あなたにピッタリの家具・インテリアを

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

創業400年目を前に始動した”新”有田焼を紹介「有田焼 展」開催中

2015/08/27

「つたうプロジェクト」から4窯元の作品を紹介

2015年8月30日(日)まで期間、愛知県名古屋市REAL Style 名古屋東 HOME店にて「有田焼 展」が開催されています。

日本で最初の磁器であり、現在も当時と同じく佐賀県有田町を中心に生産されている有田焼。2016年に創業400年を迎えます。

本企画展では4つの窯元の作品にフォーカス。田清窯の「FUTAMON」、利久窯の「shino・nome」、まるぶんの「ZOA-JAPAN」、梶謙製磁社の「招福鯛」が紹介されています。

これらは、それぞれの窯元が持つ個性をリブランディングしている「つたうプロジェクト」の中の4ブランド。脈々と受け継がれてきた技術をいかし、時代の変化に合わせた商品開発を行っています。

次の時代へとバトンをつないでいく新たな有田焼のスタート。ぜひその目で確かめてみてください。

ARITA EPISODE 2

有田焼 展
会期:~2015年8月30日(日) 11:00~19:00 ※水曜日休
会場:REAL Style 名古屋東 HOME店
Writing:Hidemi Kato
Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事