あなたにピッタリの家具・インテリアを

※消費税率引上げ前の金額が表示されている場合があります。

RSSフィード

ケアリングデザインって? 自分らしく暮らすためのデザイン展、開催中

2014/10/30

シニアのリノベーションハウスの展示実例。

新シニア世代をサポートするデザイン展
 
2014年10月22日(水)から11月3日(月・祝)までの間、東京池袋の西武池袋本店にて「くらしのケアリングデザイン展2014」が開催されています。

本企画は「50代から備える理想のシニアライフ」をテーマに、優れた道具と住まい方を紹介する催し。2012年から毎年開催され、秋の恒例イベントとなっています。

主催団体の「一般社団法人ケアリングデザイン」はシニア世代の暮らしや医療、看護、福祉の空間を心地よくすることを目標に活動。その独自のアクションは2014年度のグッドデザイン賞を受賞するなど、広く認められ始めています。

会期中は前回好評だったシニア世代特有のニーズに応えるリノベーション実例展示や、デザイン性・機能性の高いプロダクトの紹介、シニア世代の暮らしをもっと豊かにするセミナーの開催など、様々な角度からより良いシニアライフのためのデザインが提案されます。

ユーザーのことを考えて作られた道具・家は、自然と笑顔を生みます。ケアリングデザインとは、シニアに限らず使う人の気持ちと体に寄り添う「モノの優しいありよう」のこと。会場を見て回れば、いくつになっても自分らしい暮らしを求め続けることができるということがきっと実感できるはずです。

ダイニングキッチンの実例展示。数人で料理できる広いスペースと、足でレバーを踏むと開く収納など、使いやすさに配慮。ダイニングテーブルは好きな角度に開閉ができます。

バスルーム周りの提案。「基本的には息子たちの世話になりたくない母と同居を始める50代夫婦」というケースを想定して設計されています。手前はウッドデッキで戸外という設定。夫婦が住む母屋と母親が住む離れをつなぐ通路の役割を果たします。滑りにくい素材の浴槽やタオルウォーマーなど細かい配慮が使いやすさを生みます。

「ウォーキングバイシクル」歩くようにペダルを踏んで進む自転車

くらしのケアリングデザイン展2014
会期:2014年10月22日(水)~11月3日(月) 10:00~21:00 ※日曜~20:00
会場:西武池袋本店7階 インテリアフロア特設会場(東京都豊島区南池袋1−28−1

 
▽コンテンツ

シニアのリノベーションハウス展示
ケーススタディ「基本的には息子たちの世話になりたくない母と同居を始める50代夫婦」のリノベーション計画を展示
 
ことしの驚きプロダクト
「より美しく、使いやすく、新しく」をキーワードに、斬新な発想から生まれた世界中のプロダクトを紹介
 
ケアリングデザインマルシェ
衣食住にまつわる、優れものアイテムを100点展示
 
セミナー&相談会
日時:
 10月28日(火) 14:00~:「(出版記念)大人の迷子たち」(コピーライター・岩崎俊一)
 10月30日(木) 14:00~:「Good Over 50’sのガーデニング」(ガーデンデザイナー・正木覚)
参加費:1000円(税込み)
定員:各16名

関連記事