カタログ500冊分の家具情報から、あなたにピッタリの家具を

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

国内外の「編む」が集合! 編んで生まれたプロダクトの展示販売、銀座で開催中

2017/08/22

case04_amu_01
国内外のさまざまな素材の「編む」が集結

2017年8月16日(水)から9月26日(火)まで、東京銀座の「CIBONE CASE」にて、「CASE: 04 編む」が開催されています。

一本の線から生まれるプロダクトの展示販売。籐やロープ、水引など、素材はさまざま。宮城の藁で作られたパン皿や、リトアニアのカゴなど、国内外の「編む」が一堂に会します。

一本の線を人の手で集め、紡ぎ、縛ることによって多種多様な形や模様が生まれる「編む」という行為。その起源は、太古の時代までさかのぼります。作り手が思いを込めて編んだ作品の数々を、手にとってご覧ください。

case04_amu_02

LTショップ「リトアニアで作られているカゴ」。価格:3200円(税抜)~

case04_amu_03

wara design laboratory 「宮城のお米がとれる地域でつくられた品々」。価格:2000円(税抜)~

case04_amu_04

TRART「水引で作るアクセサリー」。価格:6000円(税抜)

case04_amu_05

TARASUKIN BONKERS 「流木と汎用ロープのハンガー」。価格:5000円(税抜)

case04_amu_06

濱西邦和「デジタル技術とクラフトを融合させて作るベース weave」。価格:1万6000円(税抜)~

case04_amu_07

Design House Stockholm「Knot cushion」。価格:各1万1000円(税抜)
CASE: 04 編む
会期:2017年8月16日(水)~9月26日(火) 10:30~20:30
会場:CIBONE CASE
詳細:https://www.cibone.com/contents/case04.html
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔

関連記事