あなたにピッタリの家具・インテリアを

※消費税率引上げ前の金額が表示されている場合があります。

RSSフィード

フィン・ユールが手がけた国連時計、60余年の歳月を経て初の製品化

2015/11/27

Finn Juhl Wall Clock_01
ミャンマー産チークの美しい木目が映える

北欧家具の黄金期であったミッドセンチュリー期において、アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)ハンス・J・ウェグナー(Hans Wegner)らとともに活躍した、デンマークを代表するデザイナー・フィン・ユール(Finn Juhl)によるウォールクロック「Finn Juhl Wall Clock」が、長い年月を経てこのたび世界で初めて製品化されました。

その独特の曲線を描く美しい作品の数々から「家具の彫刻家」とも呼ばれるフィンユールは、生誕100年を過ぎてもなお世界中に大きな影響を与え続けています。

そんな彼が世界に名を知られる一番のきっかけともなったと言われているのが1950年~52年に手がけたニューヨークの国連、信託統治理事会会議室。建築家でもある彼は空間と家具の相互効果を熟知し、イスやランプ、カーテン、壁面に至るまで全てを手がけ、その空間構成の完成度は高く評価され、彼の名は世界に知れ渡ることとなりました。

今回初めての製品化が実現したウォールクロックは、その会議室に設えられた時計。世界三大銘木の一つであるチークの中でも、「本チーク」と称される上質なミャンマー産チークを主材とし、針とインデックスにはアルミニウムが用いられています。

フィンユールならではの有機的な曲線と、そのフォルムにぴったりの美しい木目を見せる高級チークによる特別なプロダクト。世界中でもニューヨークの国連にのみあった名作が、いよいよ製品化されて登場です。

Finn Juhl Wall Clock_02
 
Finn Juhl Wall Clock_03
 
Finn Juhl Wall Clock_04
 
Finn Juhl Wall Clock_05
 
Finn Juhl Wall Clock_06

Finn Juhl Wall Clock
デザイナー:フィン・ユール(Finn Juhl)
サイズ:W345 × H350 × D50 mm
本体素材:ミャンマー産チーク
針・インデックス素材:アルミニウム
生産国:台湾
価格:12万円(税別)
※単三電池1本で稼働
問い合わせ:アイ・ネクストジーイー株式会社/03-5496-4317
Writing:Hidemi Kato
Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事