコで32年にわたりテキスタイルデザインを担当。現在はアラビアのアート部門の一員として作陶中。カイ・フランク賞、フィンランド獅子勲章、プロフィンランディアメダル、旭日小綬章など受賞歴多数。
石本藤雄展ーマリメッコの花から陶の実へー
会期:2018年10月27日(土)~12月16日(日)
会場:愛媛県美術館/愛媛県松山市堀之内
   時間:9:40~18:00
   休館日:月曜(12月3日(月)は開館し、翌日火曜休館)
   観覧料:一般1200円、高大生700円、小中生300円
 
   砥部町文化会館/愛媛県伊予郡砥部町宮内1410
   時間:9:00~18:00
   休館日:2018年11月30日(金)
   入場料:無料
同時開催会場:茶玻瑠/愛媛県松山市道後湯月町4-4
       MUSTAKIVI(ムスタキビ)/愛媛県松山市大街道3-2-27
巡廻予定:
 京都展
  会期:2019年春
  会場:細見美術館/京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
 東京展
  会期:2019年夏
  会場:スパイラル/東京都港区南青山5-6-23
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
活動50年を迎えた家具デザイナーの軌跡を辿る「岩倉榮利の世界展」開催中 https://tabroom.jp/contents/event/eiri-iwakura-ex/ Mon, 03 Dec 2018 08:29:45 +0000 eiri-iwakura-ex_001
KAMUI
リビングデザインセンターOZONEで

2018年11月29日(木)から12月6日(木)までの1週間、東京新宿の「リビングデザインセンターOZONE」で「岩倉榮利の世界」展が開催されています。

岩倉榮利(1948~)は福島県生まれの家具デザイナー。自身がエグゼクティヴデザイナーを務める「ROCKSTONE(ロックストーン)」ブランドを中心に、企業とタッグを組んだデザイン活動やプロデュースなど幅広く活躍しています。

本展は岩倉氏の50年のキャリアを振り返る企画展で、リビングデザインセンターOZONE内の3カ所でテーマ別に開催されます。

3階パークタワーホールでは「50years,50chairs」として、岩倉氏が手がけた50脚の椅子と5台のソファを展示。

6階ロードサイドスクエアでは岐阜高山の家具工房・キタニジャパン主催の「KIRI-DANSU WORLD」が展開されます。こちらでは氏が新潟県加茂市の桐箪笥工房とタッグを組んで開発した現代の箪笥「KIRI-DANSU」と、キタニジャパンの家具シリーズ「Marilyn」のコーディネートを見ることができます。

1階ギャラリー1では、水回りの総合メーカー・SANEIで岩倉氏が手がけた新作と、東京の特注家具メーカーと氏による家具ブランド「tobi(トビ)」のコラボ展示が行われます。

インテリア、暮らし、住まいを軸に多くのデザインを手がけてきた岩倉氏の軌跡をじっくりと見ることのできる貴重な機会。会期は1週間のみとなっているので、お見逃しなくお出かけください。

eiri-iwakura-ex_002

左:KIRI-DANSU
右:Marilyn

eiri-iwakura-ex_003

SANEI

eiri-iwakura-ex_004

左:cafechair
右:RAFUAN

eiri-iwakura-ex_005

左:KARAS
右:岩倉榮利
1948年福島県生まれ。1968年郡⼭デザインセンター(バウハウスの流れを知る小泉庄吉⽒に師事)を経て、1970年ICS College of Arts 卒業。(株)島崎信デザイン事務所に入所。1975年にフリーランス・デザイナーとして独⽴後、1985年岩倉榮利造形開発研究所を設⽴。「ROCKSTONE」ブランドを中心に、海外デザイナーや建築家シリーズなどのプロデュース活動を進める。グッドデザイン賞、IFFTアワード⾦賞など受賞歴多数。
岩倉榮利の世界
会期:2018年11月29日(木)~12月6日(木)
会場:リビングデザインセンターOZONE
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
一般入場可! 家具メーカー7社の見本市「MEETS! FURNITURE 3rd」開催 https://tabroom.jp/contents/event/meets-furniture-3rd/ Tue, 20 Nov 2018 14:46:46 +0000 meets-furniture-3rd_00
カフェスペースやスタンプラリーも開催

2018年11月21日(水)・22日(木)の2日間、東京江東のギャラリー「TOLOT」にて国産家具生産者による見本市「MEETS! FURNITURE 3rd」が開催されます。

第3回目を迎える今回は「家具と創る暮らし」をテーマに北海道岐阜静岡福岡広島と日本各地からバラエティ豊かなメーカー7社が参加。

ルーツやコンセプトは異なるものの、どの参加社も国産家具メーカーならではのカスタマイズ性・汎用性を強みとしています。会場では「7社の可能性」と題してそれぞれの得意とする技術や素材が実際の住生活でどの様に役立つのか、製造工程や具体的な活用法にフォーカスした展示が用意されるそう。

それぞれの新作のほか、ウールカーペットの専門メーカー・堀田カーペットとのコラボ展示「ウールカーペット クエスト」なども登場。これまで家具の見本市といえば産地でのくくりや新作にフォーカスした展示が主でしたが、本展は産地やテイストを超えて共感しあった出展者が「これからの暮らし」を提案しているのが特徴です。

基本的にはバイヤー向けのイベントですが、ユーザーが観覧しても多くの発見があるはず。21日(水)には「豊かな暮らしを生み出す家」と題したトークイベント(無料・要事前申込)の実施や、カフェスペース、スタンプラリーなど楽しめる企画も用意されているので、ぜひ足を運んでみてください。

meets-furniture-3rd_01

斎藤製作所

meets-furniture-3rd_02

境木工

meets-furniture-3rd_03

meets-furniture-3rd_04

meets-furniture-3rd_05

園田椅子製作所

meets-furniture-3rd_06

立野木材工芸

meets-furniture-3rd_07

松井木工

meets-furniture-3rd_08

企画展「カーペットクエスト」
MEETS! FURNITUREー家具生産者の見本市ー3rd
会期:2018年11月21日(水) 10:00~20:00
   2018年11月22日(木) 10:00~17:00
会場:TOLOT / heuristic SHINONOE/東京都江東区東雲2-9-13 2階
参加社:齋藤製作所、境木工、シキファニチア杉山製作所、園田椅子製作所、立野木材工芸、松井工芸
企画展:素材と技術(各メーカーと得意とする素材と技術を紹介)
    ウールカーペットクエスト(堀田カーペットと参加社のコラボ展示)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
アウトレット品400点以上!「MASTERWAL ファクトリーショップ」の決算セール https://tabroom.jp/contents/event/masterwal_warehouse_201811/ Tue, 20 Nov 2018 14:43:43 +0000 masterwal_warehouse_201811_001
全て1点ものの現品販売

2018年11月24日(土)から26日(月)までの3日間、岡山県浅口郡里庄町の「マスターウォール ファクトリーショップ」にて、「MASTERWAL WAREHOUSE」が開催されます。

ウォールナット専門家具ブランド・MASTERWAL(マスターウォール)の直営店である 「MASTERWAL GINZA」のオープン1周年を記念した決算セール。

世界三大銘木のひとつ、ブラックウォールナットの無垢材を使用し「100年後のアンティーク家具へ」をコンセプトに自社で作り上げる高品質家具がお買い得価格で提供されます。

セールの対象は、全国のMASTERWAL直営店で展示していた商品やサンプル品など約400点。全て1点もので現品販売のみとなるため早い者勝ちです。

どのような商品が並ぶのかは当日のお楽しみ。気になる方はお早めに会場へ足をお運びください。

※画像はイメージ。実際のセール商品とは異なる場合があります。

MASTERWAL WAREHOUSE
会期:2018年11月24日(土)~26日(月) 10:00~18:00
会場:マスターウォール ファクトリーショップ
※当日は混雑が予想されるため整理券を9時より配布
※商品に関する事前問い合わせ不可
※商品の取置き予約不可
※2018年11月23日(祝・金)までは通常営業のためウェアハウス商品の確認不可
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
167人のクリエイターがデザイン! 銀座で「大堀相馬焼167のちいさな豆皿」展示・販売 https://tabroom.jp/contents/event/oobori-souma-yaki_167/ Thu, 15 Nov 2018 04:08:08 +0000 oobori-souma-yaki_167_no_chiisana_mamezara_001
 
2018年11月27日(火)から12月22日(土)まで、東京銀座の「クリエイションギャラリーG8」と「ガーディアン・ガーデン」にて、『CREATION Project 2018 クリエイターと福島の窯元がつくる「大堀相馬焼167のちいさな豆皿」』が開催されます。

国内外で活躍するクリエイター167人がデザインした豆皿の展示・販売会。販売収益金は、未来を担う子どもたちの支援のために、セーブ・ザ・チルドレンに寄付されます。

展示販売される豆皿はすべて江戸時代元禄期から続く福島県浪江町の伝統工芸品「大堀相馬焼」。青磁色の皿に見られる細かなひびが特徴の一つで、今回は3つの窯元と協力し4種類(青磁色、水色、アイボリー、黒色)の豆皿が制作されました。

また、クリエイターによる豆皿とともに、今年7年ぶりに町内で開校した福島県浪江町立なみえ創成小・中学校の子どもたちがデザインに挑戦した豆皿も展示されます。

会場では、福島県の大堀相馬焼窯元であるいかりや商店、京月窯、松永窯での豆皿づくりの工程を撮影した写真を展示し、2会場を巡ることで製作の様子が伝わる展示を予定。また、大堀相馬焼の特徴でもある窯でお皿を冷ます際に聞こえる貫入音など、窯元での音源をもとに制作した音楽が流れます。

表情豊かな豆皿のデザインを見て楽しむだけでなく、大堀相馬焼の窯元の雰囲気を体感できる展示です。申し込み制で小学生とその保護者を対象とした豆皿のワークショップも開催されますので、併せてご参加ください。

oobori-souma-yaki_167_no_chiisana_mamezara_002
CREATION Project 2018 クリエイターと福島の窯元がつくる「大堀相馬焼167のちいさな豆皿」
会期:2018年11月27日(火)~12月22日(土) 11:00~19:00
   ※日曜休館
会場:クリエイションギャラリーG8/東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
   ガーディアン・ガーデン/東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F
入場料:無料
出品予定作家:
▽クリエイションギャラリーG8
青木克憲 / 秋山孝 / 浅葉克己 / 池澤樹 / 居山浩二 / 色部義昭 / 上田三根子 / 上西祐理 / 宇野亞喜良 / えぐちりか / 遠藤享 / 太田徹也 / 大原大次郎 / 岡田善敬 / 岡室健 / 小田桐昭 / 小野勇介 / 柿木原政広 / 葛西薫 / 勝井三雄 / 金井あき / 鎌田順也 / 上條喬久 / 川上恵莉子 / 菊地敦己 / 木住野彰悟 / 北川一成 / 木下勝弘 / 草谷隆文 / 久保悟 / 小杉幸一 / 古平正義 / 小林洋介 / 近藤ちはる / 榮良太 / 左合ひとみ / ささめやゆき / 佐野研二郎 / 澤田泰廣 / 下谷二助 / 白本由佳 / 新村則人 / 鈴木守 / 関本明子 / 副田高行 / 大黒大悟 / 高井薫 / 髙田唯 / 髙谷廉 / 田中竜介 / 田中良治 / 谷口広樹 / 玉置太一 / 天宅正 / 内藤昇 / 永井一史 / 永井一正 / 永井裕明 / 中川憲造 / ナガクラトモヒコ / 中島信也 / 中嶋貴久 / 仲條正義 / 中村至男 / 中山尚子 / 薙野たかひろ / はせがわさとし / 服部一成 / 花原正基 / 林規章 / 原耕一 / 原野賢太郎 / 日髙英輝 / 日比野克彦 / ひびのこづえ / 平野篤史 / 平林奈緒美 / 平松尚樹 / ヒロ杉山 / 福岡南央子 / 福澤卓馬 / 福島治 / 藤枝リュウジ/ 松永真 / 丸橋桂 / 三木健 / 水野学 / 峰岸達 / 宮田裕美詠 / 村上雅士 / 八木秀人 / 箭内道彦 / 矢吹申彦 / 山口はるみ / 山田英二 / 山本タカト / ユムラタラ / 湯村輝彦 / 蓬田やすひろ / ワビサビ / アラン・チン / スタシス・エイドリゲヴィチウス / フィリップ・ワイズベッカー / ポール・コックス / リチャード・ケール / ロドニー・グリーンブラット
▽ガーディアン・ガーデン
Aokid / 秋山花 / ASADA / 雨宮庸介 / 飯田竜太 / 石川マサル / 石原一博 / 上田風子 / 大島慶一郎 / 小川雄太郎 / 奥原しんこ / 尾崎仁美 / 我喜屋位瑳務 / 影山紗和子 / 神廣和花 / カワイハルナ / 川島沙紀子 / 河村真奈美 / 木村晴美 / qp / 黒田潔 / ケッソクヒデキ / 小阪淳 / 斉藤涼平 / 榊原美土里 / 塩田雅紀 / 清水 / 清水雄介 / 末房志野 / 杉山実 / 鈴木葉音野 / 関川航平 / 大門光 / 武田厚志 / 谷口典央 / 寺本愛 / 時吉あきな / とんぼせんせい / 永井せれな / 中島あかね / 長浜孝広 / 並木夏海 / 成田久 / 西谷直子 / 早崎真奈美 / 樋口佳絵 / 平田尚也 / 福田忍 / 福西想人 / 古谷萌 / 町田尚子 / 水野健一郎 / 溝端貢 / 宮下良介 / モニョチタポミチ / 山本ヒロキ / 山本悠 / YUKARINA / ユンボム / ラジカル鈴木 / LEE KAN KYO
※五十音順、敬称略

▽豆皿仕様

素材:陶器(電子レンジ、食洗機可)
サイズ: φ83 × H10㎜(1枚ずつ手作りのため個体差があります)
お皿の色:青磁色 / 水色 / アイボリー / 黒色
絵柄の色:赤色 / 紺色 / 緑色 / 白色 / 黒色(1枚につきいずれか1色)
価格:1000円(税込)
販売方法:各会場のほか、通信販売 「ポンパレモール」でも、会期初日から2019年1月末まで販売。
     会場で売り切れの豆皿は、会期中、通販に限り、予約を受注。
     会期終了後は在庫のみ販売。
     豆皿のお届けは、2019年2月から3月末までを予定。
     https://store.ponparemall.com/rcc-gallery/

▽ワークショップ

キッズ・ワークショップ ー豆皿に絵付けしようー
会期中、小学生とその保護者を対象とした豆皿のワークショップを開催します。大堀相馬焼の窯元の方々が講師となって、手作りのお皿が土からどのようにできるのか紹介し、皆で仕上げの工程であるお皿の絵付けに挑戦します。お皿に自由に絵を描いて、オリジナルの豆皿を作りましょう。
日時:2018年12月1日(土) 11:00~12:30 / 14:00~15:30
会場:クリエイションギャラリーG8
各回定員:15人
対象:小学生(保護者も参加可能)
参加費:2000円(税込・青磁色とアイボリー色2点の豆皿を制作)
講師:松永和生、松永武士(大堀相馬焼松永窯)
参加方法:要ウェブ予約
     http://rcc.recruit.co.jp/creationproject/2018/
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔
]]>
フェラーリのシートをオフィスチェアで再現! アームチェア「コックピット」発売中 https://tabroom.jp/contents/new-product/oltrona-frau-ferrari/ Wed, 14 Nov 2018 13:30:58 +0000 poltrona-frau-ferrari_001
コックピットチェア プレジデントタイプ スクーデリア1バージョン
創業70周年記念のスペシャルアイテム

イタリア高級スポーツカーブランド・Ferrari(フェラーリ)の創業70周年を記念し、そのDNAを注ぎ込んだ「オフィス向けアームチェアcockpit(コックピット)」がリリースされています。

フェラーリオーナーはもちろん、一度でも乗ったことがあるという方ならこのシートの形状に見覚えがあるはず。

アイテム名の通りフェラーリのコックピットをイメージして作られており、ロゴや跳ね馬エンブレムを配するだけでなく、すべての素材をフェラーリのシートと同じものを使用。回転機構にフェラーリのステアリングホイール(ハンドル)と同じデザインと構造を採用するなど、細部にいたるまでフェラーリらしさが打ち出されています。

クッション材は硬質ポリウレタンフォーム、シェル外側はカーボンかアルテックスのいずれか、高さ・傾き・回転・移動などを司るベース部分はアルミニウム鋳物を使用しています。シート下の左右に配された操作レバーはスポーツカーのステアリングを思わせる質感と佇まい。リクライニングと高さ調節が可能です。

カラーや素材の組み合わせは、顧客が愛車をカスタマイズできるフェラーリの「テーラーメイド・プログラム」にインスパイアされた5つのバージョン「スクーデリア1」「スクーデリア2」「クラシカ1」「クラシカ2」「インエディタ」をラインナップ。それぞれの車体を彷彿とさせる色合いと仕上げで好みのデザインが選べます。なかでも「スクーデリア1」と「クラシカ1」ではシート内面の真ん中にラインが施されており、フェラーリらしさ溢れるディティールが魅力です。

コックピットチェアの企画・デザインは、フェラーリの自動車設計プロセス全体を監督しているフェラーリ・デザインセンターが担当。そして長年フェラーリの内装を手がけてきたイタリアのトップインテリアブランド・ポルトローナ・フラウが設計・製造を行いました。

国内では2018年3月にオープンした東京青山にあるポルトローナ・フラウのフラッグシップショップのほか、大塚家具の一部店舗で取り扱いがあります。この最高級チェアの美しさと機能性をぜひ店頭でチェックしてみてください。

poltrona-frau-ferrari_002

コックピットチェア スクーデリア2バージョン
プレジデントタイプ(左)とエグゼクティブタイプ(右)

poltrona-frau-ferrari_003

コックピットチェア クラシカ1バージョン
プレジデントタイプ(左)とエグゼクティブタイプ(右)

poltrona-frau-ferrari_004

ポルトローナ・フラウの公式認定フラッグシップショップ「Poltrona Frau Tokyo Aoyama」
ポルトローナ・フラウ フェラーリ創業70周年記念のオフィスチェア「コクピット」
メーカー:ポルトローナ・フラウ
販売:大塚家具
バージョン:スクーデリア1、スクーデリア2、クラシカ1、クラシカ2、インエディタ
素材:レザー、カーボン / アルテックス、アルミニウム鋳物(研摩 / グレー塗装)
タイプ:プレジデント、エグゼクティブ
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>