あなたにピッタリの家具・インテリアを

※消費税率引上げ前の金額が表示されている場合があります。

RSSフィード

皆川 明 × 安藤雅信コラボ展「森のさえずり」開催中、「百草展」も併催

2015/12/18

morinosaezuri_00
ギャラリー最後の展示会

2015年12月11日(金)から2015年12月24日(木) まで、東京麻布の「ギャラリーMITATE」にて「『森のさえずり』皆川明+安藤雅信展」が開催されています。

本展では作陶家・安藤雅信氏の器形に、ミナ ペルホネンのデザイナー・皆川明氏が紋様を描いた作品が展示・販売されています。

2人の協働は2011年から始まり今年で5回目。今回は「冬の森」をイメージして制作されており、皆川氏が「また新たな手法で描くことができた」と語る作品はこれまでのコレクションを見てきた方にとっても新鮮なものとなるはず。

実は、本展がギャラリーMITATEにとっての最後の展示会。会期後のクローズが決定しています。

また、同建物内にある「ギャラリー ル・ベイン」もクローズが決定しており、「森のさえずり展」と同時に開催されている「百草展ー安藤雅信・安藤明子・百草オリジナル」が最後の展示会となります。こちらでは安藤雅信氏による茶器・食器・彫刻、安藤明子氏による百草サロン、ゴムズボン、タブリエなどのアイテムが出品されます。

会期はいずれもクリスマス・イブまで。西麻布の名ギャラリー最後の展示を見に、ぜひ足を運んでみてください。

morinosaezuri_001

「森のさえずり」展の様子。

morinosaezuri_001

百草オリジナルのお皿

morinosaezuri_002

百草オリジナルのスプーン
morinosaezuri_003
安藤明子氏による衣服作品

morinosaezuri_004

「ギャルリ百草」の玄関
1998年、岐阜県多治見東栄町の山林に安藤雅信・明子により開廊。建物は、愛知県名古屋市緑区から当時100余年の民家を移築。雅信氏は陶作家として、明子氏は衣服の制作を続けつつ、開廊当初から手掛けてきた百草オリジナル製品も展開。

morinosaezuri_005

写真左:皆川明 photo by L.A.TOMARI
写真右:安藤雅信
「森のさえずり」皆川明+安藤雅信展
会期:2015年12月11日(金)~2015年12月24日(木) 11:00~19:00 ※月曜定休
会場:ギャラリーMITATE / 東京都港区西麻布3-16-28
入場:無料
百草展ー安藤雅信・安藤明子・百草オリジナル
会期:2015年12月11日(金)~2015年12月24日(木) 11:00~19:00 ※月曜定休
会場:ギャラリー ル・ベイン / 東京都港区西麻布3-16-28
入場:無料
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事