あなたにピッタリの家具・インテリアを

※消費税率引上げ前の金額が表示されている場合があります。

RSSフィード

モノのストーリーに触れるデザインイベント「Design Atrium Tokyo 2015」間近

2015/10/27

design-atrium-tokyo-2015_001
今年のテーマは「THE WORKSHOP」

2015年10月29日(木)から11月3日(火)まで、東京新宿の「新宿パークタワー1階アトリウム」にて「Design Atrium Tokyo 2015 -THE WORKSHOP-」が開催されます。

2013年の初開催から数えて3回目となるデザインイベント「Design Atrium Tokyo」。衣食住の暮らしに関わる企業や団体が出展し、新しいデザインとライフスタイルの情報を発信する企画展です。好評をうけて回を重ねるごとに規模を拡大し、今年は30の団体が参加を予定しています。

今年は特にものづくりの過程やその背景にスポットをあて「THE WORKSHOP」をテーマに掲げています。単純なブースで区切られた出典展示のイベントとは一線を画し、制作実演、参加型ワークショップ、リペアサービスの紹介などが行われ、実際にモノづくりを見て、触れて、考えることのできる内容となっています。

家具の分野からは初回から参加を継続しているクラシック家具のダニエル、英国家具メーカー・ercol(アーコール)、デザインオフィス・Leif.designparkのほか、昨年から参加している家具デザイナー・小林幹也によるブランド「TAIYOU no SHITA MIKIYA KOBAYASHI」も引き続き参加。空間も含めたインテリアデザインをはじめ、照明や日用品、スピーカーなどのプロダクト、建材や壁紙の素材などで自由な発想でデザインにアプローチする個人や団体が国内外から参加します。

会場を巡れば、デザインは単に意匠や造形を決めることではなく、モノが関わる暮らし全体の仕組みづくりであることが実感できるはず。会期は6日間連日、参加型のワークショップや実演などを開催。ぜひお見逃しなくお出かけください。

design-atrium-tokyo-2015_002

TAIYO no SHITA

design-atrium-tokyo-2015_003

TEAM7

design-atrium-tokyo-2015_004

Fuhlen Coordinate

design-atrium-tokyo-2015_005

Ceramic Japan

design-atrium-tokyo-2015_006

ダニエル東京
design-atrium-tokyo-2015_007
モノのストーリーにフォーカスした展示は初めての試み。さらに今年はグリーンやテキスタイル、寝具、オーディオ、伝統工芸といったこれまでになかったジャンルの出展もあり、質・量ともにバージョンアップした展示を楽しめそう。
Design Atrium Tokyo 2015 -THE WORKSHOP-
会期:2015年10月29日(木)~11月3日(火) 10:30~19:00
会場:新宿パークタワー 1階アトリウム ギャラリー3/東京都新宿区西新宿3-7-1
出展者:
 家具:ercol/Andreu Carulla Studio/株式会社いのうえアソシエーツ/Onway(アウトドア家具)/家具デザイン研究所/サカモト(建具壁紙含む)/Japan creation space monova(プロジェクト・小物含む)/DaiJiro Saito Product and Fumlture Design & FUKUSHI HARUKA GLASSWORKS(小物雑貨含む)/TAIYOU no SHITA MIKIYA KOBAYASHI/ダニエル/TEAM7JAPAN/TOKUワークショップ/平山日用品店/macaroni design/山口製作所/Leif.designpark(小物雑貨含む)/LA-Z-BOY(家具)
 金物:久宝金属製作所
 小物雑貨:Creatzzeria & Co/セラミック・ジャパン
 グリーン:COTOHA
 テキスタイル・壁紙:THE ORIGINAL MORRIS & CO. by MANAS/Junko Hiraiwa textile collection/WHO
 オーデュオ:フューレンコーディネート/LINN JAPAN
 プロジェクト:REBIRTH PROJECT(フード含む)/reLight/Livelydesign/HOFF
 内装左官材:SILICALIME
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事