あなたにピッタリの家具・インテリアを

※表示されている金額は公開日当時のものです。

RSSフィード

ミナ ペルホネンとコラボした「たためる椅子」の限定モデル、120脚のみの限定販売

2019/01/30

tatameru-isu_mina-perhonen_01
 
2019年5月25日(土)、長野県南佐久郡南牧村の「八ヶ岳高原音楽堂」にて、『「たためる椅子」スペシャルエディション イベント』が開催されます。

座面にminä perhonen(ミナ ペルホネン)のテキスタイルを張った限定モデルのチェアのお披露目会&受注会。「八ヶ岳高原音楽堂」30周年を記念し期間限定で120脚のみの販売を予定しています。

限定モデルが登場する「たためる椅子」は、30年前、「八ヶ岳高原音楽堂」の客席椅子として建築家の吉村順三氏と中村好文氏、そして家具デザイナーの丸谷芳正氏の3名によってデザインされました。

座り心地がよいのはもちろん、「たたむ」「しまう」「だす」が基軸となった椅子は、座布団のように機能的で収納性にも優れ、本格的にきちんと座れるフォールディングチェアとして家庭から公共空間までさまざまな場所で使われています。
 
今回座面に張られるテキスタイルは、使い込むうちに表面が擦り減り、裏面が表情を覗かせるminä perhonenの生地「dop」と、「dop」に蝶の刺繍が施された「dop-choucho-」。カラーバリエーションはminä perhonenデザイナーの皆川明氏が八ヶ岳からインスピレーションを得て選んだ9色です。

日本人のDNAが刻まれた名作と、経年変化で新たな表情を見せる張地。長い時間を楽しめるもの同士の組み合わせは、名作を超える一脚となることでしょう。ゆっくりと時間を楽しみながら、ぜひ現地でその姿をご覧ください。また、このお披露目にあわせて、山梨の自然ワイナリー”ボーペイサージュ”の「ワインと音楽の夕べ」も開催されます。

tatameru-isu_mina-perhonen_02
 
tatameru-isu_mina-perhonen_03

「たためる椅子」スペシャルエディション イベント
日時:2019年5月25日(土) 時間未定
会場:八ヶ岳高原音楽堂/長野県南佐久郡南牧村 八ヶ岳高原海の口自然郷 内
参加料:無料
 
「ワインと音楽の夕べ」詳細:http://www.yatsugatake.co.jp/event/concert/2019/0525/
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔

関連記事