あなたにピッタリの家具・インテリアを

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

ウェグナーデザインの幻のデスク「PP571 Architect’s Desk」、復刻

2013/06/13

数台しか生産されなかった幻の名作

多くの名作チェアのデザイナーとして有名なHans J. Wegner(ハンス・J・ウェグナー)ですが、チェア以外にも素晴らしいデザインの家具を多く残しています。その中の1つ、「PP571 Architect’s Desk」がPP mobler(PPモブラー)よって復刻されます。

PP571 Architect’s Deskは、「PP501 THE CHAIR」に合わせるデスクとして1953年にウェグナーによってデザインされ、1954年にヨハネスハンセン社によって製品化。ただし、製造されたのはわずか数台。”幻のデスク”と言われています。

スチール×無垢木材のエポックメイクな作品

また、ウェグナーがデザインした家具の中でも、スチールと無垢木材という異なる素材を組み合わせた作品はそれほど多くなく、2つの素材の美しいバランスを見出した最初の家具はArchitect’s Deskだとも言われています。その後、流れをくむ「SWIVEL CHAIR」らがデザインされ、オフィス家具のシリーズが完成しました。

当時は、テーブルと引き出しはチーク、脚部はオークを使用していましたが、今回の復刻ではどちらもオークを使用。シンプルですが、だからこそ素材の美しさと職⼈の⼿仕事のきめ細かさが際⽴ちます。ぜひ一度実物を眺めてみたいものです。

貫(ぬき)をなくし、かわりに配したスチールが貫の役割を果たしています。重要な構造の一部でありながら、装飾としても機能しています。

SWIVEL CHAIRとの組み合わせは、完璧な相性の美しさを生み出します。

PP571 Architect’s Desk
デザイン:Hans J. Wegner(ハンス・J・ウェグナー)(1953年)
材質:オーク
仕上げ:ソープ
サイズ:PP571/195 W195cm x D90cm x H74cm
    PP671/215 W215cm x D90cm x H74cm
価格:PP571/195 169万6000円(税込)
   PP571/215 179万1000円(税込)
お問い合わせ:
スカンジナビアンリビング
 東京ショールーム
  東京都品川区東五反田5-25-19 東京デザインセンター6F/03-5789-2885
 神戸ショールーム
  兵庫県神戸市中央区海岸通5 商船三井ビル5F/078-327-7732

関連記事