あなたにピッタリの家具・インテリアを

TBROOMSTORE 公式家具通販
RSSフィード

好評につき全国巡回中「60才の椅子」展、静岡で開催

2014/12/18

60年売れ続けるジャパンデザインの名作

2015年1月8日(木)~2月11日(水・祝)の約1ヶ月間、静岡県静岡市D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITAにて「60才の椅子 水之江忠臣のロングライフデザイン」が開催されます。

本企画は天童木工が生産・販売している「チェア S-0507」の誕生60周年を記念して開催される展示会。2014年7月の東京を皮切りに、北海道、鹿児島福岡のD&DEPARTMENT各店を巡回し、その充実の内容が各会場で好評を博してきました。

「チェア S-0507」の誕生は今から60年前の1954年。もともとは神奈川県立図書館で使われる椅子として、家具デザイナーの水之江忠臣によりデザインされました。図書館でのその座り心地の良さが評判となり、一般向けのダイニングチェアとして販売が開始され、その後何度も改良を重ねながら、60年を経た現在もなお、全国各地で愛用され続けるロングライフなチェアとなっています。

本展では、現在生産されているバージョンのほか、過去に製造された形状の違う4脚を展示し、進化の過程を紹介。水之江氏による直筆のスケッチやノート、天童木工の技術が活かされた椅子のパーツの構造見本も展示されます。

見て、さわって、そしてもちろん座ってみることで、ずっと使われ、そして愛されてきた理由に触る展示会。そのロングライフデザインの「裏側」に触れてみて下さい。

60才の椅子 水之江忠臣のロングライフデザイン
会期:2015年1月8日(木)~2月11日(水・祝)
会場:D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA 
入場料:無料
チェア S-0507
ブランド:天童木工
デザイン:水之江忠臣

関連記事