あなたにピッタリの家具・インテリアを

※消費税率引上げ前の金額が表示されている場合があります。

RSSフィード

5つの家具工房が個性を競う、椅子とテーブルのショールームオープン

2014/12/04

小屋木工

作家モノの家具に出会えるショールーム
 
2015年1月4日(日)、東京新宿のリビングデザインセンターOZONEに工房家具の新しいショールーム「椅子とテーブルのギャラリー」がオープンします。

同ギャラリーは椅子デザイナー・井上昇が販売する日本人の人間工学に基づく「腰の椅子・Awaza」全シリーズと4つの個人工房の椅子とテーブルを集めた常設のショールームです。

東京の「いのうえアソシエーツ」が中心となり、新潟の「工房くう」、千葉の「小屋木工」、栃木の「IKURU DESIGN」、山梨の「良工房」と、各地から家具職人が集まりました。

ギャラリー内には究極の座り心地を追求した「木の椅子」シリーズをはじめ、ユーザーの要望に合わせて製作を行う工房ならではの家具がずらり。新旧の作家による「木の家具」や、彫刻的な造形を施した家具も合わせて展示される予定で、個性的なラインナップのショールームとなりそうです。

メーカー品とはまた別の魅力をもつ作家モノの家具。家具購入の際にはぜひ訪れていただきたい場所の登場です。


工房くう


IKURU DESIGN


良工房


いのうえアソシエーツ

椅子とテーブルのギャラリー
オープン日:2015年1月4日(日)
所在地:リビングデザインセンターOZONE 4階(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー)
開館時間:10:30~19:00
定休日:水曜日(祝日を除く)
参加工房:工房くう(中島由紀夫・新潟)、小屋木工(山田英和・千葉)、IKURU DESIGN(須藤生・栃木)、良工房(田原良作・山梨)、いのうえアソシエーツ(井上昇)

関連記事