カタログ500冊分の家具情報から、あなたにピッタリの家具を

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

【27枚フォトレポート】リニューアルしたIDC OTSUKAに行ってみました

2017/03/17

idcotsuka-ariake-renewal_001
大塚家具の旗艦店をフォトレポート!

2017年2月、「IDC OTSUKA 有明本社ショールーム」がリニューアルオープンしました。

国内大手の家具・インテリアの専門店・IDC OTSUKAのフラッグシップショールームである同店。リニューアル前から「日本最大級のインテリアショールーム」でしたが、リニューアルでどう変わったのでしょうか。

また、同店には「アウトレット&リユース プレミアム 有明」が隣接します。有明本社ショールームのリニューアルと同タイミングで開店した、IDC OTSUKAの新業態店です。こちらもかなり気になります。

確認せずにはいられない…と、カメラを抱えてIDC OTSUKAの中心地に行ってみました。写真多めでレポートします!

idcotsuka-ariake-renewal_002
 
場所は東京・有明。ゆりかもめ「国際展示場正門駅」より直結、りんかい線「国際展示場駅」から徒歩約5分、「東京ファッションタウンビル 東館」内に3フロアに渡って展開しています。

idcotsuka-ariake-renewal_003
 
エントランスを入ると、季節に合わせてコーディネートされたディスプレイが出迎えます。2015年に会員制が廃止され、一切の手続きなく広大な店内を自由に見て回ることができます。

idcotsuka-ariake-renewal_004
 
店内巡回をはじめてまず出くわすのが、リニューアルの目玉の1つである「住まいるステーション」。提案型の売り場で、さまざまなスタイルの「部屋」が登場します。こちらは「洋服好きの30代男性のプライベートルーム」。

idcotsuka-ariake-renewal_005
 
こちらは「コンパクトな住宅で暮らす若い夫婦と子供のリビングダイニング」。リビングとダイニングを兼ねるテーブル&ソファの組み合わせが提案されています。

idcotsuka-ariake-renewal_006
 
すべての部屋に想定する家族構成を表示。リアルな使い手をイメージした部屋の提案がいつでも約10セット展開されているそう。

idcotsuka-ariake-renewal_007
 
「住まいるステーション」を越えて行くと「カーテンファブリックスタジオ」が登場。国内ブランドの製品はほぼ網羅、海外ブランド品も40社を超える数をラインナップ。圧巻の品揃えです。

idcotsuka-ariake-renewal_008
 
「動かせるカーテンレール」があり、ショールーム館内のどこにでも移動させることができます。お気に入りのソファのそばに持っていって組み合わせた様子を確認可能。家具もカーテンも品揃え豊富だからこそできるリアルなシミュレーションです。

idcotsuka-ariake-renewal_009
 
「カーテンファブリックスタジオ」の先には「Good Sleep Factory」。見渡す限り、どこまでもベッド、ベッド、ベッド…。圧倒される光景です。すべて寝て試すことができます。

idcotsuka-ariake-renewal_010
 
これだけ揃うベッドの中で、同店での一番人気は「REGALIA(レガリア)」。購入者の半分以上がレガリアなのだそうです。

idcotsuka-ariake-renewal_011
 
続いて現れるのが「Lightarium(ライタリウム)」。照明コーナーですが、ただの照明コーナーとは言えないボリューム。約1000平米の空間に日本最大級の規模で照明製品が集まっています。

idcotsuka-ariake-renewal_012
 
定番のものから、スペインのブランド「LLADRO(リヤドロ)」の磁器でできたものまで、世界各国の照明が揃えられています。家具屋のイメージが強いIDC OTSUKAですが、照明のラインナップも最大級です。

ここまでで3フロアあるうちの1フロア。

idcotsuka-ariake-renewal_013
 
1つ上のフロアは「お客様のニーズが高い切り口別の展示」という、顧客視点に寄せて構成されたゾーン。この写真は「ファブリックソファ」ゾーンです。

idcotsuka-ariake-renewal_014
 
こちらは「一枚板」ゾーン。根強い人気&憧れの無垢素材100%の一枚板をお好みの脚と組合せできます。

idcotsuka-ariake-renewal_015
 
「キッズ」ゾーン。学習デスクも有名メーカーからオリジナルまで、幅広くラインナップ。

idcotsuka-ariake-renewal_016
 
英国の雰囲気漂う「アンティーク」ゾーン。

idcotsuka-ariake-renewal_017
 
「お客様のニーズ」に沿うと、当然トレンドの家具もラインナップに加わります。ここでは、リニューアルにより強化された「インダストリアル系」の家具が集められています。

idcotsuka-ariake-renewal_018
 
こちらは2016年デビューの新ブランド「bellacontte(ベラコンテ)」のゾーン。最新型のモダンデザインです。

idcotsuka-ariake-renewal_019
 
ワークチェアゾーンにはHerman Miller(ハーマンミラー)のギャラリーブースが。その他、「国内産地の家具」ゾーン、「ユニット収納家具」ゾーンなど、多種多少なニーズに合わせたゾーニングがされています。

idcotsuka-ariake-renewal_020
 
同じフロアに、ラグ・じゅうたん・ギャッベの専門コーナーも。こちらも、ほかのインテリアショップでは不可能なほど多くの商品が一同に並びます。

ここまでが、エントランスの1つ上、ビルだと4階の部分です。3フロアの最後、エントランスの2つ上の階(5階)に向かいます。

するとまず出てくるのが、
 
idcotsuka-ariake-renewal_021
  
「アウトレット&リユース プレミアム 有明」。

idcotsuka-ariake-renewal_022
 
その名の通り、アウトレット品や、リユース品が並ぶ新業態店。IDC OTSUKA 有明本社ショールームとはつながっており、特に意識することなく行き来できます。

0024_01
 
置いてあるプライスカードの色は赤、黄、緑の3色がありそれぞれ意味があります。赤は展示品限りのためアウトレット商品となったもの、黄色は数量限定商品、緑は大塚家具が引き取ったユーズド家具をメンテナンスしたリユース商品です。

アウトレットショップなので当然価格はリーズナブル。入荷は随時で、売り切れごめんの1点ものばかりです。

「アウトレット&リユース プレミアム 有明」に立ち寄りましたが、IDC OTSUKAの本社ショールーム側に戻ります。3フロア目は「特選」と題された家具が並ぶフロア。

idcotsuka-ariake-renewal_024
 
1つは和家具。民芸家具や桐箪笥など、日本伝統の本格的な家具が揃います。

idcotsuka-ariake-renewal_025
 
こちらはイギリスのデザイナー「Matthew Williamson(マシュー・ウィリアムソン)」の家具。他にはない、圧倒的個性のラグジュアリーファニチャーで、一目ぼれする方もいるそう。

idcotsuka-ariake-renewal_027
 
ドイツ「ROLF BENZ(ロルフベンツ)」のシリーズ。ドイツを代表するブランドのプレミアムなコレクションです。

idcotsuka-ariake-renewal_026
 
こちらもプレミアムなブランド、イタリアの「Poltrona Frau(ポルトローナ・フラウ)」。大塚家具が取り扱う世界の一流家具が集うのがこのフロアの特徴です。リニューアルに合わせて最新作が入荷しており、売り場としてだけでなくギャラリーとしても秀逸な場所になっています。

idcotsuka-ariake-renewal_030
 
もちろん大人気の北欧家具もあらゆるブランドを網羅。名作椅子の数々もまとめて座り比べできます。

以上、3フロアをぐるっと回ってご紹介しましたが、この順路、立ち止まらず一切家具を吟味せず歩いても15分はかかります。とにかく広い!「日本最大級のインテリアショールーム」は伊達じゃありません。全27枚の写真でお届けしましたが、どこかに気になるポイントがあったのではないでしょうか。だれしも必ず気になるポイントがあるのでは…それほどの品揃えと間口の広さが特徴です。

リニューアルしたIDC OTSUKAに行ってみたら…とにかくすべてが圧倒的でした。ぜひ一度、あなたの目と体でご確認ください。

IDC OTSUKA 有明本社ショールーム
住所: 東京都江東区有明3-6-11 東京ファッションタウンビル 東館
営業時間:10:30~19:00
定休日:無休(年末年始を除く)
春のインテリア祭
会期:~2017年3月26日(日)
特典:
 ▼金利手数料0円
 ▼無料配送エリア拡大
 ▼ビッグカメラおすすめの人気家電をプレゼント
 など
提供:IDC OTSUKA

関連記事