タブルームニュース http://tabroom.jp/contents/ 家具の総合情報サイト Wed, 26 Apr 2017 12:41:38 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=4.1.17 ミナ ペルホネンが「素材のお店」をオープン! 新作インテリアタイルも初登場 http://tabroom.jp/contents/event/minaperhonen-materiaali/ Wed, 26 Apr 2017 13:39:25 +0000 minaperhonen-materiaali_03
ミナ ペルホネンの新店舗は素材がテーマ

2017年4月22日(土)、東京代官山に「minä perhonen materiaali(ミナ ペルホネン マテリアリ)」がオープンしました。

テキスタイルデザインやファッションアイテムを手がけるブランド・minä perhonen(ミナ ペルホネン)は今回のオープンにより全12店舗に。「materiaali(マテリアリ)」はフィンランド語で「素材」「材料」を意味し、インテリアファブリックやクッション、ラグなどがラインナップされています。

素材のひとつとして、マテリアリで初登場となる新商品がインテリアタイル「tambourine」。ミナ ペルホネンではおなじみの円形パターンがあしらわれており、飾ったりDIYに取り入れたりと楽しむことができます。

なお、ミナ ペルホネンは2017年4月1日(土)にも新店としてminä perhonen金沢店をオープンしています。こちらは日本家屋を利用した店舗で、コレクションアイテムからインテリアブランドとコラボした家具まで幅広い品揃えとなっているそう。

独自の世界観で多くのファンを持つミナ ペルホネン。素材という新たな切り口で今後どのような展開が広がっていくのか、ますます目が離せません。

minaperhonen-materiaali_02

インテリアタイル「tambourine」
カラー:ホワイト、ライトグレー、ライトブルー、グリーン、ダークグリーン、ブラック
サイズ:W59mm × D59mm × H6mm
minaperhonen-materiaali_01
minä perhonen materiaali
オープン:2017年4月22日(土)
所在地:東京都渋谷区猿楽町29-10 HILLSIDE TERACCE C棟1階
営業時間:11:00~19:00 ※水曜定休
新商品:tambourineモチーフのタイル
    陶器のうつわ「meri」「chorus」
minä perhonen金沢店
オープン:2017年4月1日(土)
所在地:石川県金沢市石引2-17-19
営業時間:11:00~19:00
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
CLASKAの名物企画”夜フリマ”、GW直前のプレミアムフライデーに開催 http://tabroom.jp/contents/event/claska_yoru-furima_201704/ Wed, 26 Apr 2017 13:37:16 +0000 claska_yoru-furima_201704_02
 
2017年4月28日(金)、東京学芸大学の「CLASKA(クラスカ)」にて、「お買いものしナイト “夜フリマ”」が開催されます。

前回から7ヶ月ぶりの開催となる名物企画。CLASKAとゆかりのあるデザイナーや作家、個性派店主などが集結し、作品や愛用の私物などを大放出します。

今回の出店者は20組以上で、会場に並ぶのは洋服から食器、雑貨、グリーン、サンプルB品まで幅広いアイテム。入場料には1ドリンクが含まれていて、ビールなどお好きなドリンクを片手にお買いものできるのも本イベントの魅力です。

当日は、CLASKAの2Fにある「CLASKA Gallery & Shop “DO” 本店」も本イベントと同じ21:30まで営業時間を延長。夜をたっぷり楽しめるゴールデンウィーク直前のプレミアムフライデーの開催です。クリエイターたちが出品するとっておきの”どうしようもないもの”の中から、掘り出しもの探しをお楽しみください。

claska_yoru-furima_201704_01
お買いものしナイト “夜フリマ”
日時:2017年4月28日(金) 19:00~21:30
   ※入場受付終了・ドリンクL.O. 21:15
会場:CLASKA 3F/東京都目黒区中央町1-3-18
入場料:500円(1ドリンク付き)
詳細:http://www.claska.com/news/2017/04/okaimono_1704.html
出店者:甲斐みのり・杉浦さやか / dansko & OTZshoes / アンナ+まりこ+ひい / FLASKA+Botanico+Forager / スタンプス / PUEBCO / ジュジュビー / ALL NEED IS HULA ♡ / 岡本典子(花生師)+ 鈴石真紀子(スタイリスト)とその仲間たち/atsumi (刺繍作家) and more… / salvia / 小山矢口 / フカダエリ& ムラコンティ / Studio101 / Jazzy Sport Music Shop / mïndy × rhyme / スタイリスト大谷優依 / HOTEL 1fini IMPORT / ginghamcheck / hoshi kana / 吉田真理(Bascule) / TEAM NEXT VIEW / チーム古道具 / シロクマ福水堂…and more(出店交渉中)
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
すべて一点物! ルカスカンジナビアで珍しい北欧ヴィンテージ品を展示販売 http://tabroom.jp/contents/event/lucascandinavia-classiccollection/ Wed, 26 Apr 2017 13:36:06 +0000 lucascandinavia-classiccollection_005 ]]> 初開催の「九州 蚤の市」、古道具、クラフト、フードなど約170店が九州内外から集結 http://tabroom.jp/contents/event/kyushu_nominoichi_vol1_02/ Wed, 26 Apr 2017 13:35:34 +0000 kyushu_nominoichi_vol1_02
 
2017年4月29日(土・祝)・30日(日) の2日間、熊本県合志市の「熊本県農業公園 カントリーパーク」にて「九州 蚤の市」が開催されます。

今回が初開催となる「九州 蚤の市」。九州の中心部に位置する熊本に、九州内外から両日合わせて約170店のお店が集結します。

掘り出し物探しが楽しいアンティークや古道具のほか、作家さんによるクラフト作品、暮らしを彩るグリーンなど、幅広いジャンルのお店が並びます。カフェやパン、熊本らーめんといったフードやドリンクのお店も充実し、一息つくのにも迷いそうなほど。お買い物して休んで、お買い物、と1日過ごすこともできそうです。

ゴールデンウィーク前半、広々とした芝生広場を会場に行われます。ピクニック気分でお出かけください。

kyushu_nominoichi_vol1_01
九州 蚤の市
会期:2017年4月29日(土・祝)・30日(日) 9:00~16:00 ※雨天決行
会場:熊本県農業公園 カントリーパーク/熊本県合志市栄3802-4
詳細:http://g-nominoichi.petit.cc/
  ※熊本県農業公園への入園料300円(高校生以下は無料)が必要
  ※駐車場無料(約2200台駐車可)
  ※園側の規定により、会場内へのペットの連れ込みは禁止 
出店者:
29日(土・祝)
▽SHOP
acaria / bijou /Botanical clover / c/pieace / cafe + antique KOKOPELLI / CanBUTh Store / ecostorage / flower&green Lagurus / GOMBO GOMBO / HANA HANA LEAF / kei’s-factory×RINWORK / MARIN FORD / MELT / MID★CAB / Muraku / Nico-Vintage / Peach pit / PHAT SHOP / Sounds Food Sounds Good / toujours jardin,fukitei /walnut / ZAKKA COZA -par ici- / アンティーク・マイルストーン / アンティーク華乃家 / アンティーク伯爵館 / エアープランツ天狗堂 / おもしろい屋 / サクラサキ / ヒワタシ商店 / フレンチアパート / ホァンホァン / やまと庭園 / 花星 / 日の出商店 / 點 / 陶芸家 新井 真之 / つむぐ / 0291factory / 38 WORKS / 5WORKS / 66dish / antique Et fleur CHANDELLE / bootymarket / Brocante&Mercerie Annie / cave / Cheerfulmark / CONDENSE / CORDES SUR CIEL / Dinette / FOLK MATERIAL Reborn / FREDDY BROS. / full tool / HIGASHIYA ART FURNITURE / KOYA / MILL / MoKu-furniture / More Flower+ /nibbles / nobbys base / nomad / Poorman’s Gold Leather Works / Porch Drop / Qui tico co / REALLY ROSIE / REKA / TENT / TOMMY’S ANTIQUES & STAINED GLASS / utuwa+ / Verde / WakuWaku / walet / Zakka Polka Dot / アンティークショップまゆつば屋 / アンティークス蕾 / アンティーク昭和 / イツカキタミチ / かじや窯 / きのこ工房 / ギャラリープチ / けやきの杜 / しろつめ / チアフルセカンド / テルミン / ナヤンコ書店 / ビームファクトリー / ビッグピンク / ひろせ商店 / 宮嶋園芸 / ミルクホール / やるまるか / 九州活版印刷所 / 犬の一日 / 古物 草木土 / 古物商かんぢや / 骨董ギャラリー いゑなか / 陶studio / 百足-hyakutaru- / 夢幻房 縹 / MIXER / ILYA / BOCKLE / po’como’ / Anvin / たろうのおでかけ(七耀舎)
▽FOOD
gift* / hayashi&LP / Room:105 / sweets&cafe mimi / TienTien / あいがもん倶楽部 / ジェラート工房リモーネ / しずく屋 / ハレノヒ食堂 / 果実酢と調味料・スー / 近藤あめ屋 / 糸石家 / 修行咖喱 /浜秀 / 養生カレー / オオヤブデイリーファーム / BANKS / CafePopolus / JOICE ON THE TABLE / ponchice / Rainbowfarm / THE DAY CAFE / イビサルテ / ヒグマ食堂 / マメラクダ / 警固カレチネ / 元祖熊本らーめん こだいこ / 三月の水 / 自然派タイレストランmunchies / 地中海料理 DUCK / 博多鴨工房 / うさぎ農園cafe / cococafe / くまもとのパン屋 くまパン / 楽園珈琲 / たこ平
 
30日(日)
▽SHOP
bouquet du coton / DARGO / Flamingo / gemmoe / GRIMM / hibitasu / LOCO OLDIES / mogu + poturi / morizoo / Nia / Nijiuo / relier / Rie Nakamura / :U・x・U犬服屋RUSHROOM / WISH BY NONSTYLE / WISTARIA LACE / かじお荘 / ギャラリー波羅 / シラキ工芸 / すゑもの亀屋 / 香り畑 / 毛糸屋oon / 鉄古の部屋 / 0291factory / 38 WORKS / 5WORKS / 66dish / antique Et fleur CHANDELLE / bootymarket / Brocante&Mercerie Annie / cave / Cheerfulmark / CONDENSE / CORDES SUR CIEL / Dinette / FOLK MATERIAL Reborn / FREDDY BROS. / full tool / HIGASHIYA ART FURNITURE / KOYA / MILL / MoKu-furniture / More Flower+ / nibbles / nobbys base / nomad / Poorman’s Gold Leather Works / Porch Drop / Qui tico co / REALLY ROSIE / REKA / TENT / TOMMY’S ANTIQUES & STAINED GLASS / utuwa+ / Verde / WakuWaku / walet / Zakka Polka Dot / アンティークショップまゆつば屋 / アンティークス蕾 / アンティーク昭和 / イツカキタミチ / かじや窯 / きのこ工房 / ギャラリープチ / けやきの杜 / しろつめ / チアフルセカンド / テルミン / ナヤンコ書店 / ビームファクトリー / ビッグピンク / ひろせ商店 / 宮嶋園芸 / ミルクホール / やるまるか / 九州活版印刷所 / 犬の一日 / 古物 草木土 / 古物商かんぢや / 骨董ギャラリー いゑなか / 陶studio / 百足-hyakutaru- / 夢幻房 縹 / MIXER / ILYA / BOCKLE / po’como’ / Anvin / たろうのおでかけ(七耀舎)
▽FOOD
AmeYa / cafe TinkTink / COCON GELATO / ricca / SAKAMAKI SWEET KITCHEN / uipan / おやつ屋台nikori / カフェソネス / ゴマカフェマルニ / しましまの木 / レッドアップ / 菓子工房 美菓 / BANKS / CafePopolus / JOICE ON THE TABLE / MERCATO Lapin D’or / ponchice / Rainbowfarm / THE DAY CAFE / イビサルテ / ヒグマ食堂 / マメラクダ / 警固カレチネ / 元祖熊本らーめん こだいこ / 三月の水 / 自然派タイレストランmunchies / 地中海料理 DUCK / 博多鴨工房 / スマイルハッピーフード / 楽園珈琲 / たこ平
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
KIGI(キギ)も参加、毎日楽しいTIMBER YARDの21周年アニバーサリー http://tabroom.jp/contents/event/timber-yard_21st/ Wed, 26 Apr 2017 13:33:16 +0000 timber-yard_21st_001
  
2017年4月29日(土・祝)から5月30日(火)まで、千葉県千葉市のインテリアショップ「TIMBER YARD(ティンバーヤード)」にて、「21周年アニバーサリーイベント」が開催されます。

TIMBER YARDは、大正13年創業の小さな材木屋からはじまり、平成7年に家具・雑貨から、住宅まで手がけるインテリアショップとしてオープンしました。

今回21周年を記念して、植原亮輔・渡邉良重によるクリエイティブユニット・KIGI(キギ)が手掛けたロゴにリニューアル。また、店内を一部改装し、これまで以上に充実したラインナップとなっています。

ゴールデンウィーク中には、TIMBER YARDオリジナルTVボード発表会やKIGIのトークショー、ワークショップなど様々な催しが予定されています。さらに、ショップ前駐車場に本やお花、コーヒー、軽食などのお店が日替わりでオープンします。

毎日違った楽しみがある「TIMBER YARD」へ、ぜひ足を運んでみてください。

TIMBER-YARD_21st-year-Anniversary_03

Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)Carl Hansen & Son(カール・ハンセン&サン)など、北欧の一流家具や雑貨を取り扱います。

TIMBER-YARD_21st-year-Anniversary_04

KIGIがデザインした新しいロゴ。
TIMBER YARD 21周年アニバーサリーイベント
会期:2017年4月29日(土・祝)~5月30日(火) 11:00~18:30 ※水曜定休(祝日除く)
会場:TIMBER YARD
 
Coci la elle 雨の日 晴れの日 お出かけ展
手作りされた日傘や色とりどりの雨傘、レインコートやハンカチ等をラインナップ。
会期:2017年4月29日(土・祝)~5月30日(火)
 
KIGI オリジナルプロダクト
KIGIが手掛けるオリジナルブランド「KIKOF」やKIGIのセンスで選び抜かれた「OFS」オリジナルプロダクトなど多彩な商品が期間限定で入荷。
会期:2017年4月29日(土・祝)~5月30日(火)
 
REPUBLIC OF Fritz Hansen SHOP IN SHOP
名作チェアやソファなどの家具を始め、新たに発表されたアクセサリーライン「オブジェクツ」のフラワーベースやキャンドルスタンドなどのアイテムを展示販売。
オープン:2017年4月29日(土・祝)
 
TIMBER YARDオリジナルTVボード発表会
無垢材を使ったTIMBER YARDのオリジナルTVボードのサンプルを初公開。注文も可。
会期:2017年4月29日(土・祝)~5月30日(火)
  
クリエイティブユニットKIGI トークショー
KIGIのアートワークの紹介、KIGIの考えるアートやデザインについて。今回のアニバーサリー企画の監修を務めたバイヤー・山田遊もゲスト参加。
日時:4月30日(日) 14:00~15:30
会場:TIMBER YARD内 studio
ゲスト:KIGI(植原亮輔、渡邉良重)、山田 遊(method)
参加費:無料
定員:20名(予約先着順)
予約:043-242-1980/reserve@timberyard.net
   ※名前・日時・人数・連絡先(メールアドレス、電話番号)を明記
  
親子練りきりワークショップ
「こいのぼりと春の野」天然色素で色付けをした練りきり和菓子教室。
日時:2017年5月4日(木・祝)1部 11:30~13:00
               2部 14:00~15:30 ※満席のため、キャンセル待ちでのご案内となります。
会場:TIMBER YARD内 studio
講師:料理教室アペリーレ・和菓子教室主催
   デコ和菓子認定講師 石川由美子先生
参加費:3000円(税込)
定員:各回6組12名(予約先着順)
予約:043-242-1980/reserve@timberyard.net
   ※名前・日時・人数・連絡先(メールアドレス、電話番号)を明記
   ※小学生以上のお子様が対象
   ※エプロンとハンドタオルを持参
   
Try Miele ! トライ・ミーレ!
ドイツ家電NO.1ブランドのMieleの機器説明会。
日時:2017年5月5日(金・祝) 1部 13:00~14:30/2部 15:00~16:30
会場:TIMBER YARD内 studio
参加費:無料
定員:各回6名(予約先着順)
予約:043-242-1980/reserve@timberyard.net
   ※名前・日時・人数・連絡先(メールアドレス、電話番号)を明記
  
親子で楽しむ、木工ワークショップ
自社乾燥させた千葉の木材を使い、温もりある椅子を製作。TIMBER YARDの家を建てるプロの大工さんが講師。
日時:2017年5月3日(水・祝) 13:30~16:00 ※雨天決行、作業が終わり次第終了
会場:TIMBER YARD敷地内
参加費:3000円(税込)
定員:10組20名(予約先着順) ※満席のため、キャンセル待ちでのご案内となります。
予約:043-242-1980/reserve@timberyard.net
   ※名前・日時・人数・連絡先(メールアドレス、電話番号)を明記
   ※予約締切2017年4月27日(木)
   ※小学生以上のお子様が対象
 
移動販売
・2017年4月29日(土・祝) 11:00~数量なくなり次第終了
豆 NAKANO(自家焙煎コーヒー)
・2017年4月29日(土・祝)・30日(日) 11:00~18:30
BOOK TRUCK(移動式本屋)
・2017年4月30日(日) 11:00~数量なくなり次第終了
TORi(軽食とドリンクの販売)
・2017年5月3日(水・祝)・4日(木・祝) 11:00~数量なくなり次第終了
stock the pantry(焼き菓子の販売)
・2017年5月6日(土)・7日(日) 11:00~18:30
anima garage(フラワー)
・2017年5月7日(日) 11:00~数量なくなり次第終了
kiredo(ピタパンサンドの販売)
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
ドーが東海地方初出店!CLASKA Gallery & Shop “DO”名古屋店オープン、限定アイテムも http://tabroom.jp/contents/event/claska-do-nagoya-open/ Wed, 26 Apr 2017 13:31:19 +0000 claska-do-nagoya-open_01
オープン記念の限定商品2種が登場

2017年4月17日(月)、愛知名古屋の「タカシマヤ ゲートタワーモール 6階」に「CLASKA Gallery & Shop “DO” 名古屋店がオープン」しました。

CLASKA Gallery & Shop “DO”(クラスカギャラリー&ショップ ドー)は東京目黒に本店を構えるライフスタイルショップ。これまで首都圏のほか大阪仙台札幌に出店してきましたが、東海地方でのオープンは今回が初めてとなります。

ドーのオリジナルアイテムにくわえ、工芸品や生活雑貨、ファッションアイテムなど「日本」「古き良き」「手仕事」などをキーワードにしたセレクトアイテムが展開されます。

名古屋店のオープンを記念したアイテムが2点登場。料理スタイリングやエッセイなどを手がける堀井和子さんが描いた格子柄を配したトートバッグ「堀井和子さんと作った大きなトート」が名古屋店限定で、小河眞平さんが手がけるブランド「paisano」に別注した「paisano ワンストラップバッグ」が名古屋店先行で発売されました。

「大きなトート」はドーオリジナルで定番人気の「コーヒー染め トートバッグ」をベースに作られており、限定30点のみの生産。残りわずかなので、気になられている方はお早めに。

名古屋に登場した上質なライフスタイルショップ。お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

CLASKA Gallery & Shop “DO” 名古屋店 オープン
オープン:2017年4月17日(月)
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 タカシマヤ ゲートタワーモール 6F
営業時間:10:00~21:00

▽オープン記念アイテム

堀井和子さんと作った大きなトート
発売:2017年4月17日(月)
限定数:30点
価格:7800円(税抜)
 
paisano ワンストラップバッグ
発売:2017年4月17日(月)
価格:2万1000円(税抜)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
今年もリサ・ラーソンが「益子春の陶器市」にやってくる! 3エリアで展開 http://tabroom.jp/contents/event/lisalarson_mashiko_2017/ Tue, 25 Apr 2017 03:54:37 +0000 lisalarson_mashiko_2017_01
(C)Lisa Larson
ヴィンテージから新作まで豊富な品揃え

2017年4月29日(土・祝)から5月7日(日)までのゴールデンウイーク期間中、栃木県益子町の「つかもと」にて、「リサ・ラーソン×益子 春の陶器市」が開催されます。

昨年に続き、今年も益子春の陶器市にLisa Larson(リサ・ラーソン)の作品が登場。世界的評価がますます高まるヴィンテージ作品から益子焼の新作まで、彼女の軌跡をたどる多くの作品が展示販売されます。

会場の「つかもと」は、リサ・ラーソンがデザインした「益子の平皿」や「益子のゆのみ」を制作している益子最大の窯元です。その広い敷地内で3つのエリアに別れて彼女の作品が紹介されます。

マイキーやハリネズミグッズをはじめとするリサ・ラーソンのグッズが勢揃いする「つかもと本店」では、「JAPANシリーズ」の新作を先行販売。「作家館」ではヴィンテージ作品を扱うほか、「つかもと広場」では人気商品を集めたポップアップショップが登場します。

ついつい手に入れたくなる豊富なラインアップ。お気に入りの作品を探しに益子へお出かけください。

リサ・ラーソン × 益子 春の陶器市
会期:2017年4月29日(土・祝)~5月7日(日) 9:00~17:00
会場:つかもと/栃木県芳賀郡益子町益子4264
詳細:http://lisalarson.jp/mashiko_lisa/
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
目黒通りでアンティークマーケットと特別セール! ジェオグラフィカ13周年 http://tabroom.jp/contents/event/geographica-antiquemarket-anniversarysale/ Tue, 25 Apr 2017 03:52:22 +0000 geographica-antiquemarket-anniversarysale_001
 
2017年4月28日(金)から5月7日(日)まで、東京目黒ジェオグラフィカにて「ジェオグラフィカ 13th anniversary」としてアンティークマーケットとアニバーサリーセールが開催されます。

今年でオープンから13周年を迎える英国アンティーク家具のショップ・ジェオグラフィカ。期間中はアンティーク雑貨を数多く集めたマーケットのほか、地下1階と3階ではアンティーク家具のセールも開催されます。2階のイタリアンカフェレストラン「イル・レヴァンテ」ではスペシャルメニューが提供されるそう。

より深くアンティークやイギリスについて知りたい方には、期間中に行われる特別講座もオススメです。イギリス文化研究家・小関由美さんを講師に迎え、異なる角度からイギリス文化にアプローチする講座が3種類予定されています。いずれもお茶とお菓子つき。

リピーターの方も初めての方も、この機会をお見逃しなく。

geographica-antiquemarket-anniversarysale_004
 
geographica-antiquemarket-anniversarysale_005
 
geographica-antiquemarket-anniversarysale_002
 
geographica-antiquemarket-anniversarysale_003

※画像は過去のマーケットの様子です
13th Anniversary GEOGRAPHICA Antique Market & ANNIVERSARY SALE
会期:2017年4月28日(金)~5月7日(日) 11:00~20:00
会場:ジェオグラフィカ
イベント:
 初心者のための英国アンティーク&ヴィンテージ講座
  日時:2017年4月29日(土・祝)、5月6日(土) 14:00~15:30
  講座料:3500円(お茶とお菓子付き)
  定員:6名(最低催行人員4名)
  会場:ジェオグラフィカ3階・ライブラリー
 
 『ダウントン・アビー』から読み解くイギリス文化史 時代背景からアンティークまで
  日時:2017年4月30日(日)、5月7日(日)14:00~15:30
  講座料:3500円(お茶とお菓子付き)
  定員:6名(最低催行人員4名)
  会場:ジェオグラフィカ3階・ライブラリー
 
 英国カントリー・スタイルのアフタヌーン・ティーパーティー
  日時:2017年5月5日(金・祝) 12:30~14:00、15:00~16:30
  講座料:5500円
  定員:6名(最低催行人員4名)
  会場:ジェオグラフィカ3階・ライブラリー
 
イベント申し込み:03-5773-1145
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]> 偉大なるアーキヴィストに敬意を込めて「柳本浩市展 アーキヴィストー柳本さんが残してくれたもの」へ http://tabroom.jp/contents/event/koichi-yanagimoto/ Fri, 21 Apr 2017 03:06:40 +0000 koichi-yanagimono_002
 
2017年4月29日(土・祝)から6月4日(日)まで、 東京目黒の「six factory」にて「柳本浩市展 アーキヴィストー柳本さんが残してくれたもの」が開催されます。

2016年3月に46歳という若さで急逝した柳本浩市氏を追悼する展覧会。柳本氏は会社員を経て、2002年に出版・プロデュースを手がけるGlyph.(グリフ)を立ち上げ、書籍の出版や企業の商品開発など多くの仕事に関わってきました。

デザインディレクターの肩書で活躍する一方、多様なジャンルの収集家であり博識。収集だけでなく整理し、再定義するところまで踏み込むその姿勢から、本展では柳本氏を「アーキヴィスト」(アーカイブする者。収集し整理しその価値を見きわめてアーカイヴを作り未来へ発展させていく)として捉え、氏の遺品を展示します。

メインとなるのは、柳本氏自らが作成し保管していた資料ファイル。来場者は実際に手に取り、その内容を見ることができます。世界各国の生活雑貨のパッケージや配送用ボックスなど、柳本氏ならではの収集品も分類して展示。図書館のように、関連性を持たせて紹介されます。

本展にあわせて製作された展覧会冊子の「YANAGIMOTO KOICHI – ARCHIVIST’ S VISION」も2000部限定で販売。アーキヴィストとしての柳本氏の実績を紹介する内容となっています。

いつも人と人との間に立ち、輪の中心で人と人とをつないでいた柳本さん。多くの人が彼を惜しむなかで約1年が経ちました。柳本さんが私たちに残した「未来に向けての」コレクションを、ぜひご覧ください。

koichi-yanagimono_001

柳本浩市氏自宅の世界各国の牛乳パック。無印良品 池袋西武での企画展「STOCK展」より。Photo:Gottingham

koichi-yanagimono_003

柳本浩市氏自宅。無印良品 池袋西武での企画展「STOCK展」より。Photo:Gottingham

koichi-yanagimono_004

ニューハート人形/マリリン・ニューハート作(柳本浩市氏のコレクションより)。
柳本浩市展 アーキヴィストー柳本さんが残してくれたもの
会期:2017年4月29日(土・祝)~6月4日(日) 12:00~18:00
会場:six factory/東京都目黒区八雲3-23-20
入場料:一般500円、大学生200円、高校生以下無料
冊子:
「YANAGIMITO KOICHI-ARCHIVIST’S VISION」
 アートディレクション:野口孝仁/Dynamite Brothers Syndicate
 編集:土田貴宏、加藤孝司、熊谷彰博、塚田有那
 予価:300円(税別/2000部限定)
柳本浩市
1969年山梨県生まれ。
幼少のころ、植草甚一に影響を受けてジャズと古本に目覚め、小学1年生からアメリカ文化に没入し、古着や家具などの収集を開始。
ただ収集するだけでなく収集物を独自の視点で再編集し社会背景と照らし合わせて再定義した。
マーケティング、セールス・プロモーションなどに関わる会社員時代を経て、2002年にGlyph.を起業。
自社の商品開発や出版事業からスタートし、後にKDDIのリテールサービス事業や代官山 蔦屋書店のアドバイザー、アサヒビールの東京オリンピック事業など大手企業の商品開発やブランド戦略アドバイザー、行政の地方創生事業などのプロジェクト・マネジメントに携わる。
並行して多くの雑誌の特集監修や執筆なども行った。
また飲み会「リアル中西」を主宰し、SNS時代における人的ネットワークの構築を実践した。
著書に、社会とデザインの関係性を考察した『DESIGN=SOCIAL』(ワークス・コーポレーション)、新しいメディアの創出を提案した『共創がメディアを変える』(中村堂)など。
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
数字の髪型がかわいい デリエ イデー10周年記念の今井律子作「人ポット」40個限定で発売 http://tabroom.jp/contents/event/delier-idee_10anniv/ Fri, 21 Apr 2017 03:03:23 +0000 Delier-IDEE_10Anniv._RITSUKO-IMAI_limited_edition_01
 
2017年4月27日(木)より、東京丸の内の「デリエ イデー」にて、「デリエ イデー 10周年記念アイテム 10 Anniv. – RITSUKO IMAI limited edition -」が発売されます。

「デリエ イデー」が4月27日(木)にオープン10周年を迎えることを記念して、1~10の数字をモチーフにした髪型がユニークな「人ポット」と「子供ポット」を限定で販売します。

益子で制作を行う陶芸家・今井律子さんによる作品。今井さんはこれまでも何度か「デリエ イデー」で展示会を開催しており、眺めていると心和らぐ独特な世界観が人気です。

本アイテムも手作業で制作するため、一つひとつ顔の表情や髪型が異なります。全部で40個限定。お早めに店頭へ足をお運びいただき、少しずつ異なる表情の作品の中から自分だけのお気に入りを見つけてみてください。

Delier-IDEE_10Anniv._RITSUKO-IMAI_limited_edition_02

内側底面にはデリエ イデー10周年記念のロゴスタンプを施しています。
デリエ イデー 10周年記念アイテム 10 Anniv. – RITSUKO IMAI limited edition -
販売開始日:2017年4月27日(木)
販売店舗:デリエ イデー
限定:40個
価格:人ポット 8640円(税込)
   子供ポット 7560円(税込)
詳細:http://www.idee.co.jp/shop/news/201704/mar10anniv.html
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
原画など約500点!「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン」展、松屋銀座で開催 http://tabroom.jp/contents/event/dickbruna-design/ Thu, 20 Apr 2017 13:19:37 +0000 dickbruna-design_001
BLACK BEAR (C) copyright:Dick Bruna

2017年4月19日(水)から5月8日(月)まで、 東京銀座の「松屋銀座8階 イベントスクエア」にて「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン」展が開催されています。

今年2月に逝去したDick Bruna(ディック・ブルーナ)氏はオランダ・ユトレヒト生まれの絵本作家。絵本「ミッフィー(うさこちゃん)」シリーズは世界的なベストセラーとなっているほか、グラフィックデザインも精力的に手掛け、ペーパーバックシリーズ「ブラック・ベア」の表紙やポスターなどを多く手掛けました。

少し震えた線、常に正面を向いているキャラクター、子どもでも描けそうなシンプルなシルエットが特徴の絵本作品や、大人向けのグラフィックデザイナーとして手掛けた作品も。驚くほどそぎ落とされたデザインにもかかわらず、一目見ればブルーナ氏の作品だと共通する個性を放ちます。

本展では、200冊以上のペーパーバック、約40点のデザイン原画・スケッチ、ミッフィーやボリスなどの絵本原画、ポスターなど合計500点以上が紹介されるそう。

また、作風である「シンプル」をキーワードに「シンプルの明日」というテーマで、日本デザイン界で活躍するKIGI(キギ)、groovisions、中村至男、ミントデザインズがブルーナ作品からインスプレーションを受けて製作した新作も展示。

ブルーナ氏が1953年に初めての絵本を世に送り出してから60年以上をかけて作り上げた「シンプルの正体」を紐解く内容となっています。会期は約3週間、ぜひお見逃しなくご覧ください。

dickbruna-design_002

画像左:『こいぬのくんくん』より 絵本 1969年 Illustrations Dick Bruna (C) copyright Mercis bv,1953-2017 www.miffy.com
画像右:『わたしのくにのどうぶつ』より 絵本 1972年 Illustrations Dick Bruna (C) copyright Mercis bv,1953-2017 www.miffy.com
dickbruna-design_003
『ボリスのやまのぼり』より 絵本 1989年
Illustrations Dick Bruna (C) copyright Mercis bv,1953-2017 www.miffy.com

dickbruna-design_004

画像左:『なんてこったい』原画 ペーパーバック 制作年不明 (C) Dick Bruna
画像右:『遠くから来た男』 ペーパーバック 1958年 (C) Dick Bruna

dickbruna-design_005

画像左:『雪の中の六人のシャドー』 ペーパーバック 1969年 (C) Dick Bruna
画像右:『うさこちゃんとじてんしゃ』原画 絵本 1982年 Illustrations Dick Bruna (C) copyright Mercis bv,1953-2017 www.miffy.com
dickbruna-design_006
ディック・ブルーナ Photo:F. André de la Porte
シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展
会期:2017年4月19日(水)~5月8日(月) 10:00~20:00
会場:松屋銀座8階イベントスクエア/東京都中央区銀座3ー6ー1
入場料:一般800円、高校生600円、小中学生400円、未就学児無料
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
イデーで2つの動物企画! 自由が丘には世界中の動物オブジェ300点以上がやってくる!? http://tabroom.jp/contents/event/jiyugaoka-zoo/ Thu, 20 Apr 2017 13:15:31 +0000 JIYUGAOKA-ZOO_01
自由が丘と六本木の2店舗にて

2017年4月28日(金)から5月22日(月)まで、東京自由が丘の「イデーショップ 自由が丘店」にて、「JIYUGAOKA ZOO ~スイムスーツ・デパートメントとイデーが蒐めた世界の動物展~」が開催されます。

アジア、アフリカ、南米、ヨーロッパと世界各国から蒐めた様々な動物オブジェを、動物園に見立てて展示・販売するユニークなイベント。アレキサンダー・ジラードをはじめ、世界的なデザイナーもコレクションする動物オブジェの魅力を店内に表現します。世界各国で買い付けたヴィンテージ雑貨などを扱う「SWIMSUIT DEPARTMENT」の郷古隆洋さんとタッグを組んだ企画で、ヴィンテージアイテムや工芸品、郷土玩具、作家作品、プロダクトまで、300点以上の動物たちが生態や種類に分けて紹介されます。貴重な一点ものも多数。

2017年4月21日(金)から5月8日(月)までは、東京六本木の「イデーショップ 東京ミッドタウン店」にて、「アンジェリコ・ヒメネスの木彫りの動物たち Los Animales de ANGELICO JIMENEZ」も開催。

こちらはアンジェリコ・ヒメネス氏による木彫りの動物たちの作品展。アンジェリコ氏はメキシカン・フォークアート「Oaxacan wood carving(オアハカン・ウッドカービング)」の第一人者を父に持つ作家。アンジェリコ氏がともに工房を営むヒメネス一家と作り出したカラフルで美しい動物たちの彫刻が、店内のインテリアと引き立て合います。

イデーが「動物」にフォーカスして展開する2つの企画展。いずれもお酒を飲みながら楽しめるナイトイベントも用意されています。地域ごとの伝統・文化・風習によって表情が異なる動物オブジェの魅力を、ぜひ店頭でご覧ください。

▽JIYUGAOKA ZOO ~スイムスーツ・デパートメントとイデーが蒐めた世界の動物展~
JIYUGAOKA-ZOO_03
 
JIYUGAOKA-ZOO_04
 
JIYUGAOKA-ZOO_05
 
JIYUGAOKA-ZOO_06
  
JIYUGAOKA-ZOO_02
 
JIYUGAOKA-ZOO_07
 
▽アンジェリコ・ヒメネスの木彫りの動物たち Los Animales de ANGELICO JIMENEZ
Los-Animales-de-ANGELICO-JIMENEZ_01

 

JIYUGAOKA ZOO ~スイムスーツ・デパートメントとイデーが蒐めた世界の動物展~
会期:2017年4月28日(金)~5月22日(月) 11:30~20:00(土日祝11:00~)
   ※郷古さん在店日:4月28日(金)・29日(土)、5月12日(金)・13日(土)
会場:イデーショッブ 自由が丘店
詳細:http://www.idee.co.jp/shop/jiyugaoka/
 
NIGHT SAFARI!
ゴールデンウィーク明けの週末、お酒を飲みながら動物を愛でる大人のイベント。当日は動物たちを追加投入します。
日時:2017年5月12日(金) 19:00~21:00
予約不要
アンジェリコ・ヒメネスの木彫りの動物たち Los A nimales de A NGELICO JIMENEZ
会期:2017年4月21日(金)~5月8日(月) 11:00~21:00
会場:イデーショップ 東京ミッドタウン店
詳細:http://www.idee.co.jp/shop/tmd/
 
MARGARITA NIGHT!
メキシコ生まれのカクテル・マルガリータを片手にアートを愛でる素敵なひとときをお過ごしください。
日時:2017年4月21日(金) 19:00~21:00
予約不要
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
「プロダクトの絶滅危惧種」展、知られざる国産ホーローの魅力に迫る http://tabroom.jp/contents/event/redlist-product-enamel/ Tue, 18 Apr 2017 13:23:58 +0000 redlist-product-enamel_01
琺瑯の製造プロセスも紹介

2017年4月16日(日)から5月15日(月)まで、東京銀座の松屋銀座7階デザインギャラリー1953にて「プロダクトの絶滅危惧種 | 琺瑯」展が開催されます。

国産の「琺瑯(ホーロー)製品」にフォーカスし、制作工程とともに紹介する企画展。昭和の時代、家庭の台所に欠かせなかった琺瑯製品ですが、高度経済成長以降、アルミやステンレス製品に圧されてその数を減らしてきました。現在、国産の琺瑯メーカーは4社のみとなり、陶磁器メーカー約2000社、家具メーカー約1000社に比べるとまさに「絶滅危惧種」と言える存在となっています。

その理由は琺瑯加工にかかる膨大な手間。金属製造を含めると100近い工程となり、安い労働力を確保できる海外へとその生産拠点が移っていったのです。

会場では、デザイナー・小泉誠が手がけた「kaico drip kettle S」の製造プロセスが紹介されるほか、昌栄工業、日東エナメル、フォームレディの協力を得て国産琺瑯製品を展示。あまり知られていない国産琺瑯について分かりやすく紹介します。

同じく松屋銀座にて2017年4月26日(水)から5月9日(火)まで開かれる「日本の道具」展では本展の関連商品の販売も行われるそう。

細かな工夫やユーザーフレンドリーな配慮がある日本製の琺瑯製品。本展で、その魅力の再確認をしてみてください。

redlist-product-enamel_02
エナメルの工程。
プロダクトの絶滅危惧種 | 琺瑯
会期:2017年4月16日(日)~5月15日(月) 10:00~20:00 ※最終日~17:00
会場:松屋銀座 7階 デザインギャラリー1953/東京都中央区銀座3-6-1
主催:日本デザインコミッティー
協力:昌栄工業、日東エナメル
企画監修:小泉誠
詳細:http://designcommittee.jp/2017/03/20170416.html
 
関連イベント:
日本の道具
会期:2017年4月26日(水)~5月9日(火)
会場:銀座松屋7階 デザインコレクション
 
デザインサロントーク・ワークショップ
・第57回デザインサロントーク
出演:小泉誠(家具デザイナー)
 
・ワークショップ「おいしい珈琲の淹れ方」
講師:kaicocafe バリスタ 高橋由佳
 
会期:2017年5月2日(火)14:00~/16:00~
会場:銀座松屋7階 デザインギャラリー1953
参加費:無料
申込み:不要
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
古道具店が選んだ古道具店による骨董市「京都ふるどうぐ市」、今年も開催 http://tabroom.jp/contents/event/kyoto-furudougu-2017/ Tue, 18 Apr 2017 13:20:48 +0000 kyoto-furudougu-2017_001
14都府県から48店舗、フードも12店舗が参加

2017年4月22日(土)・23日(日)の2日間、京都河原町の「元・立誠小学校」にて「京都ふるどうぐ市 2017」が開催されます。

京都ふるどうぐ市は2014年から年に1回開催されてきた骨董市。「古道具店が選ぶ古道具店」をコンセプトとしており、今回は全国の14都府県から48店舗がセレクトされ参加しています。

会場となる元・立誠(りっせい)小学校は1869年に開設された日本でも最も古い小学校のひとつ。古いながらも重厚な造りで、当時の街並みを偲ぶことのできる建築物として親しまれています。

元・立誠小学校がある立誠学区は河原町商店街や木屋町、花街として知られる先斗町、桜の美しい高瀬川など多くの人が行き交う京都随一の繁華街。アクセスも良く、気軽に立ち寄れるのも魅力です。

京都ならではの街並みと温かみのある元校舎、そして全国から集められた質の高い骨董品を一度に堪能できるマーケットイベントです。毎年楽しみにしているファンも多いため、できれば初日に足を運びたいところ。

ちなみに、元・立誠小学校での開催は今回で最後だそう。会場の雰囲気も合わせてぜひお楽しみください。

kyoto-furudougu-2017_002
 
kyoto-furudougu-2017_003
 
kyoto-furudougu-2017_004
 
kyoto-furudougu-2017_005

京都ふるどうぐ市 2017
日時:2017年4月22日(土) 11:00~17:00
   2017年4月23日(日) 10:00~16:00
   ※入場締切は30分前
会場:元・立誠小学校/京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2
詳細:www.kyotofurudouguichi.com
出店者:14都府県から48店舗が参加
 東京/Gallery ULALA / Gate-1 / 古道具コレノナ / Antique Shop Konguri / 書肆サイコロ / 背骨 / troldhaugen antiques / tomoedo / はいいろオオカミ+花屋 西別府商店 / 南方美術店 / 宮脇モダン
 神奈川/ナイマ / mabsau / antique shop menu
 千葉/antique stereograph / gallery takamine
 栃木/noeud
 愛知/antique Salon / muguet du premier mai / Myshica Antik
 岐阜/質環 / 古美術28 / 本田
 石川/タユタフ
 新潟/ハチミツ
 滋賀/よろず淡日 / rust+antiques
 京都/itou / 古代人 / Soil / antiquus days / 骨董 百芍丹 / 犀星 / sowgen brocante / こっとう画餅洞 / 入蘆花 / Lagado研究所 / 古い道具 / antiques & art Masa
 大阪/古今ここん / チャルカ / toripie
 兵庫/Landschapboek / Likelike
 岡山/Womb brocante / こころね
 鳥取/YIIPUN UMADA
 福岡/Picnika
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
「赤坂蚤の市」が3周年! アンティーク家具エリアなど特別企画盛りだくさん http://tabroom.jp/contents/event/akasaka-nominoichi-3rdanniversary/ Tue, 18 Apr 2017 02:07:44 +0000 akasaka-nominoichi-3rdanniversary_001
 
2017年4月23日(日)、東京赤坂の「アークヒルズ アーク・カラヤン広場」にて「赤坂蚤の市 in ARK HILLS ~3rd Anniversary~」が開催されます。

毎月第4日曜日に定期開催されている「赤坂蚤の市」が開催3周年を迎えます。アニバーサリー企画として、開催時間を通常より2時間拡大するほか、過去最大規模の100店舗以上が出店。「アナトミカ」や「パラブーツ」など人気アパレルブランド7社とのコラボレーションや、「マルディ・グラ」など話題のレストランのキッチンカー、多彩なジャンルのクラフト体験ができるワークショップも集まりました。

なかでも注目したいのが、アンティーク家具のディーラー4者が集まるファニチャーエリア。新生活のインテリアにもオススメな椅子やテーブル、実用的なインダストリアルの照明、さらに建具、店舗用什器など幅広いインテリアアイテムが揃います。

当日はDJ・KENKOUやヴォーカル&ベーシストのCinnabomによるパフォーマンスも予定されており、ふらりと訪れるだけでも楽しめるはず。いつもに増して特別な赤坂蚤の市をぜひチェックしてみてください。

akasaka-nominoichi-3rdanniversary_002

ファニチャーエリアのイメージ。アンティーク、インダストリアル系のアイテムが豊富に揃います。

akasaka-nominoichi-3rdanniversary_003

リングやバングルを自作する「トントン・カンカン 真鍮・シルバーのアクセサリーワークショップ by nibi」。

akasaka-nominoichi-3rdanniversary_004

プチ手鏡やオーナメントを作る「蚤の市の小さなアトリエでステンドグラス体験 by nido」。

akasaka-nominoichi-3rdanniversary_005
 
akasaka-nominoichi-3rdanniversary_006

赤坂蚤の市 in ARK HILLS ~3rd Anniversary~
会期:2017年4月23日(日)10:00~18:00
場所:アークヒルズ アーク・カラヤン広場 ※雨天決行、荒天中止
3周年特別企画:
有名アパレルショップ7店とのコラボ
参加ショップ:ANATOMICA / MHL. / KREIS / GLEN CLYDE / MT inc. / Nigel Cabourn / Paraboot
 
話題のレストランがキッチンカーで初出店
参加店舗:
 Mardi Gras/銀座のフレンチビストロ。肉料理が目玉。
 フジマル醸造所/クワフトワインとワインに合う料理を提供。
 Le cabaret/代々木上原のワインバー。軽やかなビストロ料理とヴァンナチュール(自然派ワイン)を提供。
 
ファニチャーエリアが登場
参加店舗:LE KUROGANE by FEr TRAVAIL / ECLECTIC USED STORE / +ANTISTIC / Apartment294(アンティーク家具バイヤー3社の合同店舗)
 
クラフトワークショップ体験
▽蚤の市の小さなアトリエでステンドグラス体験 by nido
 開催時間:10:00~17:00(約1時間)
 料金:プチ手鏡3500円(税込み)、星のオーナメント3000円(税込み)
 申込み:http://nido.in.coocan.jp
 
▽トントン・カンカン 真鍮・シルバーのアクセサリーワークショップ by nibi
 開催時間:10:00~17:00
 定員:随時受付
 料金:リング1500円(税込み)~、バングル3000円(税込み)~
 
▽手紡ぎ糸を使ったアクセサリー作り&本格的な糸紡ぎのワークショップ by REIKOMONO
 開催時間:アクセサリー/10:00~13:00、16:00~18:00 ※随時
      糸紡ぎ/14:00~16:00 ※事前申込の方優先
 料金:アクセサリー1000円(税込み)、糸紡ぎ3500円(税込み)
 申込み:https:www.facebook.com/reikomono
 
▽春を詰め込んだメッセージボトルづくり by ムュゲ
 開催時間:10:00~17:00(30分~1時間)
 料金:3000円(税込み)
 申込:http://www.facebook.com/myuge6366
 
▽オリジナルアロマキャンドル・サシェづくり by honeycandle
 開催時間:10:00~17:00
 定員:随時受付
 料金:1000円
 
ライブパフォーマンス
参加アーティスト:KENKOU(ケンコウ) / Cinnaborm(チナボン)
 
春のガーデン特別公開
サントリーホール屋上の「ルーフガーデン」を一般公開。チューリップやパンジーなど春の草花が見頃を迎えています。
時間:2017年4月23日(日) 10:00~16:00
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
石巻工房の6年間を振り返る「”Do It Yourself” 石巻工房の家具 2011-2017」開催 http://tabroom.jp/contents/event/doityourself-ishinomakikoubou/ Fri, 14 Apr 2017 12:54:46 +0000 doityourself-ishinomakikoubou_001
DIY体験「バードハウスをつくろう」も

2017年4月15日(土)から5月21日(日)まで、山形県東根市の「まなびあテラス 市民ギャラリー」にて「“Do It Yourself” 石巻工房の家具 2011-2017」が開催されます。

2011年の東日本大震災をきっかけに宮城県石巻市に生まれたDIY家具ブランド・石巻工房。復興・復旧のために自由に使える地域のものづくりの場としてスタートし、自分たちで組み上げられる木製家具を中心に企画・開発を手がけています。

本展は、2011年から現在までの6年間で石巻工房が制作してきた60点超の家具を時系列で展示するもの。地域再生という大きな目標に向かい、デザインの力を生かしてきた石巻工房ならではの内容となっています。

物資や工具も十分にない中で、自分たちの手で必要なものを作る「Do It Yourself」。いま、DIYのマインドが社会のあらゆるシーンで存在感を増しています。展示のほか、石巻工房の工房長と本展プロデューサーのトーク、DIY体験「バードハウスをつくろう」などの関連プログラムも併せて開催されるそう。イベント全体を通して、改めて「デザインとは何か?」を考える機会となるはずです。

doityourself-ishinomakikoubou_03

「ISHINOMAKI STOOL」Photo by Yosuke Owashi

doityourself-ishinomakikoubou_02

「DIY picnic」山形ビエンナーレ2016/Photo by Kohei Shikama
“Do It Yourself” 石巻工房の家具 2011-2017
会期:2017年4月15日(土)~5月21日(日) 9:00~18:00
会場:まなびあテラス 市民ギャラリー/山形県東根市中央南1-7-3
 
オープニングトーク「自分たちの手でつくる、石巻DIYの未来」
 出演:千葉隆博(石巻工房 工房長)
    宮本武典(本展プロデューサー)
 日時:2017年4月15日(土)14:00~15:00
 入場料:無料、申込不要
 
DIY体験「バードハウスをつくろう」
石巻工房が2016年9月に「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」で発表した屋外用DIYユニット「DIY picnic」をまなびあテラスに移設。
 日時:会期中の土日祝 10:00~15:00
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
日本橋・京橋の美術店86店舗が参加「東京アート アンティーク」開催迫る http://tabroom.jp/contents/event/tokyoartantique/ Wed, 12 Apr 2017 12:46:48 +0000 tokyoartantique_01
 
2017年4月14日(金)・15日(土)の2日間、東京京橋日本橋を中心としたエリアで「東京 アート アンティーク 2017~日本橋・京橋美術まつり~」が開催されます。

東京 アート アンティークは1998年に「日本橋・京橋美術骨董まつり」としてスタートした催しで、古美術店や画廊が集積している日本橋・京橋エリアの店舗が参加しています。

今回は86店舗が参加し、それぞれ特別展や催しで参加者を迎えます。アートは美術館で観るだけのものではなく、実際に触れてみて、店主や制作者と会話を交わし、購入もできる身近なものだと実感できるはず。

会期中は無料のトークイベントや気軽に参加できるチャリティ入札会なども実施され、様々な角度からアートに触れることができます。

画廊や古美術は敷居が高い、と感じている方にこそ訪れてもらいたい東京 アート アンティーク。パンフレットを片手に一期一会の出会いを探しにぜひお出かけください。

tokyoartantique_002

「喜寿のうつわ七十七の七寸皿 七十七撰七十七趣~明古染付七寸皿を蒐める」
会場:井上オリエンタルアート 京橋店
会期:2017年4月1日(土)~4月29日(土)
「古染付」と呼ばれる磁器群の中でも「中皿」と俗称される「七寸皿」だけにフォーカス。店主自らが永年の間蒐集してきた同類異趣の七寸皿コレクション全七十七件を一堂に展示即売します。

tokyoartantique_003

「Life on this planet」&メゾンデネコ共同企画
会場:木雞、メゾンデネコ
会期:2017年4月11日(火)~4月22日(土)※4月17日~22日の会場は木雞のみ
地球上の生き物達をテーマにした2店舗の共同企画。東洋とオランダのやきものを中心とした古美術の世界と、現代のボタニカルアート、水彩画、九谷焼、工芸品の競演です。
東京 アート アンティーク 2017~日本橋・京橋美術まつり~
会期:2017年4月14日(金)・15日(土) 各店舗の営業時間に準ずる
エリア:東京都中央区・京橋・日本橋を中心とした地域
参加美術店・画廊:86店舗
丸善 日本橋店 3階ギャラリー / アートスペース繭 / アートスペース羅針盤 / 飯田好日堂 / 飯沼緑心堂 / 池内美術 / 一番星画廊 / 古美術いづみ / 井上オリエンタルアート 京橋店 / 井上オリエンタルアート 日本橋店 / 浦上蒼穹堂 / エトワール画廊 / 海老屋美術店 / 古美術 大谷 / 小川商店 / オリエント考古美術・太陽 / 古美術 花徑 / 加島美術 / 嘉盛堂 / かどまつ誠心堂 / 金井画廊 / KAMIYA ART / 古美術 川﨑 / 北山美術店 / 吉平美術店 / 木之庄企畫 / 古美術 京橋 / 去来 / 孔雀画廊 / 薫匠堂 / 五月堂 / ギャラリーこちゅうきょ / 壺中居 / 骨董の店 甲斐 / 齋藤紫紅洞 / 彩鳳堂画廊 / 古美術 ささき / 三溪洞 / 作家もの陶器 三和堂 / Gallery Seek / 四季彩舎 / しぶや黒田陶苑/ 魯卿あん / 古美術 清水 / 下井美術 / 秀山堂画廊 / 春風洞画廊 / 祥雲 / 翠波画廊 / 鈴木美術画廊 / 青古堂 / ギャラリーセラー / 古美術 草友舎 / 大聖寺屋 / 千代春画廊 / つつみ美術 / ギャラリー帝塚山 / 古美術 天宝堂 / 古美術 東湖堂 / ギャラリー戸村 / 中長小西 / 古美術 奈々八 / 日本橋小伝馬町ギャラリー / 古美術 花からくさ / 花筥-HANABAKO- / 林田画廊 / 風招 / 古美術 藤島 / 藤美術 / 長谷宝満堂 / 古美術 木瓜 / 前坂晴天堂 / 松森美術 / 繭山龍泉堂 / ギャラリーマリ / 水戸忠 / 古美術 無門 / 古美術 明成 / メゾンドネコ / 木雞 / 森田画廊 / 万画廊 / GALLERY 麟 / 古美術 凛 / ルカスカンジナビア / 渡邊三方堂 / 古美術 侘助

▽関連イベント

京橋エドグラン スペシャルトークイベント※入場無料
会場:京橋エドグラン3階ラウンジ
 日時:2017年4月14日(金)19:00~(18 : 30 受付開始)
 登壇者:北原照久氏「コレクションの愉しみ」(株式会社トーイズ代表取締役・横浜ブリキのおもちゃ博物館館長)
 
 日時:2017年4月15日(土)13:00~(12:30 受付開始)
 登壇者:永井龍之介氏(永井画廊 代表取締役)、阿藤芳樹氏(株式会社 阿藤ギャリー 代表取締役社長)
  
渡邊木版美術画舗・ 三代目 渡邊章一郎 ギャラリートーク※入場無料
会場:丸善 日本橋店3階ギャラリー
日時:2017年4月14日(金)・4月15日(土)14:00 ~
 
川島公之『 紀元前 ― 古代中国の美― 』 ギャラリートーク
会場:繭山龍泉堂
日時:2017年4月14日(金)15:00~ 
 
チャリティ入札会
初めての方でも気軽に入札体験ができるイベント。
会場:祥雲(出品作品:縄文土器)
   古美術 川﨑、翠波画廊(出品作品:藤田嗣治 銅版画)
   古美術 奈々八、古美術 花徑(出品作品:唐時代白釉犬)
   北山美術店(出品作品:酒器その他数々)
   去来(出品作品:ルリスタン青銅靴形飾り金具など他)
   木雞
   つつみ美術
   前坂晴天堂
入札開始日:2017年4月14日(金) ※店舗により、会期以前より入札を受け付ける場合があります。
入札締切日:2017年4月15日(土) ※店舗により17日まで入札を受け付ける場合があります。
参加方法:会期中に入札会を行っている店舗へ来店し、入札対象の作品を実際にご覧いただき、入札用紙に落札したい金額を記入して入札箱へ投入します。落札結果はイベント期間終了後、店舗より落札者のご連絡先へ直接発表されます。
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
「日本・北欧・アメリカのマグカップ展」も、 4店舗合同の「COFFEE FAIR」開催 http://tabroom.jp/contents/event/ifni-roastingco_coffee-fair/ Wed, 12 Apr 2017 12:44:18 +0000 IFNi-ROASTINGCO._COFFEE-FAIR_03
 
2017年4月15日(土)から23日(日)までの9日間、東京高円寺の「日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto(コトゴト)」にて、「IFNi ROASTING&CO. COFFEE FAIR」が開催されます。

静岡市の人気ロースター「IFNi ROASTING&CO.」を招き、「cotogoto」の姉妹店である「free design(フリーデザイン)」、「DEALERSHIP(ディーラーシップ)」、「TASTE(テイスト)」と合同で行う特別企画。

ドリップ教室やトークショー、本イベントのために作った限定のブレンドコーヒー「富士山ブレンド」の販売など、5つの企画が催されます。

普段は日本のアイテムのみの取り扱いの「cotogoto」ですが、「日本・北欧・アメリカのマグカップ展」と題し、北欧のmarimekko(マリメッコ)iittala(イッタラ)、アメリカのビンテージなど、世界各国のマグカップが特別に並びます。

姉妹店各店舗でもそれぞれ「北欧ヴィンテージで楽しむコーヒー」「ヴィンテージ・ケメックスの展示販売」「アウトドアで楽しむコーヒー道具」と題されたスペシャルイベントを開催。

コーヒー好きにはたまらない企画が目白押し。トークショー&ドリップ講座の予約もまだ受付中ですので、ぜひこの機会にお店に足を運んでみてください。

IFNi-ROASTINGCO._COFFEE-FAIR_04
「IFNi ROASTING&CO.」が開発した富士山型のドリッパー「MT.FUJI DRIPPER」。そのほかオリジナルの器具やコーヒーを使ったお菓子も登場します。
IFNi ROASTING&CO. COFFEE FAIR
会期:2017年4月15日(土)~23日(日) 11:00~20:00
会場:日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto(コトゴト)/東京都杉並区高円寺南4-27-17-2F
 
各店舗スペシャルイベント
会期:2017年4月15日(土)~23日(日)
会場:cotogoto「日本・北欧・アメリカのマグカップ展」/東京都杉並区高円寺南4-27-17-2F
   free design 吉祥寺本店「北欧ヴィンテージで楽しむコーヒー」/東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-2-2F
   free design 渋谷モディ店「北欧ヴィンテージで楽しむコーヒー」/東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ6F
   DEALERSHIP「ヴィンテージ・ケメックスの展示販売」/東京都杉並区高円寺南3-45-18-2F
   TASTE「アウトドアで楽しむコーヒー道具」/東京都杉並区高円寺南3-45-13-2F(土・日・月のみ営業)
 
IFNi松葉さんによるトークショー&ドリップ講座
日時:2017年4月15日(土)・16日(日) 12:30~14:30(12:00開場)
会場:THE DAY FOOD LAB/杉並区高円寺北3-23-11-2F
参加費:2000円(税込・富士山ブレンド試飲あり)
特典:cotogotoと姉妹店4店舗で使える10%OFFチケットをプレゼント
予約:電話(03-3318-0313)にて希望日時をお伝えください。受付は先着順。
 
IFNi松葉さんと土鍋焙煎・ドリップ教室
日時:2017年4月23日(日) 12:30~14:30(12:00開場)
会場:THE DAY FOOD LAB/杉並区高円寺北3-23-11-2F
定員:18名
参加費:2500円(税込・「little morning kitchen」のパウンドケーキ付き)
特典:cotogotoと姉妹店4店舗で使える10%OFFチケットをプレゼント
予約:電話(03-3318-0313)にて。受付は先着順。
 
IFNi出張コーヒースタンド
日時:2017年4月15日(土)・16日(日)、23日(日) 16:00頃~19:00
会場:cotogoto
 
オリジナルブレンドの期間限定販売
会期:2017年4月15日(土)~23日(日)
会場:cotogoto/東京都杉並区高円寺南4-27-17-2F
   free design 吉祥寺本店/東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-2-2F
   free design 渋谷モディ店/東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ6F
   DEALERSHIP/東京都杉並区高円寺南3-45-18-2F
   TASTE/東京都杉並区高円寺南3-45-13-2F(土・日・月のみ営業)
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
日本版モダニズムショー再び!「MODERNISM SHOW モダンデザインからポストモダンまで」開催 http://tabroom.jp/contents/event/modernismshow2017/ Tue, 11 Apr 2017 13:41:09 +0000 modernismshow_001
各分野の専門店約10店舗が参加

2017年4月12日(水)から17日(月)まで、東京銀座の松屋銀座8階イベントスクエアにて「MODERNISM SHOW モダンデザインからポストモダンまで」が開催されます。

アメリカ西海岸に根付くマーケットイベント「モダニズムショー」の日本版。2015年9月に開催された「MODERNISM SHOW モダン家具とその周辺」に続く第2弾です。

約10店舗のショップやディーラーが参加し、ミッドセンチュリーから80年代ポストモダンまでのヴィンテージ家具、陶器、ガラス器などを販売。家具を扱うショップとしてはミッドセンチュリー期が得意なBUILDING 、北欧ヴィンテージ家具を扱い普段は完全予約制のKAMADA、80年代のデザインプロダクトを紹介するSOMEWHERE TOKYO 、昨年2月にオープンしたばかりの目黒のDWARFなど錚々たる顔ぶれが揃います。

デザイン、インテリア、ヴィンテージ…さまざまな分野のフリークにとって必見のイベントとなりそうです。お見逃しなく。

MODERNISM SHOW モダンデザインからポストモダンまで
会期:2017年4月12日(水)~17日(月) 10:00~20:00 ※最終日~17:00
会場:松屋銀座 8階 イベントスクエア
出店者:BUILDING
    ELEPHANT
    SOMEWHERE TOKYO
    Swimsuit Department
    ギャラリー北欧器
    VELVET THE SHOWROOM (http://www.velvettheshowroom.com/)
    Chuffy (https://chuffy.jimdo.com/)
    DWARF (http://dwarf-tokyo.com/)
    KAMADA
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
片山正通のコレクションを公開!「片山正通的百科全書 Life is hard... Let’s go shopping.」が開催 http://tabroom.jp/contents/event/katayamamasamichi-lifeishardletsgoshopping/ Tue, 11 Apr 2017 13:35:05 +0000 katayamamasamichi-lifeishardletsgoshopping_001
Art Direction:Naomi Hirabayashi
Photo: Mitsuo Okamoto
片山氏自身が会場構成した展覧会

2017年4月8日(土)から6月25日(日)まで、東京新宿の「東京オペラシティ アートギャラリー」にて「片山正通的百科全書 Life is hard... Let’s go shopping.」が開催されます。

世界的に活躍するインテリアデザイナー・Wonderwall 片山正通氏の収集品を紹介する企画展。氏はこれまでユニクロ グローバル旗艦店(NY、パリ、ロンドン)、INTERSECT BY LEXUS (青山、ドバイ、予定:NY)、ピエール・エルメ・パリ 青山など大きなプロジェクトを手がけて来ました。今回はデザイナー歴25年の節目に合わせ、片山氏が買い集めた現代美術や骨董、家具、CD、書籍など膨大なコレクションが一堂に展示されます。

片山氏の「クリエイション」と「コレクション」のそれぞれに共通するのは、様々なジャンルや異なる要素が枠を超えてひとつのカタチを成していること。そこがインテリアデザイナーの概念を超えて常に「今までにないもの」を作り続ける片山氏のデザインの本質を探る鍵となります。

会場では、コンセプチュアルアートや写真、家具など好奇心と審美眼の赴くままに集められた品々が、片山氏自身によって分類・編集され、構成されます。それは美術館というよりも、街でウィンドウショッピングを楽しむかのような場を創り鑑賞者に気軽に訪れてもらいたいという試みでもあります。

膨大なコレクションと、片山氏自身の仕事がいかに繋がっているのか。実際に見て思考を巡らせることのできる貴重な機会、ぜひお見逃しなくお出かけください。

katayamamasamichi-lifeishardletsgoshopping_002

ライアン・ガンダー
《Rietveld reconstruction – Ejiro》 
2007年 
Photo:Keizo Kioku

katayamamasamichi-lifeishardletsgoshopping_003

画像左:ジャン・プルーヴェ《Standard Desk》 1941年
画像右:作者不詳 《聖人像》 18世紀後半 Photo: Kei Okano
katayamamasamichi-lifeishardletsgoshopping_004

Photo:Kazumi Kurigami
片山正通
インテリアデザイナー、ワンダーウォール代表
武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科 教授
 
1966年 岡山県生まれ
2000年 株式会社ワンダーウォール設立
2011年 武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科教授就任
 
ユニクロ グローバル旗艦店(NY、パリ、ロンドン、銀座ほか)、INTERSECT BY LEXUS(青山、ドバイ、予定:NY)、THE BANK(鎌倉)、NIKE 原宿、PASS THE BATON(丸の内、表参道、京都祇園)、代々木 VILLAGE、THOM BROWNE. NEW YORK AOYAMA、ザ リッツ カールトン香港OZONE、colette(パリ)、Samsung 837(NY)、ユナイテッドアローズ(六本木)、ピエール・エルメ・パリ 青山など、ヨーロッパ、北米、オセアニア、アジア、中東における多彩なプロジェクトを手掛ける。
2016年8月にはドイツの出版社Die Gestalten Verlag から作品集『Wonderwall Case Studies』が刊行された。現在、世界的に最も注目を集めるインテリアデザイナーのひとり。
 
http://www.wonder-wall.com/
片山正通的百科全書 Life is hard... Let’s go shopping.
会期:2017年4月8日(土)~6月25日(日) 11:00~19:00(金・土~20:00) ※月曜休館
会場:東京オペラシティ アートギャラリー/東京都新宿区西新宿3-20-2
入場料:一般1200円、大高生800円、中学生以下無料
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
スタバ初の木製マグカップ! 地域限定商品第3弾はオークヴィレッジと開発 http://tabroom.jp/contents/new-product/starbucks_jimoto-made-series_oakvillage/ Mon, 10 Apr 2017 11:00:33 +0000 starbucks_JIMOTO-made-series_OakVillage_01
 
2017年2月10日(金)より、岐阜県高山市の「スターバックス コーヒー 高山岡本店」にて、『スターバックスの地域限定商品「JIMOTO made シリーズ」第3弾 岐阜県高山市限定 ウッドマグ漆』が販売されています。

地域との繋がりをより強く、深いものにするための活動のひとつとして、スターバックスが取り組んでいる「JIMOTO made シリーズ」。日本各地で活躍する伝統工芸やその職人の技術を取り入れた商品を開発し、その地域限定店舗で販売しています。

第3弾では、日本の無垢の木を使ったプロダクトを手掛ける飛騨高山の木工房・オークヴィレッジ株式会社と協力し、スターバックスでは初めてとなる木製のマグカップを造りました。

国産広葉樹製のマグカップは、優しい手触りが特長で、陶磁器に比べて保温性にも優れています。仕上げは高山の伝統工芸・漆塗りで、2種類の異なる手法を用いて、職人が1点1点丁寧に造りました。マグカップの側面には拭き漆塗りという手法で「塗る・拭く・固める」を数回繰り返し、さらに下部や側面には立塗という手法でデザインを加えています。

バリエーションは「ウッドマグ漆ホワイト」と「ウッドマグ漆ブラック」の2種類。「ウッドマグ漆ホワイト」には、飛騨地方の「刺し子」の紋様、「ウッドマグ漆ブラック」には、高山陣屋からインスピレーションを受けたデザインが施されています。また底面には、スターバックス、オークヴィレッジ(生産者)、高山(コミュニティ)の名称を入れ、地域とのつながりを表現しました。

岐阜県高山市にお立ち寄りの際は、「スターバックス コーヒー 高山岡本店」で本アイテムを手に取ってみてください。

スターバックス地域限定商品「JIMOTO made シリーズ」第3弾 岐阜県高山市限定 ウッドマグ漆
販売開始:2017年2月10日(金)
商品名:「ウッドマグ漆ホワイト 207ml」(写真右)、「ウッドマグ漆ブラック 207ml」(写真左)
価格:5900円(税別)
販売店舗:スターバックス コーヒー 高山岡本店
※マグカップは手作業で造られているため、店頭で欠品している場合がございます。
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
食と雑貨にまつわる全13企画! 銀座・新宿で「AKOMEYA 蚤の市」開催 http://tabroom.jp/contents/event/akomeya_nominoichi_3rd/ Mon, 10 Apr 2017 10:55:21 +0000 akomeya_nominoichi_3rd_01
約1カ月間、内容目白押し

2017年4月7日(金)から5月7日(日) までの約1カ月間、「AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)」の銀座本店とNEWoMan新宿店にて、『第三回「AKOMEYA蚤の市」』が開催されています。

食と雑貨にまつわる13種類の企画が楽しめるイベント。

前回から始まったオリジナル商品の第2弾として「NOMINOICHI TABLE WARE」を発売。生産工程中に出荷品質基準からは外れてしまったものの通常使いは問題ない白地のシンプルな器に、アコメヤオリジナル柄がプリントされたシリーズで、マグやプレートなど4種類が各50個の数量限定で展開されます。

お箸メーカー「兵左衛門」で商品化されないまま眠っている試作品の期間限定販売や、山科茶舗3代目茶匠・山科康也氏による「九州新茶を美味しく味わうワークショップ」など、食周りを中心に、毎日が楽しくなるような商品・企画が並びます。

銀座と新宿で開かれる内容盛りだくさんな蚤の市。掘り出し物や新しい商品との出会いをお楽しみください。

akomeya_nominoichi_3rd_02

オリジナル商品第2弾として数量限定で発売される「NOMINOICHI TABLE WARE」。

akomeya_nominoichi_3rd_03

「一期一膳市」では、お箸メーカー兵左衛門で商品化されないまま眠っていた試作品が期間限定で販売されます。

akomeya_nominoichi_3rd_04

七味唐辛子の人気店「八幡屋磯五郎」による2日間限定の調合実演販売会が開催されます。

akomeya_nominoichi_3rd_05

創業72年のブラシ専門店「ブラシの平野」による実演販売会を3日間限定で開催。

akomeya_nominoichi_3rd_06

「鉢の市」には、「植木鉢は植物が着る服」をコンセプトに、 良質な三河土を使って作られた「井澤製陶」の植木鉢を始め、さまざまな産地の植木鉢が集合します。

akomeya_nominoichi_3rd_07

「ミニマルシェ 奥信濃の春をお届け」では、長野県奥信濃で採れた野沢菜のつみなの量り売りやきのこ、ドライフルーツなど、奥信濃の旬の商材を各店で1日のみ限定販売。

akomeya_nominoichi_3rd_08

北海道産の小麦粉と塩を使い、砂糖は不使用のパンケーキミックス「Hokkaido Pancake」の試食販売会。シンプルだからこそ、一緒に食べる素材のものが生きるパンケーキミックスで、和・ 洋・中、さらにスイーツとも合い、毎日色々なバリエーションで食に彩を与えてくれます。

akomeya_nominoichi_3rd_09

ピーナッツクリームとパンケーキの相性の良さを試食体験で楽しめる「Bocchi ピーナッツペースト試食販売会」。

akomeya_nominoichi_3rd_10

「Bocchi からつき落花生量り売り販売会」では、千葉直送の天日干しで時間と手間を惜しまず、ゆっくり乾燥させた落花生が100g単位で量り売り販売されます。

akomeya_nominoichi_3rd_11

お天気雨のような気持ちになれる傘をコンセプトに機能性とファッション性を重視した傘ブランド「Saison Tourne Umbrella」。期間中は約30種類以上の傘を展開します。

akomeya_nominoichi_3rd_12

前回新宿店で好評だった「木のぬくもりの器 訳あり品市」を今回は「お椀得市」として銀座本店で開催。
第三回「AKOMEYA蚤の市」
会期:2017年4月7日(金)~5月7日(日)
会場:AKOMEYA TOKYO 銀座本店
   AKOMEYA TOKYO NEWoMan新宿店/東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿1階
   ※各イベント・催しの最終日に限り、17:00までの開催
 
▽オリジナルアイテム
NOMINOICHI TABLE WARE
発売日:2017年4月7日(金)
価格:「マグカップ」1200円(税別)
   「 プレートA・B」各1000円(税別)
   「オーバルプレート」900円(税別)
 
▽会期中イベント
一期一膳市
お箸メーカー兵左衛門で商品化されないまま眠っていたお箸の試作品を販売。ほぼ全てが1点もの。
NEWoMan新宿店:2017年4月7日(金)~20日(木)
銀座本店:2017年4月21日(金)~5月7日(日)
 
山科茶舗3代目 茶匠 山科康也氏によるスペシャルイベント「九州新茶を美味しく味わうワークショップ」
初心者の方向けの事前申し込み制ワークショップ。
日時:2017年5月5日(金・祝) 11:30~ / 13:30~ 各回60分
会場:AKOMEYA TOKYO 銀座本店
参加費:2000 円(税別)
 
山科茶舗3代目 茶匠 山科康也氏によるスペシャルイベント「新茶試飲販売&ミニワークショップ」
新茶での冷茶味見体験や、新茶の美味しい飲み方を学べる参加費無料のミニワークショップ。
日時:2017年5月6日(土) 11:30~ / 13:30~ 各回30分
会場:AKOMEYA TOKYO NEWoMan新宿店
   
八幡屋磯五郎 唐からし 調合販売会
七味唐からしの人気店、八幡屋磯五郎による2日間限定の調合実演販売会。
会期:2017年4月29日(土・祝)~30日(日)
会場:AKOMEYA TOKYO NEWoMan新宿店
   
ブラシの平野 販売会
創業72年、ブラシ専門店「ブラシの平野」による実演販売会を4月29日(土・祝)~5月1日(月)の3日間限定で開催。当日は全100種類以上の手作りブラシを展開。
会期:2017年4月29日(土・祝)~5月1日(月)
会場:AKOMEYA TOKYO 銀座本店
  
鉢の市
会期:2017年4月7日(金)~20日(木)
会場:AKOMEYA TOKYO 銀座本店
 
ミニマルシェ 奥信濃の春をお届け
AKOMEYA TOKYO 銀座本店:2017年4月8日(土)
AKOMEYA TOKYO NEWoMan新宿店:2017年4月9日(日)
 
Hokkaido Pancake試食販売会
会期:2017年4月21日(金)~23日(日)
会場:AKOMEYA TOKYO NEWoMan新宿店 
 
Bocchi ピーナッツペースト試食販売会
会期:2017年4月22日(木)・23日(日)
会場:AKOMEYA TOKYO NEWoMan新宿店 
  
Bocchi からつき落花生量り売り販売会
会期:2017年4月22日(木)・23日(日)
会場:AKOMEYA TOKYO NEWoMan新宿店 
  
Saison Tourne Umbrella
会期:2017年4月21日(金)~5月7日(日)
会場:AKOMEYA TOKYO NEWoMan新宿店 
 
お椀得市
会期:2017年4月29日(土・祝)~5月14日(日)
会場:AKOMEYA TOKYO 銀座本店
  
VegieBAG by BOTANICAL DYE
会期:2017年4月29日(土・祝)~5月14日(日)
会場:AKOMEYA TOKYO NEWoMan新宿店
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
ものづくりの街の職人やクリエイターが出店「工場蚤の市2017」開催 http://tabroom.jp/contents/event/koujounominoichi_2017/ Mon, 10 Apr 2017 10:53:49 +0000 koujounominoichi_2017_01
約30のワークショップやキッチンカーも

2017年4月15日(土)・16日(日)の2日間、新潟県三条市の「三条ものづくり学校」にて、「工場蚤の市2017」が開催されます。

ものづくりの街として知られる燕三条らしさを体感できるイベント。マーケットや約30もの体験型ものづくりワークショップ、展示、デザイナーズトーク、キッチンカーによるフード・ドリンクの販売など、子どもから大人まで満喫できるコンテンツが揃います。

マーケットでは、工場や職人、クリエイター自らが出店。あと一歩で商品にならなかったものや工場の隅で眠っていたサンプル品、使わなくなった道具や歴史ある逸品、廃材などに手を加え新しい価値を生み出したアップサイクル品などを販売します。

つくり手の熱い想いに触れたり、ワークショップで紙のポーチや金属製オリジナル定規・キーホルダーづくりをしてみたりと、燕三条の魅力を感じる事ができる2日間です。

工場蚤の市2017
会期:2017年4月15日(土)・16日(日) 11:00~16:00
会場:三条ものづくり学校/新潟県三条市桜木町12-38
入場料:無料 ※コンテンツによっては予約、参加費が必要
詳細:http://sanjo-school.net/?p=6796
マーケット出店者(50音順):
阿部仏壇製作所 / 五十嵐刃物工業株式会社 / 板垣金属株式会社 / 株式会社イシモク / 株式会社ATRヤマト / LMF / enpitu lab. / カネコ総業株式会社 / 有限会社倉茂木工所 / 古書真昼造船 / 小林製鋏株式会社 / こんどうみかこ / 捧洋食器店 / ササゲ工業株式会社 / 株式会社白井産業 / SWELD design / skylab 73 / 有限会社ストカ / 株式会社滝沢製作所 / 株式会社武田金型製作所 / 株式会社タダフサ / 燕商工会議所 / 株式会社テーエム / とイカラシ / TOMIZOU / 新井田鉄工所 / ハーベスト / 日野浦刃物工房 / POUPONS / FURICO / 株式会社古澤製作所 / ものづくり学縁つばめ / 株式会社山谷産業 / 株式会社ヤマトキ製作所 / レジエ株式会社 ほか
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
旧白洲邸の骨董市「武相荘の骨董市 春」で贅沢な時間を http://tabroom.jp/contents/event/buaiso-kottoichi-2017spring/ Sat, 08 Apr 2017 12:56:29 +0000 buaiso-kottoichi-2017spring_01
 
2017年4月16日(日)、東京町田の「武相荘」にて「武相荘の骨董市 春」が開催されます。

武相荘は、「日本一カッコいい男」とも称される白洲次郎とその妻で随筆家の白洲正子が晩年を過ごした家。昔ながらの茅葺き屋根の邸宅で、現在はかつての日本の風景を伝えるミュージアムとして一般に開放されています。

武相荘の骨董市は春と秋の年に2回定期開催されており今回で6回目。和骨董、西洋骨董、仏教美術など、武相荘ならではのラインナップで様々なジャンルの出店が予定されています。

骨董はもちろん、春の草花が見られる邸内の散策もオススメ。竹林や散策路、カフェやここでしか買えないグッズがそろうショップなど、見どころは満載です。

日本のものの美しさを文章で伝えてきた白洲正子、そして日本のひとつの道筋を指し示した白洲次郎。二人が愛した武相荘で「ほんもの」に触れる一時をどうぞお楽しみください。

buaiso-kottoichi-2017spring_02

過去開催の様子。
武相荘の骨董市 春
会期:2017年4月16日(日)10:00~16:00
場所:武相荘/東京都町田市能ヶ谷7-3-2
   http://buaiso.com/
参加:無料
Photo:武相荘
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
「紙博」開催! 手紙社による世界から多彩な紙が集まる2日間 http://tabroom.jp/contents/event/kamihaku/ Sat, 08 Apr 2017 12:50:56 +0000 kamihaku_001
紙にまつわる49組が出展

2017年4月15日(土)・16日(日)の2日間、東京浅草の「東京都立産業貿易センター台東館」にて「紙博」が開催されます。

紙博は東京蚤の市などを開催する手紙社が主催する紙をテーマにしたイベント。49組の企業やクリエイターたちが世界から参加し、紙にまつわるブースを出店します。

紙と言っても、素材としての紙、雑貨、作品など切り口は様々。質感や色、用途などシンプルな素材だからこそ、多彩な使い道や表現を出展者それぞれの視点で提案してくれます。

入場料は500円で、小学生以下は無料。活版印刷や文房具、イラストレーターなど紙を軸に多彩な顔ぶれがそろう紙博をお見逃しなく。

kamihaku_002

ミドリ“Chotto”~オモテナシを伝えるひと工夫~

kamihaku_003

mt –masking tape-

kamihaku_004

 福永紙工

kamihaku_005

プロペラスタジオ

kamihaku_006

KNOOP

kamihaku_007

ATELIER. encle d’encle

kamihaku_008

ハサミっ子(辻恵子・犬ん子・チャンキー松本)

kamihaku_009

Rifle Paper Co.
紙博
会期:2017年4月15日(土) 10:30~17:00
   2017年4月16日(日) 10:00~16:00
会場:東京都立産業貿易センター台東館/東京都台東区花川戸2-6-5
入場料:500円(小学生以下無料)
出展者:49組
AUI-AO Design / AkaneBonBon / アジ紙・紙モノ雑貨のお店 / Cheri / ATELIER. encle d’ encle / アトリエガング / あべゆい / アワガミファクトリー / 印刷加工連 / mt-masking tape- / 大森木綿子 / 岡崎直哉 / オソブランコ / 株式会社竹尾 / 九ポ堂 / KNOOP / 啓文社印刷工業 / COCHAE / シイング / Silhouette Books / STÁLOGY / タカハシカヨコ(Zoukei) / TAKI PRODUCTS / CHARKHA / ツバメノート(株) / 手紙舎 雑貨店 / Tokyo Pear / ハサミっ子(辻 恵子 ・ 犬ん子 ・ チャンキー松本) / ハタノワタル / ハチマクラ / 表現社 cozyca products / FABER Notebooks / 福永紙工 / プロペラスタジオ / paper tunes / BOX&NEEDLE / 本とコーヒー tegamisha / 水縞(15日) / 美篶堂+ 本づくり協会 / ミドリ“Chotto” ~オモテナシを伝えるひと工夫~ / 森田千晶 / yuruliku(15日) / 夜長堂 / LIFE / Rifle Paper Co. / REGARO PAPIRO / レトロ印刷JAM / ROCCA / ROKKAKU / 和紙田大學
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
旅人たちによるマーケットイベント「TRAVELER’S MARKET」、梅田で開催 http://tabroom.jp/contents/event/travelers-market/ Wed, 05 Apr 2017 10:14:04 +0000 TRAVELERS MARKET_001
世界旅行気分を味わえる2日間

2017年4月8日(土)・9日(日)の2日間、大阪梅田の「E~ma 1階 イベントスペース」で「TRAVELER’S MARKET-世界中から旅人が届けてくれる『モノ』と『ストーリー』」が開催されます。

世界各国の雑貨やファッションアイテムが販売されるマーケットイベント。19組のユニークな旅人や作り手が参加し、中南米や中東、アフリカ、インド、ロシアやヨーロッパ諸国などから買い集めたローカルなモノたちを、現地の情報とともに紹介してくれます。

購入した雑貨をスマホなどで気軽にかわいく撮影できるコーナーも常設され、プロのフォトグラファーからアドバイスももらうことができます。人気スタイリストがオーダーメードでラッピングしてくれるコーナーでは、2000円以上購入すると無料のラッピングサービスもあるそうです。

世界旅行気分を味わえるマーケットイベント。2日間限りの開催なのでお見逃しなく。

travelersmarket-umeda-saa_01
TRAVELER’S MARKET
会期:2017年4月8日(土)・9日(日) 12:00~18:00
会場:E~ma 1階 イベントスペース/大阪府大阪市北区梅田1-12-6
出展者:アジア旅行局 / 台湾・香港・韓国(デザイン雑貨、エコバッグ)
    a44f / 北欧(ガラス製品、食器、北欧生地の手作り雑貨)
    OKAWA / 世界各地(各国様々な雑貨)
    OMIYAGE / インド(インド雑貨・神様グッズ)
    郷土菓子研究社 / 世界各地(世界の郷土菓子)※SAAによる委託販売
    CIRCLE&LINE / アメリカ(キャンドル、ポストカード)
    SAA / 世界各地(土産、他)
    SAWASAWA / 南アフリカ・ケニア・ウガンダ他(帽子、ヘアバンドなどファッション雑貨) ※SAAによる委託販売
    Sunset Moon / モロッコ・トルコ・チュニジア(モロッコ雑貨、トルコアクセサリー)
    citrus paper / ドイツ・東欧各国・ロシア(ラベル、切手、ポストカード、ペーパーブローチ)
    tabisl BAZAR / アメリカ ポートランド・ロサンゼルス(ヴィンテージアクセサリー、食器、靴下)
    TWO CHAPATI / インド(木版プリントの布雑貨、アクセサリー)
    TRAVEL SOUVENIR MARKET / イギリス・アメリカ・フランス・モロッコ、他(インテリア雑貨、トートバッグ)
    メキシコ雑貨とアクセサリー PAD / メキシコ(アクセサリー、壁飾り)
    ピサヌローク / 中国・タイ・ベトナム・台湾(中国ヴィンテージ雑貨、手芸材料)
    マールイ・ミール / ロシア(マトリョーシカ) ※SAAによる委託販売
    旅するアフリカ雑貨店 marche tRibES / ギニア・セネガル・エチオピア他(バッグ、ビーズアクセサリー)
    MONGORUSEI / モンゴル(遊牧民文化の雑貨、アクセサリー)
    retro number / 北欧(ヴィンテージ食器、雑貨)※SAAによる委託販売
 
ワークショップ:
▽世界の雑貨・お気軽撮影ワークショップ
 マーケットでお買い物したアイテムを自分で記念撮影。現役フォトグラファーがアドバイス。
  時間:2017年4月8日(土)・9日(日) 12:00~18:00
  アドバイス:オキモトアキラ(雑貨本、雑誌、広告で活躍する旅好きフォトグラファー)
 
▽異国風ラッピングコーナー
 人気スタイリストによる有料のラッピングサービス
  時間:2017年4月8日(土)・9日(日) 13:00~18:00
  ラッピングしてくれる人:東ゆうな(雑誌、広告のスタイリング、恋する気持ちをラッピングする「乙女心ラッパー」としても活躍)
  費用:100円~
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔
]]>
今春も2日間だけオープン「浅草ライヲン百貨店」2017年春も開催 http://tabroom.jp/contents/event/asakusa_lion_hyakkaten_2017spring/ Mon, 03 Apr 2017 12:53:19 +0000 asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_001
全国から約30のショップや作家さんが集結

2017年4月8日(土)・9(日)の2日間、東京浅草の「LION BUILDING STUDIO(ライオン ビルディング スタジオ)」にて、「浅草ライヲン百貨店2017年春」が開催されます。

1934年に建てられた元銀行のレトロな3階建てのビル全体を会場に、春と秋の2日間だけオープンする小さな百貨店。6回目となる今回も、各地から約30のショップや作家さんが集まり、さまざまな国の雑貨やクラフト、植物、フードなどが並びます。

1階はクラフトや和骨董、古道具、花が並び、偶然通りかかった人も入りやすい雰囲気。2階はアンティーク着物やクラフト、インテリア雑貨、3階はヴィンテージファションとアンティークヴィンテージ雑貨です。

3階の一角では「作家さんの小部屋」があるほか、9日(日)には音楽とイラストの物語創作ユニット「nanakusabue」による音楽紙芝居が上演される予定です。

今回もデパートのように休憩スペースが設けられる屋上には、カフェやお菓子屋さんなどが出店します。8日(土)は谷中界隈に出没する「移動屋台ぐりぐり」、9日(日)は中村橋の「fato.」が登場。美味しいもので休憩しながら、じっくり会場を満喫してみてください。

asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_002

左:布花やヴィンテージスパンコールのスワンや蝶などを生み出す「nico handwork items」は、3Fの「作家の小部屋」に出店します。
右:毎回「ライヲン百貨店」の入口に出店している桜新町のフラワーショップ「Fleuriste PETIT à PETIT(プチタプチ)」。今回も色鮮やかなお花で皆さんを出迎えてくれます。

asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_003

こちらは「juno」の作品。

asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_004

ヨーロッパのアンティークジュエリーやアクセサリー、メガネなどを扱う「Gypsy Antiques」。

asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_005

オリジナルのイラストを描いて、そのイラストを元に判子を彫って作品にしている「江連判子店」からは、判子の展示販売と、ポチ袋やカレンダーなどの季節の紙雑貨を販売する予定です。

asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_006

植物を主なモチーフとして、白磁のアクセサリを制作しているkoichimatsumoto(まつもと こういち)さんの作品。

asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_007

koichimatsumotoさんはアクセサリだけでなく、白い土鍋や食器類も制作しています。

asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_008

10年に渡りアンティークに携わる「Million Dollars Department」の穂苅俊紀さんと「BROWN ANTIQUES」の山田和博さんによるユニット「nebenrolle-European Tableware-」からは、2つの視点で収集したヨーロッパのテーブルウェアが出品されます。
浅草ライヲン百貨店2017年春
会期:2017年4月8日(土)・9(日) 11:00~18:00(9日~17:00)
会場:LION BUILDING STUDIO/東京都台東区雷門2-11-10
詳細:https://lion-department-store.jimdo.com/
Writing:Akiko Okawa
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
各色60個限定! 名作万年カレンダー「Formosa」のスペシャルカラー登場 http://tabroom.jp/contents/new-product/danse_formosa_gold-red/ Sun, 02 Apr 2017 12:33:53 +0000 danse_formosa_gold-red_01
 
イタリアのデザインプロダクトブランド・DANESE(ダネーゼ)から、「Formosa(フォルモサ) GOLD&RED」が発売されています。

DANESEの設立60周年モデルとして特別に生産されることとなったスペシャルカラー。「ゴールド」と「レッド」、各色60個の限定です。

イタリアデザインの巨匠・Enzo Mari(エンツォ・マーリ)がDANESEから1963年に発表した壁掛け万年カレンダー「Formosa(フォルモサ)」。ベースの金属板を曲げたフック部に、視認性が高い「ヘルベチカ」の文字で印刷された月・日・曜日のカードを引っ掛け、入れ替えて使用するもので、万年カレンダーの名作として知られています。

どの文字盤の組み合わせでも、美しさが崩れることがないように緻密にデザインされてることから、ニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションにも選ばれています。

通常版はアルミニウムの地色そのままの「ナチュラル」と文字の映える「ブラック」のシンプルな2色でしたが、特別カラー「ゴールド」と「レッド」は華やかに室内を彩ってくれます。

ずっと使える名作の限定カラー。気になる方はお早めにDANESE取扱店へお急ぎください。

Formosa GOLD&RED
価格:3万2400円(税込)
サイズ:31.5×31.5㎝
素材:アルミニウム、PVC
生産国 :イタリア
限定:各色60個
Writing:Akiko Okawa
Edit:Tadasuke Shiomi
]]>
行列必至! 人気陶芸家2人による「Meets.-イイホシユミコ&鹿児島睦展」 http://tabroom.jp/contents/event/meets_iihoshiyumiko_kagoshimamakoto/ Tue, 28 Mar 2017 12:51:13 +0000 Meets_iihoshiyumiko_kagoshimamakoto_01
新作やコラボ作品目白押し

2017年3月29日(水)から4月11日(火)までの2週間、東京新宿伊勢丹新宿店にて、「Meets.-イイホシユミコ&鹿児島睦展 」が開催されます。

イイホシユミコ氏と鹿児島睦氏、二人の陶芸家が世界のアーティストや職人との出会いから生み出した作品の展示・販売会です。

3月29日(水)から4月4日(火)までは第1弾として、イイホシユミコ氏にフィーチャー。イイホシ氏が東欧のガラスなど新素材と出会って生まれた新作を初披露します。昨年の展示で大好評だった鹿児島睦氏との共作「Floro(フローロ)」が進化し第2弾「フローロ/ドロップ」として登場。今回も有田焼陶工の協力のもと、イイホシ氏が色と造形を担当し、鹿児島氏の図案をレリーフとして仕上げました。

4月5日(水)から11日(火)までの第2弾は鹿児島睦氏。ニットデザイナーのドナ・ウィルソン氏と陶芸家のジュリアン・セインズベリー氏、2人のイギリスのクリエーターとコラボレーションした新作が初登場します。

ドナ・ウィルソン氏とのコラボでは、彼女が一つひとつ手作りする可愛らしい動物のぬいぐるみに、鳥や花など、鹿児島氏の図案が織り込まれたニットを使用。繊細で個性豊かなぬいぐるみやチャームなどが一堂に揃います。ジュリアン・セインズベリー氏とのコラボでは、彼の工房「ジョン・ジュリアン」のシンプルなデザインと風合が人気の陶器に鹿児島氏がデザイン。書き下ろした図案の版を施したプレートのほか、鹿児島氏自ら絵付けしたアートピースもお目見えします。

今回の展示も行列必至。出遅れなきようお早めにお出かけください。

Meets_iihoshiyumiko_kagoshimamakoto_02

イイホシユミコ氏と鹿児島睦氏の共作第2弾「フローロ/ドロップ」。

Meets_iihoshiyumiko_kagoshimamakoto_03

サイズは2種類あり、大きいものは3700円(税別)。

Meets_iihoshiyumiko_kagoshimamakoto_04

小さなサイズは2700円(税別)。
Meets_iihoshiyumiko_kagoshimamakoto_05
ドナ・ウィルソン氏とのコラボ作品。1万円(税別)~。
Meets.-イイホシユミコ&鹿児島睦展
会期:2017年 3月29日(水)~4月11日(火) 10:30~20:00
会場:伊勢丹新宿店 本館5階=センターパーク/ザ・ステージ#5
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>
「シャケ箱」で作るプロダクト!「ARAMAKI(アラマキ)」初の展示販売会開催中 http://tabroom.jp/contents/event/aramaki/ Tue, 28 Mar 2017 12:49:30 +0000 ARAMAKI_00
 
2017年3月11日(土)から4月9日(日)まで、東京目黒のギャラリー「maruse(マルセ)」にて、「ARAMAKI-新巻鮭を運ぶ”シャケ箱”を使ったプロダクト」が開催されています。

北海道恵庭市を拠点に活動する宮大工・村上智彦氏とギター職人の鹿川慎也氏、家具職人の小山信広氏が立ち上げたプロジェクト「ARAMAKI(アラマキ)」による、初めての展示販売会です。

北海道の冬の風物詩・荒巻鮭を運ぶ「シャケ箱」。北海道の地名などが力強いフォントで鮮やかに描かれ、使い込むほどに色やツヤに深みが増す素材としての「シャケ箱」に惚れ込んだ「ARAMAKI」が製作した、シャケレレ(ウクレレ)やスツール、ドクターバッグなどが並びます。会期中はギター職人が指導するシャケレレづくりワークショップやプロジェクトメンバーによるトークショー、音楽家・中村大史氏によるシャケレレライブも行われます。

すべて手作りで一点一点表情が異なる作品から、「あるモノを活かし、使いこなす」という村上氏の創作理念を、愉快かつ真剣に感じることができる展示です。会場で「シャケ箱」の新たな一面を体感してみてください。

ARAMAKI_02

展示の様子。

ARAMAKI_04

シャケレレケース。

ARAMAKI_05

シャケ鍋敷き。

ARAMAKI_06

シャケ名刺入れ。

ARAMAKI_07

シャケ神棚。

ARAMAKI_01

ARAMAKI-新巻鮭を運ぶ”シャケ箱”を使ったプロダクト
会期:2017年3月11日(土)~4月9日(日) 13:00~19:00 ※水・木曜定休
会場:maruse/東京都目黒区下目黒4-1-2クリスタルビル
入場料:無料
 
▽シャケレレづくりワークショップ
日時:2017年4月8日(土) 14:00~
詳細:https://www.facebook.com/events/499921500396435/
 
▽シャケ鍋敷きづくりワークショップ
日時:2017年4月9日(日) 13:00~
詳細:https://www.facebook.com/events/281872878915427/
 
▽クロージングパーティー
日時:2017年4月9日(日) 15:00~
詳細:https://www.facebook.com/events/881335388673880/
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔
]]>