あなたにピッタリの家具・インテリアを

※消費税率引上げ前の金額が表示されている場合があります。

RSSフィード

ウェグナーよりも前時代、1940年代の家具を復刻した「DANISH RETRO」

2015/11/11

danish-retro-nordicform_001
U4。U3ラウンジチェアのハイバックタイプ。スッキリしたプロポーションとエレガントなウイングバック。肩から頭部にかけて心地よい角度で、快適な姿勢で座ることができる。
デンマークデザインの原点を辿る新ブランド

2015年11月12日(木)から12月26日(土)まで、東京新宿ノルディックフォルムで新ブランド「DANISH RETRO」の受注会が開催されています。

DANISH RETRO(デニッシュ・レトロ)は2014年11月に設立されたデンマークの家具ブランド。創業者がオークションで見つけた、1940年代にデザインされた椅子に感銘を受けたのがブランド設立のきっかけだそう。

デンマークの家具デザインといえば、Hans J Wegner(ハンス・J・ウェグナー)Finn Juhl(フィンユール)といった巨匠たちが活躍した1950~60年代が多くの人にとって印象深いはず。デニッシュ・レトロでは、そんな巨匠たちが影響を受けたに違いない、さらに前の1940年代にデザインされた無名の椅子にスポットを当てて復刻生産を手がけています。

第二次世界大戦中に作られた家具は時代背景に埋もれ、50年代以降の作品に比べてほとんど情報が残っていません。デニッシュレトロではデンマーク国営放送のテレビ番組内で情報提供を呼びかけ、情報の断片をつなぎ合わせながらそれぞれの椅子の生産背景を探りました。

「40年代の家具デザインを再び世に出し、デンマークデザインの原点として讃える」という取り組みは共感を呼び、様々なメディアで取り上げられたほか、コペンハーゲンの老舗ショップ「ILLUMS」で全6脚のフルラインが並んでいます。

商品名はU1~U6と通し番号が付けられていますが、これは「Unknown」(デザイナー不明の意)から取られたもの。今後も調査を進め、デザイナーが判明次第、商品名にはイニシャルが追記される予定となっています。

これまでほとんど一般に流通されていなかったため、北欧デザインにかなり詳しい人にとっても新鮮に映るはず。この機会にぜひショールームへ足を運んでみてください。

danish-retro-nordicform_002

写真左:U1。丸みを帯びたフォルムは、クラシックにもモダンにも合わせやすい。腰の部分には程よい厚みがあり、安定感のある座り心地をサポートする。
写真右:U3。手彫りのアームは握ることのできる形。ミニマムなデザインは、1940年~1950年代の典型的なトレンド。繊細な手掘りのアームは洗練された印象、かつスムーズに立ち上がれるようにグリップが握れる形になっている。

danish-retro-nordicform_003

写真左:U6。デンマークの昔からあるスタイル。古典的な美しさと時代を超越したエレガントさを併せ持つ。少しゆったりしたサイズ感が男性におすすめ。
写真右:U2。彫刻のような美しいフォルムは、1940年代のトラディショナルなデザイン。コイルが入ったシートクッションの程よい弾み具合が心地よい。

danish-retro-nordicform_004

U5。フェミニンでエレガントなデザインは、女性が座った際にとても美しく見える。僅かにくびれたアームレストは腰周りをきちんとサポートし快適な座り心地。

 

DANISH RETROから蘇る北欧デザイン
会期:2015年11月12日(木)~12月26日(土) 10:30~19:00
会場:ノルディックフォルム
展開商品:
U1
 サイズ:W690mm × D620mm × H870mm(SH420mm)
 価格:16万5000円~
U2
 サイズ:W640mm × D750mm × H790mm(SH430mm)
 価格:23万1000円~
U3
 サイズ:W680mm × D700mm × H770mm(SH415mm)
 価格:28万4000円~
U4
 サイズ:W680mm × D770mm × H1030mm(SH415mm)
 価格:33万2000円~
U5
 サイズ:W660mm × D770mm × H770mm(SH400mm)
 価格:25万1000円~
U6
 サイズ:W680mm × D760mm × H950mm(SH420mm)
 価格:33万2000円~
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事