あなたにピッタリの家具・インテリアを

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

民族特有アートと現代インテリアの融合「FLOKWAYS フォークアートのある暮らし」展開催

2014/10/22

現地買付品や小林和人氏スタイリングが見どころ

2014年10月24日(金)~11月4日(火)の12日間、東京六本木イデーショップ東京ミッドタウン店にて「FOLKWAYS フォークアートのある暮らし」展が開催されます。

「フォークアート」とはその土地に根付いた民族特有の文化により生まれたアートのことを意味します。

本展では、アフリカ・セヌフォ族の木造スツールやブシュング族のラフィア布、モロッコ・ベルベル族のテラコッタ、インドネシア・パプア州のアスマット族の木彫り楯、中米メキシコや中央~西アジアの敷物など、世界各国のフォークアートを紹介。IDEE(イデー)のオリジナル家具やセレクトアイテムとともにスタイリングされ、「フォークアートのある暮らし」が提案されます。

イデーの人気バイヤー・大島忠智氏の現地買付品や、ファンの多いショップ「Roundabout」「OUTBOUND」の店主・小林和人氏のスタイリングも今回の見どころの一つです。

その土地特有の風土や気候を感じるフォークアートが、現代のインテリアにどんな空気感をもたらすのか。イデーらしい芸術の秋の提案ともいえる企画展です。


「SALSA SOFA」とフォークアート。
 

写真左:岡本太郎デザインのチェアとフォークアート。
写真右:ダイニングテーブルセットとフォークアート。

 

Marc Newson(マーク・ニューソン)の家具とフォークアート
 

メキシコで買い付けられたアイテムの数々。

FOLKWAYS フォークアートのある暮らし
会期:2014年10月24日(金)~11月4日(火)
会場:イデーショップ 東京ミッドタウン店

関連記事