あなたにピッタリの家具・インテリアを

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

鈴木マサル、清家弘幸、須藤玲子の3人展「スリー・トーンズ」開催

2018/03/24

threetones-2018_01
3人のデザイナーがつくるテキスタイル空間

2018年3月27日(火)から4月1日(日)までの6日間、東京青山の「スパイラルガーデン」にて「スリー・トーンズー3人のデザイナーがつくるテキスタイル空間」が開催されます。

日本を代表するテキスタイルデザイナー3名によるグループ展示で、鈴木マサル、清家弘幸、須藤玲子が参加。同じテキスタイルを対象としながらも、織り、加工、染色、プリントと三者三様のアプローチで、それぞれ異なった世界観を持つ3人の作品が登場します。

鈴木氏の展示タイトルは「目に見えるもの、すべて色柄」。独自の色彩感覚やモチーフの配置で国内外の多くの企業とタッグを組んできた氏ならではの展示です。

主にアパレルの分野で活躍してきた清家氏のタイトルは「通路」。テキスタイルを「あいだにあるもの」と捉え、人と人、人と環境とのあいだにある衣服をテキスタイルによる通路として展示します。

布を制作する段階の技術に注目し、斬新な布作りに取り組んできた須藤氏が提案するのは素材そのものの色を生かした布。素材を織り上げる密度によって異なる表情を見せる布は、それぞれ光、風、水の透し具合も変わります。展示タイトルを「布、色と間」とし、「間」をつくる作業としての布を表現します。

様々な用途に使われ、私たちの暮らしに身近な布ですが、実に多彩な表現があるのだと改めて驚きを覚えるはずです。今回は3人の名デザイナーたちの作品を一堂に見るチャンス。会期は5日間、ぜひお見逃しないようご覧ください。

threetones-2018_02

「鈴木マサルのテキスタイル展」三菱地所アルティアム2018
Photo:Akihide Mishima

threetones-2018_03

左:No.53-001/Photo:Masayuki Hayashi
右:No.51-004/Photo:Masayuki Hayashi

threetones-2018_04

Fantasy in Japan Blue
場所:ジョン・F・ケネディ舞台芸術センター
Photo: NUNO
スリー・トーンズー3人のデザイナーがつくるテキスタイル空間
会期:2018年3月27日(火)~4月1日(日) 11:00~20:00
会場:スパイラルガーデン/東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1階
入場料:無料

▽デザイナープロフィール

鈴木マサル
1968年千葉県船橋市生まれ。多摩美術大学卒業後、ファブリックプランド「OTTAIPNU」を主宰。マリメッコやラプアンカンクリのデザインをはじめ、ユニクロ、カンペールなど国内外のブランドとのコラボレーションを数多く手掛ける。2014年 からスタートした「富山もよう」で第35回新間広告賞を受賞。2016年に参加したミラノデザインウィークで Milano Design Award 2016 BEST ENGAGEMENTを受賞。2016年書籍「鈴木マサルのテキスタイル」(誠文堂新光社刊)を上梓。現在、有限会社ウンビアット取締役、東京造形大学教授。
 
清家弘幸
1963年滋賀県大津市生まれ。株式会社前田 修デザインスタジオを経て、有限会社セイケ 設立。「SEIKE」ブランドで東京コレクションに参加。阪神大震災チャリティーファッショ ンショー参加。東日本大震災復興支援アートオークション出品。滋賀県知事サマーエコスタイルスーツの企画・デザインなど日本各地の 織物産地と開発事業を行う。「ISSEY MIYAKE PERMANENTE」「MARY QUANT」などのデ ザイン・ディレクションを手掛ける。東京造形 大学教授。
 
須藤玲子
1953 年茨城県石岡市生まれ。武蔵野美術短期大学専攻科修了後、武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科テキスタイル研究室助 手を経て、株式会社「布」の設立に参加、現在取締役。2016年より株式会社 良品計画のアドバイザリーボード。日本の伝統 的な染織技術や現代の先端技術を駆使し、テキスタイルづくりをおこなう。作品はニューヨーク近代美術館、ビクトリア&アルバート美術館、東京国立近代美術館工芸館などに永久保存されている。
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔

関連記事