あなたにピッタリの家具・インテリアを

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

バブル期の豪華絢爛な和食器が揃う「有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市」第2弾

2019/01/08

dead_stock_porcelain_market_01
 
2018年12月29日(土)から2019年1月27日(日)まで、東京表参道の「PASS THE BATON GALLERY」にて、 「DEAD STOCK PORCELAIN MARKET -有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市-」が開催されています。

昨年の年末年始に開催され好評だった「有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市」の第2弾。今回も、有田・波佐見をはじめとした九州・肥前地区の陶磁器を扱う「西海陶器」のデッドストック品が蔵出しされます。

会場に並ぶのは、日本経済のバブル期である1980年代後半から1990年代に生産された有田焼と波佐見焼のデッドストック品。世相を反映した華やかな絵付や金彩が施され、手間暇かかる加工技術を駆使した、上質で豪華絢爛な和食器の数々は、およそ600種・3000点にも及びます。

製造された当時は個人で入手することが難しかったものばかりで、現在では再生産ができない1点ものも多数と貴重なラインナップ。また今回は、九州・肥前地区のメーカー倉庫からの掘り出し物が新たに加わっている点も注目です。

鮮やかで豪華なデザインの器は、人が集まることが多い年末年始の食卓に並べたりやインテリアとして飾ったりするのにぴったり。在庫限りですので、より多くの器の中から選びたい方はお早めにお出かけください。

DEAD STOCK PORCELAIN MARKET -有田焼・波佐見焼 デッドストック陶器市-
会期:2018年12月29日(土)~2019年1月27日(日) 11:00~21:00 ※日祝11:00~20:00
会場:PASS THE BATON GALLERY(パスザバトン表参道店内)
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔

関連記事