あなたにピッタリの家具・インテリアを

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

「Colors-マックス・ビルと暮らす」展、丸の内と代官山の2会場で開催中

2015/01/29


 
2015年1月19日(月)から2月15日(日)まで、東京代官山Mid-Century MODERN東京丸の内STITCH TOKYOにて「Colors – マックス・ビルと暮らす」が合同開催されています。

Max Bill(マックス・ビル)はスイス生まれのデザイナー。ドイツのバウハウスの全盛期に創立者であるグロピウスやカンディンスキーのもとでデザインを学び、独立後はバウハウスの機能主義的デザインを受け継ぎ、絵画、彫刻、グラフィック、建築、プロダクトなど様々な分野で活躍。「バウハウス最後の巨匠」と呼ばれました。

家具の代表作は「ウルム・スツール」。自身が初代校長を務めたウルム造形大学のためにデザインしたシンプルな腰掛けです。

今回の展示販売会は、2会場それぞれで展示アイテムが異なります。Mid-Century MODERNでは、マックス・ビルが手がけたグラフィックアートを用いたラグマットや、ヴィンテージの展示会ポスターを展示販売。STITCH TOKYOでは、ウルムスツールと、Mid-Century MODERNとは異なる種類のラグマットを扱います。

いずれの会場でも、作品を通じてマルチクリエイター・Max Billの豊かな才能を実感できるはず。2店舗はしご、もオススメです。

マックス・ビルの数学的思考によって作られたグラフィックアート「colorful accents.」(1946)を、マックス・ビル財団監修のもと、ラグとして商品化したアイテム。サイズは1600mm角、1800mm角、2000mm角の3種類。Mid-Century MODERNでは1600mm角を展示しています。
ドイツ・ビーレフェルトの市立美術館にて1998年春に開催されたマックス・ビルのタイポグラフィー、広告デザイン、ブックデザインを中心とした展示会のポスター。白のポスターフレーム(新品)付きで販売されます。


ポスターは全てヴィンテージの貴重なものばかり。コンディションも良好です(一部若干のシワがみられる物もあります)。上記ポスターは全てMid-Century MODERN店頭で実物が確認できます。
Colors – マックス・ビルと暮らす
会期:2015年1月19日(月)~2月15日(日)
▽代官山会場
会場:Mid-Century MODERN 
開場時間:11:00~20:00
展示アイテム:
 Max Bill Rug [colorful accents] 1600mm角
 Max Bill Vintage Poster [typografie reklame buchgestaltung]
▽丸の内会場
会場:STITCH TOKYO 
開場時間:11:00~21:00 ※日祝~20:00
展示アイテム:
 ウルムスツール
 ラグマット

関連記事