あなたにピッタリの家具・インテリアを

※表示されている金額は公開日当時のものです。

RSSフィード

復刻されたピエール・ジャンヌレ「チャンディーガル」の家具をアートと共に展示

2019/11/28

handcrafted-modern_001
会場は川合将人氏によるスタイリング

2019年11月29日(金)から12月8日(日)まで、東京六本木の「ICS」にて、「HANDCRAFTED MODERN –ピエール・ジャンヌレの家具とアートのある暮らし–」が開催されます。

インドの家具工房 「Phantom Hands(ファントム・ハンズ)」が手掛けるジャンヌレの復刻アイテムの取扱いを始めた五割一分による展示・受注会。モダニズム建築の巨匠・Le Corbusier(ル・コルビュジエ)が手がけたインド・チャンディーガル建築群のために、建築家・Pierre Jeanneret(ピエール・ジャンヌレ)がデザインした家具の、リエディション(再生産品)が並びます。

「ファントム・ハンズ」は、チャンディーガルのために作られた家具の再生産プロジェクト「プロジェクト・チャンディーガル」を2015年にスタート。現存するオリジナルの図面に沿い、チークの古材を再利用してすべての工程を職人の手仕事によって製作しています。

当時ピエール・ジャンヌレは、チークやラタンといった地元にある素材を使いながらインドの伝統的な手工芸の技術を採用することで、現地の多くの人々が製作できるようにデザインしました。プロジェクト・チャンディーガルでもピエール・ジャンヌレのその意思を継ぎ、インドの伝統工芸を未来に繋ぎます。

会場は、インテリアスタイリスト・川合将人氏によるスタイリング。ファントム・ハンズの家具が現代作家の写真や工芸などを組み合わせて展示されます。

期間中は、ニューヨークを拠点に活躍するフォトグラファー・Martien Mulder(マーティン・マルダー)がファントム・ハンズの様子を撮り下ろした写真集や、スタイリングに使用されている現代作家の手工芸品、ヴィンテージ品なども販売されます。

インドの伝統的な手工芸の美しさと、ピエール・ジャンヌレのデザインの素晴らしさを体感できる展示です。ぜひ会場へ足をお運びください。

handcrafted-modern_003
 
handcrafted-modern_002
 
handcrafted-modern_004

(c)Martien Mulder
HANDCRAFTED MODERN –ピエール・ジャンヌレの家具とアートのある暮らし–
会期:2019年11月29日(金)~12月8日(日) 11:00~19:00(土・日曜日13:00~18:00)
会場:ICS/東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F
 
▽トークイベント「プロジェクト チャンディーガル」
日時:2019年11月29日(金) 19:00~20:00
ゲスト:Deepak Srinath(Phantom Hands) × 沖田 桂(51%) × 中里恭宏(イニシャルジャパン)
参加費:無料
 
▽トークイベント「アートフォトとインテリア」
日時:2019年12月6日(金) 19:00~20:00(開場18:30)
ゲスト:太田睦子(IMA) × 川合将人(スタイリスト)
参加費:無料
Photo:Martien Mulder
Writing:Akiko Okawa
Edit:塩見直輔

関連記事