カタログ500冊分の家具情報から、あなたにピッタリの家具を

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

銀座・伊東屋 新本店がリニューアル! 地下1階~地上12階の全フロアをご紹介

2015/07/13

ginza-itoya-renewal_001
カフェやビジネスラウンジ、ホールも併設

2015年6月16日(火)、明治37年創業の老舗文房具店「銀座・伊東屋」の本店がリニューアルされ、「銀座・伊東屋新本店」としてグランドオープンしました。

新本店では各階にテーマが決められ、シーンごとの提案がされているのが大きな特徴。

ひとくちに文房具と言っても、使われるシーンはさまざま。専門店ならではの充実の品揃えで、各回ごとに趣の異なる文房具の姿が見えてくる構成です。

「商品」だけだけでなく「体験」が重視されているのもポイント。

1階では朝8:00からリフレッシュドリンクを提供するカウンターが営業しているほか、便箋やカード類を扱う2階ではその場で手紙を書いて投函できるデスク「Write & Post」を用意。約700種類のペンの試し書きができる「Pen&Ink Bar」、オリジナルノートを作れる「Note Couture」、サードプレイスとして利用出来る「Nomad’s Nook」など、新本店ならではのコーナーが新たに開設されています。

ユニークなのは11階の「FARM」。水耕栽培で野菜を育てており、その様子をウィンドウ越しに見ることができます。収穫された野菜は12階の「CAFE Stylo(カフェ・スティロ)」で提供され、銀座という都心で地消地産を味わえます。

紙の専門商社・竹尾とコラボした「竹尾見本帖 at Itoya」や、スイスの家具メーカー・Vitra(ヴィトラ)の家具で設えられたビジネスラウンジ「HandShake Longe」など、専門メーカーとのコラボスペースも見逃せません。

文房具を切り口に、インスピレーションを与えてくれる注目のスポット。全フロアを写真付きでご紹介します!

▽エントランス
ginza-itoya-renewal_002

5m四方の回転扉。季節毎にデコレーションされるそう。

▽1階:SENSE(グリーティングカード、ドリンクスタンド)

ginza-itoya-renewal_003
世界各国から集めたグリーティングカードと、待ち合わせスポットに最適なキツツキのからくり時計がお出迎え。キツツキのデザインはアメリカのイラストレーター・チャーリーハーパーが手がけています。

▽2階:SHARE(便箋、封筒、ハガキ、プチギフト、慶弔品)、Write & Post(手紙を書くデスクとポスト)
ginza-itoya-renewal_004

手紙まわりの品々が揃います。「Write & Post」では銀座通郵便局の協力のもと、購入した便箋で手紙をその場で書き、伊東屋オリジナルデザイン切手を貼って投函することができます。

▽3階:DESK(ステイショナリー)、Pen&Ink Bar(ペン各種)
ginza-itoya-renewal_005

アイデアを出す、まとめる、情報を整理する、伝える、収納する、次の仕事の準備をする。それらの行動をサポートする、「用」「美」「品質」を兼ね備えたステイショナリーが集まります。

ginza-itoya-renewal_006

「Pen&Ink Bar」では全てのペンが試筆可能。

▽4階:MEETING(デジタル&アナログノート)、Note Couture(オリジナルノート製作)
ginza-itoya-renewal_007

コミュニケーションから生まれるアイデアを記録したり、インスピレーションを与えるグッズがデジタル&アナログ問わず集められたフロア。

ginza-itoya-renewal_008

「Note Couture」で好みの中紙と表紙を選べば、オリジナルノートを目の前で作り上げてくれます。

▽5階:TRAVEL(バッグ、ケース類)、Nomad’s Nook(作業スペース)
ginza-itoya-renewal_009

快適に「運ぶ」「収納する」をサポートするグッズがずらり。

ginza-itoya-renewal_010

サードプレイスとして「Nomad’s Nook」を設置。銀座通りを望む最良の空間で気持ちの切り替えをどうぞ!

▽6階:HOME(キッチン・リビング用品、バス・トイレタリー、整理収納用品)
ginza-itoya-renewal_011

モノの整理から思い出の整理まで。家の中でのクリエイティブな「働く」 を、Kitchen(キッチン)、Dining Room(ダイニングルーム)、Living Room(リビングルーム)、Wash Room(ウォッシュルーム)、Terrace(テラス) の5つのシーンで提案。

▽7階:FINE PAPER(竹尾見本帖による紙の専門店)
ginza-itoya-renewal_012

「竹尾見本帖 at Itoya」として1000種類以上の紙を展示。迷ったらペーパーコンシェルジュに相談を。

▽8階:CRAFT(デザインペーパー、ペーパークラフト道具、クラフト教室、ラッピング制作)
ginza-itoya-renewal_014

ものづくりに欠かせないアイテムを揃えたパピエリウム。窓際のスペースではクラフト教室も開催。

※9階はバックオフィス

▽10階:BUSINESS LOUNGE(上質で快適な空間が、仕事の生産性を支える)
ginza-itoya-renewal_013

スイスのVitra(ヴィトラ)社製家具で調えられたオフィス空間。

▽11階:FARM(野菜の水耕栽培)
ginza-itoya-renewal_015

水耕栽培で野菜を育成。旧本店ステンレスビルの窓枠を使用したウインドウから野菜の様子を伺えます

▽12階:CAFE(オールデイカフェ&レストラン)
ginza-itoya-renewal_016

「CAFE Stylo(カフェ・スティロ)」。「Stylo」はフランス語で「ペン」の意。

ginza-itoya-renewal_017

カフェのテーマは「Comfort&Charge」。食事になるサラダや、アメリカ定番の朝食をサーブ。

▽地下1階:Inspiration Hall(多目的ホール)

vitra-the-workbays-way-beyond-office-space_538
天井高約6mの多目的ホール。新しいコト・モノに出会えるイベントが開催されます。写真は第1弾イベントとして開催された「The Workdays Way Beyond office space/未来の働く環境」の様子。
銀座・伊東屋 新本店
オープン:2015年6月16日(火)
住所:東京都中央区銀座2-7-15
営業時間:月~土 10:00~20:00
     日・祝 10:00~19:00
     12階 Cafe Stylo 8:00~22:00(ラストオーダー21:00)
総床面積:4195.46平方m
階数:地下2階・地上13階
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事