カタログ500冊分の家具情報から、あなたにピッタリの家具を

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

オランダ人デザイナー50名の作品展「ダッチデザインの伝統と革新」展

2014/03/20

ダッチデザインのハウスウェアやファッションアイテムが集合

2014年3月27日(木)~4月23日(水)の1カ月、東京銀座のミキホトホールにてオランダのデザインプロダクトを展示する「ダッチデザインの伝統と革新」展が開催されます。

参加しているのはオランダにゆかりのある約50名のデザイナー。家具、陶磁器、ファッション、ジュエリー、テキスタイルなど幅広い分野の作品約70点が、ダイニングルームやベッドルームなど生活空間をイメージした会場に並びます。

いずれも伝統的な素材や技術を用いながら自由な発想で作り上げているのが特徴です。

オランダ人デザイナーのショルテン&バーイングスが手がけた1616/ARITA JAPANの「カラーポーリセン」は、日本の伝統工芸・有田焼を再解釈したもの。シンプルなフォルムに、有田焼の伝統色が映える美しい器に仕上がっており、2012年のミラノサローネでデビュー以来、世界でも注目を集めるシリーズとなっています。

そのほかにも、オランダ伝統のデルフト焼きと籐編みを融合させたプロダクトや、オランダ王国大使公邸の家具や陶磁器、ミキモトパールを使用した作品などが出展。見応えあるエキシビションです。


1616/ARITA JAPANのカラーポーリセン。2013年のEDIDA(エル・デコ インターナショナル デザイン アワード)のテーブルウェア部門に輝きました。

ダッチデザインの伝統と革新
会期:2014年3月27日(木)~4月23日(水) 11:00~19:00
   ※3月27日(木)は16:00に閉館
会場:ミキモト本店 6階ミキモトホール
   東京都中央区銀座4-5-5 / 03-5550-5678
入場料:無料
主催:ミキモト
協賛:オランダ王国大使館
協力:Lenn Cox(キュレーター)、HANS BOODT. MANNEQUINS

オランダのブランドの家具を見る
オランダ製の家具を見る
→関連キーワードから家具を探す:ミラノサローネ

関連記事